カテゴリ:Native Netware( 46 )

Attachmate によるノベルの買収計画はほぼ起動に乗り始めたようです。

ノベル買収のアタッチメイト、クラウド顧客をターゲットに

この中で--

 Novellの旧Netware顧客に関しては、打ち切られていたNetware各バージョンのサポートを復活させる意向だという。「われわれは顧客に移行を強いることはしないという哲学を持っている」と、ホーン氏は語った。同氏はNetwareについて、「いまだに大規模かつ忠実なインストール・ベースが存在しているため、ロードマップに製品やサポートなどを追加するといった何らかの形で、今後もユーザーのニーズを満たすことに注力していきたい」と説明している。

 ホーン氏は、「われわれはどのような製品も見捨てない」と言う。Novellの既存のロードマップはそのまま維持するそうだ。Attachmateは2010年11月にNovell買収を発表している。



とあり、ほぼ現状の Novell 製品顧客のサポートは継続して行われることになります。

もっとも、ノベルK.K.は Novell Inc. とソフトバンクはじめとする国内主要ベンダーとの合弁であるため基本的なサポート体制や製品供給にはかわりはないでしょう。ただし、現状の規模からして、全ての製品がサポートできる体力があるわけではないので、ある程度はユーザ側での検証、フィードバックを行いながら導入すべき点は問題として残っています。

また、 従来のノベル製品と SUSE との事業編成が分かれるとせっかく検証したドキュメントのURLが変わってしまうこともありえるので、これは困った問題かも知れません。

http://islandcenter.jp<>
[PR]
by islandcenter | 2011-04-30 01:28 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

iManager が開けない

-症状-

iManager が表示できない。ブランクで表示される。

iManager login page is blank

SYS:Apache2\log のエラーログに次の記録がある。

[Mon Sep 01 08:52:30 2008] [crit] (10022)Unknown error: make_secure_socket: for port 443, WSAIoctl: (SO_SSL_SET_SERVER)
Configuration Failed

Error: "10022 unknown error: make_secure_socket" loading Apache

-対策-

PKIDIAG.NLM で Certificate Object の再構成を行います。
OES NetWare は PKIDIAG がありますが、 Windows 版 Linux 版はありません。オブジェクトを削除して Certificate を再作成するしかありません。

How to manually create all security objects

-List-

Enter (fully distinguished) Login Name: .admin.ace
Enter Password: *****
Logging in... User: .admin.ace

PKIDiag 2.78 Utility
-----------------------------------
0) Begin diagnostics now [No changes will be made]
1) Exit now
Addresses [You can change addresses if desired]
-----------------------------------
2) IP address: 192.168.1.238 (default)
3) DNS name: acenw.islandcenter.ddo.jp (default)
Change default mode [Enter number to toggle between mode(s)]
-----------------------------------
4) Actions: Diagnostic mode

Enter option:4 - Diagnostic mode をセット


PKIDiag 2.78 Utility
-----------------------------------
0) Begin fixing now [All problems will be fixed if possible]
1) Exit now


Addresses [You can change addresses if desired]
-----------------------------------
2) IP address: 192.168.1.238 (default)
3) DNS name: acenw.islandcenter.ddo.jp (default)

Change default mode [Enter number to toggle between mode(s)]
-----------------------------------
4) Actions: Fix mode
5) Default KMO replacement mode: Rename and create new KMO
6) Update default KMO mode: Rename and create when necessary

Note: Default KMOs are SSL CertificateIP and SSL CertificateDNS
Enter option:5 - Default replacement mode をセット


PKIDiag 2.78 Utility
-----------------------------------
0) Begin fixing now [All problems will be fixed if possible]
1) Exit now

Addresses [You can change addresses if desired]
-----------------------------------
2) IP address: 192.168.1.238 (default)
3) DNS name: acenw.islandcenter.ddo.jp (default)

Change default mode [Enter number to toggle between mode(s)]

