NAS 上の ISOからの Windows 10 Anniversary Update

Windows Anniversary Update を ISO ファイルを使って Windows 10 -> Update してみました。何しろ、どういう罠がこのRPGゲームに仕掛けてあるのか分からないので、何台もある Windows デバイスをアップデートする都度、ネットワークのトラフィックが混雑しては話になりません。できるだけ短時間で、この困難なRPGゲームを終わらせるには ISO アップデートが一番なのです。

- 準備するもの -

- とにかく高速な回線、くれぐれも低速 ADSL や ISDN でやろうと思わない事。
- モバイルPCの場合、利用制限の上限がない無線ネットワーク回線、3G程度の容量では月額上限に達するので、4G程度買い増ししておくこと。後で通信会社から怖い請求書が送られてくるので覚悟の事。
- インストールしてあるストアプリや、必要でも再インストールできるアプリケーションは全て削除しておく事。
- たとえアプリ内課金してあるデータでも全部あきらめて削除する度胸
- 重要なデータは全部削除しておく事。バックアップを取るという脳みそがあるとなおいい
- 暇つぶし用に、とにかく夢中になれるコミック本やミステリー小説などを数冊。
- 暇で退屈な出かける予定がない雨の日曜の午後

-ダウンロード-

MediaCreationToolを「今すぐダウンロード」(凄い表現だ!)
a0056607_12500633.jpg

ダウンロードした "MediaCreationTool" を実行
a0056607_12513264.jpg

お約束で「同意する」
a0056607_12541938.jpg

「他のPC用にインストールメディアを作る」
a0056607_12572139.jpg
アキテクチャを選択(ここでは「両方」を選択した - 敗因)
a0056607_12592035.jpg

「両方」を選ぶと、アチャーな事に。
a0056607_13002564.jpg

そこでアキテクチャ毎にダウンロードすることに(この時点で10Gの空き容量)
a0056607_13023650.jpg

ダウンロード先にNASを選択、ファイル名は全部 Windows.iso なので、アキテクチャが区別できるように WindowsPro64.iso などに名前を変えておくこと。
a0056607_13043791.jpg

C:\ESD\Download に一度、トラフィックを使いまくってダウンロードされます。さて推理小説でも読んでマターリと待ちましょう。

a0056607_13060777.jpg

「完了」C:にダウンロードされたイメージは内容をチェックされえた後、NASに ISO 化されて保管されます。
a0056607_13072533.jpg
Home32/Pro32 で約 2.7G、Pro64 で 3.4G 程のサイズの ISO が出来上がりました。

- アップデート -

NAS のISOファイルを「マウント」します。Windows8 から標準になった ISO マウントは便利ですね。

Setup.exe を実行します。
a0056607_13093194.jpg

いつまでも「準備してまーす」このプロセスは setup.exe が ISO の内容を、C:ドライブに解凍するプロセスです。でもいつ終わるんだワレ。
a0056607_13195414.jpg
更新プログラムは「今はダウンロードしない」「品質向上には協力しない」
a0056607_13212997.jpg

お約束に「同意」
a0056607_13235352.jpg

引き継ぐものの確認
a0056607_13251485.jpg

何回かリブートします。このプロセスが長い......
a0056607_13270140.jpg

  ひたすら待つ...... 本当に進んでいるのか不安になる。

a0056607_13324572.jpg
「処理にしばらくかかります」ホントに時間がかかります。

a0056607_13284869.jpg


見事に失敗中
a0056607_13344462.jpg



失敗して元にもどってしまいました。
a0056607_13361518.jpg
最初のログインで、なんじゃこれ?


0xC19000101 - 0x03018
SYSPREP 操作中にエラーが発生したため、インストールは FIRST_BOOT フェーズで失敗しました。
a0056607_13381024.jpg
- 敗因 -

どうも、デバイスドライバによってはずいぶんと多くの方がこの「苦労の最果てにあるがっかり名所」にぶち当たることが多いようです。ずいぶんそういう報告がありました。しかしなぁ、これどう見ても SYSPREP のエラーに見えちゃうんだけどなぁ。

という事で一番心当たりがあるのが SUSE の仮想化ドライバなので、ISO を C: にコピーして、その他のLAN, Wireless, Bluetooth,ビデオ、などのドライバをデバイスマネージャからかたっぱしから削除し、setup からまた長い旅を繰り返してみます。8Gの空きに 2.7G の ISO をコピーして果たしてうまく行くのか?(最初のコピープロセスさえうまく行けば、LAN ドライバはデバイスマネージャから削除したままでも NAS からネットワークアップデートできたかも)

キター! プロファイルの再構築を行っています。
a0056607_13404954.jpg
どーん!

a0056607_13422122.jpg

> winver でビルドを確認します。
a0056607_13442051.jpg

やっぱり何だかんだ言っても、一日仕事である事に変わりない訳です。Windows のアップデートか。一番したくない仕事ですね。



そのほかによくある問題


Windows 10 Anniversary Update、ISO マウント、アップデート、0xC19000101 - 0x03018
SYSPREP 操作中  FIRST_BOOT フェーズで失敗 LAN ネットワークアップデート


[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/23114844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2016-08-17 14:10 | Windows | Trackback | Comments(0)