Xen: Critical considerations when updating from SLES 10 SP1 to SLES 10 SP2

SLES10 sp1 sp2 へのアップデートの際の致命的な障害と解決方法
[PR]
by islandcenter | 2009-02-27 16:04 | XEN | Trackback | Comments(0)

Novellの11~1月期決算,プラットフォーム部門好調なるも減収減益

日本では絶不調だったようですが、Novell Inc. 全体では何とか 11 月期は乗り越えたようです。むしろ次のクオータが心配かな。GMが破綻すると大顧客だし。
[PR]
by islandcenter | 2009-02-27 14:49 | Novell | Trackback | Comments(0)

How to Rescue My Virtual Machine ?
English Translate by Excite

-シングルユーザモードで XEN Domain-U を起動する-

Para Virtual された仮想化システムのシングルユーザモード起動の方法も記述があります。

How to boot up in single user mode or other run levels


-XEN 仮想化システムを Rescue モードで起動する-
Dom-U を rescue CD でブートする方法などの XEN Domain-u の復旧方法が書かれています。
XEN: How to boot SLES para-virtual DomU's into the Rescue System for disaster recovery


まず、起動CD/DVDから

/boot/i386/vmlinuz-xen
/boot/i386/initrd-xen

の二つのファイルを /etc/xen/rescue-sles10 などのフォルダを作ってコピーします。

/etc/xen/vm/MyVm ファイルのコピーを rescue-sles10 などの名前にコピーします。
コピーした rescure-sles10 を編集します。

------ list ここから ------
name="rescue-sles10" <-----name を変えます
#uuid="a5c2ead2-0369-44f0-6e9d-3ee41e09b657" <-----uuid をコメントアウト
memory=2048
vcpus=2
# ---- ここから追加部分-----
#
kernel="/etc/xen/rescue-sles10/vmlinuz-xen"
ramdisk="/etc/xen/rescue-sles10/initrd-xen"
extra=" install=hd:xvdh rescue=1 xencons=tty"

#---- ここまで-----
on_poweroff="destroy"
on_reboot="restart"
on_crash="destroy"
localtime=0
builder="linux"
bootloader="/usr/lib/xen/boot/domUloader.py"
bootargs="--entry=xvda2:/boot/vmlinuz-xen,/boot/initrd-xen"
extra=" "

disk=[ 'file:/var/lib/xen/images/oes2lx1/oes2lx1.disk0,xvda,w', 'file:/var/lib/xen/images/oes2lx1/oes2lx1.disk1,xvdb,w', 'file:/MyISO/SLED10sp2/SLED-10-SP2-x86-DVD1.iso,xvdc,w' ] <---- ISOファイルの場所を指定します。
vif=[ 'mac=00:16:3e:ae:ae:ae', ]
vfb=['type=vnc,vncunused=1']

