Windows10 は「最後のWindows」です。Windows10 以降はどうなるのか全く不明である以上、今 Windows7 を使っている社内PCは全て Windows10 に入れ替える事になります。その日はこれからすぐかも知れないし、Windows7 のサポートが終わる 2020年までにゆっくり考える事かも知れません。

この記事の内容は書き換える可能性があります。

Windows 10 は一般メディアでは「良くなった」事ばかりが強調されていますが、実際に Windows XP/Windows7 から移行すると、「過剰に便利で余計なお世話な機能」が余りにも多くあります。こうした機能は使わない、あるいは初期設定で削除して、ユーザとヘルプデスクの負荷を減らす事を検討してみました。

そこでエンタープライズ環境で Windows10 の「どこをカスタマイズして」簡単に悩まず使える環境になるのか、デフォルトで使ってはいけない機能、を考えてみました。


-セットアップはローカルアカウント-

セットアップはローカルアカウントで行います。大抵は、管理者用のアカウントを作って、その後、ユーザアカウントを作る事になるでしょう。

ネットワークに繋いだままだと「Microsoft アカウント作れよな」とうるさいので、ケーブルも Wifi も切っておきましょう。ローカルアカウントを作成してくれます。大抵の場合は、ローカルアカウントか、ドメインアカウントを使うでしょう。


-ネットワークのチューニング-
ネットワークの禁忌事項を全て解除します。ネットワークのプロパティ>”ネットワークのドライバ名”の下にある構成を開き
a0056607_12502297.jpg


xxxx offload 系のパラメータで Enable になっているものは全て Disable にします。
a0056607_12503649.jpg


ついでに IPV6 も Disable にしてしまいましょう。

これらを Disable にしてトラブルになったことはありませんが、Enable にしてトラブルが起こることは良くある話です。特にリモートデスクトップが異常に遅い場合は大抵はこのパラメータです。しかもデフォルトで Enable なので、始末が悪い。

-クイックアクセスの変更-

クイックアクセスは便利なようで、非常に不便な機能です。プレゼンテーションを始めようと、エクスプローラを開いたら、さっきまで編集していた「××様見積書」だとか「xxx社へのご提案書」なんて、ファイルがズラズラと出てきます。

クイックアクセスは恥ずかしい。

という事で、クイックアクセスには「よく使うファイル」を表示させないようにします。

Windows10 の恥ずかしいクイックアクセスを表示しない。

その代りクイックアクセスにはピン留ができるので、これはこれで便利な機能です。

また、フォルダオプションに、エクスプローラを開いたときのデフォルトの表示を、クイックアクセスにするか「PC」にするかの選択トグルがあります。 Windows7/8 風に利用させたい場合は、「PC」にするのが良いでしょう。

-OneDrive の削除-

OneDrive はエクスプローラの非常に目立つところにあります。従ってユーザは「とりあえずファイルはここに保存しておこう」という事になります。OneDrive の機能も意味も分からずにやっちゃうわけですね。

OneDrive に保管されたファイルは自動的にクラウドにアップロードされる。デジカメの数十Mbなんかのファイルが何の意味もなく、アップロードされ、ISPとの上り回線を圧迫します。どこかの機器が壊れて DDoS 攻撃の踏み台にされているのか、というくらいのトラフィックを作り出します。当然、ラップトップやタブレットの場合、少ない無線リソースを食いつぶしますし、従量課金制やトラフィックの総量制限がある環境ではあっという間にトラフィックを食いつぶします。

USBメモリを使わなくても、自宅にファイルを転送できる。風呂敷残業も自由自在で、特別なセキュリティ対策のない「自宅PC」から情報漏えいがあっても、管理者は原因を突き止める事ができない、というネットワーク管理の重大なアナとなります。

利用目的が分かっているヒトには便利な機能でしょうが、一般的に利用するには無駄に負担がかかる機能です。さっさと削除します。

Windows10 の OneDrive を無効にする方法

※ なお、Windows10 からは、エクスプローラに「ごみ箱」は表示されません。System.IsPinnedToNameSpaceTree というレジストリを操作する事で表示されたり、消したりできるようです。このレジストリをイジルと、OneDrive そのものの非表示も変更できるようですから、壊れても構わないぞ、というチャレンジャーさんは、調べてみてください。

