SUSE Linux Enterprise Server 10 に実装された YaST の Virtual Machine Manager と、一般に良く知られている xen のコマンドとの相関関係を説明します。

xm list , xm top

この二つのコマンドは Virturization Manager に統合されています。

a0056607_2172899.gif


#xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 1021 2 r----- 4965.1
oes2l 9 512 1 -b---- 4700.8
oes2nw 2 1024 1 -b---- 40548.3
test1nw 672 1 131.5
windowsxp 3 256 1 -b---- 1401.5
windowsxp-1 4 256 1 -b---- 707.2

#xm top

a0056607_15512943.gif



xm console ID と Ctrl+]

 xm console vm_ID で仮想マシンのコンソールに切り替わります。Ctrl+] キーでホスト(Domain-0) のコンソールに戻ります。Virtual Machine Manager から Open する動作です。

linux:~ # xm console 9 <- Domain-0 からの操作


Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 (x86_64) - Kernel 2.6.16.46-0.12-xen (xvc0).


oeslx01 login: root
Password:
Last login: Mon Dec 24 01:45:22 JST 2007 on :0
oeslx01:~ #
oeslx01:~ #
oeslx01:~ #
oeslx01:~ #
oeslx01:~ # linux:~ # <- Ctrl+] キーを押す
linux:~ #





xm pause, shutdown, save, destroy

これらのコマンドは Virtual Machin Console に統合されています。

a0056607_1553266.gif


xm pause Domain-ID :
Domain-ID を停止状態にします。xm unpause Domain-ID で pause 状態を開放します。Linux または OES NetWare 6.5(sp7以降) で有効です。Windows の Full Virtulization では有効に機能しません。

a0056607_1615879.gif


xm shutdown Domain-ID :
Domain-ID にシャットダウンをリクエストします。Linux または OES NetWare 6.5(sp7以降) で有効です。Windows の Full Virtulization では有効に機能しません。


Xm create VM-Name :
デフォルトでは /etc/xen/vm/ にある VM-Name ファイルの記述に従って仮想マシン Domain-U を起動します。

a0056607_2183812.gif


xm save Domain-ID path :
Domain-ID をシャットオフした状態で実行状態を path に保存します。この状態は

xm restore path で実行状態に戻ります。

a0056607_1612767.gif


この機能は Linux 環境で利用できます。OES NetWare 6.5(sp7) や Windows 環境では利用できません。

xm destroy Domain-ID :
Domain-ID を強制終了させます。強制パワーオフです。

xm migrate Domain-ID NewHost –live
Domain-ID を NewHost(ip またはホスト名)の仮想ホストマシンにライブマイグレートします。この機能を実現するには仮想ディスクと vm 起動ファイルが共有できるハードウェア、ネットワーク環境が必要です。また NewHost と現在稼動中の XEN 仮想ホストマシンは同じCPU環境(AM64/Intel64/Intel32 など)が必要です。

この機能は Linux 環境で利用可能です。OES NetWare 6.5(sp7) や Windows 環境では有効に機能しません。

xm mem-set
xm mem-set Domain-ID :
Domain-ID のメモリ量を調整します。

a0056607_1559558.gif


vm ファイル
通常は /etc/xen/vm に VM-Name で保存されています。

ostype="oes2nw"
name="oes2nw"
memory=1024
vcpus=1
uuid="0721d77c-efe7-fd51-e36c-9cf00186c5f3"
on_crash="destroy"
on_poweroff="destroy"
on_reboot="restart"
localtime=1
builder="linux"
bootloader="/usr/lib/xen/boot/domUloader.py"
bootargs="--entry=xvda1:/nwserver/xnloader.sys"
extra=" "
disk=[ 'file:/var/lib/xen/images/oes2nw/disk1,xvda,w', ]
vif=[ 'mac=00:16:3e:6b:87:10', ]
vfb=["type=vnc,vncunused=1"]