------ list ここまで ------

この状態で保存し、rescure します。

# xm create -c rescue-sles10 <---- rescue vmファイルを指定して xm create します。

Using config file "./rescue-sles10".
Started domain rescue-sles10
Bootdata ok (command line is )
Linux version 2.6.16.46-0.12-xen (geeko@buildhost) (gcc version 4.1.2 20070115 (prerelease) (SUSE Linux)) #1 SMP Thu May 17 14:00:09 UTC 2007
BIOS-provided physical RAM map:
Xen: 0000000000000000 - 0000000080800000 (usable)
No mptable found.
Built 1 zonelists
Kernel command line:
Initializing CPU#0
PID hash table entries: 4096 (order: 12, 131072 bytes)
Xen reported: 2009.112 MHz processor.
Console: colour dummy device 80x25
Dentry cache hash table entries: 524288 (order: 10, 4194304 bytes)
Inode-cache hash table entries: 262144 (order: 9, 2097152 bytes)
Software IO TLB disabled
Memory: 2042112k/2105344k available (1902k kernel code, 54420k reserved, 798k data, 160k init)
Calibrating delay using timer specific routine.. 5024.54 BogoMIPS (lpj=10049082)
Security Framework v1.0.0 initialized
Mount-cache hash table entries: 256
CPU: L1 I Cache: 64K (64 bytes/line), D cache 64K (64 bytes/line)
CPU: L2 Cache: 512K (64 bytes/line)
checking if image is initramfs... it is
Freeing initrd memory: 7124k freed
Brought up 1 CPUs
migration_cost=0
DMI not present or invalid.
Grant table initialized
NET: Registered protocol family 16
Initializing CPU#1
migration_cost=402
Brought up 2 CPUs
PCI: setting up Xen PCI frontend stub
ACPI: Subsystem revision 20060127
ACPI: Interpreter disabled.
xen_mem: Initialising balloon driver.
PCI: System does not support PCI
PCI: System does not support PCI
IA32 emulation $Id: sys_ia32.c,v 1.32 2002/03/24 13:02:28 ak Exp $
Setting mem allocation to 2097152 kiB
audit: initializing netlink socket (disabled)
audit(1234856375.251:1): initialized
VFS: Disk quotas dquot_6.5.1
Dquot-cache hash table entries: 512 (order 0, 4096 bytes)
Initializing Cryptographic API
io scheduler noop registered
io scheduler anticipatory registered
io scheduler deadline registered
io scheduler cfq registered (default)
rtc: IRQ 8 is not free.
Non-volatile memory driver v1.2
i8042.c: No controller found.
RAMDISK driver initialized: 16 RAM disks of 128000K size 1024 blocksize
xencons_init: Initializing xen vfb; pass xencons=tty to prevent this
Xen virtual console successfully installed as xvc0
Event-channel device installed.
Console: switching to colour frame buffer device 100x37
input: Xen Virtual Keyboard as /class/input/input0
input: Xen Virtual Pointer as /class/input/input1
mice: PS/2 mouse device common for all mice
input: PC Speaker as /class/input/input2
md: md driver 0.90.3 MAX_MD_DEVS=256, MD_SB_DISKS=27
md: bitmap version 4.39
NET: Registered protocol family 2
IP route cache hash table entries: 131072 (order: 8, 1048576 bytes)
TCP established hash table entries: 262144 (order: 10, 4194304 bytes)
TCP bind hash table entries: 65536 (order: 8, 1048576 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 262144 bind 65536)
TCP reno registered
NET: Registered protocol family 1
XENBUS: Device with no driver: device/vbd/51712
XENBUS: Device with no driver: device/vbd/51728
XENBUS: Device with no driver: device/vbd/51744
XENBUS: Device with no driver: device/vif/0
XENBUS: Device with no driver: device/console/0
netfront: Initialising virtual ethernet driver.
netfront: device eth0 has copying receive path.
Registering block device major 202
blkfront: xvda: barriers enabled
xvda: xvda1 xvda2
blkfront: xvdb: barriers enabled
xvdb: xvdb1
blkfront: xvdc: barriers enabled
xvdc: unknown partition table
ReiserFS: xvda2: found reiserfs format "3.6" with standard journal
ReiserFS: xvda2: using ordered data mode
reiserfs: using flush barriers
ReiserFS: xvda2: journal params: device xvda2, size 8192, journal first block 18, max trans len 1024, max batch 900, max commit age 30, max trans age 30
ReiserFS: xvda2: checking transaction log (xvda2)
ReiserFS: xvda2: Using r5 hash to sort names
Adding 787144k swap on /dev/xvda1. Priority:-1 extents:1 across:787144k
md: Autodetecting RAID arrays.
md: autorun ...
md: ... autorun DONE.
device-mapper: 4.7.0-ioctl (2006-06-24) initialised: dm-devel@redhat.com
loop: loaded (max 64 devices)
AppArmor: AppArmor (version 2.0-19.43r6320) initialized
audit(1234856378.287:2): AppArmor (version 2.0-19.43r6320) initialized

audit(1234856383.800:3): audit_pid=1774 old=0 by auid=4294967295
NET: Registered protocol family 10
lo: Disabled Privacy Extensions
IPv6 over IPv4 tunneling driver
eth0: duplicate address detected!


Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 (x86_64) - Kernel 2.6.16.46-0.12-xen (xvc0).


vmlx01 login:

無事 起動できました。

- key word --
SUSE SLES Linux XEN Virtual Machine Rescue CD Boot Single User Mode


その他の情報はこちらから
非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2009-02-17 14:48 | XEN | Trackback | Comments(3)

マイクロソフトとレッドハット、仮想化協定を結ぶ

ただし、かなり限定的な話になるらしい。

まりRed Hatは、Microsoftが潜在的な特許侵害について同社を提訴しないことを顧客に保証するという名目で、ライセンス供与することには合意していないという意味である。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のためのサポート証明もMicrosoftが売る予定はない。

あまり Windows と RHEL との相互運用性については「イヤイヤ」感が感じられます。

16日の協定に対する制限は、Microsoftの製品が、Red HatのXenではゲストとして認証されないという1点であると指摘している。

つまり、話は著に付いただけで、全然中身は伴っていないということ。相変わらず RedHat製品上では Windows を稼動させることはできないし、Microsoft も Hyper-V で動作する仮想化OSとして RedHat のサブスクリプションを販売するということもありえないということだ。

ということで、Windows と RedHat を同じコンピュータ上で動作させるという目的を考えた場合、やっぱり SUSE Linux Enterprise を選ぶか VMware を選ぶしかないのだろう。
[PR]
by islandcenter | 2009-02-17 13:37 | XEN | Trackback | Comments(0)