-高速スタートアップ-

百害あって一利なしの「高速スタートアップ」はさっさと無効にしましょう。
Windows8 の高速スタートアップは無効にすべし
シャットダウンして、周辺機器やディスクをつなぎ直して、「あれぇ!」と悲惨な事故を起こさないためにも、高速スタートアップは無効にします。

こいつは、無効にしておいても、Windows8 からのアップデートで見事にゾンビの様に復帰して「有効」になっていました。頼むからこの機能は削除して欲しいものです。

その代りにハイバネーションとかを使えばいいだけの話です。


-タスクビュー(仮想化デスクトップ)ボタンの削除-

タスクビューは、、例えば、エクスプローラと、ドキュメントアプリケーションと、画像加工ツールなどをひとまとめに「タスク」とする機能です。

当然他の「タスクビュー」も作れます。ブラウザと、電子メールのアプリケーションを一つのタスクとする機能です。

うまく使うと、「ドキュメント作成作業」と、「メールの返信作業」が「別なタスク」として、タスクビューを切り替えれば、作業を切り替えて集中できるのですが、この機能自体が、イタズラにエンドユーザの操作を混乱させる可能性があることは容易に想像できます。

ある意味 Windows10 の「良くなった一番便利な機能」だと思うのですが、 Linux 系のデスクトップを使った事のあるヒトなら、まだまだ「使いづらいなぁ」と思います。タスクビューボタンか Windows+TAB キーでなければアクセスできない。間違ってタスクビューを押してしまって、「目的の画面がない」と騒ぎ出すエンドユーザと、何が起こっているのか分からないヘルプデスクの闘いは見ものになりそうです。

例えば openSUSE 13 のワークプレースは、カーソル移動だけで、ワークプレースの一覧が出てくる。ドラック&ドロップでアプリケーションを別なワークプレースに移動できる。しかし Windows10 のタスクビューは、タスクビューボタンを押すか Windows+Tab でタスクの一覧を出して移動させるのが面倒くさい。タスクビューにアプリケーションを入れ替えるには、右ボタンで「移動」させるか、タスクビューの中から別なビューにドラック&ドロップしなければできない。

1アクション多いのです。だから「これ何ぁーに?」と聞かれる事も多いでしょうし、他のタスクビューを開いている状態で、タスクバーのショートカットをクリックすると、新しくアプリケーションが開いてしまう。つまりデフォルトでは使いづらい。完成度が低いのです。

これを避けるためには、常に「タスクビュー」という新しい概念をユーザが知っている必要があります。目的のアイコンをクリックしたら、全然違うファイルを開いてしまった、というミスオペレーションを避けるためにも、タスクビューは慣れるまでの間はボタンを削除しておくのが良いでしょう。

Windows10 のタスクビューと検索アイコンを表示させない

また、タスクバーに常時、今アクティブなタスクに切り替えられる様に、アクティブなバーをタスクバーに表示させます。「設定」>「システム」>「マルチタスク」>「仮想デスクトップ」を「全てのデスクトップ」に切り替えます。
a0056607_10272784.jpg


これでタスクバーのアクティブタスクをクリックすると、1クリックで自動的に仮想デスクトップが切り替わります。それにしても使いにくい。

ついでにデフォルトで「新しいデスクトップ」が3つほど初期設定されていますが、これはユーザにPCを配布する前に Windows+TAB キーで、リストを出して、全部、×ボタンで削除しておくと良いでしょう。

-視覚効果-

必要かどうかの判断は難しい事ですが、「視覚効果」を無効にすることで、Windows7 の UI に近いデザインになります。
a0056607_13263324.jpg

コントロールパネル>システムの詳細設定>パフォーマンスで視覚効果を抑制できます。「パフォーマンス優先」にすることで視覚効果を無効にします。カスタムメニューもあるので、これはユーザフレンドリーだと思われる効果だけをチェックする事ができます。


-プライバシーオプション-

これは幾つかの選択があります。例えば、カメラもGPSも付いていないデスクトップPCの位置情報やカメラアクセスを許可しても意味ありません。(もっとも動作もしない)しかし、GPS内蔵のタブレットPCでは、位置情報を送る必要がある訳です。
a0056607_13301150.jpg


