GroupWise 2014 R2 SP1 の SLES12 へのインストール(一部不具合あり)

GroupWise 2014R2 SP1 を SLES12 SP1 に導入してみました。

結論を先に言うと GroupWise 20114 R2 SP1 WebAccess を SLES12 SP3 にインストールする際に致命的な問題があり、SLES12 SP1 では発生しません。この問題は GroupWise 2014 R2 SP2 では解決されているようですが、評価版では公開されていないため、 SLES12 SP1 に入れるには、現状で問題なし、という事です。
なお、SLES11 に GW2014 R2 はインストールできないようでしたので、 SLES11 を使う場合は GW2014(無印)が必要です。ただ、このバージョンもクライアント側に日本語の文字化けがあるので、クライアントだけ 2014sp1 に上げる必要があります。


まず、SLES12 1.5Gb Memory, 4vcpu, 14Gb / ルートパーティション(btrfs)、/grpwise パーティションにメールストア(XFS)
gnome デスクトップ(インストールには GUI と ブラウザが必要です)をインストールして、 NTP の設定とIPの固定をしました。


メールストアにあらかじめポストオフィスとドメイン用にディレクトリを作成します。特に必要はないのですが、事前に作っておくと誤指定がないので、作っておくべきでしょう。

grpwise:~ # cd /grpwise/
grpwise:/grpwise # ls
grpwise:/grpwise # mkdir po
grpwise:/grpwise # mkdir po/log
grpwise:/grpwise # mkdir dom
grpwise:/grpwise # mkdir dom/log



電子メディアを解凍します。

# tar xvzf gw14.2.1_full_linux_multi.tar.gz

- GroupWise パッケージのインストール -

テキストコンソールを開き、解凍先のディレクトリのインストーラを起動します。

# ./install.sh

a0056607_10295738.jpg
a0056607_10304327.jpg
EULA > Agree

GroupWise Server を選んで Install



a0056607_11474470.jpg



a0056607_10312609.jpg
Installing GroupWise Server...
Loading repository data...
Reading installed packages...
Forcing installation of 'groupwise-gwha-14.2.1-124014.x86_64' from repository 'Plain RPM files cache'.
Forcing installation of 'groupwise-server-14.2.1-124014.x86_64' from repository 'Plain RPM files cache'.
Forcing installation of 'gw-oracle-outside-in-8.5.2-6.x86_64' from repository 'Plain RPM files cache'.
Resolving package dependencies...
The following 6 NEW packages are going to be installed:
groupwise-gwha groupwise-server gw-oracle-outside-in libXm4 libXp6 motif
The following 3 packages are not supported by their vendor:
groupwise-gwha groupwise-server gw-oracle-outside-in
6 new packages to install.
Overall download size: 470.0 MiB. Already cached: 0 B. After the operation,
additional 778.7 MiB will be used.
Continue? [y/n/...? shows all options] (y): y
Retrieving package libXp6-1.0.2-3.58.x86_64
(1/6), 16.1 KiB ( 34.9 KiB unpacked)
Retrieving package libXm4-2.3.4-4.15.x86_64
(2/6), 944.9 KiB ( 2.8 MiB unpacked)
Retrieving package motif-2.3.4-4.15.x86_64 (3/6), 166.7 KiB (400.3 KiB unpacked)
Retrieving package gw-oracle-outside-in-8.5.2-6.x86_64
(4/6), 17.5 MiB ( 61.1 MiB unpacked)
Retrieving package groupwise-server-14.2.1-124014.x86_64
(5/6), 451.4 MiB (714.3 MiB unpacked)
Retrieving package groupwise-gwha-14.2.1-124014.x86_64
(6/6), 23.8 KiB ( 59.7 KiB unpacked)
Checking for file conflicts: .............................................[done]
(1/6) Installing: libXp6-1.0.2-3.58.x86_64 .............................................................[done]
(2/6) Installing: libXm4-2.3.4-4.15.x86_64 .............................................................[done]
(3/6) Installing: motif-2.3.4-4.15.x86_64 ..............................................................[done]
(4/6) Installing: gw-oracle-outside-in-8.5.2-6.x86_64 ..................................................[done]
(5/6) Installing: groupwise-server-14.2.1-124014.x86_64 ................................................[done]
Additional rpm output:
gwha: unknown service
gwha: unknown service
(6/6) Installing: groupwise-gwha-14.2.1-124014.x86_64 ..................................................[done]
Checking status [gwadminservice] running
* grpwise.service
Loaded: not-found (Reason: No such file or directory)
Active: inactive (dead)
Press any key to return...

