個人的には、まぁまぁ気に入っている Windows10 なのだけれども、エンタープライズ分野では、「何それ」という空気が大きい。

Windows7 に関しては2015年1月、メインストリームサポートが終わったところだ。まず、成熟したとも言えるし、バグか仕様かはっきりしない不具合も放置されてしまう事になる。あとはセキュリティホールのパッチが提供されるだけ。

-またアップグレード騒動かよ-

もっとも、XPサポート切れ騒動からまだ2年しか経っていないのに「またか」という気分が蔓延しているのである。
しかも Windows7 から Windows10 になって、何が変わると言っても、ストアアプリが使える程度だし、ストアアプリそのものも、デスクワーカーにとっては、窓のないオフィスから見えない外の昼飯時の天気予報と、ニュースアプリが便利だと思える程度のものである。
道案内だとか電車の乗換案内のような目的なら、すでにスマートフォンがある。GPS内蔵だ。
そもそも、スマホには、マイクもスピーカーも各種センサーからカメラまで備えている。が、PCにはそれがない。となると、便利なストアアプリも「何それ?」というくらい使えないものが多くなる。ますます、使えるアプリは天気予報とニュース程度になってしまうのですね。

Windows7 で十分 Windows10 を選ぶ積極的な理由がない。もっともタブレットに特化した業務向けアプリケーションでもあれば別なんだろうけど。

Windows XP から Windows7 への移行はまずまず好評だったと思う。何しろXPから比べれば、というタラレバ論理では、「充分に早い」から、エンドユーザも歓迎したようだ。もっともログインしてから、実際に「落ち着く」までの時間は大して変わらなかったので、「早くなった」というのはユーザさんにとっては感覚的なものに過ぎないのだけれど、XP 時代のボロイPCを捨てて Windows7 へ移行したことは歓迎されたと思う。

ところが、 Windows7 から Windows10 へ移行して、「エンドユーザがヨロコブ」機能が全くないのである。あの評判が悪い「高速スタートアップ」も、基本はハイバネーションと同じで、データを破壊して百害あって一利なし。スマホの自動アップデートに比べて、異常に時間がかかる Windows Update と、再起動にかかる長ーい時間。つまりは Windows7 から改悪された Windows8、何も基本的には改良されていないコスメティック(化粧したもの)なのが Windows10 である。

こんな状態で、「これから購入するPCは Windows10 にしましょう」と言って、ハイハイとヨロコブようなバカな顧客はいない。それでも5年後にやってくる Windows7 のサポート切れは何とかしなければならない。どこかで「最後のWindows」に置き換えるのか。

-罫線文化が作るイノベーションの壁-

なぜ、そう簡単にWindows をアップデートできないか、というと、アプリケーションの互換性の問題が言われます。

アプリケーション、それもファットアプリケーションではなく Web アプリケーションですね。つまり 「IE の xx バージョンじゃないと動かない」という問題。よく聞くのが「縦罫線がずれる」というヤツです。IE 以外のブラウザでは正常に見えても、印刷すると、縦罫線が化けたり、ずれたりするンだそうですね。プログラマじゃないからよくわからないけど。極端なハナシ、「罫線の角を丸めてくれ」という「え”」というウソのような要求があったりするそうです。

おいマジかよ。

そういう文化なので、「EXCEL方眼紙」などという珍妙なテクニックがまがり通る日本の特殊社会なのですね。そういう特殊な日本語のドキュメント文化を丸々否定したくはないのですが、否定しない事には、いつまでも「IE xx じゃないと」というシステムしかできない。止めない事にはイノベーションが生まれないしITのコストは高止まりのままなのです。

「日本の文化だから大事にしろ」というのであれば、その企業は永遠にグローバル社会に行かずに先細りする日本市場でやっていくしかないでしょう。帳票から縦罫線を排除すれば、どれだけ開発が楽になるか。ちょtっと想像がつきませんが。

でもいるんでしょうね。縦罫線を要求する抵抗勢力が。さて、Window10 で終わる IE11、その後、あるいは Windows7 で使われる様々な IE のバージョンの違いをどう吸収するのか。「IE専門プログラマ」が、どう道を切り開くのか、ちょっと面白い事になりそうです。

