カテゴリ:SUSE( 223 )

- 現象 -

Windows がインストールされているPCの空きパーティションに SUSE Linux Enterprise Server 12sp1 (SLES12sp1) をインストールしたところ、 Grub のメニューに Windows のセクションが表示されない。

- 対策 -

yast2 > Boot loader から options タブを開き、"Probe foreign OS" のチェックを入れてブートローダーを書き換えると、既存の Windows のリストが Grub メニューに出てくる。


a0056607_12575013.jpg
- Keyword -

SUSE Linux SLES12 ブートローダー Windows デュアルブート GRUB メニューに出ない。







[PR]
by islandcenter | 2016-08-27 13:11 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SLES12sp1 ベースの "SUSE Linux Enterprise Server for SAP Application" がリリースされました。

https://www.suse.com/ja-jp/company/press/2016/newest-suse-linux-enterprise-server-for-sap-applications-now-available.html

インストーラの改善や、フルロールバックなどの機能が追加されているようです。

islandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2016-03-02 12:01 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE Linux で squid を動かしていたXEN仮想サーバーを sp レベルでバージョンアップしたところ、/(ルートパーティション)と別イメージの Squid のキャッシュディレクトリを保持するSSDの仮想ディスクがマウントできなくなってしまいました。どうせ、キャッシュだし、という事で、Squid キャッシュディスクをフォーマットしてマウントしたり、色々やっているのですが、 Squid が起動できない。SSD に割り当ててマウントした /var/cache/squid 外すと上手く起動できるのですが。元のSSD に戻すと起動しない。

はて何ででしょう? という事で /var/log/messeges をダンプしてみます。

dnssquid: # cat /var/log/messages | grep squid

Feb 16 09:51:19 dnssquid squid[7191]: Squid Cache (Version 3.1.12): Exiting normally.
Feb 16 09:52:46 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:53:23 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:55:55 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:57:37 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 09:59:38 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 10:00:25 dnssquid squid: Failed to make swap directory /var/cache/squid/00: (13) Permission denied
Feb 16 10:01:21 dnssquid squid[3691]: Squid Parent: child process 3693 started
Feb 16 10:01:21 dnssquid squid[3693]: Starting Squid Cache version 3.1.12 for x86_64-suse-linux-gnu...

: 中略

Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Using 32768 Store buckets
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Max Mem size: 262144 KB
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: Max Swap size: 5632000 KB
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: /var/cache/squid/swap.state.new: (13) Permission denied
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3473]: storeDirOpenTmpSwapLog: Failed to open swap log.
Feb 16 10:13:01 dnssquid squid[3465]: Squid Parent: child process 3473 exited with status 1
Feb 16 10:13:04 dnssquid squid[3465]: Squid Parent: child process 3479 started
Feb 16 10:13:04 dnssquid squid[3479]: Starting Squid Cache version 3.1.12 for x86_64-suse-linux-gnu...

Squid が起動するときに作成される、/var/cache/squid/xx ディレクトリや swap.state が作成できないという事のようです。 "Permission denied" と出るので調べてみると、 squid ディレクトリのオーナーが root になっていました。

dnssquid:/var/cache/squid # ls -al
total 176
drwxr-xr-x 18 root root 4096 Feb 16 10:25 .
drwxr-xr-x 19 root root 4096 Feb 16 10:04 ..
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 00
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 01
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 02
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 03
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 04
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 05
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 06
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 07
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 08
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 09
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0A
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0B
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0C
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0D
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0E
drwxr-x--- 258 squid nogroup 4096 Feb 16 10:25 0F
-rw-r----- 1 squid nogroup 102240 Feb 16 11:20 swap.state


dnssquid:/var/cache/squid # chown squid:nogroup /var/cache/squid

で治りました。

根本的な原因はアップデートする手順で誤りがあり、/etc/fstab にごみ行が入ってしまったのが原因なのですが、ここにたどり着くまでちょっと長かった。トラブルシューティングの良い練習になりました.....

lslandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2016-02-16 14:58 | SUSE | Trackback | Comments(0)