# ~/Desktop にインストールと管理コンソールアイコンが作られます。


a0056607_10314019.jpg

GroupWise Install を選び "Create a New GroupWise System" を選び、新規 GroupWise システムをセットアップします。

a0056607_10315788.jpg
初期管理用パスワードの設定(忘れないこと....)

a0056607_10321241.jpg
最初のドメイン(プライマリ)の作成

System Name: は GroupWise 無二の名称です。できるだけ一般的な名前を付けるのが無難です。企業名や組織名を使うと、後にCIや吸収合併によって企業名が変わった場合など、変更が利きません。

Internet Domain Name:には、エンドユーザが使う、メールアドレスのGTLDドメイン名を使います。このシステムで作られた電子メールインターネットアドレスは、デフォルトで gwid_name@this_domain_name.com になります。デフォルトでユーザの電子メールアドレスは GW_ID@this_domain.co.jp となります。

このシステムを最初に導入するドメイン HOST サーバーのアドレスを設定します。

GroupWise Domain Name :は、命名規則に従って任意に付けます。例えば HO-Domain とか, NAmerica-Domain, AisaPac-Domain, EUAF-Domain などですね。
Domain Folder :は事前に作成済みのドメインディレクトリを Browse ボタンで探してセットします。

タイムゾーンを GMT+9 (JST) にセットします。

※小規模な GroupWise システムの場合は、シングルドメイン、複数ポストオフィスでも構いませんが、中規模程度以上のシステムでは、プライマリドメインに、エージェントやポストオフィスをぶら下げず、単にドメインデータベースを保持するだけにしておく事です。ポストオフィスDBが壊れた場合、プライマリドメインから再構築するので、プライマリドメインに余計なオペレーション負荷を与えないようにします。POをやエージェントをぶら下げるドメインは専用に別ドメインとします。

a0056607_10323159.jpg
サマリを確認して Finish

a0056607_10324600.jpg
引き続き、セカンダリドメインや、ポストオフィスを作成します。

a0056607_10330065.jpg
ポストオフィスの作成

a0056607_10331446.jpg
初期管理者パスワードで GWadmin Console にログイン

a0056607_10333616.jpg
Post Office Name: 命名規則に従い、Sapporo-Branch-PO とか、AsiaPac-PO とか
HOST: POA が動作するホストアドレスです。POはメールボックスそのものなのでこのコンピュータは、大きなストレージを使います。
Post Office Folder: /(ルート)パーティションとは異なる物理ドライブをお勧めします。iSCSI ストレージのような別体のストレージにするとか、仮想環境なら、別な仮想ディスクイメージを使います。

a0056607_10340539.jpg

a0056607_10342014.jpg

a0056607_10343660.jpg
Next > Finish

GWadmin Console に接続します。

インストールしたサーバー #~/Desktop のアイコンを開くか https://IP-Address-for-GWadmin:9710/gwadmin-console/login.jsp を開きます。
初期設定した管理者パスワードで開きます。
a0056607_10345006.jpg
Ldap 認証(オプション)