この設定ファイルは Virtual Machine Manager から Detail で編集することができます。

ホストOS起動と共に Domain-U を起動
/etc/xen/auto に vm ファイルがあると xend が起動すると共に Domain-U が起動します。次のようにシンボリックリンクを作ると良いでしょう。

linux:/etc/xen/auto # ln -s /etc/xen/vm/MyVM



Domain-ID と vm ファイル名
通常のオペレーションでは xm list で Domain-ID を確認してから xm コマンドを発行させますが、 Domain-ID は一意ではありません。常に変化します。仮想ホスト(XENホスト、Domain-U) の運用が始まって(XEN カーネルが起動して)から Domain-U の起動やシャットダウンを繰返すと Domain-ID は変化します。
例えば起動時に Domain-ID:1 だった OES NetWare が一旦シャットダウンしてから次に起動すると Domain-ID:2 に変化します。

従って、この文書では Domain-ID という表現を使っていますが、この Domain-ID に代わって Virttual Machine Name を使うことをお勧めします。

特に仮想マシンの運用のためにシェルスクリプトで処理する場合は、Domain-ID は使えないものと考えた方が良いでしょう。

EX) MyVM をシャットダウンしてディスクのイメージコピーと vmファイルのバックアップを取るスクリプトの例

/usr/sbin/xm shutdown MyVM
cp /var/lib/xen/images/MyVM/* /backup
cp /etc/xen/vm/MyVM /backup
/usr/sbin/xm create MyVM


[検索キーワード]
XEN SLES SUSE xm pause unpause destroy shutdown create console save resotre

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-29 16:08 | XEN | Trackback | Comments(1)

SAP、優先プラットフォームとして「SUSE Linux」を選択

多くの企業の情報基盤として選択されたノベルの製品は SAP にも選ばれています。もちろん RedHat も黙ってはいないでしょうが、ここでもひとつの答えが出てきました。


非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-26 21:37 | SUSE | Trackback | Comments(2)

Novell、遅らせていた8-10月期決算を発表

オープンソース製品部門 Open Platform Solutions の売上は前年同期比69%増の2300万ドルとなった。このうち、2200万ドルが Linux 製品由来のものだったという。

次に、ID およびセキュリティ管理製品事業の売上は、前年同期比22%増の3300万ドルで、システムおよびリソース管理製品事業の売上は、前年同期比5%増の3600万ドルとなった。


新製品投入の効果がじわじわと出てきているみたいですね。
[PR]
by islandcenter | 2007-12-26 19:56 | Novell | Trackback | Comments(0)

ここでは BrightStore ARCserve Backup 11.5 for Linux のインストール手順を説明します。

例えば公開用 Web Server などを XEN 仮想化して運用すれば、いざという時にリストアが容易であるし、サーバ本体(Domain-0) をインターネットに接続できないように設定しておけば、サーバ自体はアタックされる可能性はありません。

まぁ、XEN の domain-U のディスクイメージは tar によるバックアップでも十分でしょうが、慣れていないオペレータのためには ARCserve などのGUIバックアップを用意しておくことも(余計かもしれないけれど)親切というものでしょう。

前提条件
1)HTTP サーバが動作している必要があります。 YaST > Networks Service > HTTP Server を開き、HTTP サービスが動作しているか確認してください。
2)適切なネットワーク設定が行われている必要があります。スタンドアローン運用されている場合でも、ネットワークポートにIPアドレスにスタティックなアドレスが設定されていないとインストールに失敗します。

インストールの開始
BAB_r_11_5_LNX CD-ROM を挿入して install シェルを Run Terminal で実行します。

a0056607_12443812.gif


You are running Linux on Kernel 2.6.16.46-0.12-smp. Analyzing the environment

CA, Inc. ("CA")

-ライセンスの説明 -

Please enter your choice:[Y|N] (default: N)y

Do you want to view the installation notes? (y/n):(default: y) n


CA licensing gets installed in /opt/CA/SharedComponents.
Do you want to provide an alternative installation path? [y|n]:(default: n)Enter
Process licensing.../ [ OK ]