まぁ、縦罫線をうまく利用して、見事なPDFの帳票を作っている国税庁の確定申告のサイトはよくできている。何しろ Windows だろうか Mac だろうが Linux だろうが Adobe Reader さえあれば、ウィザード形式で見事なPDFの申告書を作ってくれるンだけど、一般のサラリーマンエンジニアは、確定申告なんて無縁だから、あのすごさはわからないだろうなぁ。

-シンクライアント-

実際、私の顧客ではVDIを大規模に導入しようというお客様がいます。というかもう既に一部に導入されて、利用されているのですが、とっても便利で、エンドユーザさんからは好評らしい。そこで、もっと拡大して利用しようという事を企画しています。シンクライアントであれば、サーバーコストはかかるが、極端な話、ライセンスコストだけで、Windows が使えます。物理的なデスクトップは何でもいい。USB 起動の Linux でも Mac でも、最近はやりのスティックタイプの1万5千円のPCでもシンクライアントとして利用できる。

Android のタブレット、PCでも、HDMMI があれば、21インチの大画面で利用できる。シンクライアントに特殊な端末は必要ない。極端な話、倉庫にあるハードディスクが壊れた古い XP 端末でもUSBメモリ起動で openSUSE だとか Ubuntu のようなLinux リモートデスクトップがつかえれば十分なのですね。

となると、エンタープライズ分野での Windows10 への移行は、実台数ベースで企業に導入されることは期待できない。私だって、古いPCを20台をリプレースするくらいなら、VDIの仮想クライアントを20台並べた方が楽だと思う。シンクライアント本体は別に何でもいい。1万5千円のスティックPCでも、タブレットでも、古いPCを Linux 起動できればいい。ただし、大型ディスプレーと、キーボード、マウスは用意したほうがいい。最新のタブレットでなければ、有線タイプがお勧めだ。こうなると、クライアント「PC」は別にPCでなくてもいいし、ライセンス料の安い Home Edition(無印 Windows) であっても、リモートデスクトップが使えれば十分なのです。

--
Windows7 から Windows10 への移行は様々な問題があるでしょう。IE から Edge への移行。それはそのまんま、ウェブアプリケーションの改修なのです。ですが、これは IE 依存から Web 標準の回帰にもなるわけです。Edhe のみならず、Chrome,Firefox, あるいは Macintosh の Safari での標準化。決してデメリットではない。縦罫線の排除は、開発部門と、運用部門との闘いになるだろう。

しかし、文書の中身が正確であれば、縦罫線なんてどうでもいい話であるし、それがグローバルスタンダードなら、縦罫線は排除すべき問題かもしれない。その発想がない限り、東京オリンピックまで Windows7 がニッポンの標準スタンダードとなり続けるでしょう。いまだに、Windows XP は主力ではなくてもオフラインで使われ続けているし、Windows 7 もそういう道をたどるのかな。

[PR]
by islandcenter | 2015-10-10 19:47 | Windows | Trackback | Comments(0)

それは NEC がクラウド市場のプラットフォームの敗北を意味している。

国内x86サーバー市場、2014年のシェア1位はNEC

IDC Japan の調査によると 2014 年の x86 系サーバーの出荷額、台数ともに NEC が首位だそうです。2位は富士通、3位はHP。一方、

製品カテゴリー別の分析では、1ソケットのタワー型サーバーの出荷台数シェアはNECが1位を占めているが、2ソケットのラックマウント型サーバーとブレードサーバーではHPが1位となる。

そこで NEC の製品ラインアップを見てみたところ、Celeron から Pentium のサーバーからラインアップが揃い、ハイエンドのラインアップが少ない。

一方、私は HP か Dell しかやらないので、おおよそ理解しますが、これら外資系メーカーはローエンドより、ミッドレンジ、ハイエンドサーバーが主力なのです。

NECの主力である「1ソケットタワーサーバー」とは、間違えなく小規模の事業所の事務所内に設置できる、小型で静穏性の高いサーバーでしょう。

言い換えると、これらの NEC の主力サーバーはリソースの集約化、高密度化には向きません。Celeron や、Pentium 、このシリーズの上級モデルでも XEON E3 シリーズが主力です。このクラスでは、到底プライベートクラウドを実現するにはチト物足りない。

もっともその程度のジョブのために「サーバーが必要だ」という事になれば、AWSなどのパブリッククラウドの利用で十分じゃないか、という事になります。これらの、大手クラウド事業者が NEC のハードウェアを使うわけじゃないでしょう。ほとんどが ODM (OEM の製造委託先製品)ブランドのものですね。