HPE の Proliant にトラブルが出て緊急性があるにも関わらず HPE のサポートがあまりにも御大尽でタコなので、ヘルプデスクを動かして、故障修理を依頼するための手順を記述しておきます。どうも HP -> HPE になってから、態度がエラクなったというか、トップが変わるとやっぱり駄目ですな。急に顧客目線がなくなる。保守料年間先払いなので、自分たちが、顧客が支払った保守料で仕事をもらって給料になっている、という感覚がマヒしてしまうのです。

ということで、 SUSE Linux に HPE Proliant の自己診断ツールのインストール方法と各ツールのダウンロード先を記述しておきます。

- インストールするもの -
○HP System Management Homepage (SMH)
○IMA
1. HP System Health Application and Command Line Utilities
2. HP SNMP Agents
3. HP System Management Homepage Templates
○HP Insight Diagnostics
○HP Smart Storage Administrator (SSA)

- ツールのダウンロード先とマニュアル類 -

HP ProLiant サーバー - System Management Homepage (SMH) と Insight マネジメ
ント エージェント (IMA) のインストール方法 (Linux)
http://h20565.www2.hp.com/hpsc/doc/public/display?docLocale=null&docId=emr_na-c03065327

○RECOMMENDED * HP System Management Homepage for Linux (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_e8fede0963eb4a54884625fa24&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/509679-191-j.pdf

1.HP System Health Application and Command Line Utilities for SUSE LINUX
Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_d3439b3d9b0949429ffb7cdd01&swEnvOid=4049

2.HP System Management Homepage Templates for Linux
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_15c87bdc1632468382b3bb313e&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/390374-198_ja.pdf
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf

3.HP SNMP Agents for SUSE LINUX Enterprise Server 11 (AMD64/EM64T)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_20bee17f4fb6462b97f507b911&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf

○ RECOMMENDED * HP Insight Diagnostics Online Edition for Linux (x86-64)
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_5d7a6fe262ee43f780f6c74103&swEnvOid=4049


○HP Smart Storage Administrator (HP SSA) for Linux 64-bit HP Smart Storage Administrator
http://h20566.www2.hpe.com/hpsc/swd/public/detail?sp4ts.oid=4091411&swItemId=MTX_f1e7b5d721eb4fa489b46c4476&swEnvOid=4049

マニュアル
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/742648-191_ja.pdf


- インストール -

# rpm -ivh <解凍先>/*.rpm

※再起動が必要です。

Insight Diagnostics ユーザー ガイド
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/390374-198_ja.pdf

xming もしくは movaXterm から # firefox & を起動するか、直接コンソールの GUI(startx) > Firefox を起動し次のアドレスを開きます。(詳細はP9)

※ インストールされたコンピュータから実行する場合
https://localhost:2381

※ 他のデバイスからの場合
https://ip-address:2381

パスワードが必要です。(root/root-password)


webapps -> Other Agents の HP inside Diagnostics をクリック
a0056607_653614.jpg



起動すると P17 の様な画面があらわれます(はずです)
a0056607_7305940.jpg


Survey と「診断」の機能があります。Survey を行った場合、結果を USB メモリがローカルディスクに保管できます。
「診断」した場合、マニュアルP27 に記述されているように、やはりUSBメモリか、ローカルディスクに保管されます。
a0056607_7312993.jpg


他の参考文書
HP Insight マネジメントエージェント 9.2 Linux 搭載 ProLiant サーバーの管理 HOWTO ホワイトペーパー
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/servers/proliant/manuals/501165-197_ja.pdf


HP Smart Storage Administrator の起動方法
x端末から
# hpssa -local
a0056607_7315794.jpg



- システムログ -

/var/log/messages
/var/log/boot.msg
/etc/SuSE-release
# uname -a > uname-a.txt にダンプしたファイル

以上がないと、 HPE のテクニカルサポートはテコでもうごきませんでした。しかも指示はあやふや、間違えも多いです。


islandcenter.jp

-KeyWord-

HP HPE Proliant SUSE Linux Diag Diagnostic Tools インストール ダウンロード マニュアル 
[PR]
by islandcenter | 2016-02-08 06:53 | SUSE | Trackback | Comments(0)

