※ 執筆時点での価格ポリシーです。現在の状態とはリンクしていない所があります。

商用製品を使って、実際に中小規模のネットワークでプライベートクラウドを構築するためには、それなりのライセンス費用がかかります。もちろん、無償のディストリビューションを使っても構わないのですが、その際の運用のリスクは全てユーザ側が責任を持たなければなりません。私も無償版の製品をお勧めする気持ちはありません。

ということで、「仮想インスタンスが無制限」という条件で、イニシャルコストがどれくらいかかるか、どれくらいの違いがあるかを価格表から調べてみました。

-SUSE の場合-
SUSE Linux Enterprise Server 11 (SLES11sp2)

SUSE Linux Enterprise Serverのライセンスと価格設定ポリシー
https://www.suse.com/ja-jp/products/server/policy.html

https://www.suse.com/shop/ によると
https://www.suse.com/products/server/how-to-buy/shop.html

2 Socket x86-64 の場合(1年)

Basic ¥ 41,880 ($349) - アクティベーションとリポジトリの追加
Standard ¥ 95,880 ($799) - アクティベーションとリポジトリの追加 + 営業時間のテクニカルサポート付

クレジットカードで購入できます。


-RedHat EL-

Red Hat Enterprise Linux Server, Standard (1-2 sockets)
http://www.sios.com/products/oss/redhat/price/server.html


Standard \ 259,900 2 Socket Unlimited(1年)

4インスタンス版もありますが、1台のサーバーで5個とか7個とかのゲストOSを動かす必要がある場合(テストランなどやればそれくらいはすぐ使ってしまいますからね)は物足りません。

-Windows Server 2012-

価格は販売店任せなので

公式サイトのポリシー(PDF)
http://download.microsoft.com/download/B/F/4/BF474812-BE9E-41CE-9F5F-6C6E2F0B5B22/WS2012_Licensing-Pricing_FAQ_ja.pdf

Server and Cloud Platform
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/buy.aspx


Datacenter Edition \ 925,000

ということになります。従来の Enterprise Edition は廃止され、 Standard では別な物理サーバーへの移動はライセンス違反になるようです。つまり Standard では、冗長化や付加分散のため、予備サーバーを用意しても仮想ゲストOSは移行できません。従って Detacenter Edition を選択することになります。また、MSDNなどのサブスクリプションで作ったゲストOSは、そのままアクティベートできないので、ライセンスを購入してからもう一度作り直す必要があります。Essentials や Foundation は論外となります。(そもそも機能がない)


-VMware-

あまり食指は動かないのですが VMware も考えて見ます。

ライセンス、価格設定、およびパッケージ ホワイトペーパー(PDF)
http://www.vmware.com/files/jp/pdf/vsphere_pricing.pdf

によると最低限 vMotion 程度はほしいので Standard Edition を選んでみます。

ぷらっとほーむによると
http://www.plathome.co.jp/agency/vmware/price.html

Standard Edition \ 131,800 + 馬鹿にならないゲストOSの費用

+ ハードウェア(VMware は動作するハードウェアをシビアに選びます)つまり「本格的なサーバ」が必要です。

ということになります。

-やっぱり光る SLES11 $375 の魅力-

 このサブスクリプションは「Linux はそこそこ使えるしテクニカルサポートも必要ないけど、最低限アップデートは欲しい」場合の本当(穂(本当に?)の最低限の費用です。以前は32ソケットまでこの価格でしたが、価格ポリシーが変わり 2Way までとなりました、4Way は ¥ 83,760 となります。

実際には、1Way 程度の SAS-HDD 付きのサーバークラスのハードウェアは80万から100万前後です。これを2台稼動させようとすると SUSE Linux Enterprise Server (SLES11sp2) を稼動させ、プライベートクラウドのインフラストラクチャとすると、200万円程度で仮想化インスタンス無制限のインフラストラクチャの構築が可能です。ヘビーな用途があるなら 2Way サーバーが必要でもう少し費用がかかりそうですが、これはどの仮想インフラストラクチャも同じです。SUSE の場合Linux カーネル 3.x ですので XEN が基本ですがオプションとして KVM のインフラストラクチャも用意されています。

また、評価版を使った場合、そのままアクティベーションキーを設定すれば良いだけで、評価版固有の「再インストール、再設定、再テスト」というステップを省くことができます。

SUSE Linux Enterprise Renewal Process FAQ
https://www.suse.com/products/renew_faq.html

Q)What happens if I decide to renew after a number years? Am I charged for past years?

