Novell cancels 2009 BrainShare conference in SLC


邦訳



例年5000人もの顧客が集まるブレインシェアは今年は中止です。

同様に MacWorld Expo もキャンセルされました。

不況により、それだけ人数を集めることができないというところです。
[PR]
by islandcenter | 2008-12-22 12:57 | Novell | Trackback | Comments(0)

openSUSE 11.1 発表

Novell、コミュニティ開発版『openSUSE 11.1』を公開


Mono 2.0などを搭載した「openSUSE 11.1」リリース
[PR]
by islandcenter | 2008-12-21 10:32 | SUSE | Trackback | Comments(0)

Windows Server 2003 R2のパッケージ/OEM販売は2009年3月末で終了

64ビットCPUの時代によくこれまで32ビットでがんばってきた Windows 2008 R2 もいよいよ終わりです。もっとも64ビットで動くアプリケーションの少なさから良くここまでがんばったということでしょうか。

以降当面入手できるのは Windows 2008 のみとなりますが、これも来年末には R2 になるでしょうから、ちょっと選択肢の幅が少なくなるところです。
[PR]
by islandcenter | 2008-12-18 14:03 | Windows | Trackback | Comments(0)

Hyper-V で使える Linux は?

Hyper-Vで使えるOSは?

今のところ Windows 系OSと SUSE Linux Enterprise Server だけです。
逆も真なり。

-Keyword-
Windows 仮想化 Hyper-V Linux SUSE SLES10
[PR]
by islandcenter | 2008-12-18 13:58 | Windows | Trackback | Comments(0)

APC UPS は SLES10 では Not Support in Japan というふざけた形態です。おそらく APC Japan には自社製品に詳しくて日本語がしゃべれるヒトがいないからでしょうか?英語版やドイツ語では動いて、日本語環境ではサポートしてくれないようです。

ということで SLES10 には標準的なパッケージとして apcupsd が付属していますので、こちらを使いましょうということ。

このパッケージは、純正の APC の PCBE Linux Agent より30倍くらい賢いので、上手に使えば、DMZのスタンドアローンの環境や、インターネットへのむき出しの環境でも利用できるのでお勧めです。

apcupsd のインストール

YaST > System > Software Management から Filter > Package Groups を選び、 Hardware + UPS をクリックすると apcupsd パッケージが選択できます。チェックを入れて Accept するとインストールが開始されます。要求されたCDまたはDVDを用意してください。
a0056607_19112843.gif


起動

  パッケージのインストールができたら、 YaST > System > Runlevel を開き Expert Mode をチェックします。
 パッケージがインストールされている事を確認したら、 Runlevel 3, 5 でスタートするようにチェックし、Start/Stop/Refresh ボタンから Start させます。Running が Yes になれば起動完了です。


a0056607_19115927.gif


Smart ケーブル確認

  apcaccess status コマンドでUPSを確認します。 以下の例は、 Smart ケーブル(通称黒ケーブル)で UPS 本体背面のシリアルポートとサーバを直接接続した例です。

mysles-1:/etc/apcupsd # apcaccess status
APC : 001,051,1207
DATE : Thu Dec 27 17:39:20 JST 2007
HOSTNAME : mysles-1
RELEASE : 3.12.1
VERSION : 3.12.1 (06 January 2006) suse
UPSNAME : UPS_IDEN
CABLE : Custom Cable Smart
MODEL : Smart-UPS 3000 RM
UPSMODE : Stand Alone
STARTTIME: Thu Dec 27 17:04:00 JST 2007
STATUS : ONLINE
LINEV : 100.8 Volts
LOADPCT : 19.5 Percent Load Capacity
BCHARGE : 100.0 Percent
TIMELEFT : 44.0 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME : 0 Seconds
MAXLINEV : 101.5 Volts
MINLINEV : 100.8 Volts
OUTPUTV : 100.8 Volts
SENSE : High
DWAKE : 000 Seconds
DSHUTD : 090 Seconds
DLOWBATT : 02 Minutes
LOTRANS : 092.0 Volts
HITRANS : 108.0 Volts
RETPCT : 000.0 Percent
ITEMP : 27.4 C Internal
ALARMDEL : 5 seconds
BATTV : 55.1 Volts
LINEFREQ : 50.0 Hz
LASTXFER : Automatic or explicit self test
NUMXFERS : 0
TONBATT : 0 seconds
CUMONBATT: 0 seconds
XOFFBATT : N/A
SELFTEST : NO
STESTI : 336
STATFLAG : 0x07000008 Status Flag
REG1 : 0x00 Register 1
REG2 : 0x00 Register 2
REG3 : 0x00 Register 3
MANDATE : 12/19/06
SERIALNO : JS0652005362
BATTDATE : 12/19/06
NOMOUTV : 100
NOMBATTV : 48.0
EXTBATTS : 0
FIRMWARE : 655.6.A
APCMODEL : FWA
END APC : Thu Dec 27 17:39:50 JST 2007