この絵で見えてくるものが、「安いNECブランドの製品を購入する中小事業者と事業者のIT部門を牛耳るSIベンダー」という構図です。

従業員30人の零細事業者の給与、売り上げ、経費管理などにはもってこいのスペックなのですが、SI事業者からすれば手離れはいい。何しろ、年間サポート費用をパッケージベンダーに支払わせれば、サポート費用は掛からない。

「ワンストップソリューションを提供」を謳っても、実質、ハードベンダーとソフトベンダーのサポートに丸投げできるわけだし、ご自慢のワンストップソリューションで顧客から、年間サポート費用を取ることができる。

つまりほとんどやっている事もないのに、自動的にお金が入るシステムです。しかも、その費用は台数毎に入ってくる。

こういった顧客に、プライベートクラウドの仮想化を提案しても、入ってくるサポート料金は1台だけです。何のことはない。これらの中小規模のSI事業者は、クラウドや仮想化技術には全く無知なだけだという事なのですね。

今の時代、小規模の事務所織システムであれば、Celeron のサーバーでも十分なオーバースペックです。それでも1台ごとにUPSだのの付帯設備をつけてしまえば、充分なヘビー級のトータルシステムとなってしまいます。

彼らが恐れているのは、パブリッククラウドへと顧客が移行する事なのですね。

残念ながら、小規模事業者には、そういう知恵がないため、SI事業者の「お勧め」をそのまま受け入れてしまうという構図が見えてきます。少なくとも NEC という「サーバーベンダー」はオンプレミスでは勝利しているが、クラウドでは勝ち目がない、という事がこの記事から見えてきます。

小規模プライベートクラウドなら



[PR]
by islandcenter | 2015-10-07 10:56 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

Windows10 の Windows Update は P2P の仕組みを利用して配信するように、デフォルト設定されています。どの様な仕組みなのかは、明らかにされていませんが、アップデートプログラムが Microsoft からではなく、不特定のインターネットに接続されたPCから入手されるような仕掛けがデフォルトです。

設定>更新とセキュリティ>「詳細オプション」>「更新プログラムの提供方法を選ぶ」という、山深い伊賀忍法のヒミツの隠し戸のようなトコロにこの設定があります。

a0056607_21561872.jpg

「ローカルネットワーク上のPCとインターネット上のPC」がデフォルトなので、これを「ローカルネットワーク上のPC」のみにします。

複数の場所から更新するはONでも構いませんが、入手先はローカルネットワークのみにします。僻地でダイアルアップ回線を使っている(限界集落なら当然)なら、もちろんOFFですね。

最初にアップデートを受け取るPCは Microsoft からの転送になりますが、一度受け取ったアップデートはローカルネットワーク内部でP2P配信されるようです。もっとも、社内に Windows Update Server (WSUS) を用意してあるのであれば、すべてそこから供給を受けるべきなのでP2P配信もOFFにするのが良いでしょう。

どうせ一台目はMicrosoft から受けざるを得ません。しかし、他の全く面識のないWindows ユーザにアップデートを送信する義務は、利用者にとっては全く意味のないことですし、受け取るにもどのような危険性があるかわかりません。アップデートを配信するのは Microsoft の義務ですから、ユーザのリソースを勝手に使わないで、自社の配信設備をちゃんと金かけて構築してくれと言いたくなります。よくゲームのパッチ配信でP2P技術を使ってウィルスまがいのソフトウェアがご訪問してくることもよく聞きます。

また、自分のLAN内のPCから、アップデートが外に出ていくという事は、当たり前ですが、自社のネットワークのアウトゴーイングのトラフィックに 社内からDDoSの踏み台になって攻撃してんじゃないのってくらいの、アップロードの負荷をかけます。そのコストは利用者が負担しなければなりません。もちろん私たちはそんな義務はありません。当然従量課金制の無線ネットワークを利用しているユーザにとっては、パケット代もISPへの「お布施」になってしまいます。

という事で、Windows Update は、自社の社内ネットワークだけのP2Pコピーにとどめておくことをお勧めします。

"Do not use Windows Update on default condition"

関連記事

補足記事
Windows 10 更新プログラムにおけるP2P配信の仕組み - 阿久津良和のWindows Weekly Report

その他の情報はこちら

-key Word-
Windows10 Update Default 変更 SUSE Linux Novell NetIQ





[PR]
by islandcenter | 2015-10-04 22:01 | Windows | Trackback | Comments(0)