 2015/12に SUSE より SUSE Linux Enterprise Server 12 sp1 がリリースされました。ほぼ1年ぶりのリリースです。とりあえずインストールしてみて、1昨年リリースされた SLES12 からどの辺が変わったかをレポートしましょう。


- インストール -

 インストールDVDから最初に表示される画面です。Language は英語、キーボードレイアウトは 106 日本語キーボードを選択しました。どうせテキストコンソールなので、デフォルト言語を日本語にする必要はないでしょう。キーボードの特殊キーが正しく認識されているかどうかの "TEST" フィールドがあるのがこのバージョンからの特徴です。親切設計ですね。
a0056607_1133846.jpg


- カスタマセンターへの登録(は、しない) -

ここはSkip Registrationします。登録するとリポジトリが登録されて、インストールのあとにパッチの提供、カーネルの更新が行われるのですが、周辺デバイスでコンパイル、インストールが必要な場合、カーネルバージョンが変わってしまってインストールできないケースが過去にありました。だから、ここは”素のまま”の状態でインストールします。素のままインストールして、追加デバイスがあればコンパイル、インストールするのが良いでしょう。
a0056607_11332437.jpg


アドオンがあればここからインストールします。特にないので次へ
a0056607_1133401.jpg


パーティションの設定です。

デフォルトでは "/" (ルート)パーティションは BtrFS です。BtrFS を使いたくない場合は "Expert Partitioner" へ
a0056607_11335717.jpg


デフォルトのパーティション設定は、Swap と BtrFS の "/" パーティションです。"Add"で追加するとパーティションはデフォルトで XFS が選択されます。

XFS ではなく、ロールバック機能が必要な場合は BtrFS を選ぶことになります。例えば仮想化サーバーのハイパーバイザーとして、使う場合は /var 以下を BtrFS として別パーティションにする事で、スナップショット、バックアップ、リカバリなどの機能が使えるということです。
a0056607_11341184.jpg


タイムゾーンの選択です。地図から東京あたりをクリックすると Asia/Japan が選択されます。

問題は "Hardware Clock set to UTC" のチェックをどうするかです。デフォルトのままこのチェックが入ると CMOS クロックも UTC にセットされます。

ハイパーバイザーとして使う場合、完全仮想化するシステムの中にはこのCMOSクロックを拾って JST だと勘違いするバカなOSがあるため、このチェックは外して JST 運用する事をお勧めします。このチェックを外すと "UTC 運用しないのはいかがなものですかねぇ"というダイアログが出ますが OK を押します。UTC 運用の方が、夏時間などを気にしないのでいいのですが、顧客目線ではUTCは9時間ずれているという認識があります。
a0056607_11342617.jpg


ここでオペレータのユーザを登録します。
a0056607_11344282.jpg


次に root のパスワードを設定します。パスワードに使った特殊キーが正しく認識されているかどうかを Test フィールドで確認します。ただし設定したパスワードと、 Test フィールドのパスワードの一致はチェックされません。が、このあたりも親切設計です。
a0056607_11345857.jpg


デフォルトのインストールサマリです。
- Firewall -> Disable
- SSH -> Block -> ここでは解放(oprn)します。
- Default Systemd Target -> Graphical -> サーバーで使うのであれば text に変更します。
- Clone System Configuration -> 何百台と同じ環境でインストールするなら AutoYast を使いますが数台なら "Do not Write it" をクリックします。
a0056607_11353481.jpg


これが変更後のサマリです。ここからインストールを開始します。
a0056607_11355425.jpg


ファイルのコピーからリブートは一般的なPCの仮想環境では6分程度でした。 SLES11 よりインストールにかかる時間が非常に短縮されています。
a0056607_11361671.jpg


リブートします。
a0056607_11363275.jpg


- ネットワークの設定 -

デフォルトのインストールではネットワークの設定ができません。最初から DHCP 設定なので、# yast -> System -> Network Settings から、固定 IP や DNS 、デフォルトゲートウェイの設定を行います。 SLES11 とはメニューの位置が違いますので、少し探しました。
a0056607_11365250.jpg


