Novell、仮想化強化のSUSE Linux Enterprise 10 SP1をリリース

詳細はこちら

ところで、ウチのテストマシンだとどうしても nVidia の MCP61 イーサネットドライバが認識できないのですよ SuSE 10 sp1 だと。 openSUSE 10.2 だとオッケーなんだけどね。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-30 10:20 | SUSE | Trackback | Comments(0)

HPが激安SUSEサーバを販売

ホップ・ステップ・ジャンプ キャンペーン

下手な自作機より安いかも。
80GのHDD,512のメモリ。でもメモリは増設するとかなり高く付きそうだった。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-30 10:06 | SUSE | Trackback | Comments(0)

準仮想化
- OES のカーネルはXENに対応しておりません。したがって準仮想化はできません。
やっぱり、OES2の登場を待つしかないのかな。

完全仮想化
- CD のイメージからインストールを開始したのですがまさにこの状況
 ドメインUでCDROMが 使えない

できればDVDのISOが欲しいところだけれど、OESのDVDイメージってないんだよね。

xm block-detach コマンドでCDイメージが開放されず、 block-attach ができない状態。
やっぱり完全仮想化では色々問題がありそう。

UPS はどうする

XEN を実際に導入するとしたら運用面はどうするのか。例えばUPSでシャットダウン信号を Domain-0 が受取った場合、 Domain-U をどうやって制御するのか。
完全仮想化では、 Domain-U にシャットダウンを伝える術がない。準仮想化なら、いくつかのスクリプトでシャットダウンは可能かもしれないが、通電後のサービスの再起動はどうすればよいのか。これも完全仮想化ではかなり困難な気がする。

結局24時間無停電供給され、オペレータがいるデータセンターでの運用ならば問題のいくつかは解決できるかもしれないけれど、データセンターを使わない自前のサーバでの運用にはいくつかの問題が考えられそう。

結局、仮想化元年で時代が32/64ビット混在の状況だと、ある程度レガシーな技術を使ったほうが安心できるのかな。

XEN は気軽に使えるため、テストや評価環境では効果があるが、まだまだ未熟な技術だという印象は拭えない。

それでも HD イメージと VM ファイルをバックアップしてリストアすれば、容易に別なハードウェア上でも動作する手軽さは魅力である。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-29 10:46 | OES Linux | Trackback | Comments(3)

Installing the ZfD management agents without having NAL running

思い出した、ログインスクリプトで REGREAD だ!!


例えば ZEN3 環境と ZEN6.5 環境が混在している状態では ZfDagent のバージョンも入っている場所も違うのでログインスクリプトから NAL を起動する場合は異なる場所を指定しなければならないわけです。

-sample-

REGREAD "HKLM,SOFTWARE\Novell\ZENworks\ZfD\Agent,Version"
IF "%99" <> "" THEN
@C:\Program files\Novell\ZENworks\naldesk.exe
WRITE "ZFDVer = %99"
ELSE
@C:\Winnt\System32\naldesk.exe
END

エージェントの自動配信のサンプル
How to install the ZfdAgent through the Netware logon script:

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-06-28 21:17 | ZENworks | Trackback | Comments(0)

ノベルがMSとの提携成果の第1弾を提供

SLES 10sp1 は openSUSE 10.2 相当でしょうか。まぁ XEN 上での Windows Server の準仮想化は無理でも、 Linux 上で Windows の動作がサポートされるというのは前進ですね。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-19 11:10 | SUSE | Trackback | Comments(0)

Novell,小規模企業向けワークグループ・スイートを発表

OES に GroupWise, Open Office がセットになった製品です。海外ではこういったワークグループ製品は人気があるようですね。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-19 08:46 | OES Linux | Trackback | Comments(0)

iManager から iPrint のプリンタドライバなどを Broker に登録しようとすると
”ページでエラーが発生しました”
となって設定できない。

iPrint iManager error: "Exception reading [property page]"

SYS:\NI\UPDATE\BIN\JNCPV2.NLM が古いバージョンだとこの現象が出るようです。通常のインストールだと \NI\UPDATE に先にサーチパスが設定されるためこの症状がでるようですね。

ただ、この対策をしても SP のレベルによっては現象が再現してしまうので、2000/XP のプリンタドライバは NWadmn32 /DisableTLSmgr オプションで起動して設定して回避します。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-06-18 07:49 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

Novell Client for Windows Vista を入れたマシンで、いきなり NWGINA からログインできるか、というとどうもそうではないようです。どう頑張ってもVistaのログオン画面からログオンして、別にNovell Client でログインするしかないようです。

コミュニティのいくつかにもそういった事象が報告されていて
Vista Beta and Novell Login Screen

どうもこれはバグとか修正方法があるとかじゃなくって仕様っぽい感じですね。

おそらく今後出てくる ZENworks の次期バージョンとかOES2とかのリリースを待てということなのでしょうか。

※評価版の問題です。正式リリース版では問題ありません。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-06-08 10:32 | Windows | Trackback | Comments(0)

Support for Windows Vista with ZENworks

ZENworks の Windows Vista への対応は次のメジャーリリース(2007年夏以降) でそれ以前のバージョンでの対応は一切予定がないとのことです。

ZEN 4/6.5 を使っている場合は Windows XP を使い続けるか、次の ZENworks のメジャーリリースを待つしかないようです。

いずれにせよこの秋以降、OES2 はじめノベルは製品ラッシュになるみたいですね。

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-06-05 14:42 | ZENworks | Trackback | Comments(0)

Novell Client for Windows Vista Beta

Build 20070125 がアップされていました。日付見ると 1/25 じゃないか。

サポートプラットフォームは

Windows Vista Business (x86 or x64)
Windows Vista Enterprise (x86 or x64)
Windows Vista Ultimate (x86 or x64)

なので Windows XP64 とかは駄目なんでしょう。
サーバ側は NetWare 5.1 以降です。

NWADMN32 が動かないとか、4G のファイルをコピー中に強制リスタートするとハングアップするなどのいくつかの Known Issue があります。

ダウンロードにはノベルのサイトへのログインが必要です。
[PR]
by islandcenter | 2007-06-05 14:35 | Windows | Trackback | Comments(0)