-----------------------------------
4) Actions: Fix mode
5) Default KMO replacement mode: Rekey existing KMO
6) Update default KMO mode: Re-key when necessary

Note: Default KMOs are SSL CertificateIP and SSL CertificateDNS
Enter option:6 - 必要であれば Re-Ley をセット

PKIDiag 2.78 Utility
-----------------------------------
0) Begin fixing now [All problems will be fixed if possible]
1) Exit now

Addresses [You can change addresses if desired]
-----------------------------------
2) IP address: 192.168.1.238 (default)
3) DNS name: acenw.islandcenter.ddo.jp (default)

Change default mode [Enter number to toggle between mode(s)]
-----------------------------------
4) Actions: Fix mode
5) Default KMO replacement mode: Rekey existing KMO
6) Update default KMO mode: Always Re-key

Note: Default KMOs are SSL CertificateIP and SSL CertificateDNS
Enter option:0 - をセット Fix が開始されます


Step 1 Verifying the Server's link to the SAS Service Object.
Server 'aceNW.System.TK.JP.ace' points to SAS Service object 'SAS Service -
aceNW.System.TK.JP.ace'
Step 1 succeeded.

Step 2 Verifying the SAS Service Object
SAS Service object 'SAS Service - aceNW.System.TK.JP.ace' is backlinked to
server 'aceNW.System.TK.JP.ace'.
Step 2 succeeded.

Step 3 Verifying the links to the KMOs
Reading the links for SAS Service object 'SAS Service - aceNW.System.TK.JP.T
EST'.
--->KMO IP AG 192\.168\.1\.238 - aceNW.System.TK.JP.ace is linked.
--->KMO SSL CertificateIP - aceNW.System.TK.JP.ace is linked.
--->KMO DNS AG acenw\.islandcenter\.ddo\.jp - aceNW.System.TK.JP.ace is linke
d.
--->KMO SSL CertificateDNS - aceNW.System.TK.JP.ace is linked.
Step 3 succeeded.

Step 4 Verifying the KMOs
---> aceing KMO 'SSL CertificateIP - ace2.System.TK.JP.ace'.
Rights check -- OK.
ERROR -603 reading host server attributes for KMO 'SSL CertificateIP - ace2.Sys
tem.TK.JP.ace'.
Private Key -- Failed.

---> aceing KMO 'SSL CertificateDNS - aceNW.System.TK.JP.ace'.
Rights check -- OK.
Back link -- OK.
Private Key -- OK.

---> aceing KMO 'DNS AG acenw\.islandcenter\.ddo\.jp - aceNW.System.TK.JP.TES
T'.
Rights check -- OK.
Back link -- OK.
Private Key -- OK.

---> aceing KMO 'SSL CertificateIP - aceNW.System.TK.JP.ace'.
Rights check -- OK.
Back link -- OK.
Private Key -- OK.

---> aceing KMO 'IP AG 192\.168\.1\.238 - aceNW.System.TK.JP.ace'.
Rights check -- OK.
Back link -- OK.
Private Key -- OK.
Step 4 succeeded.

Step 5 Re-verifying the links to the KMOs
Reading the links for SAS Service object 'SAS Service - aceNW.System.TK.JP.T
EST'.
KMO 'IP AG 192\.168\.1\.238 - aceNW.System.TK.JP.ace' is linked.
KMO 'SSL CertificateIP - aceNW.System.TK.JP.ace' is linked.
KMO 'DNS AG acenw\.islandcenter\.ddo\.jp - aceNW.System.TK.JP.ace' is linked.

KMO 'SSL CertificateDNS - aceNW.System.TK.JP.ace' is linked.
INFO: kmo SSL CertificateIP - ace2.System.TK.JP.ace is not back linked to any
server. It should probably be deleted.
Step 5 succeeded.

