Linux で仮想化するには XEN を使う方法が一般的になってきて、いろいろ情報も増えてきているんだけれど、まだまだ SUSE ではどうすれば、といったハウツゥは少なくて苦労します。

SUSE10.1(SLES10.1) の場合、XEN のインストールそのものは非常に簡単です。

YaST の Software Management から XEN のパッケージをチェックして導入するだけです。XEN Source から何か落としてきてコンパイルして、 GRUB をどうのこうのしてといった手間は一切ありません。インストールするだけです。
a0056607_1584616.gif


ただし、このままでは XEN カーネルが起動できないので、 YaST > System から Boot Loader の設定を XEN デフォルトに変えてしまいます。
a0056607_1593461.gif


この2点だけで、とりあえず Domain 0 の完成ですね。

あとは YaST > System > Vertual Machine から Domain U を作成するだけなんですが、ここからが一筋縄では行かないようです。

/etc/xen/vm の下に vm(n) というファイルがありますが、こいつが設定ファイルです。このファイルは YaST によって簡単に修正されます。いちいち手で書き換える必要はありません。

出来上がった仮想化ファイル(スパースファイル)のイメージは /var/lib/xen/images/vm(n)/hd(n) です。デフォルトの4Gのでかいファイルが作られます。

ここから YaST でVertual Machine を Add して Run an OS Installation Program から仮想化マシンを作成します。

スパースファイルは hda DVDROM は仮想化マシン上では /dev/sr0 が hdb としてリダイレクト認識されるようですが、 OS のインストールの Installation Device に確実に /dev/sr0 が認識されている状態ではないと、インストールメディアは認識されてくれませんでした。Operating System Installation から CD/DVD がチェックされてデバイスの画面を確認して開かないとインストールが開始できないバグがあるようです。うちの環境だけかもしれません。

まぁ、vm を起動してインストールメディアからインストールを開始することには成功したのですが、インストーラがファイルをコピーした後、リブートしてファイナライゼーションに入ることができません。ここまで非常に苦労してきただけにちょっと残念です。

おそらく、通常のディストリビューションであれば、インストールが終わった後、ブートローダーの設定を行うのですが、この時点でエラーがでてしまい、vmの起動に失敗してしまうのです。

違うディストリビューションでも試そうかなぁ....(笑

まぁ、VMware の簡便さに慣れた身には、まだまだ XEN の敷居は高いようです。SLES 10.1 のディストリビューションとしての完成度をもう少し上げて欲しいところです。
[PR]
by islandcenter | 2006-11-27 15:31 | XEN | Trackback | Comments(0)

マイクロソフトとノベル、Linuxを巡って早くも仲たがい

「当社の特許がLinuxに侵害されていることを見つけたため」と語るバルマさん。
米MicrosoftのCEO,「米Novellとの提携はLinuxによる特許侵害が発端」と語る

マイクロソフトがオープンソースコミュニティに対して与えた特権はノベルに対するものであり、オープンソース全体に与えたものではないという考えが、オープンソース全体に広がっているわけですね。


Microsoftは「嫌 RedHat」であり、自らのプロプラエタリなビジネスをぶち壊すオープンソースコミュニティは「敵」なのです。しかし、実際にはユーザは Microsoft 製品もオープンソース製品も使わざるを得ない状況なのですね。
まぁ今回の提携話ってのは、そういうのを何とかしたいというノベルの、まぁまともな提案な訳なんですが、Microsoft を味方にした時点でオープンソースコミュニティを敵にしてしまったわけです。

おかげでノベルも samba に嫌われています。

SambaがNovellにMicrosoftとの提携解消を要請

まぁ、ノベルは生き残りに関しては天才的な綱渡りを見せるカイシャですから、こういったゴタゴタはなんとかごまかしてしまうのでしょう。マイクロソフトもノベルを機会にオープンソースコミュニティとうまくやって行きたいし、コミュニティでもノベルの実力は侮るわけには行かないわけですから。
[PR]
by islandcenter | 2006-11-22 17:05 | Novell | Trackback | Comments(0)

サーバ証明書の期限切れなど、PKI に関するトラブルシューティングには PKIDIAG.NLM を使用します。

How to use PKIDIAG?

a0056607_15402895.gif


ロードすると、ちょっと悩む簡単な CUI が上がります。
まず 4) を押してDiag Mode から FIX Mode に変えます。
次に 0) (実行)を押すと修復を開始します。 Diag Mode だけの場合、問題を表示して終わりです。

DNS Ciertificate や IP Certificate などのオブジェクトのパブリックキーの有効期限が更新されることを ConsoleOne から確認します。

OES NetWare Native の場合、こういうツールが豊富なので修復可能なのですが、 OES Linux の場合、 iManager から実行しなければなりません。しかし iManager は証明書がないと動かないので、修復できない場合があるわけです。

まだ OES Linux の未熟な部分ですね。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2006-11-22 15:47 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

決して、業界では一流になりきらない Novell がマイクロソフトとの「歴史的提携」でマイクロソフトから3億4800万ドルをゲット!

