Enable debug logging in ZDM 6.5 and 7 - TID10093312

HKLM\Software\Novell\ZENworks\Debug
Name: ZENWSREG に DWORD : 1 をセットすると、ワークステーションインポートのデバックログを取ることができます。
Program Files\Novell\ZENworks\DebugLogs\zenwsreg.log

に作成されます。


-----------------------------------------------------------
-- DEBUG LOG FILE -- C:\Program Files\Novell\ZENworks\DebugLogs\zenwsreg.log
-----------------------------------------------------------
04/21/2006 00:01:03 -- Entering ZENWSREGRegister
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZENContextInit
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree(zenContext)
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving ZenLiteTree::ZenLiteTree(zenContext)
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering NDSTree::WhoAmI()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- WhoAmI() returning admin.ace.
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving NDSTree::WhoAmI()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering NDSTree::GetTreeName()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- NDSTree::GetTreeName() returning ACE-TREE.
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering NDSTree::GetTreeName()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering Registrar::Register
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering Registrar::Update
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering NDSTree::WhoAmI()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- WhoAmI() returning admin.ace.
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving NDSTree::WhoAmI()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Found zenwmDisableUserHistory in WSPPRO001-192_168_1_252.Workstations.tk.jp.ap.ace
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Value == 0
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- ConnType = 2
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Entering ZenLiteTree::ZenLiteTree()
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- ConnType = 2
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Encountered Winsock error 4294967295 when trying to scan the IPX address.
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:Network Address:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister --
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME DNS:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- wsppro001
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for zenzfdVersion:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- 6.5.0.41145545263
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME Server:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- OESLX01
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:Last Registered Time:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- 1145545263
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:Network Address:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- 192.168.1.252
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME Computer:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- WSPPRO001
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for zenwmSubnetMask:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- 255.255.255.0
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME User:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- admin.ace
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME OS:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- WINXP (5.1 Service Pack 2)
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:User History:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- admin.ace
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for zenwmMACAddress:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- 00:0C:29:8B:02:EE
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Adding the following to the request buffer for WM:NAME CPU:
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- PENTIUM III
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving Registrar::Update, returning 0
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving Registrar::Register, returning 0
04/21/2006 00:01:03 ZENWSREGRegister -- Leaving ZENWSREGRegister, returning 0

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-23 14:53 | ZENworks | Trackback | Comments(0)

OES環境では /opt/novell/SYS がマウントされますが、この中には従来のDOSユーティリティはありません。 NLIST や CX をやりたい場合

Novell Client for Linux

を使って Linux でシコシコとシェルを書きましょう。従来の DOS コマンドラインだとか苦労して作ったバッチファイルとか、 Windows マシンだとかで管理する勇気は捨てなくてはなりません。従来の EXE タイプのコマンドは OES には付いていませんからね。

C:\>nlist users
Object Class: User
Current context: users.tk.ap.jp.ace
User name= The name of the user
Dis = Login disabled
Log exp = The login expiration date, 0 if no expiration date
Pwd = Yes if passwords are required
Pwd exp = The password expiration date, 0 if no expiration date
Uni = Yes if unique passwords are required
Min = The minimum password length, 0 if no minimum

User Name Dis Log Exp Pwd Pwd Exp Uni Min
-------------------------------------------------------------------------------
YamagT No 00/00/00 No 00/00/00 No 0
One User object was found in this context.

そう、ノベルに Windows 環境のこと質問しないでください。あそこは立派な Linux 屋さんです。 OES の環境で nlist でコンテナのユーザをシコシコ調べたいという方がいらっしゃれば、 Linux のデスクトップ環境は必須です。

それでもDOSにこだわりたいなら、どこか従来の Native NetWare のパッチなどから探すしかありませんね。別にあなた方の勇み足を責めるつもりはありませんが、どうせ OES なんてそんなものです。

残念でした。
[PR]
by islandcenter | 2007-02-20 17:49 | OES Linux | Trackback | Comments(0)

オープンソースが一部のわがままで運営されているのなら、ますます信用を失うだけ。

Samba開発陣の一斉離脱の噂はデマと判明
[PR]
by islandcenter | 2007-02-19 17:37 | SUSE | Trackback | Comments(0)

NovellがLinuxを失う――いえ、誤報です

ノベルとマイクロソフトの提携に怒りを感じるオープンソース関係者は多いンだろうなとは思うんだけど、これが両社のため、そして両社のソフトウェアを利用するユーザにとってすごく興味があることだけは間違えない。

