Windows Vista が LongHorn と呼ばれていた頃、随分 Vista については憶測が流れたもので、販売前からネガティブなイメージが付いて回っていました。だからでしょうか、Vista の次はどうなるのか、というのが世間の話題になったものです。

じゃぁ、発売されたばかりの Windows 7 の次はどうなるのでしょうか。まだ、どこのメディアにもとりあげられていませんが、いくつかの兆候はあります。それは 32 Bit 版がなくなること。

つまり、Windows 7 の次のバージョンは、今販売されている Windows 7 の 64 Bit 版なのですね。

色々なデバイスメーカーから「 Windows 7 対応表」なんて出ていますが、「※1 - 32 ビット版のみ」なんて注釈が一番下に非常に小さく書いてあるのを見ると「あぁーぁ」ということになります。何しろ 64 ビット版のドライバなんかをインストールしようとすると「証明書がないとインストールできない」とかのトラブルになるわけで、怪しげなドライバなんかは受け付けません。まぁ私のような零細企業イジメというか、世の中の「怪しげなモノ」を一掃するのが 64ビット版の目的なわけです。

それはそれで、ユーザにとっては正常なことかもしれないけれど、フリーのソフトウェアやオープンソースエンジニアに対して壁が高くなったなという気がしないでもありません。

結局、手持ちの「飛び道具」関連のドライバとおバカな複合機メーカーの64ビットドライバが全滅だったので、仕事用に買ったノートブックは32ビット版にしました。「飛び道具」が使えないというのは鉄砲持たずに塹壕に突っ込んでいくようなもので、今時ネットワークに接続できないPCというのは、タイヤのない車に乗るようなものです。オマケにプリンタも使えないのなら致命的です。これはこれで正解でした。

しかし、DDR3のメモリが値下がりして、DDR2から世代交代が始まっていることを考えると、いずれ Core 2 Duo 系から Core i7 系に移行するのは必然だし、2Gのメモリチップ3枚6Gメモリというシステムが今後の主流になると、やっぱり64ビット版は避けて通れないのです。避けて通れないけど、今はドライバがない。

一般企業や、公官庁で使うPCは大抵4年、長ければ5年のサイクルで買い換えるわけですから、Windows 7 へ移行したら、その後、ということも当然のように頭にあるわけです。私たち業者は「新製品」が出ると喜んで仕事にしようとしますし、お客さんも自分の仕事を守るために、新しいモノに投資せよ、と経営側や納税者側をせっつくわけです。苦虫をつぶしたような顔をするのは経営者側で、どうしてそんなものが必要なのかと、システムの企画側に難癖をつけるわけです。

ということで、デスクトップを変えるタイミングってとても悩みが多いわけです。どう考えても Windows 7 を入れた後は少なくとも5年は面倒みないといけないわけですよ。

XP が出た頃は「256Mもあれば十分だよ」と言われたものですが、ここから 64M のビデオメモリ引かれたら、死ぬほど遅いシステムでした。この6~7年で4倍から8倍程度のメモリ搭載量が増えていますから、Windows 7 の最後のステージでは12Gbとか16Gbのメモリを使って「余裕だぜ」っていう時代になるのでしょう。

となると、今、Windows 7 を買って、その後考えなければならないのは Windows 7 の 64 ビット化をいつやるかということになります。今入れようとしている Windows 7 の次のバージョンは既に世の中に出ているわけですね。

初期購入では32ビット版を推奨しているワタクシですが、いずれ64ビット化しなければいけないとなると、次の Windows はどうなるのか、がどうしても気になってしまいます。 Windows 6.2 というマイナーバージョンなのか、Windows XX という名前で完全64ビットの Windows 7.0 になるのか。IT管理者側からすると Windows 7.0 のメジャーアップではなく Windows 6.2 のマイナーバージョンアップで64ビット版を期待したいところです。どういう機能がほしいのかはあまり期待していません。どうせ時代はさまざまなことを要求してくるでしょうが、オペレーティングシステムは、基本機能+拡張性が命なので、基本機能はあまり変えてほしくないなというのが正直なところです。いっそうのこと、UIや機能などは、カスタム化して自由度や、ポリシー管理が正しくできる方向に進んでほしいところです。
[PR]
by islandcenter | 2009-10-26 14:59 | Windows 7 | Trackback | Comments(0)

Novell Announces Availability of SUSE Linux Enterprise 10 Service Pack 3

新規に入れるなら 11 にしようか 10.3 でしょうか。
[PR]
by islandcenter | 2009-10-23 16:53 | SUSE | Trackback | Comments(2)

HinemosのVM管理オプションがXenに対応

 Hinemosは、情報処理推進機構(IPA)の「平成16年度オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業」の1つである「分散ファシリティ統合マネージャの開発」の委託を受けてNTTデータが開発したオープンソースソフトウェア(OSS)。ライセンスはGPLで、HinemosプロジェクトのWebページからダウンロードして、無料で使うことができる。

IPA の「平成16年度」(平成って西暦で何年だ?)の事業からのオープンソース事業。予算消化のためかな。

VM管理オプションは、これまでVMware ESX 3.5/ESXi 3.5に対応していたが、Ver1.1ではVMware ESX 4.0/ESXi 4.0とRed Hat Enterprise Linux 5環境で動作するXenへの対応が加わった(Xeon対応は11月1日)。もちろん、これらが混在した環境での一元管理も行なえる。

RH5 + XEN はクローズ方向に動いていて「何をいまさら」感です。準お役所仕事の予算消化の研究結果の発表でもしたいのでしょうか。

RHでも仮想環境での Windows の公式サポートを始めたわけですが
Red Hat、WindowsとEnterprise Linuxの混在環境での仮想化サポート
あくまでも KVM 上でのサポートです。
[PR]
by islandcenter | 2009-10-14 12:49 | XEN | Trackback | Comments(0)

詳細はこちらで

OpenSUSE 11.2 

カーネル 2.6.31、 ファイルシステム ext4 です

a0056607_14444272.gif

[PR]
by islandcenter | 2009-10-05 14:47 | SUSE | Trackback | Comments(0)