Please make the appropriate selection for licensing your product:
1. An ALP Certificate
2. OEM key - A 29-character key, such as "ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PQRST-UVWXY"
3. A 29-character or trial key, such as "ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PQRST-UVWXY"
4. Skip
Your choice: 3
Please enter the license key: xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx <- キーをセットします。
Valid License Key.
Do you want to enter more license keys? [y|n]:(default: n)Enter

Preparing for the installation, please wait...|

The following products are available to install:

#####################################################################
# BrightStor ARCserve Backup Installation Options
#####################################################################
# 1. BrightStor ARCserve Backup for Linux Server & Manager (BABsvr & BABmgr)
# 2. BrightStor ARCserve Backup for Linux Client Agent (BABagntux)
# 3. BrightStor ARCserve Backup for Linux Storage Area Network (SAN) option (BABsan)
# 4. BrightStor ARCserve Backup for Linux NDMP NAS Option (BABnas)
# 5. BrightStor ARCserve Backup for Linux Agent for Oracle (BABora)
# 6. BrightStor ARCserve Backup for Linux Agent for MySQL (BABmysql)
# 7. BrightStor ARCserve Backup for Linux Enterprise Option for SAP R/3 for Oracle(BABsap & BABbaim)
# 8. BrightStor ARCserve Backup for Linux Enterprise Option for Advantage Ingres (BABing)
#
# 0. Quit
#####################################################################

Please enter your selection separated by "," For example: 1,2. Press Enter to select the default components (Server & Manager , Client Agent)..

Your choices are:1 <- Server & Manager を選択

Please specify the installation path of Server & Manager (default: /opt/CA):Enter
Please specify the installation path of Client Agent for Linux (default: /opt/CA):Enter


The choices you selected are:

. Install Server & Manager (BABsvr & BABmgr)==> [ /opt/CA/BrightStorARCserve ]
. Install Client Agent for Linux (BABagntux) ==> [ /opt/CA/BABuagent ]

Are you sure? (y)es/(n)o/(q)uit: y
All BrightStor ARCserve Backup agents can be configured for automatic startup
and shutdown as part of your operating system startup and shutdown.
Do you want to enable automatic startup and shutdown of all backup agents? [y|n]:(default: y)Enter

Do you want to install the BrightStor ARCserve Backup documentation set?

(y) to continue, (n) to skip (default:y):Enter

BrightStor ARCserve Backup browser-based management requires that you install
and configure a web server. Typically, Linux comes with the Apache Web Server
(apache package). Please install and configure an Apache Web Server before
you rerun the installation or use BrightStor ARCserve Backup.

(y) to continue, (q) to quit : y インストールが開始されます

Checking available space in / ==> [ OK ]


Installation log file is ==> [ /tmp/BrightStorInstall122107-1541.log ]

Server & Manager (BABsvr&BABmgr) ==> [ INSTALLING ] Server & Manager (BABsvr&BABmgr) ==> [ INSTALL SUCCESSFUL ]
Common Agent Module (BABcmagt) ==> [ INSTALLING ] Common Agent Module (BABcmagt) ==> [ INSTALL SUCCESSFUL ]
Client Agent for Linux (BABagntux) ==> [ INSTALLING ] Client Agent for Linux (BABagntux) ==> [ INSTALL SUCCESSFUL ]

Copying documentation of BrightStor ARCserve Backup into /opt/CA/BrightStorARCserve/doc ...
Successfully installed BrightStor ARCserve Backup documents.

###########################################################################


Please perform the following setup/configuration:

Server & Manager (BABsvr & BABmgr)==> [ Set up Environment Variables ]
Server & Manager (BABsvr & BABmgr)==> [ csetup ]

For additional information, please see the Getting Started Guide and
the other documents accompanying the product.
Installation log file is ==> [ /tmp/BrightStorInstall122107-1541.log ]
###########################################################################

Do you want to view the readme? [y|n]:(default: y)n Readme は読まないで No


システムを一旦リブートします。

Csetupの実行

再起動が完了したらターミナルから csetup スクリプトを実行します。

my-linux2:~ # csetup



The kernel parameters are OK.

