カテゴリ:SUSE( 233 )

このブログで「如何にして Linux は SUSE Linux の事しか書かないのか」という疑問を読者の方がお持ちだと思います。私は、「他人と違う事をやらねばITエンジニアとして生きていけない」というのが、ほとんど人生のコンセプトみたいなものでして、流石に Novell の Uniux Ware には手が出なかったけれど(後にひと悶着した SCO UNIXですね)、やっぱり若いころ使った UNIX 系 OS をやりたかったし、PC用に(当時は高価だった)C言語コンパイラもついてくるという、入門用の Linux ディストリビューションを探していました。 Live Door が販売した Lindows(後のLinspire) を使ってみてなんじゃこれと挫折し、Cardela Open Linux を突っ込んでGUI見て「だからこれは何じゃ?」と3日で諦めた、90年代後半。そして2000年以降、いよいよ Linux がどこでも使えるようになった頃、 RedHat に苦しみました。


一応ベテランとなっていた当時、ヒマそうにしていると、後輩から「そんなにヒマならRedHat をインストールを手伝って欲しい、ベテランで高い給料もらってるんだから働け」と言われ、ま、いい暇つぶし、と思って入れてみたけれど、もう大変。SCSI のディスクドライバが認識できない。おまけにインストーラはテキストだし、途中でハングアップしたりするしで、どうもハードベンダーではテスト済のモデルなですが、ドライバーは別に入れなければならないわけです。正直、昔の Lindows より面倒くさい。しかも配布されているのはフロッピーのイメージのみ。「ヲイ、このモデルどう見てもFDD付いてないンだけどなァ」「いやぁ RedHat ならよくあることですよ」と若者に馬鹿にされたのは言うまでもありません。

納品までヒマがかなりあったので、試しに 評価用の SLES9 を入れてみると、ドンピシャで、何のトラブルもなくYaST の GUI インストーラが立ち上がり、インストールが出来ました。それ以来、 Linux と言えば SUSE Linux なんですね。RedHat と SUSE を比較すると、圧倒的にトラブルの少ない SUSE の方が入門するには敷居が低い。

ところで 「SUSEは日本語のドキュメントが少ない」とか「ドマイナーな Linux 」という印象がありますが、もともとが企業向けのミッションクリティカルなサーバーOSとして人気があるので、比較すると RedHat のように「誰でもお気軽」に情報を出せないところがデメリットなのかも知れません。

= Google Trend による認知度傾向 = 

Google Trends によると、過去、近年の日本での検索ワードのレート 6:45 なので、SUSE Linux は RedHat の 1/7 以下の認知度、という感じでしょうか。

過去1年の日本でのトレンド
a0056607_00412819.jpg

ところが、海外も含むトレンドを見ると RedHat が 100弱に対して SUSE は 50 弱のレートですから、「商用 Linux では第二の人気のディストリビューション」と言っても、まず誤解ではなさそうです。1:2 程度の認知度であるわけですね。

ワールドワイドの過去1年のトレンド
a0056607_00425212.jpg
※もっともこれは「商用 Linux」としての認知度で、これに CentOS とか Ubuntu なんかの無償ディストリビューションを加えると全然違う数字になります。ってか、(Ubuntu って商用なの?)


ちなみに、RedHat の過去5年の都市別人気度を見ると、一位は「千代田区」です。3位に中央区が入っています。他にも、渋谷区、新宿区、東京じゃないけど横浜市などがベスト20位以内に入って行って、「首都圏」というざっくばらんな地域でみると、「RedHat というアメリカ製品だけが大好きな異常な東京人」という構図が見えてきます。何故か日の丸ディストリビューションはほとんど人気がありません。他には、シンガポールやインドの各都市、ソウル、香港などがランク入りしています。「東アジアで大人気の RedHat」なのですね。


過去5年の都市別のトレンド
a0056607_00434014.jpg
もっとも、逆に Google Trend では、SUSE の人気都市の上位はズラリと「ドイツの都市」が並ぶのも、まぁ当たり前なんですけどね。

国別でみると、ドイツはもちろんですが、チェコ、ロシア、ポーランドなどの東欧諸国、何故かブラジルなどのポルトガル語圏など、非・米英語圏での認知度が高いようです。私のサイトを訪れる海外言語は、英語がもちろんですが、en_gb やチェコ、ポルトガル語(ブラジル)などのアクセスがたまにあります。たまに Google Trends を見てみると、Novell 傘下になって以降、年を追うごとに en_us での認知度は上がり続けており、米国からオフショアで仕事をするインドなどでの認知度も年々上がってきているような気がします。

= SUSE Linux のメリット =

本題に入る前にずいぶん寄り道しました。SUSE のここが嫌いという前にどこにメリットがあるのかまずは並べてみます。

- 圧倒的に使い易い YaST

SUSEは YaST に始まり、YaST に終わる、というくらい、Linux の管理者にとっては萬金丹のような万能ツールです。これがある意味では最悪のデメリットになります。

- 比較的新しいハードウェアでもまず動く

一度だけ、10Gb NIC にはまったことがありましたが、他のサーバーに合わせて古いバージョンの SLES を入れたので、コンパイルする必要がありました。
それ以外、まずドライバ問題でインストールで戸惑うことはほとんどありません。新しい機種の場合は、できるだけ新しい SLES のバージョンを入れた方が無難ですね。
これもある意味 SUSE のデメリットになります。

- 落ちたことがない

もう10年以上 SLES を扱ってきて、まず、本番環境で「落ちた」「再起動できない」という経験に当たった事がありません。もっともテスト環境だと、古いハードディスクが御昇天して起動できなくなったという経験はよくあるのですが、まずハードウェアのトラブルがなければ、運用中のトラブルはまず皆無でした。あくまでも自分の経験ですが、システムがトラブると、エンジニアとしては必死に原因探しをするので、スキルも上がります。本番環境で滅多にトラブルが出ない、 SLES の安定感は、安心感は絶大なのですが、逆にこれもエンジニアのスキルとしてはデメリットになります。

= SUSE Linux のデメリット =

- 何でもYaST 頼りになる

SLES,SLED, openSUSE いずれも YaST があれば、ほとんどの管理作業は自動化されるので、Linux の基本的な設定を行うコマンドをほとんど覚えません。LPICなどの公認資格を取ろうにも、YaST で何でもできてしまう SUSE のエンジニアは不利ですね。逆にCLP (Certified Linux Professional)というマイナーでSUSE ローカルな資格制度があります。残念ですが、現在日本では行われていないようです。所詮ノベルさんの製品資格ですからね。

コマンドラインで yum や apt-get に相当する zypper というパッケージ管理ツールもありますが、まず、zypper は使いません。綴り間違えると面倒だし。

初心者にもお勧めな SUSE Linux ですが、レベルを上げるためには、やっぱり vi の基本操作ができるとか、サービスのリスタートができるとか grep でログの見方を知っているとか、簡単なシェルスクリプトが書けるとか、その手の技術に達するにはやっぱり Linux の知識は必要なんです。でもYaST にもログビューワなんかが付いていると、ついつい YaST 頼りになってしまいます。このテの操作は、Debian 系を除く他のディストリビューションとほとんど同じなので、基本的なアンチョコ本を持っている必要はあります。正直に白状すると私は YaST なしでは Static IP の変更ですら方法を知りません。一応できるようですが、マニュアルを見て5秒で諦めてしまいました。

~.conf なんてどこにあるのか知らないし、ついつい「httpd.conf ってどこにあるんだっけ?」と find を使ってしまいます。YaST で細かいチューニングはほぼできます。この程度の知識は欲しいのに、その知識自体が身につかないことが多いです。サービス関連はもっぱらアンチョコ本が頼りであることには変わりありません。もっともディストリビューションが違ったり、ソースからインストールする場合は探すことになるんですね。それは何を選んでも同じです。