固定IPの設定です。 Hostname もインストーラから設定できず、デフォルトでランダム名だったものを設定しなおします。
a0056607_1137658.jpg


DNS の設定です。 ランダムに設定された HostName/Domain Name はここで変更します。
a0056607_11374726.jpg


これで再起動するとプロンプトが設定されたホスト名に設定されます。
a0056607_1138356.jpg


- NTP の設定-

SLES12.0 では NTP の設定にバグがあり、App Armor でブロックされていましたが、ここは正常に動作しています。
a0056607_11381553.jpg

SLES12 ntpd が Fail 起動できない <とその解決方法
http://islandcnt.exblog.jp/20476497/

-日本語の追加-

インストーラでは言語の追加が行えないので、インストール後に、日本語を追加します。YaST -> System -> Language から追加言語として Japanese を追加します。
a0056607_1138329.jpg


デフォルトの言語は英語のまま
a0056607_11384991.jpg


日本語のフォントがインストールされるため、アプリケーションでは正しく日本語が表示されます。
a0056607_1139622.jpg


リリース番号とカーネルバージョンです。
a0056607_11391928.jpg


- まとめ -
SLES12.0 より、かなりこなれた感じがします。ただし、インストールが自動化されたおかげもありますが、逆に、カスタマイズしてインストールできる項目が少ないため、インストール後に yast で設定しなおす項目が増えました。
それでも、本運用では更に yast で追加してインストールしたい管理用ツールなどのパッケージがあるので、デフォルトではこれでいいのかな、という感じです。

SLES12.0 からデスクトップが openSUSE と同じスタイルになったのは、あまり好ましいとは思いません。サーバーOSなのですから、新しいデザインのデスクトップを取り入れるのはどういうものかなと思います。リモートで環境設定を行う場合に少し戸惑う場合もありますし、顧客目線で運用マニュアルを書き直さなければならないのはちょっと困ったものです。

SLES12.0 でも痛切しましたが、 systemd による高速な起動は好ましく思います。また、32bit を捨てて 64 ビットに特化したため、インストールイメージがコンパクトで、インストールそのものも高速になりました。

SLES12.0 のちょっと不安だった部分もなく、安心してお勧めできるシステムになったという印象です。


islandcenter.jp


-Keyword-

SUSE Linux Enterprise Server 12.1 SLES12sp1 インストール install
[PR]
by islandcenter | 2016-01-31 11:40 | SUSE | Trackback | Comments(0)

最新のマニュアルはこちらから

SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4

60日の評価版ダウンロードは

http://download.suse.com
[PR]
by islandcenter | 2015-07-18 11:00 | SUSE | Trackback | Comments(0)

元ネタ

インストレーションガイドでは、直感的にわからない所を補足してみました。Pure64 版の補足です。


SLES 12 64-bitにNetVault Backupサーバーの64-bit専用パッケージをインストールする前に、以下の手順を完了します。
• 以下のパッケージをインストールします。
libXp6
libXm4


実際には yast(2) でインストールします。libxm4 は modif のランタイムライブラリです。デフォルトではインストールされていません。
a0056607_116224.jpg


以下のリンクを作成します。
ln -s /usr/lib64/libtcl8.6.so /usr/lib64/libtcl8.5.so


この作業は不要でした。

この状態からインストールを行います。

sles12:~/tmp # unzip NetVault-Backup-Distribution-for-Linux-x86-Pure-64-bit-Build-100124.zip.zip
Archive: NetVault-Backup-Distribution-for-Linux-x86-Pure-64-bit-Build-100124.zip.zip
creating: NVBU100124-Linux-Pure64/
inflating: NVBU100124-Linux-Pure64/netvault-R2014SEP12-v10.0.1.24-LinuxX86Pure64.tar.gz
inflating: NVBU100124-Linux-Pure64/netvault-server-R2014SEP12-v10.0.1.24-LinuxX86Pure64.tar.gz
sles12:~/tmp # cd NVBU100124-Linux-Pure64/
sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64 # ls
netvault-R2014SEP12-v10.0.1.24-LinuxX86Pure64.tar.gz netvault-server-R2014SEP12-v10.0.1.24-LinuxX86Pure64.tar.gz
sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64 # tar xvzf netvault-server-R2014SEP12-v10.0.1.24-LinuxX86Pure64.tar.gz
netvault/
netvault/extrabkl/
netvault/postgres/