This setup script will prompt you for information required to properly
configure various BrightStor ARCserve Backup services.
Configuration includes the setting of domain name, primary and secondary
discovery services, httpd web service port number, media server, database,
authentication.

BrightStor ARCserve Backup has a discovery service that is used to share
information on BrightStor ARCserve Backup resources among a group of machines.
There should always be a single discovery service among a group of machines.
A second discovery service is optional and is used if the primary discovery
service is unavailable.

You must configure all machines in the group to reference the same
primary discovery server and the secondary server if it exists.
BrightStor ARCserve Backup uses a domain name to verify that processes
are communicating with the correct server.


Is this host [my-linux2] the primary discovery server (default: y) [y,n,q]:y
Do you have a secondary discovery server (default: y) [y,n,q]:n
What is the BrightStor ARCserve Backup domain name(15 character maximum)? Mydomain <- BABr11 をまとめて管理するためのドメイン名です。

PRIMARY_SERVER: my-linux2
SECONDARY_SERVER: none
DOMAIN_NAME: mydomain



Is this information correct (default: y) [y,n,q]:y

Enter the port number for the web server: (default: 6060)?Enter (デフォルトでポート 6060 が使用されます)


Preparing for Advantage Ingres installation on Linux.
-----------------------------------------------------------------
User 'ingres' does not exist. Do you want to add it (if no, you must
add it manually before you can continue) (y/n [y])? y <- ingress 用アカウントを作成します

Please Note: The Ingres Installation path should ONLY contain alphabetic,
digit, period, underscore and hyphen characters.

If this is the first time you are setting up Advantage Ingres on this server,
you must specify the full path where you want Advantage Ingres to be installed.
Otherwise, enter the full path where Advantage Ingres is already installed.
Press to accept the default path (/opt/CA/ingresii):
/opt/CA/BrightStorARCserve/bin/cadbase_setup: line 641: test: 18446744073709551615: integer expression expected


Please select a setup method:


1) Basic setup
2) Advanced setup (recommended for production environments)


Enter a number (1-2): 1 <- 基本セットアップ

Based on the number of files to be backed up daily, we recommend
the following values for the transaction log file size:

Number of files Recommended Transaction
to be backed up daily log file size
-------------------------------------------------------
< 100K 400 MB
> 100K < 500K 1 GB
> 500K 2 GB


Please specify the size of the transaction log file in MB (1000):Enter <- デフォルト値です


Advantage Ingres installation setup:
-----------------------------------------------------------------
Advantage Ingres installation path: /opt/CA/ingresii/ingres
Advantage Ingres transaction log file path: /opt/CA/ingresii/ingres
Advantage Ingres database path: /opt/CA/ingresii/ingres
Advantage Ingres transaction log size: 1000 (MB)
-----------------------------------------------------------------

Proceed with these settings (y/n [y]): y



Starting installation


Please provide a UID for user ingres to be created [cr=auto]:
Creating user 'ingres'
Ingres R3 Install
Building package list ...
Invoking RPM ...
Preparing... ########################################### [100%]
1:ca-ingres-WV ########################################### [ 6%]
II_INSTALLATION configured as WV.
2:ca-ingres-dbms-WV ########################################### [ 13%]
Setting up Ingres Intelligent DBMS, this may take some time...
See /opt/CA/ingresii/ingres/files/install.log for more info.
3:ca-ingres-net-WV ########################################### [ 19%]
Building the password validation program 'ingvalidpw'.
Could not compile ingvalidpw: Using executable from the distribution instead.
Executable successfully installed.
4:ca-ingres-abf-WV ########################################### [ 25%]
5:ca-ingres-c2audit-WV ########################################### [ 31%]
6:ca-ingres-das-WV ########################################### [ 38%]
7:ca-ingres-esql-WV ########################################### [ 44%]
8:ca-ingres-jdbc-WV ########################################### [ 50%]
9:ca-ingres-odbc-WV ########################################### [ 56%]
10:ca-ingres-ome-WV ########################################### [ 63%]
11:ca-ingres-qr_run-WV ########################################### [ 69%]
12:ca-ingres-rep-WV ########################################### [ 75%]
13:ca-ingres-star-WV ########################################### [ 81%]
14:ca-ingres-tuxedo-WV ########################################### [ 88%]
15:ca-ingres-vision-WV ########################################### [ 94%]
16:ca-ingres-bridge-WV ########################################### [100%]
Ingres release 3 has installed successfully.
my-linux2