残念ながら、この設定はグループポリシーではできない様です。もっとも Microsoft Active Directory のグループポリシーは「OU単位でナンボ」でザックリしていて、ほとんど使い物にならないでしょうから、一台一台必要の可否を検討しなければなりません。グループポリシーの雑な機能では、これらを一台一台設定することはほとんど不可能なので、こういう仕様なのかもしれません。

この様な設定をグループポリシーで制御しないのは、タブレットやスマートフォンなどのモバイルユーザをどう制御するかの、中途半端な迷走の様なものを感じます。

-ストアアプリの禁止-

ストアアプリは Windows8 ではグループポリシーで禁止することができましたが、Windows10 では禁止するポリシーが見つかりませんでした。あれば教えてください。

ストアアプリのインストールをポリシーで制御できないという事が、重大な欠陥なのか、戦略なのかは判りません。いずれにせよ Windows7 的なのっぺりしたUIだけがあればいい、という事にはできない様です。


-通知の抑制-

通知が便利なヒトもいれば、ウザいと思う人もいる訳です。プレゼンテーションや、外回りのセールスなんかで、客先で画面を開く機会が多いユーザの場合はオフにします。
a0056607_13365310.jpg

ただ、残念ながら、この設定はグループポリシーではできない様です。もっともADのグループポリシーは、コマメなユーザ毎、グループ毎の設定ができず、OUをまとめてドーンなので、あまり使い勝手がイイとは思えません。Novell ZENworks のようなサードパーティ製のグループポリシー管理ツールの今後に期待しましょう。

-従量課金、トラフィック管理-

設定>ネットワークとインターネット> Wifi の項目を確認します。
a0056607_1340190.jpg

会社支給のスマートフォンで、テザリングした場合、Windows Update だとか、アプリのアップデートなど、とんでもない不愉快な請求書が届くことになります。

これは Wifi の SSID 毎にやらなければならないので、ちょっと大変です。社内の Wifi とか、コンビニの無料 Wifi では無制限、スマートフォンの SSID の場合は容量をキッチリ制限しなければなりません。もっとも無線機能のない有線環境では特に気にする必要のない事です。

- Windows Update のソースを変更する -

Windows10の Windows Update はデフォルトで使ってはいけない。


Windows Update は Windows10 より P2P によって配信されるようです、デフォルトでは、アップデートは Microsoft の Update サーバーからではなく、「どこの小僧かもわからないコンピュータ」からアップデートを受ける仕掛けが用意され、デフォルトです。また、自分自身がアップデートのソースサーバーになる可能性もあるので、できるだけアップロード側のトラフィックを制限するために、 Windows Update は、構内LANからのみP2P配信するように設定します。
a0056607_19492327.jpg
※追記

Windows10 を導入する前に - アップデートのダウンロードをしない。


これも重要です。テザリングだとか、細い回線使っていると、知らぬ間に、アプリのアップデートが行われてしまいます。当然、通信料金は ISP さんへのお布施になります。月末に速度制限に引っかからないよう、ストアアプリのアップデートは抑制しましょう。
<-- 2016/3/11

-同期の停止-


複数のPCを同じアカウントで、それぞれ異なったPCの設定をお節介にも同期してくれます。普通不要なので、よほどのものでなければ同期をOFFにします。
a0056607_09181199.jpg

--
まだまだ、不明な所もありますし、今後 Windows10 がアップデートされると、改良(悪)される部分もあるでしょう。これで全てという事はありません。この記事の内容は書き換える可能性があります。

こうすべきだ、というご意見があれば、コメントください。

islandcenter.jp

-Keyword-

Windows10 デフォルトで使ってはいけない。禁止、停止、使わせない。

[PR]
by islandcenter | 2015-08-20 12:24 | Windows | Trackback | Comments(6)

ネットワーク管理者にとっては、シャドウIT、シャドウクラウドはセキュリティ上でも、運用の上でも脅威の一つです。
その中でも極悪なのが Microsoft の OneDrive です。OneDrive はローカルに保存したデータを、クラウドに転送しようとするため、ただでさえ空けておきたい上り回線に大きな負荷をかけてしまいます。

OneDrive のアイコン自体が非常に目立つところにあるので、エンドユーザとしては「便利なのかどうなのか」の判断もなく、そこにファイルを重要なのか、共有したいのか、モバイル機器でも利用したいのか、という判断なく保存します。目立つところにあるから保存してしまうのですね。その結果がどうなるのかは全く気にしない、というのが普通の企業内のエンドユーザ様の行動です。