BackUPSの確認

 BackUPS(通称グレーケーブル)でAPC-UPSの増設拡張ボードとシリアル接続している場合は、 /etc/apcupsd/apcupsd.conf の UPSCABLE にケーブルの型番を追加設定します。

CPU側の D-SUB コネクタに型番が書いてあるので型番を確認してください。

# UPSCABLE
# Defines the type of cable connecting the UPS to your computer.
#
# Possible generic choices for are:
# simple, smart, ether, usb
#
# Or a specific cable model number may be used:
# 940-0119A, 940-0127A, 940-0128A, 940-0020B,
# 940-0020C, 940-0023A, 940-0024B, 940-0024C,
# 940-1524C, 940-0024G, 940-0095A, 940-0095B,
# 940-0095C, M-04-02-2000
#
#UPSCABLE smart <----- コメントアウト
UPSCABLE 940-0020B <----- Add This line

#UPSTYPE smartups <---- コメントアウト
UPSTYPE dumb <---- グレーケーブルでエクスパンダーカードにつないだ場合

BackUPSで動作している場合、 apcaccess status は次のように表示されます。

mysles-2:/etc/apcupsd # apcaccess status
APC : 001,013,0352
DATE : Fri Dec 28 10:55:57 JST 2007
HOSTNAME : mysles-2
RELEASE : 3.12.1
VERSION : 3.12.1 (06 January 2006) suse
UPSNAME : mysles-2
CABLE : APC Cable 940-0020B
MODEL : BackUPS
UPSMODE : Stand Alone
STARTTIME: Fri Dec 28 10:54:46 JST 2007
LINEFAIL : OK
BATTSTAT : OK
STATFLAG : 0x07000008 Status Flag
END APC : Fri Dec 28 10:55:57 JST 2007
mysles-2:/etc/apcupsd #


USB ケーブルでつながっている場合

usb の A コネクタを使って、APC Smart UPS の B コネクタにつなげる場合 apcupsd.conf は以下のように3行を変更します。

UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
DEVICE 空欄


イベントの確認
  電源のイベントは /var/log/apcupsd.events に書き込まれます。

GUI
http://localhost/cgi-bin/multimon.cgi
からブラウザで開くことができます。

a0056607_1156312.gif


設定の変更などはここからではできません。

apctest

apctest は UPS のステータスをチェックしたりキャリブレーションテストを行うプログラムです。一旦 APCUPSD を停止させて実行します。

mysles-1:~ # /etc/init.d/apcupsd stop <--- 止めてから
Shutting down apcupsd power management done
mysles-1:~ # apctest <-- テストを起動


2014-08-26 13:47:25 apctest 3.14.4 (18 May 2008) suse
Checking configuration ...
Attached to driver: apcsmart
sharenet.type = DISABLE
cable.type = CUSTOM_SMART

You are using a SMART cable type, so I'm entering SMART test mode
mode.type = APCSMART_UPS
Setting up the port ...  <---- ちょっと待っててね。
Hello, this is the apcupsd Cable Test program.
This part of apctest is for testing Smart UPSes.
Please select the function you want to perform.

1) Query the UPS for all known values <-- 1) のUPSのクエリを実行
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 1

I am going to run through the series of queries of the UPS
that are used in initializing apcupsd.

Simulating UPSlinkCheck ...
Wrote: Y Got: SM
Attempting to use smart_poll() ...
Sent: Y Got: SM Good -- smart_poll() works!.