: 中略

sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64 # cd netvault/
sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64/netvault # ls
RELEASEDEF clientpackages eula extrabkl extrapackages install nvdist packages postgres serverpackages
sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64/netvault # ./install
Installer invoked in /root/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64/netvault
Using default /tmp as the temporary directory
Expanding distribution file

NetVault
Copyright 2014 Dell Software Inc.
ALL RIGHTS RESERVED.

Select a Language
1 English
2 JapaneseEUC
3 Chinese Simplified
4 Korean
5 French
6 German
Select language? [1] 2
- JapaneseEUC selected
Have you read and agreed to the terms of the license?
(y = yes, n = no, d = display license) (y n d) [d] d
Have you read and agreed to the terms of the license?
(y = yes, n = no, d = display license) (y n d) [d] y
Where should NetVault be installed? [/usr/netvault](Enter)
Where should NetVault database be installed? [/usr/netvault/db](Enter)
Please enter a NetVault machine name(Enter)
using A-Z, a-z, _ and 0-9 [sles12](Enter)

Please enter the NetVault password for this machine
Please enter the password for the NetVault PostgreSQL database superuser ****
Please confirm password****
checkinstall running
Install directory is /root/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64/netvault
Platform System set to Linux
Platform Architecture set to x86_64
Platform Type set to 64BIT

 : 中略

Starting NetVault Services
Copying uninstallation scripts
Installation completed successfully
sles12:~/tmp/NVBU100124-Linux-Pure64/netvault #


# nvconfigurator &
a0056607_11103552.jpg


SUSE Linux は UTF8 なので、nvconfigurator は文字化けします。ちょっと探しますが、General タブの一番下に言語の設定ができるので JapaneseEUC から English に変えます。

Web タブの中に HTTP アクセスを有効にするチェックボックスがあるので、これを有効化して、ポート番号を任意に指定します。デフォルトは 80 なので、Apache などと競合しないよう異なるポート番号を与えます。

a0056607_11141486.jpg


ブラウザから http://サーバーアドレス:指定したポート

を開くとブラウザ管理画面が開きます。
a0056607_11152079.jpg


NetVault10 の初期パスワードは "admin/パスワードなし" です。


この記事の問い合わせ先は
islandcenter.jp

-Keyword-

SUSE Linux Enterprise Server 12 SLES12 NetVault10 インストール、openmotif
[PR]
by islandcenter | 2015-07-15 11:16 | SUSE | Trackback | Comments(0)

SUSE Linux では、インストール時にデフォルトで "Date and Time" のクロックを UTC にしてハードウェアクロックに上書きしてしまいます。

a0056607_13272186.jpg


これは、絶対時間で運用するシステムでは有効ですが、ローカルタイムで運用するシステムでは重大なトラブルになる場合があります。

特に Windows の様に UTC というものを知らないシステムがある場合、デュアルブートやUSBメモリでのレスキューブートを Linux 側で行ってしまうと、Windows 自体が再起動した時にローカルタイムではなくUTCをローカルタイムだと思って起動してしまうのです。

特に Windows の場合、時刻同期のメカニズムがメチャクチャなので、GMT+9の時間差が発生するととんでもない事になる場合がある訳です。

逆にUTCをハードウェアクロックに同期させる場合、夏時間などがある地域では時刻変更を意識しないという利点もあります。
そのため SUSE Linux ではデフォルトで UTC を CMOS クロックに書き込むようになっています。

--
SUSE Linux でハードウェアクロックをUTCに書き込まない様にするには # yast > system > Date and Time より "Set hardware clock to UTC" のチェックを外します。一応、警告が出ますが無視して Continue します。/etc/localtime に反映されるようですが、このファイルはバイナリです。

a0056607_1328236.jpg


コマンドラインで行うには hwclock コマンドを使う様です。

http://linux.die.net/man/8/hwclock

そのほかの情報は
islandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2015-07-07 13:30 | SUSE | Trackback | Comments(0)