Step 6 Creating IP and DNS Certificates if necessary.
--> Number of Server IP addresses = 1
--> The default IP address is: 192.168.1.238
--> The KMO SSL CertificateIP's IP Address is: 192.168.1.238
----> The IP addresses match.
FIXING: Creating SSL CertificateIP (192.168.1.238)
FIXED: Successfully created SSL CertificateIP.
--> Number of Server DNS names for the IP address 192.168.1.238 = 1
--> The server's default DNS name is:
acenw.islandcenter.ddo.jp
--> The KMO SSL CertificateDNS's DNS name is: acenw.islandcenter.ddo.jp
----> The DNS names match.
FIXING: Creating SSL CertificateDNS (acenw.islandcenter.ddo.jp)
FIXED: Successfully created the SSL CertificateDNS.
Step 6 succeeded.


Note: Occasionally multiple problems will be solved with a single fix.

Fixable problems found: 0
Problems fixed: 2 -- 2つのエラーが修復されました。
Un-fixable problems found: 0




java -show を実行して "org.apache.startup.Main xxx" というプロセスがあることを確認します。

ACENW:java -show

Classname ID
========================================
org.apache.catalina.startup.Bootstrap....................... 309
org.apache.catalina.startup.Bootstrap....................... 308
org.apache.catalina.startup.Bootstrap....................... 328

Total Running: 3

この他の情報はこちらを参考にしてください。
非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2008-10-21 20:47 | Native Netware | Trackback | Comments(10)

まさにこの症状

ConsoleOne not sorting objects in specific container

ConsoleOne からコンテナを開いてみると、オブジェクトが不規則に並んでいるという症状です。


This issue has been reported to engineering. ということなのでバグでしょう。

Display of objects in ConsoleOne is out of order

Novell eDirectory 8.8 for All Platforms
ということで eDirectory 8.8 を導入した環境(OES NetWare 6.5 sp7)では必ず発生し得るようです。もし旧バージョンの eDirectory を使った環境では、旧バージョンのサーバのみ接続して C1 を立ち上げると直るかも知れません。

eDirectory 8.8 しかない環境の場合、あきらめてください (;-< そのうちフィックスされるでしょう。(願うしかないですが)

非番のエンジニア

PS:もし NetWare 5x,6.5sp7(eDirr8.8)混在環境である場合、タスクトレーのNアイコンから Novell 接続で旧バージョンのサーバを「プライマリに設定」して ConsoleOne を起動するとこの現象は解決できます。


PS:2008/07/08:この現象は
ConsoleOne 1.3.6h Patch2
で修正されています。ConsoleOne のディレクトリの Java プログラム3本をフィックスすると直りました。


-キーワード-
ConsoleOne object random オブジェクトがランダム ぐちゃぐちゃ 表示が乱れる eDirectory 8.8 NetWare SUSE Linux Windows 接続
[PR]
by islandcenter | 2008-07-08 17:36 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

マップすると 8901 エラー

マップすると 8901 エラー 

ドライブマップの 8901,0057 エラー

追補

覚えておくと便利な DSrepair のスイッチです。
List of DSREPAIR Switches

DSrepair -U を行うことで DS がロックモードで修復されるので、ライセンスが正しく動く場合があります。どうも OES NetWare 6.5 ( eDirectory 8.8.2 ) で再起動直後にこの現象が出るようですが、特定できる文書はありません。DSrepair -U を Autoexec.ncf の最後に入れておくと良いでしょう。

また、 OES NetWare 6.5 の場合、ライセンスは必ず消費するユーザオブジェクトと同じコンテナか、より上位のコンテナにおかなければならないという「決まり」があります。これは NetWare 6x 以降の決まりごとなので 5.x からバージョンアップした場合は必ずはまりますからご注意ください。ユーザがログイン認証を受けると、自動的にそのユーザのコンテナのライセンスオブジェクトを探して、なければ上位にサーチを掛ける仕組みです。

-キーワード-
ログインスクリプト、map、 マップエラー, -8901, eDirectory 8.8.2, DSrepar, スイッチ、オプション、 switch, option, License, ライセンス消費, VLA, CLA,