Going to ask for valid commands...
Protocol version is: 3
Alert characters are: !$%+?=#|
Command characters are: ^A^N^Z+-789>@ABCDEFGKLMNOPQRSUVWXYZ'abcefgjklmnopqrsuxyz~^M

Now running through apcupsd get_UPS capabilities().
NA indicates that the feature is Not Available

UPS Status: 08
Line quality: FF
Reason for last transfer to batteries: S
Self-Test Status: NO
Line Voltage: 100.7
Line Voltage Max: 100.7
Line Voltage Min: 099.4
Output Voltage: 100.7
Batt level percent: 099.0
Batt voltage: 55.05
UPS Load: 034.8
Line freq: 50.00
Runtime left: 0033
UPS Internal temp: 040.5
Dip switch settings: 00
Register 1: 00
Register 2: 00
Register 3: 00
Sensitivity: H
Wakeup delay: 000
Sleep delay: 180
Low transfer voltage: 090
High transfer voltage: 110
Batt charge for return: 00
Alarm status: 0
Low battery shutdown level: 05
UPS Name: UPS_IDEN
UPS Self test interval: 336
UPS manufacture date: 01/25/06
UPS serial number: QS0605110406
Date battery replaced: 01/25/06
Output voltage when on batteries: 100
Nominal battery voltage: 048
Percent humidity: NA
Ambient temperature: NA
Firmware revision: 92.15S.A
Number of external batteries installed: 000
Number of bad batteries installed: NA
UPS model as defined by UPS: OWA
UPS EPROM capabilities string: uD43132135138129uM43229234239224uA43110112114108uI43253264271280lD43103100097106lM43177172168182lA43090092081085lI43196188208204e44200155090oI43230240220225oD13115oJ13100oM13208s441HMLLq44202050710p443020180300600k4410TLNr443000060180300E443336168ON OFF
The EPROM string is 253 characters long!
Hours since last self test: NA

That is all for now.

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
7) Quit

Select function number: 7 <-- 終了

2014-08-26 13:47:44 End apctest.

mysles-1:~ # /etc/init.d/apcupsd start <-- APCUPSD を再起動

その他
 その他の設定は /etc/apcupsd/apcupsd.conf を書き換えて、変更しますが、多くの場合、デフォルト値で十分と思われます。
マニュアルその他最新版の情報は

http://www.apcupsd.com

より入手できます。


APC純正の Power Chute Bussines Edition(PCBE) は Windows の管理用サーバを必要としますが、 apcupsd は管理用サーバも不要ですし、ネットワークシャットダウンやシリアルケーブルもサポートしているので、 SUSE Linux を APC-UPS で運用するには一番楽な方法でしょう。

追加、補足
SLES11sp3 での apcupsd と UPS の制御パラメータ

SUSE Linux: apcupsd のキャリブレーションチェック

一部のパッケージで apc-upsd が入っていない場合 opensuse の software.opensuse.org から1クリックインストールできます。
https://software.opensuse.org/package/apcupsd

[検索キーワード]
SLES SUSE apcupsd smart-ups back-ups APC UPS

isLandcenter.jp






[PR]
by islandcenter | 2008-12-18 13:52 | SUSE | Trackback | Comments(0)

HP、数年ぶりのLinuxデスクトップPCを発表
[PR]
by islandcenter | 2008-12-12 14:09 | SUSE | Trackback | Comments(0)

あまり話題がないので

最近、あまり話題がないので

Linux版Silverlight「Moonlight 1.0」βリリース

順調にやっているようで、相変わらずなところは相変わらずなわけですね。
NovellのWordPerfectめぐる対MS訴訟、米最高裁が継続認める

Novell、赤字縮小で『Linux』に期待

Novellの8月~10月期決算,赤字幅が縮小

なんだかタイトルだけ見ると明るいようですが、「赤字幅が縮小」ってやっぱり赤字なんですね。ただ、この厳しい時期に大きな損失がなかっただけ明るいわけなんですが、来期はもっと厳しくなるのでしょう。

製品売上高が前年比で8%増加したが,サービス売上高が同20%減少した

これが前触れですね。
[PR]
by islandcenter | 2008-12-10 10:59 | Novell | Trackback | Comments(0)

数日前の記事から

2008年Q3の世界サーバー売上高は5%の大幅減、不況が直撃-米IDC調査

不況のせいといわれているけど

エントリ(25,000ドル以下)は前年同期比7.2%減。ミッドレンジ(25,000ドル以上50,000ドル未満)は同9.5%減。ハイエンド(50,000ドル以上)は同4%増。

ローエンドサーバの販売が低迷して、ハイエンドだけが売れるというのも面白い状況です。従来の考え方であれば、ローエンドサーバを重ねてロードバランスするという考え方があったのですが、そういった役割がブレード化、あるいは仮想化に動いているわけです。

ブレード化=仮想化ってわけでもありません。ローエンドでも電気も食うし、廃熱もある。こういうニーズがブレード化であろうし、ハイエンド化は仮想システムそのものという感じがします。