NEC、ノベルのSUSE Linux Enterprise Serverの販売を開始

メーカが販売するサブスクリプションのサービスの内容があまりハッキリしていないのが気になります。NECはやっぱり今でも「日本で一番のシェアを持つ」サーバーベンダー創業社長はNEC出身 もちろんNECも資本に入っている。日本のIT産業の礎を築いたNECだが、Windows NT 3.1 の発表パーティで「一番安定したクライアントOS」と引きつった笑いを浮かべていた渡辺社長(元)の姿に強い危機感を感じなかったのは私だけだろうか。ディレクトリサービスに対しても一番冷淡だったNECだし、当時はどうやってPC9801の牙城を守るか必死で、いつまでも日本語版クライアントソフトウェアをリリースしなかった。

ノベルに対して従来から一番無策に無為に過ごしてきたNECはじめ資本を提供してきたハードウェアベンダーから総スカンを食らってきたから、そろそろ F2 はじめ「今でも」サーバを販売している企業は忘れずにサポートして欲しいものだ。
[PR]
by islandcenter | 2009-02-17 13:15 | SUSE | Trackback | Comments(0)

PCの買い替え時は7月?

新しいWindows PCを購入したいと思っているが,7月1日まで待てるというなら,そして「Windows 7」が出荷された際に,同バージョンへの無料アップグレードを獲得することに関心があるなら,その日まで待ったほうがよさそうだ。続き....「Windows 7」への無償アップグレードに関する追加情報

IT業界は今「 Vista 不況」 - 7月まで待ちましょう、ということらしい。
[PR]
by islandcenter | 2009-02-16 17:27 | Windows 7 | Trackback | Comments(0)

IBM製ソフトがクラウド対応に
[PR]
by islandcenter | 2009-02-16 17:16 | XEN | Trackback | Comments(0)

※ Beta 版での問題です。後に解決されると嬉しいです。 2008/2/16 現在

1) VMDP2 (Virtual Machine Driver Pack 2) の問題

- 動きません。

まず、Vista 用 32 ビット VMDP ドライバを解凍した状態からインストールすることはできません。setup から「利用許諾書」の内容が Blank になります。DeamonTools などの仮想CD/DVD ドライバを使っても同じ症状が出ます。

a0056607_1643751.gif



xm create する前にドライバのイメージ iso をマウントした状態で run させるとこの問題は解決します。

a0056607_166769.gif


しかし、インストールがうまく行っても、 Windows 7 そのものは起動できなくなります。

a0056607_167917.gif


ここで止まります。一旦 xm destroy して、 xm create すると、スタートアップ修復ができるので、これで元に戻すことができます。

a0056607_1691290.gif


気持ちがよくないのでもう一度 uninstall.exe を実行して、完全に削除してください。

※まだ Windows 7 もベータ版なので仕方ないところでしょうか。非常に怪しいのですが デバイスマネージャに vdvroot.sys 「仮想ドライブ列挙子ドライバー」なるものがありました。これが何物なのか、ちょっと興味があります。

a0056607_16122997.gif


元々 Windows7 は仮想化時代に生まれたシステムですから、このあたりかなりチューニングが進むのかな? と期待しています。


その他の情報はこちらから
非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2009-02-16 16:13 | XEN | Trackback | Comments(0)

-現象-

POST スクリーンの後 Grub のメニュー画面まで進まない

-対策-

Grub を再インストールする

Troubleshooting Common Boot Issues

ちょっと補足します。
1) まず 1枚目のCD、DVDで起動し Rescue メニューから起動します。
2) root (パスなし)でログインします。
3) mount /dev/hda /mnt ---- HDD をマウントして内容を確認します。
4) grub-install --root-directory /mnt/boot /mnt/dev/hda を実行します。

Windows と SUSE Linux とのデュアルブートに関してはこちらの文書が役立ちます。
Recommended Steps for SLED and Windows Dual Boot

If SLED is to be installed first に grub-install の使い方があります。


-KeyWord-

SUSE SLES SLED Dual Boot Grub menu bootloader ブートできない

その他の情報はこちらから
非番のエンジニア
[PR]
by islandcenter | 2009-02-16 12:55 | SUSE | Trackback | Comments(0)

「大手サーバー・メーカー初」,日本HPがフリーLinux CentOSの有償サポート

日本 HP が CentOS のサポートを開始したということ。年額 50 万円。これを高いか安いかと思うのは自由だけれど、RedHat より CentOS に需要シフトしている。有償ディストリビューションを買うのがいいか、無償OSでも高価なサポート代を支払うのがいいのか。

ちょっと面白い世の中になりました。
[PR]
by islandcenter | 2009-02-12 15:11 | Trackback | Comments(0)