A)No. We are glad you recognize the value of a subscription and there is no penalty for past years. Subscriptions are not back dated.

とありますので、サブスクリプションが切れたことによる過去にさかのぼってのペナルティはないそうです。

仮にある程度、応用の効くよう2物理ハードウェアに搭載する場合、 SUSE Linux では 初期8万円程度のサブスクリプションが必要で RedHat の場合は50万円。Windows Hyper-V を使う場合は200万近くのソフトウェアライセンス費用が必要となります。


islandcenter.jp

プライベートクラウド 構築 価格 初期費用 違い
[PR]
by islandcenter | 2013-06-24 13:09 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(4)

Novell K.K で正社員募集中

ノベルの日本法人で正社員募集中だそうです。

http://www.novell.com/ja-jp/company/careers/

まぁ、さまざまなOpenStack や CloudStack のようなオープンソースクラウド製品がリリースされる中、いつまでも 先が見えてしまったプロプラエタリな PlateSpin だけでは商売にならないということが、ようやくわかって来たようです。ドル箱の OES関連の技術を捨てて 過去1年ほど SUSE SLES の Linux ビジネスから撤退状態だったので、 2年前に大量解雇した SUSE SLES の Linux プリセールスエンジニアも募集中との事。××を見てみたい方はどうぞ。
[PR]
by islandcenter | 2013-06-21 14:20 | Novell | Trackback | Comments(0)

-患者-

Windows 7(x64) プリインストール Core i3 8Gメモリの 13inch ノートブック


-元気な頃-

まず、コンピュータの管理>ディスク管理メニューからC:のリサイズを行って、D:を作成したもの。
C:のデータを「無くなるもの」といつも覚悟はできており、D;は 200G ほど確保して、全てのデータはこちらに保存している。

空き領域に openSUSE 12.2 を 20G バイトほどインストールし ntfs-3g で D: のマウントも問題なし、XEN カーネルで起動すれば、XEN のイメージは D:に保存するようにして XEN カーネルブートを主に行う。
とは言え、やっぱりアプリケーションの豊富さもあるので、主に Windows7 でブートして、ほとんどファイルサーバーかリモートデスクトップ状態でありました。幸せな数ヶ月でした。

-Windows8を入れた-

更に空きパーティションがあるので Windows8(x64) を入れた。パーティションサイズがわかるようわざと43Gという不自然な領域を確保する。当然 Grub が書き換えられるので openSUSE を再インストール(updateインストール)して Grub を書き直す。openSUSE には SUSE Linux Enterprise のようなチェックとレスキューのメニューがないので再インストール、YOU による Online Update が必要なのですね。

-Windows8が壊れた-

何のことはない、たかが Bluetooth のマウスのドングルなのだけど、最初は動いたと言って喜んでいたが、再起動したら見事に認識しなくなった。ここから、起動方法を「回復起動」に変えてみたら、ここから地獄の無限ループに陥る。43Gでは「Windows の回復」もできないのである。この Bluetooth 事件は Windows8(x86)では発生しなかった。幸せは一晩で壊れてしまったのですね。

ということで Windows 8 を削除して再インストールした。

openSUSE 12.3(今度は 12.3) を再インストール、GRUB の書き換えを行った。
が ntfs-3g の問題で NTFS パーティションがマウントできず。 YOU(YaST Online Update) でアップデートしたら問題がなくなった。

その前にえらく時間がかかるバックアップを取ったのは言うまでもない。


-Windows 8 の Hyper-V が「構成」できない-

ここで Windows 8 で起動して、Hyper-V を構成して、再起動すると「構成に失敗しました、元に戻します」とループに陥る。

ここでもう一度 Windows 8 を「クリーンに再インストール」して GRUB ブートを殺してから Hyper-V を導入したら、正しくHyper-V を「構成」できた。