CHANGE ii.my-linux2.rcp.lock.per_tx_limit: (750)...(2000)

ii.my-linux2.rcp.lock.lock_limit: (13000)...(26333)
ii.my-linux2.rcp.lock.hash_size: (2593)...(5261)
ii.my-linux2.rcp.lock.resource_hash: (2593)...(5261)
ii.my-linux2.rcp.lock.resource_limit: (13000)...(26333)
ii.my-linux2.syscheck.rcp_segment: (11051008)...(22028288)

CHANGE ii.my-linux2.dbms.*.system_readlock: (shared)...(nolock)

The instance will now be started ...

Ingres/ingstart

Checking host "my-linux2" for system resources required to run Ingres...

Your system has sufficient resources to run Ingres.

Starting your Ingres installation...

Starting the Name Server...

Allocating shared memory for Logging and Locking Systems...

Starting the Recovery Server...
II_DBMS_SERVER = 39686

Starting the Archiver Process...

Starting DBMS Server (default)...
II_DBMS_SERVER = 54848

Starting Net Server (default)...
GCC Server = 52576
TCP_IP port = WV (28336)

Starting Data Access Server (default)...


Starting Star Server (default)...
II_DBMS_SERVER = 43883

Starting the Visual DBA Remote Command Server...

Ingres installation successfully started.
ingstart has been called
The Advantage Ingres installation completed successfully.
Creating BrightStor ARCserve Backup database...
INGRES TERMINAL MONITOR Copyright 2005 Computer Associates Intl, Inc.
Ingres Linux Version II 3.0.3 (int.lnx/103) login
Thu Dec 20 23:11:32 2007

continue
* * Executing . . .

continue
*
Your SQL statement(s) have been committed.

Ingres Version II 3.0.3 (int.lnx/103) logout
Thu Dec 20 23:11:32 2007
Creating database 'cadbase' . . .

Creating DBMS System Catalogs . . .
Modifying DBMS System Catalogs . . .
Creating Standard Catalog Interface . . .
Creating Front-end System Catalogs . . .

Creation of database 'cadbase' completed successfully.

Creating tables for BrightStor ARCserve Backup database...
Creating indexes for BrightStor ARCserve Backup database...
Creating tables and indexes for BrightStor ARCserve Backup MMO database...

NOTE:

The installation has created the user 'ingres'.
Remember to define a password for this user.

Press Enter to continue ...Enter


BrightStor provides the ability to extend its internal database to multiple directory
locations. This allows for size growth if the underlying file system does not
support large files ( > 2 GB) or does not have enough space. When the directory
locations are on multiple disks, this can result in a performance increase.

BrightStor lets you extend the internal database now or later.
Do you want to extend the database now? (y/n [n]):Enter


You can configure Advantage Ingres to shut down when the BrightStor ARCserve Backup database
engine is shut down.
NOTE: We do not recommend this shutdown if there are other applications using the same
Advantage Ingres installation.
Do you want to stop Advantage Ingres when the BrightStor ARCserve Backup database engine is shut down?
(y/n [n]):Enter

The BrightStor ARCserve Backup database installation completed successfully.

Will this BrightStor server share media with other BrightStor servers ?(default: n)[y|n] :

Will Vaulting Management be performed on this BrightStor server's media ?(default: n)[y|n] :

Configuring MMO on the local primary server...
A vnode for the MMO primary server is created!
Updating adapter and device information in camediad.cfg...