ちょっと旧聞になりますがSUSE Linux Enterprise Server 12 for SAP Applicationsリリースされました。

SUSE Introduces SUSE Linux Enterprise Server 12 for SAP Applications

SUSE Linux Enterprise Server 12 の SAP アプリケーション向けバージョンは、SLES 12 で標準となった Snapper と組み合わせ、DBのスナップショットを管理し、従来の SLES for SAP の様に、SAP での最適化されたチューニングが行われています。

a0056607_16232868.jpg


SAP のインストールウィザードはデフォルトで yast メニューにないため、 yast > software から "wizard" などのキーワードで見つけます。

a0056607_1625747.jpg


a0056607_16253943.jpg

[PR]
by islandcenter | 2015-06-07 16:25 | SUSE | Trackback | Comments(0)

apcupsd の apctest にはバッテリーの Calibration 機能があります。キャリブレーションとは、"補正"の事です。

バッテリーは長期間使用していると性能が劣化します。そこで初期状態から数か月、数年経つ毎に劣化状態をテストしなければ、バッテリー運転の稼働可能な時間が変化します。また、システムに追加があると、当然負荷状態も変化します。

ということで、機器の追加、変更があった場合や定期的にスケジュールを決めてバッテリーをテストして、稼働可能な時間を補正するのが、キャリブレーション機能です。キャリブレーションチェックをして、実際にバッテリーの負荷と、稼働時間を修正する機能です。

重要なポイントは二つ

1) 100 % 充電状態から実施すること

さもないと、正確な時間が判りません。

2) 年に1、2度は行う事。

やりすぎはバッテリーの寿命に影響します。かと言ってバッテリーそのものの劣化の判断をするには、ある程度キャリブレーションをしなければならないという事です。

個人的に他にキャリブレーションテストで指摘しておきたいのは

1) 放電するのでピーピー鳴ります。

あまり気持ちのいいものではないので、人が居ない時間帯に行うのがいいでしょう。私の様に、外部の業者が黙ってやってしまうとお客様に怒られます。

2) その他の商用電源に負荷が掛かっていない時間帯を選ぶ事。

キャリブレーション中は、当たり前ですが、UPSが作動するような、ブランクアウトやサージなどが起こらない時間帯を選ぶのがコツです。例えば古いビルで冬の早朝の出勤時間帯(みんなで電気ヒーターを使い始める)や、工場などで、ビジナスアワーのフル操業状態と深夜、休日では商用電源の状態が著しく変化します。工場などは下手をすると休日中に電圧が上がりすぎる場合があります。そうなるとUPS運転に切り替わる可能性があるので、そんな時間帯は避けることです。

という事で一番いいのは、ビジネスアワーを避けて、バッチ処理も終わる夜明け頃がベストですが、残念ながら apctest ではパラメータを指定して cron 実行という事はできない様です。結局、

「今日は大きなシステムイベントの予定がないな」

という日を選んで実行する事になります。特に、バッテリーに機器を追加したり変更したら、キャリブレーションテストを一度はすることをお勧めします。

キャリブレーションテストが終わったら、イベントのログを確認して、何分間バッテリー運転していたかを確認する事です。これで大体のUPSの稼働時間、負荷状態の余裕が見えてきます。

SUSE Linux の場合、apcupsd のデーモンを停止して行います。 apcupsd stop ではapctest は有効に動作しないので、プロセスを確認して、kill してから実行します。


sles11:~ # ps ax | grep apcups
13962 ? Ss 0:00 apcupsd start
13965 pts/11 S+ 0:00 grep apcups
sles11:~ # kill 13962 <--- apcupsd のプロセスを止める


sles11:~ # apctest


2015-05-08 11:19:10 apctest 3.14.4 (18 May 2008) suse
Checking configuration ...
Attached to driver: apcsmart
sharenet.type = DISABLE
cable.type = CUSTOM_SMART

You are using a SMART cable type, so I'm entering SMART test mode
mode.type = APCSMART_UPS
Setting up the port ...
Hello, this is the apcupsd Cable Test program.
This part of apctest is for testing Smart UPSes.
Please select the function you want to perform.