-全部アップデート-

ここで Windows8 も openSUSE 12.3 も双方共にオンラインアップデートをかける(通信回線どれだけ使うんだ?) どちらも初期バグがひどいことはわかっている。

openSUSE 12.3 で NTFS パーティションも読み書きできるようになるし、 Hyper-V も動いた。

-しかし今度はオーディオが-

しかし今度は「音」が出ない。本体から出ないのになぜか MSTSC からリモートデスクトップでは音が出る!。本体のスクリーンにはスピーカーのアイコンに×が付いている。サウンドドライバは動いているのにスピーカーを認識しなくなったのだ。システムを切り替えるとちゃんと音は出るので、ハードウェアの故障じゃない。

※追記: オーディオのドライバは Driver Magician Lite で Windows7 用ドライバを、PC購入早々、D:に初期保存していたのでこれで復旧しました。あって良かったドライバのバックアップ。
http://www.drivermagician.com/
Gigazine の紹介記事
http://gigazine.net/news/20090520_driver_magician_lite/
それにしても Windows8(x64) のPnP の怪しさよ......
--ここまで追記

-教訓-

- やっぱり Windows8 の x64 版は信用できないなぁ。特にドライバ周り。

 Bluetooth の次はサウンド。もうあり得ない。特に x64 周りのドライバは信用できない。やっぱり Windows は枯れた x86 32ビット版に限る。タブレットOSと考えると Bluetooth は使いたいモノなのだけれど、そのためにわざわざ有線マウスを使わなければならないのですね。

- openSUSE は所詮テスト版

openSUSE は大変よろしいのだけれど、これを「まともに使う」には割り切りが必要です。リリース版にはバグが沢山あるし、クリーンインストールできる環境でテストする人のためのものです。こうしたオープン系の無償リリースで文句を言うなら、英語で直接コミュニティのバグリストに英語で投稿すればよいのです。あなたも「カイゼン」の役に立つのだ。たいていパッチを当てると直るけど。

仕事で使うならちゃんとしたディストリビューションを使うべきです。幸い SUSE Linux Enterprise の場合、まず、よほどのことがない限り、固まったとか初めからバグってるということはあまり見かけないし、インストールディスクにはリカバリメニューもある。 openSUSE の場合は、修復とかの機能はインストーラにはありません。新規インストールだけです。他は試していないけど、 Fedora とか Ubuntu でも似たようなものなのでしょうか。大まかな機能やコマンドは共通性がありますが、やっぱり商用版とオープン版ではモノが違うという認識は重要ですね。

ただしノートブックのようにさまざまに怪しげなデバイスをつなぐ場合はやっぱりオープン版の方が「チャレンジ」すれば動くところは貴重です。商用版で「売る」にはこういったデバイスのチェックもやらなければならないわけです。SUSE Enterprise Server(商用版)の恐ろしいほどの堅牢さ、使いやすさはこういった「人柱」が作り出すものなのです。

-必要な機能は全部インストールしてから

Hyper-V の「構成に失敗」する理由は多分 Grub によるものだろうと推測します。どうせ XEN ハイパーバイザーのコピー品みたいなものなので、ブートローダーに何らかの手を加えようとして失敗するのでしょう。 Hyper-V をイネーブルにしてから、 openSUSE の Grub をインストールしなければならないようでした。

-仕事で選ぶなら Windows8 より Windows7 -

仕事でコンピュータらしく使うなら、残念ながらそう言うしかありません。確かに Windows8 の起動の早さはすばらしいのだけれど、マインスイーパー一つ起動するのにも30秒以上かかるのは問題ありとしか言えないな。ああいったゲームは「ボスがいない」間にちょろっとやるのがよろしいわけで、「ボスが来た」ところから数ステップを使ってデスクトップスクリーンに戻るのはいかがなものか。所詮タブレット向けで、SSD搭載のハードウェアで動作することが前提なのですね。

islandcenter.jp
[PR]
by islandcenter | 2013-06-19 13:53 | Windows 8 | Trackback | Comments(0)

-現象-

Windows 8 (x64) 上で Broadcom Bluetooth V3.0 USB Device / Bluetooth Generic Adapter が動かない。