逆に SUSE から他のディストリビューションに乗り換えた方は、よく海外のフォーラムなんかに「Ubuntu 版の YaST に相当するツールはないのか」という投稿が見当たります。一応 YaST も OSS なので、ディストリビューターが実装する事はできるのですが、非公式にサポートしているのは Oracle くらいの様です。CentOS に Oracle 版の YaST を入れた猛者がいらっしゃるようですが、慣れって怖いものです。

テキスト端末でも簡単なUIで管理作業ができる YaST の恐ろしさは、ベテラン Linux の管理者にとっては仕事を奪うほどのキラーツールです。

- インストールの敷居が低すぎる

これもエンジニアとしてのスキル向上の問題になります。何しろほとんど SUSE Linux ではシステムやパッケージのインストールでは躓かないので、「あの手この手」を使わなければならないシーンに滅多にお目にかからないのはいいことなのですが、いざ「あの手この手」をつかわなければならない時の、「技術の陳列棚」が身に付きません。だから「SUSE で困っています」という Yahoo 知恵袋の質問なんか探しても、情報が少ないのです。Apache を入れようとして「# yum install httpd とやったら拒否られた」」とかそんなレベルなのです。

- 日本語の情報の少なさ

これは、日本総販売元のノベル株式会社のリソースの問題もありますが、日本での利用者が少ないため、日本語情報が少なすぎる、とよく言われます。もっとも英語で検索すると、ゴロゴロ出てくるのですが、英語アレルギーなニッポン・ガラパゴスなエンジニアにとってはつらい事かも知れません。これは、 SUSE Linux を利用している顧客の多くがベンダーのサポートを適切に受けたヒミツのハイエンドプロジェクトのシステムなどが多く、最新の SLES12 では Live Patch などと言う怖い機能がサポートされるなど、話題にもならないけれど、深刻な問題が表面に出てこない事も考えられます。

幸いな事に openSUSE を含めマニュアルは、そこそことニホンゴでも充実しています。また、openSUSE と SLES, SLED は共通点が多く、openSUSE である程度トレーニングしておけば、まず SLES, SLED の商用版でも応用が利きます。openSUSE のサイトには、SUSE Enterprise の公式リポジトリにない、SUSE 非公認の OSSパッケージも見つかるので、ブラウザから自己責任で1クリックでインストールできます。まず、はじめてトライする Linux の無償ディストリビューションとしては openSUSE は良い一つの選択肢です。

よほどマイナーなパッケージでなければ、まず openSUSE ≒ SLES/SLED というケースが多いでしょう。RedHat における Fedora との違いほどの差はありませんし、openSUSE は GUI や最新のハードウェアにトライが多く新鮮さを感じても、サーバーとして割り切った場合でも、そこそこ安定して利用できます。それほどクリティカルな目的でなければ、openSUSE でもいいやという場合もあります。ただしサポートがない、LTSが短いという点は心得ておくべきでしょう。ハードウェアのライフサイクルを考えると、企業ユーザさんには openSUSE はトレーニング目的以上にはお勧めしません。Fedora や Ubuntu ではないデスクトップ向けの Linux を、重要でもなく、低コストで古いPCに入れたいというのなら、お勧めできるディストリビューションの一つです。

また、手軽になった Windows10 の Hyper-V にも初めから対応しているので、Hyper-V 環境下で仮想ドライバは Microsoft 標準のドライバが自動認識されてインストールされます。

ただ openSUSE や SLED (SuSE Enterprise Desktop) をデスクトップとして利用する場合は、日本語を優先言語にしますが、私が SLES を使う場合は、優先言語を英語にして、まず使わない日本語は追加言語としています。メッセージが日本語だと、探しても全然ヒットしない。英語のマニュアルを見ながら操作する場合も、日本語では非常に面倒くさい事になります。

まぁ、英語に強くなりたいITエンジニアには、日本語情報が少ない事も英語のトレーニングにはメリットかもしれません。

- 国内サードパーティで未対応

これは、非常に困った問題で、これだけメジャーなディストリビューションでも、Linux ≒ RedHat と考えるガラパゴス・サードパーティ・ソフトウェアビジネスでは、まず 「SUSE Linux 何それ?」という困ったIT企業が非常に多い所が問題です。何しろ、少子化や先の経済発展が見込めない日本国内ビジネスだけでも当面は食っていけるので、コストを考えるとサポートどころかマニュアルさえ、英語化しないし、海外向けの会社案内のページさえ作らないのが普通ですから、Google Trends でも見たように、RedHat 大好きな、首都圏ビジネス主義、地方無視のニッポンのIT産業では、まぁ当然です。

だから、日本企業でも中規模企業が海外に進出する時は、現地担当者が当たり前のように、先進的で世界スタンダードな情報システムを使っているのに、日本では、海外グループ企業との情報化の一本化ができないのですね。こういうところから日本の斜陽化が始まっています。もっとも、これは顧客のシステムの首根っこを押さえている日本のSI屋ではパスポート持っているエンジニアやセールスマンがいないのか、顧客が海外進出しても「そっちは知らんぷり」なので止むを得ないのです。

そもそも、海外のIT業界では「日本市場参入の高い壁は世界の常識」という事で、東京をパスして、シンガポールやソウルに極東地区のビジネス展開した方が、成長性の高い中国ビジネスに参入しやすい。

まぁ SUSE と RedHat を比較してどっちがいいか、と思っている方、そうこのブログを読んでいる貴方です。グローバルで活躍できる人材になるか、それとも先が見えない、英語嫌いなガラパゴスエンジニア、ガラパゴス経営者で会社が潰れるまで働きたい、という方にはもうお分かりかも知れません。

どうせサードパアーティ製品なんて、ソフトウェアそのもののサポートをやればいいのであり、「インストールができるか否か」のチェックすら主だったディストリビューションで行わないので、まったく困ったものです。

- チューニングのスキがない

普通、デフォルト状態でインストールしてほとんど最高の性能がでるようで「それからチューニングするのが楽しみウッフン!」という方には物足りないのかも知れません。SAP なら SAP 用のパッケージにカーネルパラメータが用意されています。もしかしたらハイエンドのシステムではカーネルチューンしているのかも知れませんが、カーネルを直接つつく様な作業はほとんどやりません。

また SAP や Oracle と言った、ベンダーと、積極的に "Enterprise" な商売をやってきたせいか、オープンソースにコミットした「オープン性」の強い RedHat と違い、ダンマリと守秘性が高い「企業向けの SUSE Linux」というスタイルが企業には安心感を作っています。

- あまりに良すぎる安定性

まず、ハードウェアのトラブルでもなければ、リセットボタンに手を出す機会がないという、超安定性は、逆に言うとデメリットになります。まぁ、Windows なんか使っているとパッチを当てては毎月再起動、そのうちレスポンスも帰らず「またか...」という感じで、おまじないを唱えつつハードリセットをかけるMTBFの短さが当たり前なのですが、 SuSE Linux Enterprise の場合、まずハードリセットする機会がありません。もっともそんなことした後の fsck の怖さ(とにかく MTTR に時間がかかる)がありますから、やりません。というより「松竹梅」の「松竹」クラスの信頼性が高いハードウェアの運用環境ではやった経験がないのです。ラッキーな事に、お客様の責任感にも感謝しています。勿論、私のように「梅以下」の安物PCを酷使しているテスト環境では日常茶飯事ですが、これはそれなりに勉強になります。他のディストリビューションは知りませんが、ベンツでアウトバーンを安心して 250Km/h でかっ飛ばすような安定感は、V8 のコルベットでバンピーな Route 66 を 55Ml/h 出してパンクする怖さと違い、何とも言えません。