非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2008-03-29 12:38 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

SLES + XEN + OES NetWare 6.5 などで CD-ROM を読ませたい時に覚えておくと便利です。

CD イメージ ISO のマウント
:nss /MountImageVolume=path_imagefilename

アンマウント
:nss /RemoveImageVolume=path_imagefilename

a0056607_22243266.gif


How to mount an ISO image as a NetWare volume


非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2008-03-05 22:19 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

IT部門において、私のようなインシデント管理、システム運用、トラブルシューティングを行い、システムの構築、移設や、ヘルプデスクなどを担当する職業の人間は、IT部門でも低く見られる傾向があります。

一番エライのはシステム開発部門のSE、PM。次にPG。システム運用、オペレーション、ヘルプデスクの担当者は彼らが作ったシステムを動かしてこそ評価されども、トラブルを起こすと誰もが文句を言って評価が下げられます。

しかし、システムを運用している影の人達の苦労を考えたことはありますか。

確かに日本の新幹線は優秀です。しかし新幹線を動かしているのは運転手ではありません。列車制御装置をにらみつけ、僅かな夜間に的確に路面をメンテナンスする技術者たちが40年間大事故なしのシステムを動かしているのです。

ヘルプデスクはIT部門の顔です。エンドユーザが抱える問題はヘルプデスクで受け付けられ分類され、その組織が抱えている情報システムの欠陥や問題を一番的確に指摘できる部署なのです。

C社はブランド品を世界的に販売する企業で、よくそのロゴマークはレーシングカーなどによく見られます。当初C社製品は日本の商社系販売会社のD社が流通させていましたが、グローバリゼーションの波の中、もう数年前のことなのですが、C社は日本の商社系の自社製品販売会社、D社を買収することになりました。

C社本体は NetWare ユーザで日系販売会社D社は Windows NT ドメインを使っていました。2000年問題が片付いた頃のことです。まだ Windows 2000 はそれほど普及していなく、W98 が主力の時代です。C社は NetWare 4x をスタンダードとして決めていました。

しかし、その計画を聞いた私はびっくりしたものです。何しろある3連休を使って、会社を合併させて、オフィスも移転するというのです。

C社より、販売会社のほうが規模は遥かに大きく、まぁ、小さな魚が大きな魚を咥えたようなものです。C社のシステム部のマネージャIさんはとりあえずでいいから1ヶ月常駐してくれと要求されたのは、合併を半年後に控えた頃でした。

まず、合併を前にして、既にC社のエンドユーザ数名がD社のオフィスに常駐していました。既に両社の間には専用線が接続されています。とは言っても、D社は Windows ドメインなのでC社から出向してきた社員はD社のシステムを使うことはできません。かといってC社のサーバにも重要な資料があるため、彼らは両方のシステムをアクセスしなければなりませんでした。

もうひとつ重要な点として、C社は多国籍大企業の日本現地法人であったにも関わらず、C社が推進するスタンダードなシステム構成ではなかったのです。不幸にも Novell 製品を深く知らないベンダーが「なんとなく作ってしまった」ようなシステムだったのです。ユーザの命名規則も定まっておらず、非常に使いづらい、また問題の多いシステムでした。

そこでマネージャのIさんは

・まずD社内にC社のスタンダードなシステムを構築し、D社のシステムを先に移行する。
・次に新規に出来たD社のシステムにC社のシステムを新規に接続し、データを移行する。
・引越しのタイミングで2拠点のシステムをマージしC社のグローバルスタンダードを作る。
・古いC社のサーバは破棄する

という手順を考えていました。私に与えられたのは分厚い英語の資料です。

しかし、資料は教科書通りに良く出来ており、英語が得意とは言えない私でもなんとか理解できるレベルのものでした。

D社にC社のグローバルスタンダードな構成のシステムを構築するのは容易でした。何しろ新規に作るわけです。そこから、ヘルプデスク、運用チームと協力して、D社の社員にC社のシステムポリシーをトレーニングします。ログインの方法、マイコンピュータに現れたドライブの意味、(共有か私有か)最後にパスワードの変更を行ってもらい、×月×日(月)よりこのシステムで使ってもらうということを宣言して、ユーザトレーニングは終わりです。