マイクロソフトの支払額は3億800万ドル--ノベルとの提携の詳細が明らかに
もうゲームですねぇ。

ノベルは決してどの分野でもナンバー1にならないから、そのテの大手に好かれて提携話がひっきりなしなんでしょう。マイクロソフトにとっても「絶対にライバルになり得ない」ノベルとの提携話ってのは上手い話なんでしょうね。

常にナンバー2でいることも辛いでしょうが、ノベルのしたたかな戦略が見えてきます。

マイクロソフトの真意--ノベルとの提携とレッドハット戦略

「MSがLinuxを無視できなくなった」、OSDLのスチュアート・コーエンCEO
[PR]
by islandcenter | 2006-11-08 14:29 | Novell | Trackback | Comments(0)

NovellのeDirectoryに脆弱性

NovellのeDirectoryに脆弱性

eDirectory Post 8.8.1 FTF1 for NW & Win32 - TID2974592

Windows 用 Native NetWare 用 DS8.11パッチが出ています。

それ以前のバージョンですか。

残念ながらありませんねぇ。
[PR]
by islandcenter | 2006-11-08 14:13 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

マイクロソフトとノベル、Linuxで提携--技術開発や特許で協力

MicrosoftとNovell提携,仮想化とオフィス文書でLinuxとWindowsの相互運用性拡大,特許も相互開放

別に珍しいことじゃありません。この両社、ライバル企業のような顔していますが、3年おきにこんな提携話作り上げては、しばらく経って、また仲良く罵り合っていますからねぇ。また3月も経てば、ノベルがマイクロソフトのことを声高に罵っていることでしょう。

それにマイクロソフトにとってはノベルは「とっても大事なライバル」、死なすわけには行きませんしね。潰してしまうと、大事な競合相手が居なくなります。何度も潰せる相手なのに生殺しにしてきましたから。

まず、両社、メチャクチャに RedHat に市場荒らされています。先日の Oracle の発表にもあったように、今、 RedHat が一番ホットなんでしょうね。アメリカのマーケットでは。

両社とも、自社のプロプラエタリなソフトウェアで収入を得ています。ノベルはオープンソースの仲間みたいな顔して、実はプロプラエタリな製品と顧客のサポートで生きています。エンタープライズレベルのサポート技術は強いものがあります。

マイクロソフトとしては自社のどうしようも使い物にならない Active Directory を何とか市場でもう少し使ってほしいと願っていますが、この分野はノベルが圧倒しています。従がって、eDirectory と AD の連携なんて旨そうな話を持ちかけているのでしょう。どうせ、AD なんて eDirectory とでも連携しないと、まともな大企業では使い物になりませんが、eDirectory は実績がある。

マイクロソフトにしては Office 製品は利益の源ですから、なんとか Open Office とは仲良くしたい。何しろどこの客も Microsoft Office 離れはひどいモンですからね。市場や顧客から排斥されて始めている。なんとかオープンな規格に近づけないと、この製品、市場から完全にシャットダウンされます。

ノベルとしては Windows サーバはやっぱり自社製品上で動くという安心感を植え付けて、SLES + XEN で RedHat や VMware の市場を荒らしたいし、売れなくなった自社のプロプラエタリな製品のユーザを安心させたい。ウチはマイクロソフトとも仲がいいんだぞって。

別に仮想化技術で Windows が売れようがどうしようが関係ないのです。一方、マイクロソフトとしちゃ、 Windows 上での仮想化技術はショボイものしかないし、この分野は圧倒的に VMware の市場になっている。黙っていても Windows サーバは売れているから仮想化技術なんてどうでもいいのですが、サーバハードウェエアのパワーの向上の前にはやっぱり仮想化技術もやっているヨ的な姿勢は見せたい。

この提携話、どうせまた花火でしょう。

ズドンと上がって具体的な話はなし。あとはまた真っ暗な夜空が広がるわけです。

日本のマーケットですか。エンタープライズという市場がないこの国では関係ないでしょ。
[PR]
by islandcenter | 2006-11-04 19:25 | Novell | Trackback | Comments(4)

タブーを打ち破るか、Oracle の挑戦

とりあえず Oracle の今回の発表は Linux 全体にとっては「いいこと」なのかもしれない。

それは、2005年に HP にかかってきた Linux の問い合わせコールは、全部で4万8,000件あったが、そのうち、99.5%は HP 自らが対応したというのである。そして、わずか180件だけが、Red Hat と SUSE に投げられた。つまり大部分は Linux ベンダーの手を借りずに Linux のサポートを行った訳だ。

まぁ、こういった事実が示すように、Linux のシステムサポートは大手か、実際のSi業者が力を付けていくもので、決してディストリビュータそのものの力ではないということだ。

この Oracle の発表は決して RedHat に対して向けられたものではない。 Linux のサポートを行う全ての組織に対して向けられたメッセージであると理解してもいいだろう。

としたら、やはり自社ブランドや自社のサービスをどれだけ差別化するかがポイントになるだろう。Susell では生き残れないだろう。
[PR]
by islandcenter | 2006-11-01 17:02 | SUSE | Trackback | Comments(0)