だから、事故った時が怖い。

これが SUSE Linux の怖さであり、デメリットなのです。

--
とまぁ、思いっきり悪口羅列したいと思って書き始めたのですが、結局は、SUSE Linux の安定感、管理の容易さという良い面が、デメリットとして相反するような書き方になってしまいました。



--
商用, Linux, SUSE, RedHat, 比較, メリット, デメリット




[PR]
by islandcenter | 2017-07-03 00:54 | SUSE | Trackback | Comments(0)


どうも世の中、Linux のサービスの、リストアップ、起動、停止を行うために chkconfig、service というコマンドがあるそうなのですが、 SUSE Linux を使う場合、まずお世話になることがありません。勿論、これらのコマンドは実装されているのですが、ほとんどのサービスの管理は # yast (or yast2) > System > System Service(SLES12 では Servie Manager) の中で行います。

SLES11 の System Servie
a0056607_13281346.jpg

この使い勝手よ良さは systemd を採用した SLES12 でも引き継がれ、Servie manager となりよりシンプルになりました・

SLES12 の Service Manager
a0056607_13284102.jpg

SLES12 の Service Manager , CUI 版
a0056607_13290645.jpg


勿論テキスト端末から、慣れた Service の再起動には # rcXXXX" コマンドや "#/etc/init.d/xxxx restart" を使いお世話になることもあります。その程度なら、何しろお手軽ですからね。

でも YaST で、インストールし、During boot をアクティブ設定をして、その他、必要な設定をすませば、ほとんどサービスマネージャを使う事もありません。もしサービスが安定していなくて「よく分からんぞ」という時は、YaST のサービスマネージャで、サービスのステータスチェックから、起動、再起動、chckconfig, inittab, fstab の書き換えまで行えます。
画面をスクロールしたり、難しそうに「うーむ」と唸りだしそうに眉間にシワを寄せて、非番の殺し屋が、突然ゴルゴ13の様なムズカシイ顔に変身して、綴りを間違ってキーボードを乱打しないので、非常に楽なのです。

何しろ、本棚の中から「誰でもカンタン Linux コマンドリファレンス」なんてアンチョコ本を取り出してページをピロリピロリと探すヒマがあれば、さっさと YaST を立ち上げればいい。まぁ私の場合、それほど難しい事をやっていないということもあるのですけどね。

※ ちなみに SLES12 では service/usr/sbin/rcXXXXX は service コマンドのシンボリックリンクになりました。

「難しいを簡単にできる」事が SUSE Linux の YaST なんですね。

でも、「自宅のXXサーバー」なんて記事を見ると、いかにもコマンドがズラズラで、これで「やっぱ Linux サーバーは使い易いや」なんて思っている人ってどれくらいいるのでしょうか。Linux の入り口で本当にその通りにやって途中で綴りミスなんかでエラーが出てしまって「挫折する」ヒトもいるわけだから、chkconfig だとか、yum や apt-get のマニュアルページをひたすらじーっと眺めて、YaST なら数クリックでできる作業も、Apache のインストールごときに、ごっちょりページを割いて「俺は Linuxの 使い手なのだ。タッチタイプのプロだぞ。スゴイだろ」という感じのコムズカシイドキュメントを作っているヒトってやっぱり、私よりは賢いけれど平均的なヒトから見ると、ちょっと特殊に思えてしまい、「やっぱり Linux では HTTPサーバーのインストールすら難しそう」となってしまいます。

YaSTは、昔、映画で見た、良く設計されたドイツの潜水艦の司令室みたいなもので、一つ人のコマンドを別個に使うのではなく、各種パラメータを一つのコントロールパネルで設定して最後にレバーを下すと、YaST に設定されたパラメータを次々と処理して「魚雷発射!ズシン!」となるわけですね。例えは悪いかも知れませんがいかにも SUSE Linux に標準の YaST はドイツ製、質実剛健、合理的な設計なのです。






- Keyword -

Linux サービス管理、chkconfig rcコマンド SUSE SLES openSUSE


[PR]
by islandcenter | 2017-06-06 13:20 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE Linux の YaST Partitioner によるパーティション管理を説明します。

SuSE Linux (SLES, SLED, openSUSE) のパーティション管理は、通常 YaST の "Partitioner" によって行います。勿論、「fdisk や fstab の直接編集の方が慣れている」のであれば、その通りで、SUSE Linux でも基本的なコマンドラインを使ったパーティション操作は、他のディストリビューションと同じです。ただ、アンチョコ本に書かれている様なパーティション操作に、不慣れな管理者にとっては YaST の "Partitioner" は心強い味方となるでしょう。

また私の様に「コマンド叩きには疲れたよ、老眼鏡ほしい」と言うような年寄管理者にとっても、一度 YaSTの"Partitiner" に慣れてしまえば、もう「コマンド叩きはいいや」と思うかもしれません。資料の少ない GParted の様なGUIを後で自己責任で導入するより、YaST Partitioner はSUSE によってサポートされる標準装備なので、安心して使う事ができます。

不用意な操作で、データがそっくり喪失されるパーティション管理は、事前にバックアップを取っておきたいくらい、わかり易い手順と確認が重要です。

- 起動 -

YaST の Partitioner は CUI 版 yast コマンドと、GUI 版 yast2 の両方に実装されています。

どちらかと言うと、[TAB][SPACE]{+][-] などを多用する CUI 版より、1クリックでダイアログが遷移する GUI 版の方が、誤操作は少ないかもしれません。やむを得ない場合を除いて、GUI 版 yast2 の Partitioner を使う方をお勧めします。何しろパーティション操作は、データロスを伴うエキスパートでもやりたくない非常に危険なタスクです。
という事でここでは SUSE Linux のGUI 版 yast2 の Partitioner からのパーティション操作を見てみましょう。

# yast2 & (またはyast) > System > Partitioner を選ぶと、一応「非常にキケンを伴う作業でデータを失うかも知んないけん熟練者だけやってケロね(意訳)」という警告のダイアログが出ます。 "Continue" します。

※なお、ここでは基本言語は English に設定しています。YaST は ALT+キーのショートカットは英語版の方が便利なんですね。勿論、言語を "Japanese" にすれば一応おおよそ理解できるニホンゴ表記になります

GUI版
a0056607_09390380.jpg
CUI版
a0056607_09404875.jpg
- 参考文献 -
Using the YaST Partitioner

- パーティションの作成 -

※今回は機材の都合により SLES11sp4 を使っています。

たまたまわずかばかりの空き領域が /dev/sdc にあったので、"Hard Disks" > "sdc" を選んで "Add" ボタンを押してみました。
a0056607_09431411.jpg

まずは、空きディスクを、プライマリパーティションにするか、拡張パーティションにするかどうかです。一般的なPC/AT アキテクチャでは、OSに関わらず一つの物理ディスクにはプライマリパーティションは4つまで作成できます。なぜそうなのかはここでは聞かないでください。もし間違っていれば、コメントください。

ここでは "Primary Partition"を作り、次に拡張パーティションを作ってみます。

サイズを最大サイズにするか、指定サイズに控えておくか、ここでは "Custom Size" を選んでみました。最大サイズ以下の数値を与えます。
a0056607_09445862.jpg

※ これば「アナタの趣味だ」とご批判あるかも知れませんが。ディスク容量を物理ディスクの "Maximum Size” にせず、数10Gb 程度、空けておくのがいいと思います。 dd で同じサイズ、モデルの別ディスクにフルバックアップコピーを確実に取れるし、いざとなれば、別な Linux のシステムをインストールして、 Rescue 用にも使えるかな、という、あくまでも「趣味」かも知れませんが。

