Zabbix3.2 のソフトウェアアプライアンスUbuntu 版をSUSE 仮想環境で試してみた。

Zabbix 3.2 のアプライアンス版が出ていましたので、SUSE バカに陥らないためにも、ubuntu と格闘してみました。というか、2.2 のアプライアンスが壊れてしまったので(あぁーバックアップ取ってないし .... )

zabbix 2.x の導入はこんな感じでした。
SUSE Studio から Zabbix 管理ツールの導入

※ ソフトウェアアプライアンス版は、評価目的のチューニングですが、中小規模の数台のサーバーやルータ、スイッチなどのトラフィック管理など数十台のデバイス管理には、そこそこ使えます。より深く学び、システム管理が複雑で規模や問題が大きくなれば、それなりに Zabbux L.L.C の有償サポートを受けたパッケージの導入とトレーニングを受けてください。私としては、デバイスの異常なトラフィック増大を時系列で見えればよい程度なので、導入の敷居が低いzabbix のソフトウェアアプライアンス版は初めての方にはお勧めです。なお、 3.2 は LTS 版ではないのでそのつもりでトレーニングだと覚悟してください。

- ハイパーバイザーへの実装 -

Zabbix のダウンロードページから、 "KVM, Parallels, QEMU, USB stick, VirtualBox, Xen" 用イメージ (.raw1.6Gb) をダウンロードします。

Download

Zabbix appliance Documets

*****.tar.gz を解凍すると 10Gb の仮想アプライアンスイメージが出来上がります。ubuntu のバージョンは /etc/os-release によると 14.04 でした。

これを virt-manager から Create Virtual Machine で実装します。機材の都合で XEN4.4 on SUSE SLES11sp4 です。
a0056607_14293162.jpg

このバージョンは、 Ubuntu 14 は対応していないようですが、 Ubuntu(Other) で実装できました。
- Virtual : Full Virtual
- Name of VM :
- Hardware : 512Mb, 1Vcpu
- MAC : XEN source のヘッダに任意の3桁


a0056607_14300292.jpg

これで OK を押すと、Zabbix 3.2 アプライアンスが起動できました。

Ubuntu のいやらしいroot でログインできないログインプロンプトです。

a0056607_14303447.jpg

ダウンロードページにあるパスワードでログインします。

login : appliance
Password : zabbix

a0056607_14310483.jpg

DHCPで IP をもらうので一応 ifconfig で IP を確認します。

a0056607_14312728.jpg
これで SSH テキスト端末からログインできます。

ssh xx.xx.xx.xx -l appliance

sles11:/var/lib/xen/images/zabbix32 # ssh 192.168.1.xx -l appliance
Zabbix server Appliance (mysql)
appliance@192.168.1.55's password: **********
Last login: Fri Jul 14 10:30:35 2017
######## ### ######## ######## #### ## ##
## ## ## ## ## ## ## ## ## ##
## ## ## ## ## ## ## ## ## ##
## ## ## ######## ######## ## ###
## ######### ## ## ## ## ## ## ##
## ## ## ## ## ## ## ## ## ##
######## ## ## ######## ######## #### ## ##
appliance@zabbix:~$

IPを固定します。 /etc/network/interface を sudo vi で DHCPから Static に編集します。(メンド臭い)
IP を指定して DNS, Default Gateway の設定をします。

appliance@zabbix:/etc$ cat /etc/network/interfaces
# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
#iface eth0 inet dhcp <--- コメントアウト
iface eth0 inet static <--- 追加

address 192.168.1.220 <--- 追加
netmask 255.255.255.0 <--- 追加
gateway 192.168.1.1 <--- 追加
dns-nameservers 192.168.1.2 <--- 追加

/etc/resolv.conf を書き換えます。(メンド臭い)

appliance@zabbix:/etc$ cat resolv.conf
# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
# DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
nameserver 192.168.1.2 <--- 追加
nameserver 192.168.1.3 <--- 追加
search intra <--- 追加