File system device must be created if you want to use Disk Staging feature. Do you want to enable backup to disks? (default: n) [y,n,q]:Enter


Scanning for SCSI devices

Do you want to configure libraries now? (default: n) [y,n,q]:
You can also configure local SCSI libraries through the GUI
Remember: shared libraries must be configured using the
command line ...


You can configure BrightStor ARCserve Backup to send email alerts to one
or more users when BrightStor ARCserve Backup detects a critical event.
(A critical event requires immediate attention)

Do you want to enable email alerts for critical events? (default: n)[y,n,q]:

By default, the BrightStor Logger will write some informational messages
to the system console (syslog).

Do you want to disable the BrightStor Logger from writing messages to the system console? (default: n)[y,n,q]:Enter

Your settings are as follows:

Maximum Activity log size (kbytes) : 32000
Maximum other log size (kbytes) : 32000
Print log files to spooler : not set
Email Alert : not set
Disable Log To System Console : no

Your Logger has been configured by csetup. You can rerun csetup to change it.


You can configure BrightStor ARCserve Backup for automatic startup and shutdown as part of your operating system startup and shutdown.
Do you want to enable automatic startup and shutdown of BrightStor ARCserve Backup (y/n [y]):Enter

To complete the setup, BrightStor ARCserve Backup needs to be started

Do you want to start BrightStor ARCserve Backup now? (default: y) [y,n,q]:Enter

Starting BrightStor ARCserve Backup ...

Please wait for all services to start. This may take a few minutes...


BrightStor ARCserve Backup GUI daemons started

Initializing authentication database ...

Setting up password for caroot user account ...
[!!! WARNING: This is the main administrative password for
BrightStor ARCserve Backup. Please remember this password for future use.]

Please enter the caroot password:******** <- caroot のパスワードをセットします
Please confirm the caroot password:********

Setting up BrightStor ARCserve Backup resources...

Congratulations! BrightStor ARCserve Backup has been set up on my-linux2 successfully.


ここで FireFox から http://localhost:6060 を開きます。

a0056607_13345586.gif


まだ、 Java のプラグインがインストールされていないため、アイコンが出てきません。


jdk-6u3-linux-i586-rpm.bin のインストール
 http://java.sun.com から適切な Java Runtime Edition を捜してインストールします。
ここでは jdk-6u3-linux-i586-rpm.bin をインストールしてみます。ダウンロードしたインストーラに X (実行)フラグをつけます。
a0056607_1913157.gif


# ./jdk-6u3-linux-i586-rpm.bin
でインストールします。

Fire Fox プラグインへ登録

/user/lib/firefox/plugin に ns7 用 libjavaplugin.oji.so のシンボリックリンクを ln -s コマンドで作ります。

my-linux2:/usr/lib/firefox/plugins # ls /usr/java/jdk1.6.0_03/jre/plugin/i386/ns7
libjavaplugin_oji.so
my-linux2:/usr/lib/firefox/plugins # ln -s /usr/java/jdk1.6.0_03/jre/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so
<- ln -s コマンド ns7 用 Java Plugin を登録します

my-linux2:/usr/lib/firefox/plugins # ls -al
total 21
drwxr-xr-x 2 root root 120 Dec 21 16:21 .
drwxr-xr-x 13 root root 968 Dec 21 16:13 ..
lrwxrwxrwx 1 root root 62 Dec 21 16:21 libjavaplugin_oji.so -> /usr/java/jdk1.6.0_03/jre/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so <- プラグインのシンボリックリンクが作成されました
-rwxr-xr-x 1 root root 19080 May 19 2007 libnullplugin.so
my-linux2:/usr/lib/firefox/plugins #



FireFox から http://localhost:6060 を開きます。

a0056607_13335527.gif


正常にアイコンが表示されれば完了です。

ちなみに SUSE Linux Enterprise 10 sp1 + XEN カーネルでも動作します。

[検索キーワード]