内部構造がどうなっているのかはわかりませんが、最悪な作りは、「データベースの差分」を同期するのではなく、「ファイルそのものの同期」です。この手のアプリケーションサービス固有の問題として、コッチのPCで編集して、アッチのPCで編集なんかすると Notes や Evernote の様な、「同期エラーによる複製」が作られてしまう可能性もあり、決して便利とは言えません。

ははーん、これ使えばUSBメモリがなくても自宅で風呂敷残業できるンだなぁ。と気が付くエンドユーザさんはまだいい。これで「USBメモリによる重要データの持ち出し禁止」のルールを別な方法で、しかもシステム管理者、セキュリティ担当者に気づかれずに社内ルールには合法的に行う事ができるのですから、非常に便利であるし、運用側からするとリスキーな機能そのものなのです。

ある日、やけに Outgoing のトラフィックが多いなぁ。これは情報漏えいか、DDoS の踏み台にされていたのかと気になっていたので調べたら原因は OneDrive でした。

また、ノートブックなどで、スマートフォンのテザリングを有効にしている間、メールチェックのつもりが、OneDrive の同期なんかが始まってしまうと、通信容量制限にあっという間に引っかかったり、従量制課金の場合、後で怖い請求書を見る事になります。

という事で、OneDrive を無効にする方法。

gpedit を起動 > ローカルコンピュータポリシー> 管理用テンプレート> Windows コンポーネント> OneDrive の 「OneDrive を記憶域として利用できない様にする」 を 「有効」にします。
a0056607_20412797.jpg


再起動すると OneDrive 自体がエクスプローラから綺麗さっぱり消え去ってくれます。

--
あのぉ、ウチのは Pro じゃなくて 無印版なんですけどぉ。と言う方、そもそも 無印版を企業で使う事自体オカシイです。そういう質問を必死にしていた方が Microsoft Community にいらっしゃいましたが、質問する事自体、おかしいですね。 SOHO の場合は逆に OneDrive は便利だ、と考えて積極的に、あなたの猫の写真の保管場所にでもすることをお勧めします。タブレットとかスマホで他人に簡単に自慢できますから。そういう機能なんです。

その他の情報はこちら
islandcenter.jp


- Keyword -
Windows10 OneDrive 削除 非表示 トラフィック 従量課金 低減



[PR]
by islandcenter | 2015-08-15 13:19 | Windows | Trackback | Comments(2)

Windows10 に乗り換えて、エクスプローラを開いて「なんじゃこれ」というのがクイックアクセスです。

エクスプローラを開くと過去に開いたファイルがズラーリと羅列される。まぁ「正しいニッポンのビジネスマン」なら、家族の目の前でPC開いて春画のファイル名やサムネイルが表示されたりして、下半身の品格が疑われる事は、ま、ないと思いますが、先ほどまで作っていた顧客の名前のドキュメントなんかが表示されてしまうと、他のお客様との打ち合わせで「コッパズカシイ」思いをする事もあるでしょう。それだけじゃなく、そのファイル名が打ち合わせしている顧客のライバル企業だと、実質的な情報漏えいです。例え、風呂敷残業のついでに、開いた NAS のファイルパスまで残ってしまうので始末が悪い。

-クイックアクセスに履歴を表示させない-
という事で、このWindows10 の邪魔なクイックアクセスからあなたの下半身の品格と、「あァーたはモぉ」「パパやらしい、エッチぃ」という阿鼻叫喚フォークは飛ぶは茶碗はひっくり返る、夕方のダイニングテーブルから家庭の平和を、じゃないな、過去の開いたファイルの履歴を表示させない方法です。

あーぁ、春画のフォルダが残っている。ORZ.... そこでエクスプローラから「クイックアクセス」を右ボタンで「オプション」を開きます。

a0056607_12200131.jpg

オプションの中から「プライバシー」の中の「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」のチェックを外します。

a0056607_13323015.jpg


これでエクスプローラには、マイドキュメント以外が表示されなくなり、人類の平和が守られるのですが、クイックアクセスには「ピン留」という逆技があります。つまりよく使うフォルダを「クイックアクセス」に登録してしまうのです。これにより、エクスプローラの中に「やる気システム」なアイテムを羅列できるわけです。