"Extend" パーティションが用意されます。 > Next

a0056607_09464506.jpg

今度は拡張パーティションの中に Logical Partition を作ります。> Next

a0056607_09483507.jpg

さて、ここがキモなのですが、パーティションをフォーマットするかしないか、フォーマットするならどのファイルシステムなのか、同時に、マウントしてしまうのか、あるいは、手動でマウントするのかの指定を行います。

a0056607_09502831.jpg

SLES9 では RaiserFS が標準でしたが、SLES10/11 では Ext3、SLES12 以降は、ロールバックできるように "/(ルート)" に BtrFS、別に分けたデータ用のパーティションに XFS がデフォルトとなっています。ただし SLES12 でも、スナップショット、ロールバックがが必要であれば記憶には BtrFS も使います。/database だとかのデータベース領域だとか、仮想化システムのスナップショットを取りたい場合などですね。
SLES では Ext4 の読み取りだけをサポートしています。ひと昔前の openSuSEでは Ext4 が採用されていました。

"Do not Format partition" を選ぶと、パーティションは初期化されないので、例えば、他のシステムから取り外したディスクのデータをそのまま使いたい場合はこちらを選びます。

"Mount partition" をチェックすると、Mount Point も同時に指定します。例えば /var を別パーティションにするとか、独自のディレクトリ、/database を別な専用パーティションにするなどの場合です。"Do not mount partiton" をチェックすると /etc/fstab に書き込まれないため、mount コマンドでマウントする必要があります。iSCSI デバイスなどでは、まれにマウントできない場合があったり、外付けディスクの電源が入っていない場合や二台目のディスクが「ご不幸」になられた場合、"fstab のご指定のディスクが見つからないよ"となります。正常起動できないので、起動時に mount するかしないかはそれぞれの目的次第です。

まず、システムをインストールする時の1台目のディスク(Raidの仮想物理ドライブも)は、特に意識しない限り "Mount partition" です。
a0056607_09542069.jpg
さて、拡張パーティションの用意がスケジュールされました。

"F" のマークが付いているパーティションは"フォーマットするぞするぞ!" の予定フラグです。 "Mount Point" のところが "*" となっているのは「起動時にマウントする予定なし」あるいは、「まだマウントしない予定」というシルシです。"?" が付いているのは、fstab に書き込まれていない、手動マウントが必要なパーティションです。
a0056607_09563232.jpg

次の画面のサマリで内容を確認します。"赤字" で書かれているのは、「フォーマットしちゃうぞ、消えちゃうぞ、ホントにいいのか?」という警告です。 "Do not format" を選べば別な記述がなされるでしょう。
a0056607_10021526.jpg

"Finish" ボタンを押すと「執行」されます。ここまでの操作はあくまで予定で、コマンドライン操作のように、生きたまま皮を剥ぎ、指先を折るような、後戻りできない拷問ではありません。

指定された内容でパーティションはフォーマットされ、fstab が書き換えられます。

"Finish" すると計画されたジョブ通りにフォーマットや fstab の書き換えが執行され、 Partitioner は終了します。

ではもう一度 Partitioner で確認してみましょう。
a0056607_11302425.jpg

実際にテストしてみます。

sles11:/mnt # mount /dev/sdc5 /mnt/test
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdc5,
missing codepage or helper program, or other error
In some cases useful info is found in syslog - try <--- おっと、失敗したみたい。
dmesg | tail or so
sles11:/mnt # cd test
sles11:/mnt/test # ls <---- 今の所何もない
sles11:/mnt/test # touch myfile
sles11:/mnt # umount /dev/sdc5
sles11:/mnt/test # ls -al
total 8
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 1 15:40 .
drwxr-xr-x 4 root root 4096 Jun 1 15:39 ..
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 1 15:40 myfile <--- umount してもファイルが残っている
sles11:/mnt/test #

どうもうまく行かなかったようです。これは SLES11 で公式なサポートがない XFS を使ったことが原因です。

- パーティション削除 -

そこで、間違えてつくってしまったパーティションの削除をやってみます。物理デバイスからパーティションを選び右ボタン、あるいは Delete ボタンから "Delete"します。

確認して Next
a0056607_11374107.jpg
リストから消えました > Next

ここまでは、「作業の予定」が定義されただけです。 "Finish" ボタンで「執行」され後戻りできなくなります。不安があれば "Abort"してください。

実際には "Finish" によりパーティションのフォーマットが開始され、データが削除されます。
ここで不安があって、中止したい場合、最後のチャンスです。
"Abort" できます。

サマリ画面で、削除される予定であることが「赤字」で表示されることを確認して > Finish

a0056607_11403871.jpg
- 再度チャレンジ -

XFS パーティションのマウントに失敗したので SLES11 デフォルトの Ext3 フォーマットしてみます。後は同じ操作です。
a0056607_11434644.jpg

実際にマウントしてファイルが書き込めるか確認してみましょう。

sles11:/mnt # mount /dev/sdc5 /mnt/test <---- 問題ないみたい。
sles11:/mnt # touch /mnt/test/My-Test-File <---- ファイルを作ってみる
sles11:/mnt # ls -al /mnt/test/
total 24
drwxr-xr-x 3 root root 4096 Jun 1 16:39 .
drwxr-xr-x 4 root root 4096 Jun 1 15:39 ..
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 1 16:39 My-Test-File <--- 作られたファイル
drwx------ 2 root root 16384 Jun 1 16:38 lost+found <--- パーティションのルートに必ず作られるディレクトリがある
sles11:/mnt # umount /dev/sdc5 <--- umount してみた。
sles11:/mnt # ls -al /mnt/test/
total 8
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 1 16:23 .
drwxr-xr-x 4 root root 4096 Jun 1 15:39 ..
sles11:/mnt # <--- 別パーティションのファイルは見えなくなった。

どうやらうまく行った様です。

マウントしてもう一度 Partitioner で確認してみます。
a0056607_11481185.jpg
"Mount By" に "?" が付いているパーティションは、fstab にかきこまれていない、手動でマウントされたものです。パーティション作成の時に "Mounting Opttion" > "Mount Partition" をチェックしてマウントポイントを指定しておけば、fstab に書き込まれ、起動時に自動的にマウントされます。

※ これはテスト環境なので、起動ディスク以外のパーティション以外は手動マウントしています。物理ディスクをデータ用に追加した場合、もしディスクに障害があると、fstab にマウント指定されていると起動できなくなります。仕方がないので Rescue 状態から、皆さんの大好きな vi エディタで fstab の該当の行を削除(コメントアウト)する必要があります。


- いかがでしたか -

SUSE Linux でのパーティション管理は、熟練エンジニアにとっても手軽だし、「まだ未熟」な Linux オペレータさんにとっても、割と理解しやすいインターフェースが YaST の中に用意されています。Linux の"キホン"さえ知っていれば、「パーティション操作」という、データロスにつながり易いクリティカルな作業も、fdisk の難解なコマンドオプションと表示内容を理解して、闘う必要もなく、何とかなるものです。

他のディストリビューションでは、これほど使いやすいパーティション管理ツールが「標準装備」されているわけでもなさそうですし、たとえ 「GParted の様なGUIツールがあるじゃん」と言っても、GParted パッケージそのものが一般的なディストリビューションにデフォルトで付属されてインストールされていないようですし、インストールで挫折するくらいなら、ハジメから「Linuxを知りたいし安定して使いたい」事を目的としては SUSE Linux の敷居の低さが理解できるでしょう。