そしてある雪の降る週末、全てのPCに Novell Client を導入して、データを移行してD社のシステム構築は終わりました。当時は NetWare 4.2 だったので、ZENworks 1.0 が使えました。スクリプトを用意して、ヘルプデスクはバッチファイルをキックするだけでインストール、セッティング再起動を自動化しました。

やがて春が来て初夏のある日、C社のIマネージャに再び呼び出された私はいよいよC社D社の本社移転と統合のフェーズ2のプランを打ち合わせしました。

-現在D社で動いているスタンダードを元にC社側に新規にシステムを構築する。
-旧C社サーバのトラスティ、グループ、ユーザアクセス権を徹底的に調べて、必要なものだけ新サーバに移行する。
-擬似的にC社D社の両拠点を1拠点に見せかけるようにシステムを作りこむ。
-最後に C社、D社に拠点で分割されているOUをひとつにまとめる。2箇所にある人事部はひとつの人事部に、2箇所に分かれている営業、マーケティングはひとつに統合する。
-最後にディスクのバックアップを完全に取り、新しいオフィスに移動する。

ということで、一週間かけて徹底的に誰がどこにアクセス権限を持っているかを調べ上げ、ヘルプデスクと協力して必要なもの、必要ないものを分類しました。

グループ名の命名規則を定め、フォルダの命名規則を定め、このアクセス権限の変更は文書によるものというルールを作りトップシークレットも含むフォルダ、グループを作りました。

また、VPクラスのユーザは大抵の場合、秘書が付いています。この秘書をどうやってVPのファイルにアクセスさせるかも徹底的に議論しました。

あとは uimport 用のスクリプトをバッチ化して、このバッチを走らせると、自動的に全ユーザが新しい部署に配置されるように準備しました。

最後の sync を行いC社のサーバにあったデータは全て新生C社のシステムに移行が完了していましたのは金曜日の午後7時ごろです。あとはバックアップを取って、搬送するだけです。

教訓 - 引越しと同時に新しいことをするべからず。事前に済ませておくこと。

こうして、3連休の前の金曜の夕方から、引越し大プロジェクトは開始されました。

企業合併に関してどういったポリシーがあったのかはわかりません。ただ、C社、D社共に解散し、新生C社としてスタートするということで、全員解雇、全員再雇用が基本だったようです。新しいC社のオフィスにPCをセットアップしていて気が付いたのですが、旧C社、旧D社といった区別がなく、新しいパーティションの中では両社の旧従業員が混然と割り当てられていたようです。

引越し後のPCのセットアップにも ZENworks は大活躍しました。ヘルプデスクと外部に依頼したセットアップチームがPCの電源を入れて setup ユーザでログインするだけでほとんどの作業は終わりです。

ただ、ラックの配置設計に問題があり、ケーブルが届かないといった事態があったり、配線が雑だったり、形が合えばつながるものは何でもいいといった態度が作業員にあり、私が担当するシステムだけでもと思い配線は全部やり直しました。何しろサーバが動き始めない限りヘルプデスクチームが動けないのです。

教訓 - ラック配置は十分設計すべし、職人任せじゃなく、SEが監督しなければならない。

新しい机、パーティション、PC、それから椅子。椅子はハーマンミラー製

「こんな椅子に金かけるくらいならスイッチングHUBのひとつでも買ってくれよなぁ」

と激怒するIさん達を横に見ながら、私はアーロンチェアに座ると途端に眠り込んでしまいました。

教訓 - 椅子はなるべくいい椅子を買うべし。働く人の士気は全然違うぞ。

2,3の不具合、ハードウェアの故障などがあったものの、連休明けと共に出勤したエンドユーザさん達はPCの電源を入れ、メールのチェックをしながら引越し荷物を片付けています。