ノベル、LinuxのXen上で変更なしのWindowsを稼働

すでにワタシのテスト環境ではちゃんと動いてくれているが、XENのパラバーチャル環境でWindows が動作していくれることはとても大きな影響があるだろう。
[PR]
by islandcenter | 2007-02-17 12:58 | SUSE | Trackback | Comments(0)

Longhorn をパラ仮想化に

MicrosoftとNovell、それぞれのOS上で仮想化ゲストを稼働可能にーー2007年に共同で取り組む4つの重要分野を明らかに

記事によると、SLES 10 上の XEN で Longhorn が準仮想化ドメインとして動作するように開発されているとのこと。
[PR]
by islandcenter | 2007-02-16 15:37 | XEN | Trackback | Comments(0)

xm save と restore

xm save と restore は簡単な操作で xen paravartial OS をフリーズさせてリストアする方法です。

mylx01:~ # xm create -c sles101am64pr

※まずはブートしてみましょう。

Using config file "/etc/xen/vm/sles101am64pr".
Warning: The bootentry option is deprecated. Use bootargs and pass --entry= directly.
Copy kernel /boot/vmlinuz-xen from hda2 to /var/lib/xen/tmp/vmlinuz.dtY2ma for booting
Started domain sles101am64pr
Bootdata ok (command line is TERM=xterm)
Linux version 2.6.16.21-0.8-xen (geeko@buildhost) (gcc version 4.1.0 (SUSE Linux)) #1 SMP Mon Jul 3 18:25:39 UTC 2006

※ブートの途中で CTRL + ] で XEN コンソールに戻します。

mylx01:~ # xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1152 2 r----- 97216.1
W2K3S 17 512 1 -b---- 557.0
sles101am64pr 18 256 1 -b---- 3.4
mylx01:~ #

※ ID 18 に起動した準仮想OSがあります。

mylx01:~ # xm save 18 myimg.img

※ ここでセーブコマンドを実行してみます。

mylx01:~ # xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1152 2 r----- 97228.6
W2K3S 17 512 1 -b---- 557.1

※ xm list からはリストアップされません。

mylx01:~ # ls -l myimg.img
-rwxr-xr-x 1 root root 267951548 2007-02-10 19:54 myimg.img

※ 256Mb のイメージが作成されています。メモリのダンプですね。


mylx01:~ # xm restore myimg.img

※ ここで restore コマンドを実行します。

mylx01:~ # xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1152 2 r----- 97243.6
W2K3S 17 512 1 ------ 557.3
sles101am64pr 19 256 1 r----- 3.7

※ xm list にアップされました。

mylx01:~ # xm console 19

※コンソールを上げてみます。ちゃんとブートが完了しています。

Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 10 (x86_64) - Kernel 2.6.16.21-0.8-xen (tty1).


mylxam64 login: root
Password: *******
Last login: Wed Feb 7 18:11:43 JST 2007 on tty1
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #

※ CTRL + ] で XEN カーネルに戻ります。

mylx01:~ #
mylx01:~ #

xm save と xm restore は簡単なコマンド操作で実行中のメモリの状態をダンプして、仮想OSをファイル化します。この状態で、メモリイメージと /var/lib/xen/image のディスクイメージファイル、それからスタートアップファイルを他のマシンにコピーすれば、(たぶん)他のマシンでも同じイメージを再稼動できるのでしょう。

ちなみに、このコマンドが使えるのは準仮想化( Para vertialization ) の状態で、完全仮想化( Full Virtiulization ) では使えません。
使えませんが、 SUSE Linux Enterprise (SLES) では移行のためのコマンドツールとして非常に強力です。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-10 20:55 | XEN | Trackback | Comments(0)

NetWare の GUI スクリーンが起動できない場合があります。
例えば、1024 ドット表示で設定した後、CRTを15インチモノに交換なんかすると、この解像度では表示できない場合もあるのですね。


Error: SYS:JAVA\NWGFX\XINIT: Fatal Error: File SYS:JAVA\java/nwgfx/pre_srv.ncf did not exist.

Error: Fatal server error: Cannot read file "$JAVA_HOME/nwgfx/xf86conf" specified by the -xf86config flag

STARTX will not execute

サーバコンソールから JAVA を終了させます。
: JAVA -exit

次に JAVA のレスポンスファイルを初期化します。

: VESA_RSP

startx を実行して、解像度がデフォルトに戻ったことを確認してください。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-08 14:59 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

私のようにパソコン暦が長いとコンソールのない生活ってなんだか落ち着かないんですけど、ホストやUNIXを長く経験されている方からすると、CPU装置につながるコンソールを扱うことって少ないのでしょうね。

ということで、いったん xm create My_VMx で起動した準仮想マシンは裏でデーモンのように動いているので、リモートホストから ssh するなり Telnet するなり自由にすれば良いのです。この感覚、 Windows などのコンソール付のシステムに慣らされてきた感覚にはわかり辛いかもしれません。