- Key Word -

Linux パーティション管理、パーティション作成と削除の方法、SUSE Linux、SLES、SLED、openSuSE、yast、


[PR]
by islandcenter | 2017-06-02 11:52 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE Linux (SLES,SLED,openSUSE) のパッケージ管理、インストールと削除のほとんどの作業は YaST(Yet another Setup Tool) というオープンソースの統合管理ツールで行います。

YaST は単なるパッケージ管理ツール(コマンド)ではなく、Linux のセットアップに必要な作業を組み合わせた、言わば「セットアップツールの集合体」のようなものです。Linux のシステム管理者は、初心者から、熟練した技術者まで、全て YaST を通じて必要な設定を行う事ができるため、手元に「コマンドリファレンス」の様なアンチョコ本を頼りに、正確な綴りのコマンドラインを操作する必要はありません。

ここで説明するようなパッケージ管理をはじめ、「最低限の作業」を直感的に行えます。


第3章 テキストモードのYaST

- SUSE Linux のパッケージ -

パッケージの提供方式は rpm なので、必要であれば、rpm コマンドもつかいますが、GUI版 yast2 で、rpm パッケージを open すると yast のインストーラが立ち上がります。もちろん、単体で動くような、依存性のないアプリケーションをテキストコンソールからインストールする場合は、rpm コマンドも使いますが、SUSE Linux では依存性の多い複雑なアプリケーションをインストールするには、通常 YaST を使います。

他にも zypper コマンドラインツールもありますが、これは CUI で Man & Machine の対話形式で使うもので、SUSE Linux のオペレータは特殊な目的でなければ、基本的には滅多に使わないでしょう。他のディストリビューションでは yum や apt に相当するコマンドです。
詳細にパッケージをコントロールしたり、シェルで一括変更したい場合などの場合は利用することがあります。

まず、およその流れとして、SUSE Linux のパッケージのインストールは YaST > zypper > rpm がそれぞれ入れ子になったような構造だと考えても良いでしょう。

- パッケージ管理だけではない YaST の機能 -

YaST は単にパッケージ管理を行うだけの機能ではありません。YaST では、ネットワークの設定からパッケージ管理、ネットワークのアプリケーションの細かな設定、ユーザ管理、仮想化ハイパーバイザーの管理、サービスの起動から停止まで、ほぼあらゆるオペレータの管理タスクを自動化するツールです。

さらに SUSE のインストーラ自体が yast によるものです。したがって SUSE(SLES, openSUSE) Linux のインストールで最初に触れる I/F は YaST インストーラなのです。インストール作業自体をスクリプト化して、大量のコンピュータをセットアップするための Auto YaST 機能もあります。

第21章 自動インストール

「SUSE Linux で何か困ったことがあれば YaST を使え」が基本です。

パッケージのインストールを zypper や rpm で行い、手動で .conf などのファイルを書き換えると、YaST で整合性が保たれない場合があります。

依存性の大きな作業は全て YaST を使う事をお勧めします。
ただし、yast に実装されていない詳細なチューニングはダイレクトに .conf などのファイルを直接編集する必要があります。 squid proxy などがそうです。また、一般的なディストリビューション問題のないものがあるのに、わざわざソースからコンパイル、インストールする事も、独自機能を組み込んでカスタマイズしたいなど、よほどやむを得ない場合を除いて避けるべきでしょう。YaST のアップデート機能でアップデートすべきです。

もっとも YaST でインストールできないモノもあります。プロプラエタリなソフトウェアやデバイスドライバ、オープンソースでもメールソフトや Chrome などのブラウザ、ハードウェアに依存したドライバ類ですね。これらは、別途コンパイルしてインストールするためのインストーラがあったりします。

-YaST によるパッケージのインストール -

YaST を使った、パッケージのインストールは

# yast

または

# yast2 &

を実行します。"yast" はCUI版、"yast2" はX環境での GUI 版です。yast2 は、コマンドラインから起動できるだけではなく、gnome デスクトップのバーにある "Computer" アイコンに登録されています。よく使う機能なので、"Desktop"にショートカットを作っておくと良いでしょう。nautilus ファイルマネージャが使える環境であれば、xming や movaXterm などからクリックして実行できます。直接コンソールでGUI版を使いたい場合は systemd(SLES12) initd(SLES11まで) が Text モード(runlevel:3)の場合は # startx を使います。 Graphical モード(runlevel:5)で起動している場合は、そのまま Computer のアイコンにある "YaST Control Center" を開くだけです。なお、一般ユーザが yast2 を起動する場合は、root パスワードが要求されます。

putty や teraterm と言った Windows 用のテキスト端末からは CUI 版 yast を、movaXterm や xming と言ったXサーバーアプリケーションからは yast も yast2 も利用できます。

パッケージをインストールするには YaST のメインメニューから Software[TAB] > Software Management[ENTER] を選びます。

a0056607_16070011.jpg
※ここでは優先言語を "English" に設定してあるため、英語表記ですが、SUSE Linux Enterprise Desktop(SLED) や openSuSE をデスクトップ目的で利用する場合は日本語を優先言語にするケースが多いでしょう。その場合、メニュー表記は勿論日本語です。

"Filter" で "Search" ボックスから、ヒントとなるキーワードをセットして [Enter] ここでは "apache" を検索してみます。

a0056607_16073426.jpg
既に、このサーバーには "Apache2 Web Server" が [i] インストールされている事が判ります。GUI版ではこんな感じです。

a0056607_19515576.jpg
Filter を "Pasterns" 検索してみます。試しに DNS/DHCP を選ぶと、まだインストールされていない様です。[Space] キーで DNS/DHCP をチェックすると、依存性のある全てのパッケージが [a+] 追加インストール予定のステータスになりました。ここで [TAB] キーで "Accept"[Enter] すると、パッケージ名を知らなくても、 DNS/DHCP に必要なパッケージがインストールされます。

a0056607_16111312.jpg
パッケージをインストールしたら、YaST のメインメニューから"Network Service" の DNS を選んでみます。デフォルトでは、起動オプションが "Manually" になっているので、これを "When Booting" に変えます。DNS のゾーン設定や、よく使う DNS のオプションや Forwarder の設定などは全て、このメニュー画面から、TAB, 矢印キー, Space キーなどで設定し "Accept" すると、設定内容が反映されて、自動的にサービスが有効になります。この様に詳細設定をする際にこそアンチョコ本が役立つときでしょう。

a0056607_19251175.jpg

また、YaST のメインメニューから "Network Services" を選ぶと、例えば DNS という項目があります。これを選択して[Enter] すると、

a0056607_20300632.jpg
"Yet another Setup" なパッケージをインストールするかどうかの確認ダイアログが出てくるので、ここで "Install" [Enter] すると、自動的にインストールされ、続いて設定画面が出てきます。


- パッケージの削除 -

パッケージを削除するには、削除するパッケージを選んで[Space]キーをトグルします。"i" から "-" になり、"Accept" すると、パッケージの削除が始まります。

しかし、削除するパッケージに依存性がある場合、どのパッケージを残すか、削除するのかを確認"Space"キーでチェックして、中止(Cancel)するか、継続(Try Again)して削除するかを選びます。

a0056607_16133462.jpg
GUI 版 yast2 の場合も同様です。

a0056607_16142032.jpg
逆に、パッケージを追加でインストールする場合も、パッケージの追加を許すか、キャンセルするかを確認しながらインストールします。当たり前ですが Postfix が動いている環境では sendmail は動かないわけですから、パッケージの競合を確認しながら、作業する、という事です。


- 1 Click Install を使ったパッケージのインストール -

標準リポジトリに登録されていないプログラム、サービスを利用するには 1 Click Install の機能を使います。標準リポジトリ以外は、商用 SLE(S) SLED の公式なサポートはありません。また非商用の openSuSE の標準リポジトリにも含まれていない、オープンソースの類をどうしても利用したい場合に、自己リスクとして利用することができます。次の opensuse.org の Software 検索機能を使って目的のパッケージを Search します。


