Windows 7 にはショートカットを「勝手に消してくれる」という非常に便利な(?)機能

Windows 7 にはショートカットを「勝手に消してくれる」という非常に便利な(?)機能があるそうです。

Windows 7 でデスクトップ ショートカットが消える

これはたとえばUSBメモリやネットワークリソースなど、リムーバブルなデバイスのショートカットを作っておくと、オフラインの時に「使えないデバイス」と判断され「破損したリンク」と判断して勝手に消してくれるらしいのです。

ヘルプデスクが苦労して、デスクトップなどに「このアイコンをクリックして共有フォルダにアクセスしてね」って苦労して作りまくったショートカットを全部綺麗さっぱり消してくれるこの便利な機能。ユーザに「ショートカットの作り方」というマニュアルを作ってユーザに配布して、ユーザのエクスペリエンスを向上させようという、すばらしい機能です。

また、Windows 7 + Windows 2008r2 でもショートカットをクリックするとハングアップしたような状態になるようです。

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/13030798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2011-07-06 06:11 | Windows | Trackback | Comments(0)