オプションとして LDAP 認証ができます。ここでは eDirectory を LDAP サーバーとした場合の NDS 認証の方法です。

System > Ldap Server > "New" で eDirectory サーバーを指定します。eDirectory の場合、複数のLDAPサーバが相互データ交換するため、基本的にはどのサーバーでも構いませんが、一番、POユーザの登録が多い、身近な eDirectory サーバーを指定します。

任意の同期名をつけて、

HOST: eDirectory Server
LDAP User: cn=admin,o=MyOrg (区切りはドットではなくカンマ)か、代理の Proxy ユーザを指定します。

”Test Connection” で接続を確認します。

Base DN: にはこの同期接続がよく使用する OU を指定します。

a0056607_10350533.jpg


a0056607_10352396.jpg


”Security” タブの "LDAP Authentication" をチェックします。

a0056607_10354388.jpg


この他に LDAP からのポストオフィスへユーザインポートも行えます。

a0056607_12231648.jpg
a0056607_12254979.jpg

a0056607_10360688.jpg

5分で見つかるような目立った漢字の文字化けはありません。相変わらず "HOME" は "自宅"ですが、まぁ働き方改革しろ、という事でしょうか。
a0056607_16561658.jpg

SLES12sp2,sp3 にWebAccessはインストールできない

TIDにある様に、SLES12 SP2 以降では WebAccess の Configure が Python のエラーになるため、設定することができません。残念ながら Evalution 版ではパッチの入手ができないので SLES 12 SP1 を使いました。

Python error when configuring Web components on SLES12SP2

Resolution
The fix for this issue is in the GroupWise 2014 R2 SP1 HP2 build located here for Linux and Windows

GroupWise 2014 R2 SP1 HP2 (14.2.1.2) - Linux Full Multilingual

Restriction Status:
Restricted

We're sorry, we are unable to complete the download at this time.
You are not authorized to access this item.

SLES12 SP1 では問題なく動きました。SLES のバージョンが新しすぎるということですね。
a0056607_10362086.jpg

a0056607_10364133.jpg
Install

Installing GroupWise WebAccess...
Loading repository data...
Reading installed packages...
Resolving package dependencies...
The following 31 NEW packages are going to be installed:
apache2 apache2-prefork apache2-utils apache-commons-collections
apache-commons-daemon apache-commons-dbcp apache-commons-logging
apache-commons-pool2 cglib ecj geronimo-jta-1_1-api geronimo-specs-poms
groupwise-webaccess-webapp jakarta-commons-pool-tomcat5 java-1_8_0-openjdk
java-1_8_0-openjdk-headless javapackages-tools libapr1 libapr-util1 libgif6
libnghttp2-14 libtcnative-1-0 log4j python-curses tomcat tomcat-el-3_0-api
tomcat-jsp-2_3-api tomcat-lib tomcat-servlet-3_1-api xerces-j2
xerces-j2-xml-apis
The following recommended package was automatically selected:
libtcnative-1-0
The following package is not supported by its vendor:
groupwise-webaccess-webapp
31 new packages to install.
Overall download size: 167.8 MiB. Already cached: 0 B. After the operation,
additional 272.0 MiB will be used.
Continue? [y/n/...? shows all options] (y): y
Retrieving package jakarta-commons-pool-tomcat5-1.3-108.722.noarch
(1/31), 45.8 KiB ( 47.3 KiB unpacked)
Retrieving package xerces-j2-2.8.1-267.31.noarch
(2/31), 1.0 MiB ( 1.2 MiB unpacked)
Retrieving package javapackages-tools-2.0.1-6.10.x86_64
(3/31), 50.8 KiB (129.9 KiB unpacked)
Retrieving package libapr1-1.5.1-2.7.x86_64
(4/31), 99.6 KiB (232.8 KiB unpacked)
Retrieving package libgif6-5.0.5-12.1.x86_64
(5/31), 21.0 KiB ( 35.4 KiB unpacked)
Retrieving package libnghttp2-14-1.7.1-1.84.x86_64
(6/31), 72.8 KiB (135.3 KiB unpacked)
Retrieving package python-curses-2.7.13-27.1.x86_64
(7/31), 44.6 KiB (134.9 KiB unpacked)
Retrieving package java-1_8_0-openjdk-headless-1.8.0.131-26.3.x86_64
(8/31), 48.7 MiB ( 83.8 MiB unpacked)
Retrieving package apache-commons-daemon-1.0.15-6.10.x86_64
(9/31), 43.3 KiB (107.9 KiB unpacked)
Retrieving package xerces-j2-xml-apis-2.8.1-267.31.noarch
(10/31), 150.2 KiB (190.5 KiB unpacked)
Retrieving package tomcat-servlet-3_1-api-8.0.43-23.1.noarch
(11/31), 253.4 KiB (296.6 KiB unpacked)
Retrieving package tomcat-el-3_0-api-8.0.43-23.1.noarch
(12/31), 91.3 KiB ( 82.1 KiB unpacked)
Retrieving package geronimo-specs-poms-1.2-25.1.noarch
(13/31), 17.8 KiB (103.4 KiB unpacked)
Retrieving package ecj-4.4.0-3.1.noarch (14/31), 1.9 MiB ( 1.9 MiB unpacked)
Retrieving package cglib-2.2-11.1.noarch (15/31), 252.2 KiB (284.9 KiB unpacked)
Retrieving package apache-commons-collections-3.2.2-6.1.noarch
(16/31), 504.3 KiB (596.3 KiB unpacked)