--
それから半年後、新生C社の忘年会が盛大に都内のホテルで行われました。その中で、表彰があり、運用、ヘルプデスク部門を担当したIマネージャが最高の社長賞を受賞しました。

--
その1年後、C社本社の方針で、グローバル規模で Microsoft AD の導入が計画されました。私もプランの立ち上げには参加したものの、結局、日本法人のC社でADがきちんと稼動するまで、それ以降2年の月日がかかったそうです。

私は2人月でC社のディレクトリを作りました。もちろん運用部門やヘルプデスクのサポートがあったからこそできたことですが、C社が NDS -> AD に移行するためには実に2年の年月、新しいハードウェア、高額なコンサルタント、動かないソフトウェア対策が必要でした。おそらく外注分だけでも数十人月の工数がかかったはずです。

その結果に満足できたか、という問いにIさんは「ずっと使いづらいものになった」と答えています。それまで NetWare が当たり前に備えていたディスクのクオータ機能、Top_Secret という開けないけど見えちゃう共有名、貧弱なログオンスクリプト、OU単位でしか設定できないグループポリシー。どれもIさんにとっては満足できなかったそうです。

私はだから Windows が駄目なんだ、とは言うつもりはありません。これだけ圧倒的なシェアを持つ以上、無視するわけにはいかないのです。それぞれのビジネスニーズに従ってそれぞれのシステムは作られるのです。

オープン系の開発技術者がエライという風潮もちょっと変だなぁと思います。

ただ、運用、オペレーション、ヘルプデスクを担当するエンジニアがいなければシステムは稼動できません。それだけに社長賞を取ったIさんの誇りたい気持ちは十分理解しています。



非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2008-02-27 23:05 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

HP iLO で ALT+ESC を作る

HP の iLO はすごく便利なのですが、おなじみの ALT+ESC が使えません。
Remote Console > Settings でショートカットキーが使えるようになるので、これを最大限利用しましょう。

a0056607_20421648.gif


[検索キーワード]
HP iLO ALT ESC CTRL 画面の切り替え OES NetWare
[PR]
by islandcenter | 2007-12-21 20:44 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

マップすると 8901 エラー

ログインスクリプトで map コマンドを実行すると 8901 エラーが出てドライブがマップできないというような現象がでることがあります。これは Insufficent Space エラー。と単純に説明されていますが、要するにライセンスのエラーなのです。

同様に admin でログインしているにも関わらず、 SYS:Login などのディレクトリしか見えないというトラブルが発生する場合があります。

また、バックアップサーバ(ARCserve)がジョブをキューイングしているにも関わらず NWagent が E3123 エラーを出している場合も同様に License Trouble です。

Dec-02 19:37:18 Job request from BACKUPSRV @ 192.168.1.1 (NT Server)
Dec-02 19:37:19 NLM loaded is TSAFS
Dec-02 19:37:19 Sparse File Check Disabled for TSAFS
Dec-02 19:37:20 Connected with TSA GAUDI2.NetWare File System
Dec-02 19:37:20 Process all files via SMS
Dec-02 19:37:20 LONG DOS MAC UNIX files will be processed using SMS Engine
Dec-02 19:37:20 Backup MYSRV/VOL1:\HOME to 07/11/29 15:15 sequence 1 session
5
Dec-02 19:37:20 NLM loaded is TSAFS
Dec-02 19:37:31 E3123 Failed to login to TSA on server MYSRV, fffdffd7
Dec-02 19:37:31 Failed to login to the TSA fffdffd7
Dec-02 19:37:31 0 files 0 KB written to 07/11/29 15:15 @ - KB/min
Dec-02 19:37:37 Job completed.

