Windows10激重、HDD アクセスが 100% になりっぱなしを何とかして!

またもや、Windows10 の「お節介な機能」に悩まされています。

-現象-

WIndows10 (1607) で、ディスクアクセスが100%になる。全く処理を受け付けなくなる。アプリケーションを全部強制終了させてもダメ。

1) どうもこの現象は、Windows Update をやった後に起こりやすい(やる前にも時々あるので、だからってわけでもないな)
2) FTP や Bit torrent で Linux のディストリビューションのような、数Gbのデータをダウンロードしている最中に発生しやすい(ような気がする)
特に FTP や Windows Store からダウンロードしながら、ヒマこいて YouTube なんか見ていると、あぼん。(痛いなぁ...やり直しか)
3) 大きなファイルを別なメディアにコピー、移動、削除などの処理をした後に陥る(ような気がする)
4) こういう時間がかかる処理でヒマこいている時に、暇つぶしに何かぼーっとしている時に大抵こういう状態に陥る。
5) ディスクの空き容量が少ないPCに出やすい現象(のようだ)
6) リブートすらできない。そもそも、リブートボタンまでたどり着けない。仕方がないので DOS 窓から > shutdown /r /t 0 してものろのろお帰りのお仕度を初めて、エラク反応が遅い。
7) そういう時にかぎって、急な用事を思い出して、こなさなければならない。で、トラブルシューティングを始めたら、「急いでやるべきこと」を忘れてしまうというオマケ付き。
8) ディスクの空きが余裕のヨッちゃんなPCでは現象出ず。
9) Windows Update Service を無効にしてみる。ただし手動アップデートもエラーになるし、やっぱりHDD 100% 病は治らない。 (確かになぁあり得るんだよな)
a0056607_17024038.jpg
「田(田圃アイコン)」の右クリック > コンピュータの管理 > サービスとアプリケーション > サービスから、
"Windows Update Service" を無効にしてみた。



でもねぇ......

a0056607_15325339.jpg

こんなのが何時間も続くと、イライラが募って、もう昼間っから酒飲んじゃうぞって気分になるのですよ。

- 色々な対策 -

でも日曜日の昼間っから酒飲んでも問題は片付かないわけですね。という事で色々調べてみたのですが、皆様つぎのようなご苦労を色々しているようです。

1) 極悪の OneDrive を殺す (既に無効にしてるんだが)

極悪 Windows10 の OneDrive を無効にする

2) タスクマネージャでディスクに必死こいて、アクセスしまくるサービスを止めてみる(と言っても一番しつこいサービス停止は拒否されることが多いし...)

3) IPv6 を無効にしてみる(インストールしたら、即時そうしていますよ....)

Windows7 からWindows10 にアップデートしたらまずするべき事。

4) リソースモニタ > 「ディスクタブ」を開くと、ページファイルに必死に書き込んでいるので、ページファイルのサイズをいじってみた(効果なし)
当然、ファイルがジャンスカ書かれるので、アンチウィルス系のソフトウェアもビンビンで大忙しの様だ。

5) 仕方なく、物理的な電源ボタンから「強制終了」して、あるいはコンセントを引っこ抜いて、お祈りしながら起動できるかナぁ...

6) サービスの中の Superfetch を無効にする(とっくにしている)

Windows10 の停止しておきたいサービスとタスク

という事で前後の状況から、どうも「システムディスクに余裕がないときに大きなファイル操作をしている時に、ヒマこいて 「YouTube なんか」をぼーっと見ていると現象が出るわけなで、そういう時にこそ、急な調べものなんかをしたくなるのですね。

そこでアイドリングプロセス中にやっていそうな、一番アヤシいプロセス。「自爆(あ自動だ)メンテナンス」を止めてみました。

コントロールパネル > セキュリティとメンテナンス > 「メンテナンス」を開くと「自爆メンテナンス」「進行中」です。思わず007のロジャームーアになった気分。

a0056607_15361924.jpg
で、「自動メンテナンス」を「停止」したら、あれれ。

a0056607_15395644.jpg
2,30秒後に見事に嵐が止みはじめました。

もっとも、アイドリング状態から、いきなり使い始めても、すぐには戻りません。
これも「停止」させようにも、激重中に「停止」すら押せない事もあるので、もう致命的です。まるでオシッコが止まらないアル中患者のようにしつこく動き続けることがあります。

そういう時は、電源スイッチを長押しして「南無阿弥陀仏」を唱えながら、もう一度電源を投入するしか方法がありません。
無事お祈りが利いて起動できたら、「自爆....」あ、いや「自動メンテナンス」を「停止」させます。