で、XEN のホスト(Dom0) のコンソールからゲスト(DomU) のコンソールに切り替えるには Ctrl+] (日本語キーの「む」)キーで切り替えます。リストにしてみましょう。

mylx01:~ #
mylx01:~ # xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1288 2 r----- 993.3
sles101am64pr 4 256 1 -b---- 188.3

※ sles101am64pr という仮想マシン(ID 4) が動いています。

mylx01:~ # xm console sles101am64pr
コンソールを切り替えます。

mylxam64:~ # プロンプト変わりましたね。
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ #
mylxam64:~ # mylx01:~ # CTRL+] を押しました
mylx01:~ #
mylx01:~ #
mylx01:~ #


ちなみに完全仮想化した場合、コンソールはXの上で動作しています。ここで右上のバッテンマークを押してしまうと、 xm destory の動作になり、「電源ブチっ」と同じ効果になりますから、シャットダウンする場合はちゃんと仮想OSの中からシャットダウンコマンドを実行したほうが安全なようです。 SLES11では改善されています。

SUSE + XEN で仮想化、よく使う xm コマンドのまとめ

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-04 11:30 | XEN | Trackback | Comments(0)

XEN 環境にOSをインストールするには CD/DVD の生メディアか、ISOのイメージを使いますが、 CD のイメージの場合、インストールする時、ISO の交換はコマンドを使って変更しなければなりません。YaST でパッケージグループなどを追加インストールする場合も ISO のイメージを交換しなければならないのでちょっと面倒です。

できれば DVD の ISO を用意しておきたいところです。

ということで ISO の交換の方法です。
How to Install a VM's OS from ISO

仮想マシンをインストールしている裏の実際はこんな感じですね。太字を追ってください。

mylx01:~ # xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1688 2 r----- 403.2
sles101am64pr 4 256 1 -b---- 10.1

mylx01:~ # xm block-list 4
Vdev BE handle state evt-ch ring-ref BE-path
768 0 0 4 7 522 /local/domain/0/backend/vbd/4/768
832 0 0 4 8 523 /local/domain/0/backend/vbd/4/832

mylx01:~ # xm block-detach 4 832

mylx01:~ # xm block-attach 4 file:/home/path/SLES-10-AMD64-EM64T-CD2.iso hdb r

mylx01:~ # xm block-detach 4 832

mylx01:~ # xm block-attach 4 file:/home/path/SLES-10-AMD64-EM64T-CD3.iso hdb r

mylx01:~ # xm block-detach 4 832

mylx01:~ # xm block-attach 4 file:/home/path/SLES-10-AMD64-EM64T-CD4.iso hdb r

fiile: 以下の部分は /etc/xen/vm/My_VMx 設定ファイルを参考に CD からカンマを外してスペースに変えます。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-03 21:44 | XEN | Trackback | Comments(0)

SUSE 10 で XEN 準仮想化

ついに突破しました。

どーん!

a0056607_2021154.gif


どーん!どん!

a0056607_2022096.gif


長いこと突破できなかったんですが、ウサ晴らしのためにブログを書いたおかげでしょうか。XEN を何とか、ここまで動かしました。

私のテストPCは Athlon 64 X2 なのですが、 download.novell.com から
SLES-10-AMD64-EM64T-CDx.ISO のシリーズをダウンロードして試したら仮想マシンのインストールまで準仮想化で行きました。

まぁ、動いてしまえば何てことないんですけどね。

私の環境では x86 用などは正しく動かないのですね。

またどこかのムック本などに付いてくるCDでは paravirtual XEN は動きません。
Full Virtual だけです。

やっぱり金出せと Novell さんはおっしゃりました。
なら、そうと早く言ってくれればいいのです。
とは言え知らないのは私だけじゃないと思います。おそらくノベルのセールスマンだって知らないに決まっている。

もちろん openSUSE なんかは絶対動きません。

疲れたのでこれ以上試したくないのですが、 Fedora とか RedHat なんかも無理でしょう。ちゃんとしたサーバー用パッケージ買ってこいという事です。今のところ、正式なディストリビューションで XEN が動くのは SUSE Linux Enterprise Server のカーネルだけなのです。もちろん SLED 10 なんかのCD突っ込んで頑張ってもダメでしょう。ほかのディストリビューションで試したい方はどこかのサイトで頑張って探してカーネルのコンパイルから始めないとだめなんでしょうね。

本当はDVD版の ISO が欲しいンですけど、死ぬほどダウンロードに失敗しているし、ノベル社内にオネダリできるヒトいないしなぁ。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-02-03 20:45 | XEN | Trackback | Comments(0)