ブレードサーバの顕著な伸びに対して、ハイエンドの微増というのも、仮想化の入り口を感じるわけです。

面白いのは、分散化と集約化というのが、時代に合わせて伸び縮みしているというところでしょう。
[PR]
by islandcenter | 2008-12-10 10:45 | Trackback | Comments(0)

Transrate English

-不具合-

SLES10sp2 上で XEN 仮想化された OES NetWare 6.5 上の ZENworks Database が動作しない。

Assertion failed: 201425 <8.0.3.5331>

a0056607_11351394.gif


同じような不具合が報告されています。何度、インストールをし直して、トライしても駄目です。おそらく仮想化状態で正しく動かない可能性があります。

修復方法がありますが、正しく修復できません。
dbsrv8: cannot open transaction log file

Assertion Failed Errors with ZENworks Sybase Database.

mgmtdbs.ncf のコピーを ngmtrc.ncf に作成します。 mgmtrc.ncf を編集して、 -f オプションを追加して、エラーが出たデータベース名だけを残して保存します。mgmtrc.ncf を実行して修復します。

dbssrv8.nlm に -f オプションをつけても修復できませんでした。 nal.db か mgmtdb.db のどちらかが必ず Fail します。

Linux バージョンであれば正しく動くのでしょうか? 私にはわかりません。 どうも、この "P to V" のプロジェクトは困難なようです。

-keyword-

SUSE SLES10 NetWare 6.5 ZENworks 7 Sybase Assertion failed 201425 mgmtdbs


この不具合にコメントがあればご連絡ください。

その他の情報はこちらから
非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2008-12-05 11:56 | ZENworks | Trackback | Comments(0)

VMwareとHyper-Vは「リンゴとニンジン」

あるオーストラリアの企業が VMware を使った仮想化に対して5万オーストラリアドルの見積もりを提示されたが、Microsoft の Hyper-V を導入したら僅か 49オーストラリアドルで終わってしまったという、マイクロソフトの公式ブログへの反論。

筆者は

この会社のケースを取り上げたブログや記事は、リンゴとニンジンを比較して、VMware ESXとHyper-Vのいわゆる価格差の問題を強調するPR目的で書かれたものにすぎないように見える。


と書いていますが、実際には、泥付きのにんじんと、桐箱入りのメロンとの違いみたいなものかも知れません。

仮想化は終わりではなく、始まりであると認識すべきです。最終形態として導入を検討すると失敗するでしょう。


Hyper-Vの入手方法やライセンスについて教えて!


という記事に Hyper-V を導入する際のライセンスの考え方や、購入の仕方が詳しく舞マイクロソフトの見解として載っているので参考になります。

そもそも Hyper-V はハイパーバイザーだけで、その上で動作するチャイルドに関するライセンスは存在しない。GUIもないから、将来的にデバイスドライバの組み込みやバックアップの必要性絵などを考えると最終的にはスタンダード版を購入することになるでしょう。ただし、推奨用件として2Gのメモリからということになるから、少なくとも単一のサーバマシンで Hyper-V を動かして一つの Windows をチャイルドとして動かそうとすれば、最低4Gのメモリが必要となり、ライセンスも2つ必要になってしまうということだ。しかも Standerd Edition では物理OS1つと仮想OSは一つだけ。

ひとつのマシンにわずか一つの仮想システムが動くというのもなんとも勿体無い話なわけです。

ということで、実際に使おうと思うと、Enterprise 版が必要なわけですね。これなら4台の仮想 Windows が動く。ただし4台が快適に動くためには最低10G推奨でメモリが必要でしょう。おそらく詰めるだけ積めというのが正しいと思います。

もちろん Quick Migration とか可用性を考えましょうね、だから2台必要だ、といわれた場合 Enterprise Edition も二つの物理サーバ分ライセンスが必要だということです。

クローズドソースで、無償のソフトウェアという考え方も、ベンダーの本気度が信用できない場合があります。自由に使える反面、公式なサポートルートがないまま、バグや不具合に悩まされても解決の手段がないということが最大の不安点です。結局正規販売されている製品を購入してサポートを受けたいというのがユーザ側としての心理でしょう。

だからXENがいいかというとそういうことではないと思います。泥付きにんじんと、ホウレンソウと桐箱入りのメロンを比べるようなもので、それぞれのニーズに合ったサイジング、技術を導入すればよいと言うことです。

少なくとも手軽さと実用性のはXENは一番バランスが良いだろうと、私は考えます。
[PR]
by islandcenter | 2008-12-02 13:27 | XEN | Trackback | Comments(0)