SUSE SLES ARCserve for Linux, BABr11.5 Ingress NS7 java FireFox XEN

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-23 12:57 | SUSE | Trackback | Comments(0)

最新の XEON サーバでも、ほとんどの場合 Viretulization Techonology は Disable になっています。 HP も DELL でもそうでした。

XEON 系のサーバで XENをフル活用するためには、 BIOS の設定を見直して、 Processor オプションなどの項目をチェックしてください。 Virtulization Technology は通常は Disable になっています。

a0056607_22512239.gif


Enable にセットすれば、 OES NetWareも快速です。 Windows もインストールできます。

[検索キーワード]
XEN SUSE SLES Full Virtualization 完全仮想化 Intel VT AMD64

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-21 20:57 | XEN | Trackback | Comments(0)

HP iLO で ALT+ESC を作る

HP の iLO はすごく便利なのですが、おなじみの ALT+ESC が使えません。
Remote Console > Settings でショートカットキーが使えるようになるので、これを最大限利用しましょう。

a0056607_20421648.gif


[検索キーワード]
HP iLO ALT ESC CTRL 画面の切り替え OES NetWare
[PR]
by islandcenter | 2007-12-21 20:44 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

マップすると 8901 エラー

ログインスクリプトで map コマンドを実行すると 8901 エラーが出てドライブがマップできないというような現象がでることがあります。これは Insufficent Space エラー。と単純に説明されていますが、要するにライセンスのエラーなのです。

同様に admin でログインしているにも関わらず、 SYS:Login などのディレクトリしか見えないというトラブルが発生する場合があります。

また、バックアップサーバ(ARCserve)がジョブをキューイングしているにも関わらず NWagent が E3123 エラーを出している場合も同様に License Trouble です。

Dec-02 19:37:18 Job request from BACKUPSRV @ 192.168.1.1 (NT Server)
Dec-02 19:37:19 NLM loaded is TSAFS
Dec-02 19:37:19 Sparse File Check Disabled for TSAFS
Dec-02 19:37:20 Connected with TSA GAUDI2.NetWare File System
Dec-02 19:37:20 Process all files via SMS
Dec-02 19:37:20 LONG DOS MAC UNIX files will be processed using SMS Engine
Dec-02 19:37:20 Backup MYSRV/VOL1:\HOME to 07/11/29 15:15 sequence 1 session
5
Dec-02 19:37:20 NLM loaded is TSAFS
Dec-02 19:37:31 E3123 Failed to login to TSA on server MYSRV, fffdffd7
Dec-02 19:37:31 Failed to login to the TSA fffdffd7
Dec-02 19:37:31 0 files 0 KB written to 07/11/29 15:15 @ - KB/min
Dec-02 19:37:37 Job completed.

NWadmin32 > Menu > Tool > Licesing から License Check を行います。ライセンスが正常に消費されているか。適切に Install されているか。 あるいは同様の操作を iManager から License のチェックをします。

もし正常にライセンスがインストールされている場合、DSをロックモードで修復してみましょう。

:load dsrepair -a

Ad)vanced option > Re)pair Local Database > Lock Database During ... を Yes にして F10 Repair を実行します。

a0056607_10251395.gif


DSは一旦 Lock され Re-Open されるので、正しくライセンスを取得できる場合があります。

必ずこのオペレーションを行わないとマップできないトラブルが出るケースがあります。

[検索キーワード]

Login Script 8901 Error map E3123 NWagent NWFTPD SYS:Public SYS:Login

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-15 10:31 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

How do you enable the debug options in tsafs.nlm?