でネットワークの再起動(メンド臭いしミスタイプしやすい)

appliance@zabbix:/etc$ sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
[sudo] password for appliance: *********
appliance@zabbix:/etc$ ping www.yahoo.co.jp
PING edge.g.yimg.jp (183.79.248.252) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 183.79.248.252: icmp_seq=1 ttl=52 time=90.6 ms
64 bytes from 183.79.248.252: icmp_seq=2 ttl=52 time=97.3 ms

--- edge.g.yimg.jp ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 1001ms
rtt min/avg/max/mdev = 90.698/94.024/97.350/3.326 ms
appliance@zabbix:/etc$


a0056607_14320955.jpg


という事でブラウザから http://ip_or_DNS_address/zabbix へ Admin/zabbix のデフォルトでログインします。

a0056607_14420950.jpg

で、色々弄って、date すると UTC 表示でした...... ubuntu の場合、謎のオマジナイがあるのでシステム時刻を JSTに変更します。

appliance@zabbix:/etc$ sudo dpkg-reconfigure tzdata
[sudo] password for appliance: *********

こんな UI が出てくるので Asia > Tokyo を選び OK します。

a0056607_14323301.jpg


appliance@zabbix:~$ date
Sat Jul 15 00:29:36 JST 2017
appliance@zabbix:~$

無事、システムの時刻表示は UTC から JST になりました。しかし、Zabbix の UI で表示される、グラフやイベントは UTC のままです。一体どこで変えるんでしょうね。

/etc/php5/apache/php.ini を sudo vi で変更しました。

appliance@zabbix:/etc/php5/apache2$ sudo vi php.ini
appliance@zabbix:/etc/php5/apache2$ ....: 編集中 .....
appliance@zabbix:/etc/php5/apache2$ cat php.ini | grep timezone
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo
appliance@zabbix:/etc/php5/apache2$

zabbix-server と apache2 をリスタートさせましたが
何故か6時間、表示が遅れています(謎)

※謎解決 タイムゾーンを JST に

/etc/apache2/conf-available/zabbix.conf に Timezone の設定があるのでこれを突いたら治りました。

appliance@zabbix:/etc/apache2/conf-available$ ls -al
total 36
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Aug 7 17:53 .
drwxr-xr-x 8 root root 4096 Jul 28 06:43 ..
-rw-r--r-- 1 root root 315 Jan 3 2014 charset.conf
-rw-r--r-- 1 root root 3224 Jan 3 2014 localized-error-pages.conf
-rw-r--r-- 1 root root 189 Jan 3 2014 other-vhosts-access-log.conf
-rw-r--r-- 1 root root 2190 Jan 3 2014 security.conf
-rw-r--r-- 1 root root 455 Jan 7 2014 serve-cgi-bin.conf
-rw-r--r-- 1 root root 1582 Aug 7 17:53 zabbix.conf
-rw-r--r-- 1 root root 1583 Aug 7 17:52 zabbix.conf.org
appliance@zabbix:/etc/apache2/conf-available$ cat zabbix.conf | grep timezone
php_value date.timezone Asia/Tokyo
php_value date.timezone Asia/Tokyo
appliance@zabbix:/etc/apache2/conf-available$

マニュアルはちゃんと読めよという事ですね。

- NTP をインストールして設定 -

NTP が入っていないので、インストールします。ハードウェアクロックは仮想環境では時刻狂いを起こします。

sudo apt-get で ntp を Install します。

appliance@zabbix:/etc$ sudo apt-get install ntp
[sudo] password for appliance:
Sorry, try again. あちゃーメンドクサイ
[sudo] password for appliance:
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done

 : 中略して誤魔かしの美....

appliance@zabbix:/etc$


/etc/ntp.conf を外部ソースから、LAN内の NTP ソースに変更します。

# Use servers from the NTP Pool Project. Approved by Ubuntu Technical Board
# on 2011-02-08 (LP: #104525). See http://www.pool.ntp.org/join.html for
# more information.
#server 0.ubuntu.pool.ntp.org <--- コメントアウト
#server 1.ubuntu.pool.ntp.org <--- コメントアウト
#server 2.ubuntu.pool.ntp.org <--- コメントアウト
#server 3.ubuntu.pool.ntp.org <--- コメントアウト
server ntp1.intra <--- 追加
server ntp2.intra <--- 追加