導入したいコンピューターに標準で含まれている FireFox ブラウザから

を開きます。そこで少なくとも GUI 環境は必要です。

openSuSE のソフトウェアページの "Search" ボックスからおおよそのパッケージ名をセットして Search すると、いくつかヒットするパッケージの一覧が出てきます。

"Direct Install" の下の "Show Other Version" > "Show unstable packages"を開くと、適応できる SLES と openSuSE の各バージョンと、RedHat などの他社ディストリビューションが出てくる場合もあります。

"1 Click Install" をクリックすると、自動的に YaST インストーラが起動するので、後はダイアログに従って操作すると、リポジトリの追加からパッケージのダウンロード、インストールまで全て自動で行われます。
a0056607_16150888.jpg
なお、 "YaST2 MetaPackages handler"がインストールされていない場合(たまにあります)、 1 Click Install を開くと ymp メタファイルがダウンロードされるだけなので、うまくいかない場合は標準リポジトリから "YaST2 MetaPackages handler" を search してインストールしてください。

ただし、常に最新のパッケージが用意されてるわけではないので、比較的、安定した枯れたパッケージを導入するには良いでしょう。

※ちなみに GUI 版 YaST はアイコンがシングルクリックで、それぞれのツールが起動してしまいます。ダブルクリックすると、ツールが二重に起動しますので、注意が必要です。これは gnome の設定に関わらず、"仕様" というワナなので、必ず「右クリック > Open」するように癖をつけておきましょう。そもそも管理権限で、何事もダブルクリックしたがるシステム管理者は、私は信用していません。

補足
SUSE で 1 Click インストールができない場合、YaSTにないメニューを追加

第7章 インターネットからのパッケージのインストール








-Keyword-

SUSE Linux, SUSE Linux Enterprise Server, SUSE Linux Enterprise Desktop, パッケージのインストール、パッケージのアップデート、パッケージの削除、パッケージの依存性, apt, yum, zypper, rpm コマンド


[PR]
by islandcenter | 2017-05-31 13:31 | SUSE | Trackback | Comments(0)

==X端末から、nautilus ファイルマネージャの起動と終了。SUSE Linux(SLES11)==

DOS と UNIX のプログラマからスタートした仕事人生ですから、コマンド打ったりは別に苦でもないのですが、やっぱり Windows と過ごしてきたこの25年。やっぱりファイル操作はGUIでやった方がいい場合もあります。もっともコンソールからテキスト操作した方が便利な場合もありますが、テキスト操作だと、中々、老若男女、まぁ全てのオペレータさんが嫌がりますし、ファイル操作ごときにコマンドなんか覚えたくないと露骨に嫌な顔をされるとこちらも、困ってしまいます。

直接コンソールを操作しないで、できるだけリモートで操作するとなると、当然 Windows 端末から操作しますから、テキストコンソールは、今までハワイの海岸で流れ星を見ていたのに、いきなりフェアバンクス郊外のモーターストップで野宿しながらオーロラを見るような気分になるようです。

という事でやっぱり SUSE Linux ではオペレータさんに 「nautilus ファイルマネージャを使ってください」という事になります。そこで、 Windows から xming や movaXterm から nautilus を起動し、終了する方法です。

= X 端末から nautilus の起動と終了方法 =

- 起動 -

通常は、Xサーバのテキストターミナルのプロンプト # から "nautilus &" を実行します。"&" を付ければ、GUIはデーモン化して、 WIndows に常駐します。一度 "Enter" を押せばプロンプト "#" はテキストコンソールに戻ってきます。

"&" を付け忘れてもいいのですが、今度はほかの yast2 などの GUI アプリケーションが起動したりテキスト操作ができないので、一応、「付けといてね」とオペレータさんへの操作マニュアルなんかを使う時は記載して指導します。

sles11:~ # nautilus &
[1] 18820
sles11:~ # Initializing nautilus-open-terminal extension
Initializing nautilus-share extension

** (nautilus:18820): WARNING **: Can not calculate _NET_NUMBER_OF_DESKTOPS

: Nautilus のデスクトップが表示されます。以下中略


- 終了 -

もし"&"を付けずに # nautilus[Enter] してしまった場合、コンソールにはプロンプトが戻ってこないので、その際は CTRL+C を押せば nautilus が強制終了して、プロンプトが戻ってきます。それは裏のテクニックだと考えた方がいいでしょう。私の場合、通常は "&" を付けて起動します。あるいは X サーバーのアプリケーションを終了してしまえば、セッションも終わるので、nautilus も終了します。

しかし、nautilus で開いたフォルダは閉じる事ができても、"デスクトップ"だけは閉じるためのボタンがありません。そこで nautilus を終了させるため、X端末から、あるいは nautilus デスクトップ画面の、空いているスペースで右ボタンを使って テキストのterminal を開き

# nautilus -q

を実行します

sles11:~ # nautilus -q
sles11:~ # Shutting down nautilus-open-terminal extension

==SUSE Linux (SLES11)の、ファイルマネージャの表示をリスト表示にする。==

Linux を使い始めると、手元のアンチョコを見ながら、まずはファイル操作のコマンドを覚えようとするでしょう。しかし、不慣れなオペレータさんにとっては、コマンドをいちいち叩くのは苦痛そのもので、大抵は挫折してしまいます。また、私の様なメンドクサガリ屋も、テキストインターフェースで頑張らず、できるだけ省エネルギーで操作をしたいわけです。

そこで、GUI操作したい訳ですね。

SUSE Linux (SLES11の場合) nautilus デスクトップを開き、ディレクトリを開くと、デフォルトでは「Icon View」になります。右上の "Icon View" を "List View" に変えると、ファイル名やサイズと時刻、ファイル属性の概要が、コンパクトに表示され、ソートも簡単なのでグッと使いやすくなります。
a0056607_14473579.jpg
※ここでは私の好みで、どこかのメジャーなOSメーカのデスクトップシステムのような中途半端なローカライズで、意味不明な機械翻訳の誤訳が多い表示だと困るので、デフォルト言語を English に設定して説明しています。Default Language を"Japanese" にすれば、日本語のメニューになります。もちろん言語は English でも日本語の UTF ファイル名の操作には影響はありません。

という事で、Windows から xming や movaXterm を起動して # "nautilus &" を実行すると、SLES のデスクトップが開きます。ここでファイル操作をおこないます。

しかし、デフォルトの起動状態が Icon View なので、ファイルの情報量が少ないし、見つけにくい。そこでこのビュー画面を List View にするには、右上の Icon View をトグルして List View に変えます。とは言えディレクトリフォルダを開く度に List View にするのも面倒です。

しかし、いちいちディレクトリを開いて、ビューを変更するのは非常に面倒くさいので、デフォルトのアイコンビューを "List View" にしてしまうには、

Edit メニュー > "Preferences" より

a0056607_14490028.jpg

"Default View" の "View new folders using" を "List View" にして "Close" します。
a0056607_14493518.jpg
これで、ディレクトリアイコンを "Open" すると、全てリスト表示されます。ファイル名やサイズによるソート処理、日付のソートなども List View なら簡単に行う事ができます。

この他に nautilus から、ファイルの圧縮、解凍、テキストの編集や gedit のテキストを Windows 側のメモ帳などにペーストするなどの技が使えます。

参考元



SUSE Linux SLES SUSE enterprise server nautilus デスクトップ ファイルマネージャ nautilus 起動と終了 アイコン表示 リスト表示への切り替え