「ほーら、パパちゃんと仕事してンだろう? な。」みたいな。

-クイックアクセスを積極的に使わせたい-
そのためには、よく使うネットワークの共有フォルダなどを「クイックアクセスにピン留め」します。
a0056607_13361895.jpg


これで、エクスプローラの平和と仕事の効率に平和が訪れます。

-Windows7/8 系と同じ表示にしたい-

Windows7/8 でエクスプローラを開くと "MyPC" の中のドライブであるとか、ドキュメントフォルダがデフォルトで開くわけですが、できるだけ Windows10 風に使わせず、あくまでも従来の I/F にしておきたい場合があります。その場合、エクスプローラのオプションから「エクスプローラで開くフォルダの参照」を "クイックアクセス" から "PC" に変更します。これで、そのまんま Windows7/8系の 初期画面に変更できます。
a0056607_1182078.jpg



その他のノウハウは
islandcenter.jp


-Keyword-

Windows10 Windows 10 エクスプローラ クイックアクセスに過去の履歴を表示しない クイックアクセスを削除 クイックアクセスに登録。 Quick Access Disable

[PR]
by islandcenter | 2015-08-12 13:38 | Windows | Trackback | Comments(12)

Linux デスクトップでは当たり前に使われているタスクビューがやっと Windows10 にも搭載されました。

が、あまりにもアイコンが小さすぎて使いづらい。慣れてしまえばどうと言う事はないのですが、既に、起動しているアプリケーションのタスクバーのショートカットを間違えて叩いて、「あれぇー!」となってしまう事がよくあります。

もし企業向けに大量に Windows7 -> Windows10 への移行をするならば、タスクビューを使わない様にしてあげるのも「親切」な場合があります。

a0056607_15261726.jpg


タスクビューを消すには、タスクバーを右クリックして、「タスクビュー」のチェックを外すだけです。ついでに、あまり使わない「検索アイコン」も消してしまいましょう。


islandcenter.jp

ボタンがなくて寂しい場合は Windows + Tab キーで表示されます。


-keyword-

Windows10 タスクビューを表示しない。タスクビューを使わせない。
[PR]
by islandcenter | 2015-08-11 15:32 | Windows | Trackback | Comments(0)

今回使ったのは Core i5 3230M 2.5Ghz 普通の、1世代前のノートブックPCです。

なぜ、面倒な ISO インストールを行ったかと言うと、ウチは平気なのですが、実家の妹夫婦が使っている回線が僻地なので未だにダイアルアップ回線だからです。ダイアルアップ回線では Windows10 のオンラインアップグレードはほぼ不可能。という事で帰省した時の練習を兼ねてやってみました。

また、企業などで Windows 7/8 混在環境で全てのPCをオンラインアップデートすると、とたんに回線がパンクするという、ナイスな方法をマイクロソフトは提供しています。しかも Windows10 アップデートは、Windows Update Service (WSUS) も無視してくれるみたいですし、プロクシを通したところで3Gバイトものコンテンツをキャッシュするプロクシの設定は考えたくない。というか Windows Update はほとんどプロクシキャッシュを無視してくれるので、全世界何億台のPCが Windows Update 経由で Windows 10 にアップデートします。効率悪い。

※ ISO アップデートは Windows のライセンス認証が正しく引き継げない場合があります。この場合、Windows7 に「回復」をして(はぁー、すごい時間がかかる)、Windows Update をしつこくやって、「田」アイコンからオンラインインストールする必要があります。ブロードバンド環境ならいざ知らず、4G回線などの場合は、契約の容量を使い切ってしまうので注意しましょう。静かにコンビニなんかの駐車場で無料 Wifi を使う必要があります。



-MediaCreationToolx64 のダウンロード-

まずは Windows Media Creater をダウンロードします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
a0056607_1854883.jpg

このツールをダウンロードするには、32bit OS では 32bit 版、64bit OS では 64 ビット版が必要です。後述しますが、機能は全く一緒の様です。


ちなみに、この画面が出てくるまで台所でコップ一杯の水を飲むくらいの時間がなぜかかかります。起動できないと「再起動しろ、この馬鹿」と言われますのでご注意を。
a0056607_1864830.jpg