TSAを次のオプションでロードします。 SMSstart.ncf に書いておくと良いでしょう。

TSAFS /smsdebug=FFFFFFFC /smsdebug2=FFFFFFFC

SYS:SYSTEM\TSA にでっかいログファイルが作られます。どこで Fail しているか確認することができます。

[検索キーワード]

ARCserve, BackupExcec, Tivoli, TSAFS, Debug, NetWare 6.5
[PR]
by islandcenter | 2007-12-15 09:27 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

BrightStore ARCserve Backup Universal Client Agent for NetWare(NWagent) は NetWare 6.5 sp2 でしか動作検証していないそうです。

というより、こんな古いバグだらけのSP2バージョンでしか検証していないというのが、日本CAの今の実力でしょうか。

つまり「何も検証なんかしていない」のです。

ということで最新の OES NetWare sp7 での検証はまだまだ(というより永遠に)CAJでは検証してくれないでしょう。

最新の OES NetWare SP7 では BABr 11.1 NWagent は動作しません。これが検証した結果と「最新のCAJの技術情報」のようです。Up to date です。

ということで、もし、あなたが間違って、NetWare の SP7 をダウンロードしてインストールしてしまったとしましょう。SP7 の TSAと BABr 11.1 NWagent とは相性が悪いようなので、TSAは次のものがダウンロードして利用できるようでした。

Tsa5up19.exe - TID2973487

Down Grade でなんとかこれで動いてくれることができました。もちろんボクは責任を持って「動く」と断言するわけには行かないのですが、少なくともまともに動いたということはこうして喜んで報告できるわけです。

本番環境でテストするのが怖ければ、 SLES 10 上の XEN 環境で十分テストしてみてください。ボクはその環境でテストして問題なさそうだということを80%くらいの自信を持って確信しています。

もしあなたが、Novell 製品のネットワークを管理する立場であれば、 NetWare 6.5 sp2 を手に入れるべきです。しかしノベルのサイトからはそんなものは削除されているでしょう。CAは喜んであなたのシステムをサポートしてくれるでしょう。そしてあなたは、NetWare 6.5 sp2 の酷いメモリリークのために毎日始発電車で出勤する羽目になるでしょう。

それが Computer Associates の回答でした。

-具体的な対策
1) Tsa5up19.exe をダウンロードして解凍します。
2) 6x ディレクトリ内がパッチなので、 SYS:SYSTEM\にある同じファイル名をリネームしてバックアップしましょう ex) tasfs.nlm > tsafs.nlm.org
3) Tsa5up19.exe の /6x ディレクトリの中身を SYS:SYSTEM の Copy します。
4) :smsstop します VOLSMS.nlm がアンロードされないので :unload volsms を実行したら、もう一度 : smsstotp します。
5) :smdr /new コマンドを実行します。

a0056607_9294155.gif


6) :smsstart を実行します。
7) :nwagent を実行します。

※繰返しますが、このブログの内容は 日本CA様、ノベル株式会社が認めた方法ではありませんので自己責任でお願いします。私が保障する内容でもありません。

[検索キーワード]

NWagent 11.1 sp3 TSAFS.NLM OES NetWare 6.5 sp7 XEN BABr11.5 SMDR TSA patche ARCserve 11.5 sp3 smsstart.ncf volsms.nlm

非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2007-12-13 22:41 | Native Netware | Trackback | Comments(0)

OES Linux/NetWare は単純な samba のファイル共有や NAS とは異なり、ボリュームサイズを自由に変更できるので、大規模システムのファイルサーバとして利用するには実に良いシステムです。Windows には詳しくないのですが、物理的にパーティションを作成した後の Windows システムもそう単純にはボリュームサイズを変更できないはず。

ファイルサーバ専用OSとしての専売特許のような機能です。

#nssmu より Volumes を選び、ボリュームを選択します。
Quota の数値が現在の数値です。

a0056607_1350197.gif


Quota の数値を書き換えることで簡単にボリュームサイズの変更が行えます。

a0056607_13505439.jpg


恐ろしいことですが、この操作は稼動中に行っても全くモンダイがありません。ディスクそのものを追加する場合はこの限りではありませんが、ボリュームのプールを割り当てることで、容易に増設したディスクにボリュームを拡張することもできます。(たぶん)

こんな技を samba でできるのなら是非その秘法も教えて欲しいものです。
[PR]
by islandcenter | 2007-12-01 13:57 | OES Linux | Trackback | Comments(0)