[PR]
by islandcenter | 2017-05-23 14:53 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE より SLES12sp2 がリリースされて時間が経ってしまいましたが、インストーラから変わったところや、仮想化周りの印象について、実際のインストールをしてのファーストインプレッションです。インストールは仮想環境で行ったので、実際のベアハードウェアにインストールした時とはちょっと異なる点をご理解下さい。

-インストール開始-

CD/DVD から起動します。Installation を選択
a0056607_10475843.jpg

License Agreement の "I Agree" をチェック

言語の設定は English US, キーボードだけ Japanese を選び、106 キーボードの特殊キーが認識されていることを確認します。
SUSE にかぎらない事ですが、他国語をローカライズした場合、エラーメッセージが奇妙なニホンゴになって"意味不明"な場合って多いんですね。特に Windows のイベントビューワなんか意味不明なニホンゴの羅列で、日本語のエラーメッセージをまた英語に翻訳するという二度手間になりますから、メニューが英語になる程度であれば、基本言語は English を選ぶのが良いでしょう。後で日本語フォントをインストールすれば、アプリケーションは日本語で利用できます。

a0056607_10493440.jpg



ネットワークの設定画面です。"Edit" でIPの固定化や "Hostname/DNS" でリゾルバの設定、Routing でデフォルトゲートウェイの設定を行います。

a0056607_10524570.jpg
IP の設定画面ですね。Static IPと Subnet Mask, Hostname を設定します。

a0056607_10533784.jpg

これは、DNSとドメイン名の設定の画面、同様に Routing タブを開き、デフォルトゲートウェイを設定します。

a0056607_10540875.jpg

Registration は Skip します。カスタマセンターへの登録は後でもできるので、ここでは Skipします。 YOU(YaST Online Update) によってアップデートした後、動かないデバイスがコンパイルできず苦労したことがあるので、出荷時のそのまま”素”の状態で作業を進めて、後でパッケージやカーネルのアップデートを手動でやった方が良いでしょう。

a0056607_10581364.jpg

Add On Product は通常何もないのでそのまま Next

a0056607_10590527.jpg


システムの基本的なインストール方法は "Default", "KVMハイパーバイザー", "XEN ハイパーバイザー"の中から選びます。ただハイパーバイザーのみを選んだ場合は、GUI が使えませんので、後に GUI をインストールするのが良いでしょう。ここでは KVM ハイパーバイザーを選びました。

a0056607_10593877.jpg

パーティション作成の Suggestion です。デフォルトでは "Swap", "/" の2パーティションなのですが、ルートパーティションは Btrfs がデフォルトです。データ用のパーティションは XFS が推奨されています。 Expert Partitioner を開いてパーティションを必要に応じて変更します。


a0056607_12263735.jpg


デフォルトのパーティション設定です。 ルートパーティションが Btrfs になっています。

a0056607_12272660.jpg


ルートパーティションを選んで "Resize" ボタンを押すと、ルートパーティションの確保サイズを変更できます。

a0056607_12275884.jpg

あるいは、このメニューから "/" を削除(Delete)して、お好みのパーティション、ディスクフォーマットを "Add Partition" することができます。

a0056607_12282105.jpg


パーティションサイズをリサイズしたので、新しいパーティションを作ります。

a0056607_12285018.jpg

ここでは Maximum Size としましたが、好みのサイズに指定しても構いません。

a0056607_12300157.jpg
パーティションの利用目的です。オペレーティングシステムや Swap は指定済なので Data and Application を選びます。

a0056607_12303983.jpg
Mount Point "/home" に XFS フィーマットが標準ですが、ハイパーバイザーとして利用したい場合、DBサーバーとして / 以外のパーティション /databaseにしたい場合など、 Mount Point に任意のディレクトリを指定できます。

a0056607_12305798.jpg

これで、パーティション分割のサマリが決まりました。


a0056607_12311930.jpg


元の画面に戻ると、Suggestion とは異なるパーティション構成のサマリが出てきます。

a0056607_12313744.jpg


タイムゾーンの設定です。世界地図から”東京付近”をクリックすると Asia/Japan となります。 "Hardware Clock set to UTC" はハイパーバイザーで利用する場合はチェックを外すのが良いでしょう。どことは言えませんが。バカなゲストOSがハイパーバイザーの UTC のハードウェアクロックを拾ってきて、しっかりUTCで9時間遅れて JST と勘違いして起動することがあります。SUSE ではハードウェアクロックとの同期はあまり推奨していないようなので、このチェックは外します。

なお、UTCは夏時間のない絶対時刻なので、"UTC を使わないと夏時間の変更は困るよ" と言った内容の警告が出ますが、これはそのまま Continue します。


a0056607_12320348.jpg


オペレータのユーザ名(フルネーム)ログイン名、パスワードを設定します。


a0056607_12322222.jpg


root のパスワード設定です。特殊キーをパスワードに使った場合、キーボードの内容と実際の文字コードが一致しているかテストするフィールドがあるので、ここで、キーボードレイアウトを確認します。ちなみに Test Keyboard Layout に入れた文字と、設定したパスワードが一致するかどうかはチェックされません。もちろん root のパスワードの二度打ち内容はチェックされます。

a0056607_12324549.jpg


インストールのデフォルトサマリです。

a0056607_12330103.jpg


"Software" のリンクを開き、 "KVM", "XEN" ハイパーバイザーのみをチェックした場合、インストールされないパッケージをここでチェックします。ハイパーバイザーのツール、ユーザ登録に使う Firefox ブラウザなどを含む gnome 環境、万が一デバイスをソースからインストールするために必要となるコンパイラとカーネルソースなどです。これでコンソールを使わず X サーバーのターミナルから GUI が使えます。


a0056607_12333826.jpg

Firewall は Enable になっているので、Disable に変更します。後に Firewall を設定するのが良いでしょう。 SSH が Enable になっている事を確認します。必要に応じて SSH は後で停止させます。


a0056607_12335410.jpg


systemd のデフォルト起動画面は GUI か Text かを選択します。まず、コンソールのGUIは、まず使いませんから、Text にしておくのが良いでしょう。

a0056607_12341623.jpg


これでインストールサマリが出来ました。 "Install" ボタンからインストールを開始します。

a0056607_12343241.jpg


インストール中です。 Slide Show を見ててもつまらないので Detail タブを開いて、”いまパッケージをインストールしているよぉー”という状態をコーヒータイムにしてぼんやり眺めます。

a0056607_12345144.jpg


インストール中にトイレに行っていたら勝手にリブートして起動していました。

a0056607_12350810.jpg


# startx からGUI のスクリーンを見てみましょう。これは YaST の virt-manager から、VMの作成を選んだところです。ずいぶん種類が増えています。

a0056607_12352716.jpg


なんと、Virt-Manager から、新規VMの作成を選ぶと Windows 1.0 なんというものも出てきます。SUSE ではサポートしているのは NetWare 6.5 だけですが、 NetWare 4/5 のテンプレートも存在します。もっとも KVM で動いたOSと SUSE がサポート対象としているOSは異なることを承知してください。
http://manual.geeko.cpon.org/ja/cha.kvm.requires.html
http://www.linux-kvm.org/page/Guest_Support_Status

yast2 の中から Language を選び、第二外国語で "Japanese" をチェックして、日本語フォントをインストールします。


a0056607_12354702.jpg
SLES12 はたっぷり付き合って、ちょっとなぁーというところがあり、インストール後の手作業が多かったのですが、 SLES12sp2 では、事前にホスト名を決めて DHCP ではなく、最初から固定IPを設定できる点など、ずいぶんこなれたところがいい所です。また、 virt-manager のインターフェースが変わったので、virt-manager から、VMの管理を行う場合はちょっと慣れが必要でしょう。