ここでエディション、アキテクチャの選択ができます。 Home と Pro, 32bit, 64bit の選択ができるので、必要なものを選びます。どうしてわざわざこんなツールに 32/64 の両方があるのか理解できません。という事で一つの Media Creater ツールで HOME/Pro, 64Bit, 32Bit を落としておきます。一つ3Gですから、回線によっては時間が掛かる訳ですが、使っている Windows の負荷状態でダウンロードの速度は違う様です。決して回線をフルに使ってダウンロードしているわけではない様です。そこで、4本落とすのに4日かかりました。
a0056607_187696.jpg


USB ではなく ISO を選びます。
a0056607_1873567.jpg


ファイル名は "Windows.ISO" なので W10-32pro.ISO などに変えておくこと。

そして長い事待つ。

ダウンロードが終わったら、ISOイメージをDVDメディアに書き込みDVDより再起動(敗因)

ちなみに、4~5Gb程度のシステム空き領域が必要なので、"32GbのSSD" なんてシステムの場合、要らないファイルから、再インストールできるアプリケーションなんかは全部消して、ディスクのクリーンアップが必要です。折角育ったゲームの課金もあきらめて全部消しましょう。

-じゃやってみようか-

Bios > CD/DVD ブート

言語などの選択>次へ

「今すぐインストール」

あ、ライセンスコードの入力を求められた.....(負けた)

つまり、DVDブートはクリーンインストールなので、アップデートするには、セットアップDVDの setup.exe を実行する必要があります。

-setup.exe から-

と言う事でISO 書き込みした DVD から \setup.exe を起動します。
a0056607_188757.jpg

※後で気が付いたのですが、別に ISO を DVD に焼く必要はないですね。8.x では ISO マウントできますし、Windows 7 でも Deamon Tools などがあれば、別に焼かなくてもマウントできてしまえばいい。実際に2台目は NAS の ISO ファイルをマウントして setup.exe を実行してアップデートできました。これはこれで便利です。その代り古い世代なのでタップリ5時間かかりましたが.....

更新プログラムは後でやるので「今はしない」オフラインでもアップデートしたい場合はこれを選べばよいのでしょうか。
a0056607_1883527.jpg


タップリ待たせてくれます。


ライセンス同意
a0056607_1885790.jpg


ここで、以前の環境を引き継いでくれる事が分かり安心します。ひたすら長い間待つ
a0056607_1891589.jpg


ここから全画面に
a0056607_1810879.jpg


長い間じーっと待つ


ここからはハードコピーが取れないのでちょっと残念。

インストールしています。ここではまだそれほど時間はかからない方。
コンビニで弁当でも買ってきてください。
 >再起動

 何しろノートPCと言う事で、Bios パスワード入れなければ再起動できない... (敗因)

Windows8と同じ起動ロゴ

「WIndows をアップグレードしています 0%」

「もうしばらくお待ちください」(100%までたっぷり待つ。ファイルのコピーにたっぷり待たされるので居眠り)

 >再起動

目が覚めても、まだ待たされる。機能とドライバのインストール。アイスクリームを食べたくなった。スーパーへ行ってこ。
a0056607_1217276.jpg

 再起動

システムを更新しています...設定の構成。また待たされる。

「ようこそxxさん」>次へ

「簡単設定を使う」以外の選択肢は「カスタマイズ」で通知関連のオンオフ切り替え、ヤバそうなのはOFFに

「新しいWindows の新しいアプリ」たぶん使う事はないと思うけど次へ。

サインインで、今までのメールアドレス、パスワードでサインイン。

アプリの設定、最後の設定、また待たされる。またトイレに行きたくなった。

「PCの電源を切らないでください」>切りたくなるのをじーっと我慢。

あと少しです。>待たされる。アイス買って来よう。


と言う事で、無事、Windows10 へアップデートできた、と思ったら、Intel のどこにでもある内蔵ビデオカードが認識できていない。ネットワークにつながっている事を確認して、標準VGAのドライバを削除して、ネットワークからインストール。この時点でネットワークが使えないとアウトです。

これで何とか使い物になるようになった。
a0056607_18112366.jpg

やっぱりドライバのバックアップは欲しい。このツールは便利なので、新しいPC買ったときは必ず入れて置きます。ドライバがローカルにあるのは心強い。
http://www.drivermagician.com/