-原因-

不明

-解決策、回避策-

なし。諦めろ。

-経過-

Generic デバイスドライバーで動作する iBuffero 制マウスと USB Bluetooth レシーバを取り付けたところ、デバイスがは認識するが動作しない。因みに昨日初めてペアリングした時は問題なく動作した。再起動したら全く認識できなくなった。

a0056607_15381295.jpg


因みに「更新」してみると
a0056607_15404470.jpg


「デバイスの製造元がわかっている場合」って、それは Microsoft とでっかく書かれている。
a0056607_15485219.jpg


因みにデバイスドライバファイル自体を消してしまおうと思ったが、ファイルアクセスで拒否られた。このドライバを使っているレジストリも削除しようとすると、やっぱり拒否られた。同じハードウェアは Windows 7(64) j上でなんの問題もなく動作している。

pnputil.exe で Microsoft 毎消してしまう?

-PS:ちなみに-
この現象は Windows8(32)では発生しなかった。
システムの回復はできず。リフレッシュしようとしたら「ディスクの空きが足りない」と言われる。そこから元に戻って「ディスクの空き」を作ろうとしても、ぐるぐるループして、起動できず。

ドライバ一個で全フォーマット、再インストールって何よこれ。D:ドライブにデータを全部保存しておいて良かった。



--
ということでヘルプ希望。


-教訓-
やっぱり枯れたシステムを使うに限る。64版より32ビット版、Windows8 より Windows7、Windows8 が安定するまであと3年はかかりそうだ。
[PR]
by islandcenter | 2013-06-15 15:53 | Windows 8 | Trackback | Comments(0)

-現象-

SUSE Linux(SLES11) で apache の再起動ができない。

Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
startproc: exit status of parent of /usr/sbin/httpd2-prefork: 1

-対策-
http ポートを使っているプロセスが邪魔をして起動を妨げている。

# lsof | grep http

でプロセス番号を見つけて kill する。



sles11:~ # /etc/init.d/apache2 restart
Syntax OK
Shutting down httpd2 (waiting for all children to terminate) done
Starting httpd2 (prefork) (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
startproc: exit status of parent of /usr/sbin/httpd2-prefork: 1
failed
sles11:~ #
sles11:~ # lsof | grep http
winexe 3020 wwwrun 3u IPv4 8061 0t0 TCP *:http (LISTEN)
winexe 3020 wwwrun 9u IPv4 8082 0t0 TCP sles11.intra:http->192.168.1.2:36692 (ESTABLISHED)
sles11:~ # kill 3020
sles11:~ #
sles11:~ # /etc/init.d/apache2 restart
Syntax OK
Starting httpd2 (prefork) done
sles11:~ #


プロセスがオープンしているファイルの一覧を見る

lsof man page

一番役になった情報
Apache cannot be started with the error "(98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:443 no listening sockets available, shutting down.

islandcenter.jp


-Keyword-

SUSE SLES11 Linux Apache2 再起動できない。
[PR]
by islandcenter | 2013-06-05 08:23 | SUSE | Trackback | Comments(0)

リモートPCの管理にわざわざ RDP 接続するのも面倒だし、ちょっと調べ物や設定変更をしたい場合、PsExec や winexe などのツールが便利です。

-Windows と PsExec 編-

PsExecはこちら

http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897553

ダウンロードしたファイルは、解凍してパスが通る任意の場所に保存します。と言っても Windows7 でパスがあるところなんて限られていますので C:\windows\system32 あたりにコピーします。(怒られますけど)

ここで psexec を remotepc に対して cmd.exe を実行します。

※接続先が Windows Vista/7 以降は管理権限のあるユーザ Administrator Groupでも接続できません。 Administrator で接続する必要があります。 Administrator を有効にしてパスワードをセットしろよということですね。つまり Builtin アカウント "Administrator"を有効にする必要があります。

※ ちなみに Linux 版 PsEexec である winexe パッケージも同じ問題があります。"administrator"しかセッションを許可しません。


なお、PsExec ではセッションが開くまで朝のターミナルの駅のトイレ並みにかなり待たされるので短気を起さないでください。たぶん、MSbrowse をして、ネットワーク中にパケットを送って問い合わせているのでしょう。短気な方は Linux 版の winexe パッケージを使ったほうがDNS名前解決をするのでトイレの鍵が壊れているの?ってくらい高速に接続できてよさそうでした。


