2017/9 現在、話題の「KSKロールオーバー」対策は?

地味で意味不明のKSKロールオーバー

総務省の「勧告」があり始めて知りました。


※ DNSについては「知っている」程度の知識なので、このブログの内容は内容は丸のみしないように.....関連文書はごっちょり出ています。

ネット史上初めての「KSKロールオーバー」が始まる、名前解決できなくなる前にDNSサーバーなど設定確認を! 今年9月は特に注意

影響があるのは、DNSサーバーを運用しているネットワークで、管理者は「何それ」と言って「朝日新聞」以外の大手メディアは「狼が来た」程度で、騒いでもいないので、突然の対策に苦慮しているようですね。

企業LAN、ネット遮断のおそれ 総務省が確認呼びかけ

詳細はこちら

KSKロールオーバーについて(JPNIC)

-まず DNSSEC-

大抵、一般企業のゾーン mycompany.com には www, mail, mydns など自社の社外向けサービスが、ISP の DNS マスターに記載されていて、企業の mydns は、ISP のマスターからゾーン転送を受けるスレーブとなって、もし、ISP の DNS が停止する場合のバックアップになります。逆に自社オンプレミスのDNSサーバーがゾーンマスターのケースもあります。

しかし、この二つは、お互い IP アドレスだけで信頼関係があるので、万が一、相手が「なりすましIP」を使うと、DNSのゾーン転送がうまく行かなくなり、メールの誤転送や、フィッシングサイトへ引き込まれたりします。そこで DNSSEC という鍵交換方式で相手のDNSが正しいかどうかを検証するのがDNSSEC という事らしいです。

. (ドット)のルートゾーンから、.jp -> .co.jp -> mycompany.co.jp までそれぞれゾーンを管理する団体が違うので、その間、どのような経路を通るのか分からないので DNSSEC を使ってお互いを確認しあう仕様になって7年目。本来、5年でルートゾーンのKSK 電子鍵 "Key Signing Key" を更新する予定だったのが、色々調整に手間取り、いよいよルートの鍵更新をするのがこの秋ということなのです。そもそも DNSSEC 自体、実装され始めて10年と経っていないDNSの保護対策なので、ワタシのように「古いエンジニア」には何がなんだかさっぱり。そもそも閉じた環境では 古いDNSサーバーをそのまま使っている場合、DNSSEC自体実装していないケースも多いようです。最新の Bind DNS では、 DNSSEC 自体デフォルトで Auto となっているケースがあるようなので、それぞれのディストリビューションに問い合わせて対策する必要がありそうです。

で、SUSE のマニュアルしらべてみましたが、named.conf の ”dnssec-validation” のパラメータの記述さえありません。勿論 YaST のオプションにも設定項目なし。逆に、dnssec の validation 機能の脆弱性情報に載っていたくらいなので、一つの脆弱性があれば、また次にも見つかる機能なので、無理して使わないのが、無難なのでしょうかね。

もともと私が愛用している Bind の教科書にも DNSSEC については、ほとんど記述がないほどの機能ですから、大多数意見では DNSSEC 自体は設定する必要はまず無いようです。上位 ISP にも問い合わせてみたら、「DNSSEC は無効にしている」という回答。そもそも資料も少ないですから。というか DNSSEC 無用(悪機能)論もあるくらいだから、ほとんど一般の管理者にとっては無視するのも仕方ないのかなと思います。DNSSEC は日本では 2017 年現在 10% 前後しか普及していないらしい論もあります。そもそもそれほど通信事業者間、公共団体で普及していないものを、取り出して「ああ、こう」言っても、聞く耳がないのも仕方がない事です。

- それでも起こるDNSのトラブル -

それでも上位ISP同志で鍵交換をする、この秋に、一般的なDNSクエリ以上のパケットサイズの通信が起こり、通常 1280 バイトのDNS更新情報が、1424 バイト程度まで膨らんでオーバーフローして情報が正しく伝わらない現象が「KSKロールオーバー」という現象です。この影響は全インターネットユーザの1/4程度が影響される可能性があるということなんですね。これほどの大袈裟な影響なのに、一般に認知されていないところは、ずいぶん疑問符が出てきます。

これによって、相手のウェブサイトの名前解決ができない。名前解決ができないため、メールが転送できない、という現象が大本営発表によると発生する(らしい)のですね。

実際に、SOHO向けルータのDNSサーバーを使っているワタシの様な零細事業者とか、スレーブDNSを自社にオンプレミスで運用しているとか、DNSについてはド素人なワタシのようなSI業者なんかがiDC の中の顧客のサーバーの面倒を見ているような場合は、「KSKロールオーバー? 何それ?」という事になり、ろくな知識もないまま慌ててしまう事になるわけです。

1) 確認方法

1-1) bind dig コマンドで dns の reply size limit の値をチェック

reply size limitの値が1424より大きいこと

sles11:~ # dig @dns2 +bufsize=4096 +short rs.dns-oarc.net txt
rst.x1008.rs.dns-oarc.net.
rst.x1968.x1008.rs.dns-oarc.net.
rst.x2454.x1968.x1008.rs.dns-oarc.net.
"173.194.171.12 sent EDNS buffer size 4096"
"173.194.171.12 DNS reply size limit is at least 2454"
"Tested at 2017-09-05 03:27:22 UTC"
sles11:~ #

※一発で答えが返らない場合もあるので2、3度繰り返してみてください。

1-2) DNSSEC Key Size Testのサイトでテストする。

にアクセスして、Result の 1~4が Pass していること、5は(This should fail なので) パスしないはず。
a0056607_13383419.jpg
以上で問題がなければ、一応、KSK ロールオーバー対策は「準備OK」という事になるそうです。

問題がある場合、上位ISPの DNS のプロに問い合わせて対策するのが一番のようですね。もっとも、「影響なし」と公表しているISPも少ないので、みんな知らないのも当たり前なのかも知れません。

2) DNS は最新版を

DNS サーバーはいったん設定を済ますと、中々中身をイジリたくないシステムです。でも Bind というソフトウェアはバグや脆弱性が多い事でも有名なソフトウェアなので、Bind を最新版に更新した方がいい。という事になります。

それにしても、この問題があまり大きく IT 関連のメディアにすら載らないし、ほとんど JPNIC と大本営総務省発表のコピペ記事で、具体性に欠けるのが最大の謎だったりします。

ご意見ある方のコメント期待しています。


KSKロールオーバー, DNSSEC, dnssec-validation, 無効化, 有効化




[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/237714293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-09-05 13:40 | SUSE | Trackback | Comments(0)