SUSE SLES Sles12 KVM インストール手順


[PR]
by islandcenter | 2017-04-06 14:32 | SUSE | Trackback | Comments(0)

- 現象 -

Windows がインストールされているPCの空きパーティションに SUSE Linux Enterprise Server 12sp1 (SLES12sp1) をインストールしたところ、 Grub のメニューに Windows のセクションが表示されない。

- 対策 -

yast2 > Boot loader から options タブを開き、"Probe foreign OS" のチェックを入れてブートローダーを書き換えると、既存の Windows のリストが Grub メニューに出てくる。


a0056607_12575013.jpg
- Keyword -

SUSE Linux SLES12 ブートローダー Windows デュアルブート GRUB メニューに出ない。







[PR]
by islandcenter | 2016-08-27 13:11 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SLES12sp1 ベースの "SUSE Linux Enterprise Server for SAP Application" がリリースされました。

https://www.suse.com/ja-jp/company/press/2016/newest-suse-linux-enterprise-server-for-sap-applications-now-available.html

インストーラの改善や、フルロールバックなどの機能が追加されているようです。

islandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2016-03-02 12:01 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE Linux で squid を動かしていたXEN仮想サーバーを sp レベルでバージョンアップしたところ、/(ルートパーティション)と別イメージの Squid のキャッシュディレクトリを保持するSSDの仮想ディスクがマウントできなくなってしまいました。どうせ、キャッシュだし、という事で、Squid キャッシュディスクをフォーマットしてマウントしたり、色々やっているのですが、 Squid が起動できない。SSD に割り当ててマウントした /var/cache/squid 外すと上手く起動できるのですが。元のSSD に戻すと起動しない。

はて何ででしょう? という事で /var/log/messeges をダンプしてみます。

dnssquid: # cat /var/log/messages | grep squid

Feb 16 09:51:19 dnssquid squid[7191]: Squid Cache (Version 3.1.12): Exiting normally.
Feb 16 09:52:46 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:53:23 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:55:55 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:57:37 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:59:38 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 10:00:25 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 10:01:21 dnssquid squid[3691]: Squid Parent: child process 3693 started
Feb 16 10:01:21 dnssquid squid[3693]: Starting Squid Cache version 3.1.12 for x86_64-suse-linux-gnu...

: 中略

Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Using 32768 Store buckets
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Max Mem size: 262144 KB
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Max Swap size: 5632000 KB
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: /var/cache/squid/swap.state.new: (13) Permission denied
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: storeDirOpenTmpSwapLog: Failed to open swap log.
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3465]: Squid Parent: child process 3473 exited with status 1
Feb 16 10:13:04 dnssquid squid[3465]: Squid Parent: child process 3479 started
Feb 16 10:13:04 dnssquid squid[3479]: Starting Squid Cache version 3.1.12 for x86_64-suse-linux-gnu...

Squid が起動するときに作成される、/var/cache/squid/xx ディレクトリや swap.state が作成できないという事のようです。 "Permission denied" と出るので調べてみると、 squid ディレクトリのオーナーが root になっていました。

dnssquid:/var/cache/squid # ls -al
total 176
drwxr-xr-x 18 root root 4096 Feb 16 10:25 .
drwxr-xr-x 19 root root 4096 Feb 16 10:04 ..
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 00
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 01
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 02
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 03
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 04
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 05
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 06
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 07
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 08
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 09
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0A
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0B
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0C
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0D
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0E
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0F
-rw-r----- 1 squid nogroup 102240 Feb 16 11:20 swap.state


dnssquid:/var/cache/squid # chown squid:nogroup /var/cache/squid

で治りました。

根本的な原因はアップデートする手順で誤りがあり、/etc/fstab にごみ行が入ってしまったのが原因なのですが、ここにたどり着くまでちょっと長かった。トラブルシューティングの良い練習になりました.....

lslandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2016-02-16 14:58 | SUSE | Trackback | Comments(0)

HPE の Proliant にトラブルが出て緊急性があるにも関わらず HPE のサポートがあまりにも御大尽でタコなので、ヘルプデスクを動かして、故障修理を依頼するための手順を記述しておきます。どうも HP -> HPE になってから、態度がエラクなったというか、トップが変わるとやっぱり駄目ですな。急に顧客目線がなくなる。保守料年間先払いなので、自分たちが、顧客が支払った保守料で仕事をもらって給料になっている、という感覚がマヒしてしまうのです。

ということで、 SUSE Linux に HPE Proliant の自己診断ツールのインストール方法と各ツールのダウンロード先を記述しておきます。

- インストールするもの -
○HP System Management Homepage (SMH)
○IMA
1. HP System Health Application and Command Line Utilities
2. HP SNMP Agents
3. HP System Management Homepage Templates
○HP Insight Diagnostics
○HP Smart Storage Administrator (SSA)

- ツールのダウンロード先とマニュアル類 -

HP ProLiant サーバー - System Management Homepage (SMH) と Insight マネジメ
ント エージェント (IMA) のインストール方法 (Linux)
http://h20565.www2.hp.com/hpsc/doc/public/display?docLocale=null&docId=emr_na-c03065327

○RECOMMENDED * HP System Management Homepage for Linux (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_e8fede0963eb4a54884625fa24&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/509679-191-j.pdf

1.HP System Health Application and Command Line Utilities for SUSE LINUX
Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_d3439b3d9b0949429ffb7cdd01&swEnvOid=4049

2.HP System Management Homepage Templates for Linux
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_15c87bdc1632468382b3bb313e&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/390374-198_ja.pdf
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf

3.HP SNMP Agents for SUSE LINUX Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_20bee17f4fb6462b97f507b911&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf

○ RECOMMENDED * HP Insight Diagnostics Online Edition for Linux (x86-64)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_5d7a6fe262ee43f780f6c74103&swEnvOid=4049


○HP Smart Storage Administrator (HP SSA) for Linux 64-bit HP Smart Storage Administrator
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_f1e7b5d721eb4fa489b46c4476&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/742648-191_ja.pdf


- インストール -

# rpm -ivh <解凍先>/*.rpm

※再起動が必要です。

Insight Diagnostics ユーザー ガイド
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/390374-198_ja.pdf

xming もしくは movaXterm から # firefox & を起動するか、直接コンソールの GUI(startx) > Firefox を起動し次のアドレスを開きます。(詳細はP9)

※ インストールされたコンピュータから実行する場合
https://localhost:2381

※ 他のデバイスからの場合
https://ip-address:2381

パスワードが必要です。(root/root-password)


webapps -> Other Agents の HP inside Diagnostics をクリック
a0056607_653614.jpg



起動すると P17 の様な画面があらわれます(はずです)
a0056607_7305940.jpg


Survey と「診断」の機能があります。Survey を行った場合、結果を USB メモリがローカルディスクに保管できます。
「診断」した場合、マニュアルP27 に記述されているように、やはりUSBメモリか、ローカルディスクに保管されます。
a0056607_7312993.jpg


他の参考文書
HP Insight マネジメントエージェント 9.2 Linux 搭載 ProLiant サーバーの管理 HOWTO ホワイトペーパー
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf


HP Smart Storage Administrator の起動方法
x端末から
# hpssa -local
a0056607_7315794.jpg



- システムログ -

/var/log/messages
/var/log/boot.msg
/etc/SuSE-release
# uname -a > uname-a.txt にダンプしたファイル

以上がないと、 HPE のテクニカルサポートはテコでもうごきませんでした。しかも指示はあやふや、間違えも多いです。


islandcenter.jp

-KeyWord-

HP HPE Proliant SUSE Linux Diag Diagnostic Tools インストール ダウンロード マニュアル 
[PR]
by islandcenter | 2016-02-08 06:53 | SUSE | Trackback | Comments(0)