何となく、テキストが小さくて見にくいので、フォントサイズをコントロールパネルから変えてみる
a0056607_18113938.jpg


とまぁこんな感じで無事アップデートは終了、ここまでISOのダウンロードを除いて約3時間。ナイスな週末の午後を過ごせます。


インストールが終わると、「OneDrive の設定をしろ」と出てくるのですが、これもの敗因です。 OneDrive という極悪ソフトウェアサービスは、インターネットの上り、下りの回線を石潰しの様に使いまくって、ネットワークをトンでもない状態にしてくれるソフトウェアです。同期が始まるとブラウザも使えない。全くリソースの無駄遣い。

この極悪 OneDrive は削除(というか機能させない)方法があります。
Windows10 の OneDrive を無効にする方法

この後、Windows Update かけて再起動したのですが、遅いのなんの。メモリ8G積んでいても起動直後は5G以上使ってくれます。

全体的には Windows 8.1 の 30% 増し位に重くなりました。多くのニュースサイトで提灯ライターに絶賛されている、 Windows 10 というのはこんなものです。

Windows Update Server(WSUS) ではなぜか Windows Vista と表示されます。
a0056607_18121254.jpg


アップデートなんかかけて再起動したら、10年前の Windows XP の起動並に、起動中にコーヒーを淹れるほどかかります。起動しただけでメモリ5Gb使うって、どんなシステムよ。
a0056607_1995090.jpg

という事で Windows10 ではメモリ 8Gb 最低 16Gb 推奨という事になりそうです。(最悪)

※後で気が付いたら HyperV で子鯖が動いていた。それでもアップデートできてしまったというのもある意味凄い。ちょっとオチとしてはひどい話でした。(大敗因:そりゃ重いわ

まぁ Linux とデュアルブートしているPCでもブートローダーの書き換えがなかったのは、ヨカッタ。


--
まったく、インターネットメディアは何かと Microsoft 製品はヨイショする訳ですが、ほとんどがクリーンインストールだろうし、悪い事は絶対書かない。しかし、実際にやってみると、これほどUI云々ではなく、使い物にならないほど重いデスクトップはありませんね。タスクビューは便利だけど、Linux デスクトップでは5年以上前の技術だし、新鮮味もなし。

-大量導入-

ISO があれば、人手を使っての企業などの組織に Windows 10 を一挙に大量導入ができるかな、と考えてみましたが、甘い。今は考えられそうもありません。お金が余って仕方がないお客様の場合、新規に全部のPCを入れ替えるなら、十分検討するべき事ですが、既に、多くのPCが Windows7.1 などを使っている場合、この全てを ISO 経由だとしてもPCを Windows 7/8 から 10 へアップデートする事は、このアップデートにかかる「時間というコスト」を考えるとお勧めしません。

何しろ、ほぼアップグレード可能なPCであっても、1台あたり最低でも3~4時間はかかるわけですから、その間、エンドユーザさんには「シエスタ」してもらうしかない。外部の業者がやるにしても、一人当たり、一日2~3台が限度です。もっとも一人8台ノルマとしても、8人のエンドユーザが「一日シエスタ」する訳ですから、それを避けるためにも、代替機が必要になります。さもなければ、業務を止めなければできません。

現実的には、当面 Windows7 プリインストールマシンを導入して、いよいよニッチもサッチも行かない状態で順次 Windows10 プリインストールマシンをカスタマイズして導入という事になりそうです。恐らく、慎重なエンドユーザは Windows7 のサポートが終了する 2020 年以降も Windows7 を使い続ける事になりそうな予感がします。

ユーザ企業では、やっと昨年あたりに Windows7 への移行を済ませたばかりで、いくらマウスとキーボードで使いやすい、と言われる Windows10 への移行は簡単ではありません。

まして、最新のハードウェアで動く Windows7 マシンと言っても、 Windows10 へのアップグレードは時間と手間がひどくかかる事を心すべきです。もし「誤って」アップデートしても、一応、元の状態には条件付きでリストアできるわけです。


それでも、こいつは「最後のWindows」なので、この後はないのです。サポートライフサイクルから、あと10年は使いつづけなければならないPCOSです。

慣れるって怖いですね。


islandcenter.jp

-Key Word-
Windows10 オフラインアップデート ISO アップデート

[PR]
by islandcenter | 2015-08-05 18:21 | Windows | Trackback | Comments(0)