: 略

Configure(SLES12sp3)での不具合

    GroupWise WebAccess
Traceback (most recent call last):-----------------------------------------------------------------------------
File "install.py", line 4, in <module>
frontend.Frontend(sys.argv)
File "/root/ISO/gw14.2.1-124014-848_full_linux_multi/gwinst_legacy/frontend.py", line 358, in __init__
textinst.start(nolicense, selectlang, self.cluster, cfgOnly)
File "/root/ISO/gw14.2.1-124014-848_full_linux_multi/gwinst_legacy/textinst.py", line 107, in start
webappconfig(textapi)
File "/root/ISO/gw14.2.1-124014-848_full_linux_multi/gwinst_legacy/textinst.py", line 205, in webappconfig
(apache, tomcat) = GetDefaultWebserverPaths()
File "/root/ISO/gw14.2.1-124014-848_full_linux_multi/gwinst_legacy/utils.py", line 1851, in GetDefaultWebserverPaths
tomcat = os.path.join(tomcatbase, 'webapps')
File "/usr/lib64/python2.7/posixpath.py", line 70, in join
elif path == '' or path.endswith('/'):
AttributeError: 'NoneType' object has no attribute 'endswith'


----
...... abort ........orz

SLES12 SP1 の場合

a0056607_10364133.jpg

Install

: 略

「IBM_Java のインストールができていない」というメッセージが出る場合は Apache2 のリスタートが必要

# rcapache2 restart
a0056607_10365690.jpg
Configure > Continue

a0056607_10372338.jpg
ポストオフィスのIPアドレスとデフォルトのMTAポートをセット(Enter)して

a0056607_12425852.jpg

conf.d と tomcat の設定ディレクトリをデフォルトのまま指定(Enter)して

a0056607_10374068.jpg
インストールと設定が終わりました。

a0056607_10380996.jpg

rcapache2 restart
# rctomcat restart

を実行して、数十秒待ちます。 http://gw-web-ip-address/gw/webacc にアクセスして GroupWise Web Access に接続します。残念ながら SSL ではありません。

a0056607_10414636.jpg

islandcenter.jp

SUSE Linux, SLES12, GroupWise 2014, GroupWise 2014 R2 SP1, GroupWise 2014 R2 SP2, GroupWise Web Access



[PR]
トラックバックURL : http://islandcnt.exblog.jp/tb/238107568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-12-23 12:48 | GroupWise | Trackback | Comments(0)