snmpwalk でデバイスの snmp 状態を確認する

特定のデバイスが snmp に対応しているか、あるいはイネーブルにして動作しているかどうかを確認するには snmpwalk を使います。

SUSE Linux の場合、net-snmp パッケージが導入されている必要があるので、
yast(or yast2) > Software > Search "snmp" で検索して、スペースキーで Accept してインストールすることができます。

Linux のコンソールから

snmpwalk -v 2c -c public MyDeviceIP .1.3.6.1.2.1.1

を実行します。パラメータは

-v 2c ... snmp version 2c
1 - 生存確認を返すだけ(プリンタなどはこのケースが多い)
2c - 一般的に利用される
3 -- 2c と同じ内容を暗号化する(一般的に設定が面倒で使いづらい)

-c public (コミュニティ名)

MyDeviceIP のアドレスかホスト名(myserver.intra)

OID は

.1.3.6.1.2.1.1 が一番使いやすいでしょう。

.1.3.6.1.2.1 までは決まり事の様なもの、ほとんど全部のステータス
.1.3.6.1.2.1.1 は更に枝葉の部分だけを取り出すこと
.1.3.6.1.2.x.x によって枝葉の部分を特定できる。

このあたりは、snmp の詳しいサイトや教科書でリファレンスを調べましょう。
MIB とか OID について入門編はこのITmedia の記事で何となく理解できます。
図解で知るSNMP――MIB情報のすべて

-Sample-

sles11:~ # snmpwalk -v 2c -c public device.intra .1.3.6.1.2.1.1
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux dns2 3.0.13-0.27-xen #1 SMP Wed Feb 15 13:33:49 UTC 2012 (d73692b) x86_64
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: NET-SNMP-MIB::netSnmpAgentOIDs.10
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (86836941) 10 days, 1:12:49.41
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: Administrator
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING: dns2
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING: Right here, right now.
SNMPv2-MIB::sysServices.0 = INTEGER: 76
SNMPv2-MIB::sysORLastChange.0 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORID.1 = OID: SNMP-FRAMEWORK-MIB::snmpFrameworkMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.2 = OID: SNMP-MPD-MIB::snmpMPDCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.3 = OID: SNMP-USER-BASED-SM-MIB::usmMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.4 = OID: SNMPv2-MIB::snmpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.5 = OID: TCP-MIB::tcpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.6 = OID: IP-MIB::ip
SNMPv2-MIB::sysORID.7 = OID: UDP-MIB::udpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.8 = OID: SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB::vacmBasicGroup
SNMPv2-MIB::sysORDescr.1 = STRING: The SNMP Management Architecture MIB.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.2 = STRING: The MIB for Message Processing and Dispatching.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.3 = STRING: The management information definitions for the SNMP User-based Security Model.
SNMPv2-MIB::sysORDescr.4 = STRING: The MIB module for SNMPv2 entities
SNMPv2-MIB::sysORDescr.5 = STRING: The MIB module for managing TCP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.6 = STRING: The MIB module for managing IP and ICMP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.7 = STRING: The MIB module for managing UDP implementations
SNMPv2-MIB::sysORDescr.8 = STRING: View-based Access Control Model for SNMP.
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.1 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.2 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.3 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.4 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.5 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.6 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.7 = Timeticks: (582) 0:00:05.82
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.8 = Timeticks: (582) 0:00:05.82

sles11:~ #


islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/19734733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2014-04-30 12:00 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)