NWadmin32 > Menu > Tool > Licesing から License Check を行います。ライセンスが正常に消費されているか。適切に Install されているか。 あるいは同様の操作を iManager から License のチェックをします。

もし正常にライセンスがインストールされている場合、DSをロックモードで修復してみましょう。

:load dsrepair -a

Ad)vanced option > Re)pair Local Database > Lock Database During ... を Yes にして F10 Repair を実行します。

a0056607_10251395.gif


DSは一旦 Lock され Re-Open されるので、正しくライセンスを取得できる場合があります。

必ずこのオペレーションを行わないとマップできないトラブルが出るケースがあります。

[検索キーワード]

Login Script 8901 Error map E3123 NWagent NWFTPD SYS:Public SYS:Login

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-15 10:31 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

How do you enable the debug options in tsafs.nlm?

TSAを次のオプションでロードします。 SMSstart.ncf に書いておくと良いでしょう。

TSAFS /smsdebug=FFFFFFFC /smsdebug2=FFFFFFFC

SYS:SYSTEM\TSA にでっかいログファイルが作られます。どこで Fail しているか確認することができます。

[検索キーワード]

ARCserve, BackupExcec, Tivoli, TSAFS, Debug, NetWare 6.5
[PR]
by islandcenter | 2007-12-15 09:27 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

BrightStore ARCserve Backup Universal Client Agent for NetWare(NWagent) は NetWare 6.5 sp2 でしか動作検証していないそうです。

というより、こんな古いバグだらけのSP2バージョンでしか検証していないというのが、日本CAの今の実力でしょうか。

つまり「何も検証なんかしていない」のです。

ということで最新の OES NetWare sp7 での検証はまだまだ(というより永遠に)CAJでは検証してくれないでしょう。

最新の OES NetWare SP7 では BABr 11.1 NWagent は動作しません。これが検証した結果と「最新のCAJの技術情報」のようです。Up to date です。

ということで、もし、あなたが間違って、NetWare の SP7 をダウンロードしてインストールしてしまったとしましょう。SP7 の TSAと BABr 11.1 NWagent とは相性が悪いようなので、TSAは次のものがダウンロードして利用できるようでした。

Tsa5up19.exe - TID2973487

Down Grade でなんとかこれで動いてくれることができました。もちろんボクは責任を持って「動く」と断言するわけには行かないのですが、少なくともまともに動いたということはこうして喜んで報告できるわけです。

本番環境でテストするのが怖ければ、 SLES 10 上の XEN 環境で十分テストしてみてください。ボクはその環境でテストして問題なさそうだということを80%くらいの自信を持って確信しています。

もしあなたが、Novell 製品のネットワークを管理する立場であれば、 NetWare 6.5 sp2 を手に入れるべきです。しかしノベルのサイトからはそんなものは削除されているでしょう。CAは喜んであなたのシステムをサポートしてくれるでしょう。そしてあなたは、NetWare 6.5 sp2 の酷いメモリリークのために毎日始発電車で出勤する羽目になるでしょう。

それが Computer Associates の回答でした。

-具体的な対策
1) Tsa5up19.exe をダウンロードして解凍します。
2) 6x ディレクトリ内がパッチなので、 SYS:SYSTEM\にある同じファイル名をリネームしてバックアップしましょう ex) tasfs.nlm > tsafs.nlm.org
3) Tsa5up19.exe の /6x ディレクトリの中身を SYS:SYSTEM の Copy します。
4) :smsstop します VOLSMS.nlm がアンロードされないので :unload volsms を実行したら、もう一度 : smsstotp します。
5) :smdr /new コマンドを実行します。

a0056607_9294155.gif


6) :smsstart を実行します。
7) :nwagent を実行します。

※繰返しますが、このブログの内容は 日本CA様、ノベル株式会社が認めた方法ではありませんので自己責任でお願いします。私が保障する内容でもありません。

[検索キーワード]

NWagent 11.1 sp3 TSAFS.NLM OES NetWare 6.5 sp7 XEN BABr11.5 SMDR TSA patche ARCserve 11.5 sp3 smsstart.ncf volsms.nlm

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-13 22:41 | Native Netware | Trackback | Comments(0)