もう一度「自動メンテナンス」を「開始」すると

a0056607_15425939.jpg
あらら、やっぱりこうだったか、とまた HDD 100% 状態です。逃げろロジャームーア。

a0056607_15450673.jpg

ただ、この「メンテナンス」ってヤツは「自動」で、アイドリング状態になると、ノラ猫のようにゴミ箱あさりを始めるので、また「停止」させなければなりません。しかも、この設定を弄れるのは、管理者アイコンが示す通り、「管理者のみ」です。
ユーザに「一般ユーザ」でログオンさせて使わせています、という様な、一般企業の環境では大変な大騒ぎとなるわけですね。

デフォルトでは、夜中の3時に、スリープ中のPCをたたき起こして「働かせる」という、プアなPCだったら「過酷な仕様」ですし、ほおーっておくと、また「勝手に開始」されてしまうようです。タスクスケジューラから「無効」にしても効き目はないようです。

ノートPCの Bios パスワードをかけて、「帰宅や外出で離席する時は、コンセントとネットワークケーブルを外してPCを机の中にしまっておく事」なんて、企業の運用ルールなんか無視しまくりです。

朝いちばんにノートPCを引き出しから出したら、奇妙に本体があったかいンだからぁ~、おまけにバッテリーは消耗しまくっているし。

となると、また朝いちばんからヘルプデスクの電話は鳴りっぱなしになるわけです。

試しにタスクスケジューラを止めてみてもだめでした。
a0056607_15475570.jpg
全くお節介で厄介な仕様なんですね。しかもコントロールできない、無敵の Microsoft 仕様なのです。

レジストリをツツけば「自動メンテナンス」を無効にできるようですが

How to disable Automatic Maintenance in Windows 10 and 7

によると

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Schedule\Maintenance]

に " MaintenanceDisabled" という DWORD のキーを作って、値に 1 を設定してリブートすると、この「自動運転の嵐」は止むようなのです。ただし一応「システムメンテナンス」は、あの悪名高い NFTS のフラグメンテーションの補正だとか、あまり役に立つとはおもえないけれど Windows Defender のスキャン、いらなくなったシステムファイルやパッチなどのクリーンアップをするようなので、止めておくことは決して勧められるものではないようです。

だからシステムの変更があった時や大きなファイルを操作した時に、大幅な「席替え」をせっせとやるわけですね。もっとも、こんな事できるのは「管理者」だけなので、一般ユーザにこんなフクザツな作業をやらせたくない。

そもそもそんなのUIに常備しろよと言いたくなるのですが、あまり公にはしたくない、かなり怪しい機能なんですね。

だから、もし上のレジストリを弄ったら、もう一度 Value を 0 にして、メンテナンスをして放置プレーするしかないようです。お勧めはしませんよ。

つまり、「Windows10 に於る HDD 100% アクセス激重シンドローム」には「萬金丹」のような万能の薬はないと言ってもいいのです。
a0056607_17123739.jpg
伊勢の萬金丹
鼻くそ丸めて萬金丹」



- まず一番効果的と思われるのは-

とにかく、エンドユーザさんには「ローカルディスクの空きを沢山空けておけ」空きに余裕があれば、そう滅多に自動メンテナンスはしない(ような気がする)。何しろフラグメントの起こりやすい事で有名で、25年以上昔に開発されて厚化粧を繰り返してきた Windows の NTFS だ。重くなって仕方がない。またデカいファイルなんか、特に Hyper-V とか動かすと、4Gの ISO だとか 40Gb の VHD 仮想ディスクイメージなんかが、ごっちょりあるので少しは整理して、放置プレーということでしょうかね。

まぁ、除虫剤のように「お出かけ前に」メンテナンスモードにして「帰ったら窓開け換気」じゃないな、メンテナンスモードを解除するのが、この暴れ馬を乗りこなす一つの方法かも知れません。

それにしても、こんな現象ってやっぱり Windows サーバーでも起こるのでしょうか。だから Windows (Storage 版の NAS も含む)のファイルサーバーって信用できないンですけどね。Hyper-V なんぞで、ディスクの容量ギリギリでスナップショットなんか取ったら、悲惨そう....

それから Windows のログも見てチョウダイネ、という事です。

- 結局そういうことだったのか -

やっぱり Windows Log はみるべきだった。ディスクエラー出てるんじゃん!

a0056607_14593478.jpg
という事で、ディスクエラーがでているので、バックグラウンドタスクが何度もリトライするわけですね。という事で、このPCもうダメじゃんということが判りました。

PS:その後見事に昇天し、最後を遂げましたトサ。南無南無............





--
Windows10 HDD 100% 重い、遅い、Hyper-V Windows 制御不能 メンテナンスモード

[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/237106710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-06-19 15:29 | Windows | Trackback | Comments(0)