Novell Client の Vista 対応

そんなに熱いピザ食べるとヤケドしますよ!

ってことでもないのですが、現行の Novell Client for Windows は32ビット版しかなく Windows Vista では対応していません。Windows XP 64bit も不可です。

Does the Novell Client work on 64-bit Windows operating systems?

開発中だから、今現在の時点であわてて Vista をクライアントとして考えないようにですね。
[PR]
by islandcenter | 2007-01-23 15:09 | Windows | Trackback | Comments(0)

テストで使っているopenSUSE 10.2 のマシンは2Gのメモリを搭載しています。
このメモリでぎりぎりどれくらいの XEN ドメインが動くのか試してみました。
一応、次のシステムが1台のPCで動いています。

・SLES10.1
・Fedora Core 6
・Windows 2003 Server
・Windows XP

a0056607_15153100.gif


SLES10.1 以外は memory のセクションを 384 にセットしています。これでなんとか2Gのメモリで上の4つのOSが稼動しています。 512Mb では3つがやっとでした。遊びでなら 384 で十分かもしれませんが、実際に運用を考えると 512 - 1G 程度のメモリがほしくなるので、3ドメイン程度は統合化したいと思えば3,4G程度のメモリは搭載しておく必要がありそうですね。

ちなみに、/etc/xen/vm 以下と /var/lib/xen/image の下をバックアップしておけば、ハードウェアを再インストールしても XEN の環境はリストアできます。

openSUSE 10.2 のXEN では、デフォルトで VMx という名前のドメインが作成されてしまいます。これでは YaST からも解りづらいし、イメージや起動ファイルの管理がわかりづらいので、 XEN の定義ファイルやディレクトリを修正して管理してみましょう。

次の太字で記述されているところを管理すれば良いようです。

disk = [ 'file:/var/lib/xen/images/sles101/hda,ioemu:hda,w']
memory = 512
vcpus = 1
builder = 'hvm'
device_model = '/usr/lib/xen/bin/qemu-dm'
kernel = '/usr/lib/xen/boot/hvmloader'
name = 'sles101'
vif = [ 'type=ioemu,mac=00:16:3e:57:fb:e1' ]
stdvga = 0
sdl = 1
vnc = 0
vncviewer = 0
ne2000 = 0
localtime = 1
on_poweroff = 'destroy'
on_reboot = 'restart'
on_crash = 'restart'
boot = 'c'

YaSTの管理ツールで出てくるメニューは name のセクションですから、XEN の設定ファイルやイメージのディレクトリ名変えたくらいじゃだめですね。また XEN の管理ファイルをコピーすると YaST のメニューには仮想マシンが二つ見えてしまいます。

なお、 xm save コマンドでセッションを保存できるのは準仮想化の場合だけのようで、 VT 搭載のPCで完全仮想化した場合は xm save コマンドは利用できないようです。
おそらくライブマイグレーション( xm migrate ) も完全仮想化では動かないと思います。
つまり Windows 系のドメインでは絶対にライブマイグレーションなどは、どうやらできないようですね。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-01-20 14:52 | XEN | Trackback | Comments(0)

いよいよ、公式に日本語での対応がはじまりました。

BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux Agent for Novell Open Enterprise Server - Japanese

BrightStor® ARCserve® Backup r11.5 for Linux 動作要件

というより、もうすぐOES2が出るんでしょうけどね。
[PR]
by islandcenter | 2007-01-05 15:40 | OES Linux | Trackback | Comments(0)