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 2 <---- キャリブレーションの開始

First ensure that we have a good link and
that the UPS is functionning normally.
Simulating UPSlinkCheck ...
Wrote: Y Got: SM
Attempting to use smart_poll() ...
Sent: Y Got: SM Good -- smart_poll() works!.

Checking estimated runtime ...
Current runtime is 35 minutes
Checking for battery level ...
Battery level is 100.0 -- OK

The battery calibration should automatically end
when the battery level drops below about 25, depending
on your UPS.

I can also optionally monitor the progress
and stop the calibration if it goes below 10. However,
in the case of a new battery this may prematurely end the
calibration loosing the effect.

Do you want me to stop the calibration
if the battery level goes too low? (y/n): y
 <--- バッテリー運転に切り替えるため確認


Sending Battery Calibration command. ...
UPS has initiated battery calibration.
Monitoring the calibration progress ...
To stop the calibration, enter a return.

Battery charge 100 <--- 現在 100%
Remaining runtime is 34 minutes
<--- とりあえず34分間の予定の模様
<-- この間UPSはピーピー鳴り始めます --

User input. Terminating calibration ...

Attempting to abort calibration ...
Response to abort request: OK
On battery 20 sec or 0m20s.

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 4 <--- モニターをしてみる

Monitoring the calibration progress ...
To stop the calibration, enter a return.

Battery Runtime Calibration terminated by UPS.
Checking estimated runtime ...
Remaining runtime is 35 minutes <--- ここでは 35 分間の予定

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 3
<-- やっぱりお客さんに怒られた。キャンセルしてみる


CAUTION! Don't use this command unless the UPS
is already doing a calibration.
Are you sure? (yes/no): yes <--- キャンセルの確認


Attempting to abort calibration ...
Response to abort request: OK

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 7 <--- 終了

2015-05-08 11:20:27 End apctest.

ログを見てみる

sles11:~ # tail /var/log/apcupsd.events
Fri May 08 11:18:36 JST 2015 apcupsd error shutdown completed
Fri May 08 11:18:52 JST 2015 apcupsd exiting, signal 15
Fri May 08 11:18:52 JST 2015 apcupsd shutdown succeeded
Fri May 08 11:19:07 JST 2015 apcupsd exiting, signal 15
Fri May 08 11:19:07 JST 2015 apcupsd shutdown succeeded
sles11:~ #


※とても重要 - apctest をする際は apcupsd を止めます。終わったら忘れずにデーモンを起動しましょう。

--
NetWare 版の PowerChute では、キャリブレーションを月に一度実行できるようなパラメータが
ありました。土日はシステムに何等かの変更をかけるようなイベントが予測されるので、火曜とか水曜の朝5時ごろに月イチに、まだ担当者が出勤してこない時間帯に、キャリブレーションを実行するように設定していました。

UPSは正常に動いている様に見えていても、キャリブレーションをかけると放電しますから、その後、普段負荷が掛かっていないバッテリーが見事に御臨終されている事もよくあります。

UPSは基本的に「壊れる」事で大事な機器を守る機能があるので、故障は嬉しい事ではなくても、壊れるものだと割り切る事も必要です。。

キャリブレーションで「バッテリーを壊してしまった」というより、もう寿命が来ているバッテリーが「壊れている」事を確認する作業でもあります。この後、赤ランプが付いて、バッテリーの交換だね、という事になりますから、キャリブレーションテストは数か月に一度はやっておくべき作業です。

islandcenter.jp

関連記事
APC-UPS を SUSE Enterprise Server で使うには - apcupsd

SLES11sp3 での apcupsd と UPS の制御パラメータ


- Keyword -
SUSE Linux SLES apc smartups
[PR]
by islandcenter | 2015-05-08 20:34 | SUSE | Trackback | Comments(1)