とここまで3時間の作業でした。SUSE なら、yast 一発で20分で終わるんだけどなぁ。

Install on openSUSE / SLES

あとは Configuration > Hosts から、smnp エージェントを実装したデバイスを登録して行くだけです。

- 対象ホストが snmp を返すか調べる snmpwalk -

監視対象ホストが SNMP に反応するかどうかは snmpwalk を使いますが、このアプライアンスにはデフォルトでは入っていないので、SUSE なら YaST で一発の所、Ubuntu 版では、テキストコンソールからキーボードと闘いオマジナイを唱える必要があります。くれぐれも綴りを間違えないように..... アチャーなトラップが待っています。

appliance@zabbix:~$ sudo apt-get install snmpd
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
snmpd is already the newest version.
snmpd set to manually installed.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 19 not upgraded.
appliance@zabbix:~$ snmpwalk <---- snmpd だけじゃダメポ.......
-bash: snmpwalk: command not found
appliance@zabbix:~$ sudo apt-get install snmp <--- このパッケージが必要なようです。
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following NEW packages will be installed:
snmp
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 19 not upgraded.
Need to get 146 kB of archives.
After this operation, 554 kB of additional disk space will be used.
Get:1 http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates/main snmp amd64 5.7.2~dfsg-8.1ubuntu3.2 [146 kB]
Fetched 146 kB in 3s (41.1 kB/s)
Selecting previously unselected package snmp.
(Reading database ... 52441 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../snmp_5.7.2~dfsg-8.1ubuntu3.2_amd64.deb ...
Unpacking snmp (5.7.2~dfsg-8.1ubuntu3.2) ...
Setting up snmp (5.7.2~dfsg-8.1ubuntu3.2) ...
appliance@zabbix:~$
appliance@zabbix:~$
appliance@zabbix:~$ snmpwalk -v2c -c public 192.168.1.239 .1.3.6.1.2.1.1
iso.3.6.1.2.1.1.1.0 = STRING: "Linux abianca 3.0.101-63-xen #1 SMP Tue Jun 23 16:02:31 UTC 2015 (4b89d0c) x86_64"
iso.3.6.1.2.1.1.2.0 = OID: iso.3.6.1.4.1.8072.3.2.10
iso.3.6.1.2.1.1.3.0 = Timeticks: (44081742) 5 days, 2:26:57.42
iso.3.6.1.2.1.1.4.0 = STRING: "Administrator <postmaster@example.com>"
iso.3.6.1.2.1.1.5.0 = STRING: "abianca"
iso.3.6.1.2.1.1.6.0 = STRING: "Right here, right now."
iso.3.6.1.2.1.1.7.0 = INTEGER: 76
iso.3.6.1.2.1.1.8.0 = Timeticks: (47) 0:00:00.47
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.1 = OID: iso.3.6.1.6.3.10.3.1.1
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.2 = OID: iso.3.6.1.6.3.11.3.1.1
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.3 = OID: iso.3.6.1.6.3.15.2.1.1
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.4 = OID: iso.3.6.1.6.3.1
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.5 = OID: iso.3.6.1.2.1.49
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.6 = OID: iso.3.6.1.2.1.4
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.7 = OID: iso.3.6.1.2.1.50
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.2.8 = OID: iso.3.6.1.6.3.16.2.2.1
iso.3.6.1.2.1.1.9.1.3.1 = STRING: "The SNMP Management Architecture MIB."

 : 中略

iso.3.6.1.2.1.1.9.1.4.8 = Timeticks: (47) 0:00:00.47
appliance@zabbix:~$ <----- うまく帰ってきたようです。

こんなに使いづらい Ubuntu 大好きって人はよっぽどマゾなんだろうなぁ。





-Key Word-

Zabbbix 3.2 仮想アプライアンス XEN KVM 評価 導入 練習台 無償で始めるネットワーク管理


[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/237190698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-07-15 14:45 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)