C:\tmp>psexec \\remotepc -u administrator -p adminpass cmd.exe

PsExec v1.98 - Execute processes remotely
Copyright (C) 2001-2010 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com


Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\system32>ipconfig <--トイレにいる間接続した。コマンドを実行してみた。

Windows IP 構成


イーサネット アダプター SUSE:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.1.24
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.1.1

Tunnel adapter isatap.{03C3BE8D-16A5-4D4C-B651-E12983B33A44}:

メディアの状態. . . . . . . . . . : メディアは接続されていません
接続固有の DNS サフィックス . . . :

Tunnel adapter ローカル エリア接続*:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . : 2001:0:4137:9e76:4fb:12e1:22xx:8cyy
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::4fb:12e1:22ef:8cb1%10
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : ::

C:\Windows\system32>exit
cmd.exe exited on remotepc with error code 0.

C:\tmp>



PsExec 以外にもさまざまなコマンドがあるので、必要に応じて利用できそうです。

リモート・コンピュータ上でプログラムを実行する(PsExec編)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1416psexec/psexec.html

-SUSE Linux で winexe 編-

SUSE Linux で winexe を利用する場合、 opensuse の software.opensuse.org にあります。 'winexe' でサーチをかけると rpm パッケージと 1Click インストールのリンクがあります。
http://software.opensuse.org/package/winexe
手早くやるのなら、 rpm をダウンロードして

a0056607_16464678.jpg


# rpm -ivh xxxx.rpm

でインストールするのがよいでしょう。

ただし Windows は ASCII 文字だけしかサポートしていません。SJIS使ってるの Windows だけだぞ。これ何とかしろよ、と言いたくなります。全く同じコマンドのクセに、表示が英語のままだと思っていたら、そのうちに滅茶苦茶意味不明なニホンゴにローカライズされているため、grep などでは使い物になりません。ターミナルの設定が ascii の場合はたぶん問題ないのかもしれません。(普段使いの putty にはSJISという概念がなかった....puttyJP版はなら SJIS も表示できます)



sles11:~ # winexe -U administrator%adminpassword -n mypc //192.168.1.24 "cmd.exe"
Unknown parameter encountered: "passdb backend"
Ignoring unknown parameter "passdb backend"
Unknown parameter encountered: "printing"

: 中略

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved. <---- 瞬時につながる。

C:\Windows\system32>ver
ver

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]

C:\Windows\system32>exit
exit
sles11:~ #



※ なお "cmd.exe" はダブルルォーテーションで囲っていますが、動かない場合もありました。文字コードとかあるんでしょうか。'ipconfig /all' のように DOS 窓に送るコマンドにパラメータが付く場合はコマンドラインを ( ' ) シングルクォートで囲う必要があるようです。

teraterm では SJIS にしてみたけど動きませんでしたが //remotepc の前はスラッシュ(/) にすると動きました。
a0056607_17233981.jpg


バックスラッシュで動作する場合と端末によってはスラッシュしか受け付けないことがあるようです。このあたりははまりどころです。

-ビルトインアカウント Administrator を有効化-

通常 Windows7 をインストールするとビルトインアカウント Administrator は無効です。有効にするにはコントロールパネルでは行えないので mmc コンソールを使います。Professional か Ultimate で使えます。つまり無印 Windows7 (Home版)では使えません。

> mmc

「ファイル」> 「スナップインの追加と削除」より「ローカルユーザとグループ...」のスナップインを追加します。ここから Administrator を有効化します。
a0056607_16274747.jpg


この後、コントロールパネルで Administrator アカウントのパスワードをリセットします。

winexe も PsExec もこのアカウントでなければ処理を受け付けないようです。

-Keyword-
Windows リモート実行 Windows7/Vista winexe suse linux psexec winexe


問い合わせは
islandcenter.jp

--
[PR]
by islandcenter | 2013-06-04 08:40 | SUSE | Trackback | Comments(0)