OES2 のDom-uは他のSLES11+Dom-0 サーバーで動いていた。このOES2 を SLES11+XEN Dom-0 のサーバハードウェアに Migrate すると

Kernel not found

となる。

Please click this line to English by Excite

仕方がないので、ソースの ISO からインストールを試みると、エラーポップアップがでない。Virtual-Machine-Manager がハングアップする。この現象は、OES に限らず SLES11 のインストールソースでも現象は変わらない。

/usr/lib/64/python2.6/site-pakages/vminstall/gtk/interface.py
の数行にバグがあって、エラーのポップアップが出ない

a0056607_14415219.jpg



-対策-

問題の interface.py の行をコメントアウトしてみると、V-Manager のハングアップはなくなったが、インストールがそもそもできない。どうもSparse File を作るディスクが不足しているように見えるので、 "df" コマンドを実施すると

can't open /etc/mtab for writing: stale NFS file handle

と出てきた。 interface.py のバグの部分は、根本的には”何らかの不具合があるため、xm createできない”ことを示そうとしている部分のバグである。Dom-0 の根本的な問題を解決しない限り修復はできない。

-結局-

仕方がないので、Dom-0 をクリーンインストールした。すでに出来上がっていた Dom-U の Migrate も全く問題なく動いた。たぶん、ディスクの容量を確認する部分のバグとその前に Dom-0 そのものの問題だったようだ。

-key word-

Novell, SUSE Linux Enterprise Server , SLES11, XEN, OESsp1b, プライベー・トクラウド、dom-u, 起動できない, インストールできない。

-Visite Mysite-

islandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2010-07-18 14:58 | XEN | Trackback | Comments(0)