SUSE Linux (SLES,SLED,openSUSE) のパッケージ管理、インストールと削除のほとんどの作業は YaST(Yet another Setup Tool) というオープンソースの統合管理ツールで行います。

YaST は単なるパッケージ管理ツール(コマンド)ではなく、Linux のセットアップに必要な作業を組み合わせた、言わば「セットアップツールの集合体」のようなものです。Linux のシステム管理者は、初心者から、熟練した技術者まで、全て YaST を通じて必要な設定を行う事ができるため、手元に「コマンドリファレンス」の様なアンチョコ本を頼りに、正確な綴りのコマンドラインを操作する必要はありません。

ここで説明するようなパッケージ管理をはじめ、「最低限の作業」を直感的に行えます。


第3章 テキストモードのYaST

- SUSE Linux のパッケージ -

パッケージの提供方式は rpm なので、必要であれば、rpm コマンドもつかいますが、GUI版 yast2 で、rpm パッケージを open すると yast のインストーラが立ち上がります。もちろん、単体で動くような、依存性のないアプリケーションをテキストコンソールからインストールする場合は、rpm コマンドも使いますが、SUSE Linux では依存性の多い複雑なアプリケーションをインストールするには、通常 YaST を使います。

他にも zypper コマンドラインツールもありますが、これは CUI で Man & Machine の対話形式で使うもので、SUSE Linux のオペレータは特殊な目的でなければ、基本的には滅多に使わないでしょう。他のディストリビューションでは yum や apt に相当するコマンドです。
詳細にパッケージをコントロールしたり、シェルで一括変更したい場合などの場合は利用することがあります。

まず、およその流れとして、SUSE Linux のパッケージのインストールは YaST > zypper > rpm がそれぞれ入れ子になったような構造だと考えても良いでしょう。

- パッケージ管理だけではない YaST の機能 -

YaST は単にパッケージ管理を行うだけの機能ではありません。YaST では、ネットワークの設定からパッケージ管理、ネットワークのアプリケーションの細かな設定、ユーザ管理、仮想化ハイパーバイザーの管理、サービスの起動から停止まで、ほぼあらゆるオペレータの管理タスクを自動化するツールです。

さらに SUSE のインストーラ自体が yast によるものです。したがって SUSE(SLES, openSUSE) Linux のインストールで最初に触れる I/F は YaST インストーラなのです。インストール作業自体をスクリプト化して、大量のコンピュータをセットアップするための Auto YaST 機能もあります。

第21章 自動インストール

「SUSE Linux で何か困ったことがあれば YaST を使え」が基本です。

パッケージのインストールを zypper や rpm で行い、手動で .conf などのファイルを書き換えると、YaST で整合性が保たれない場合があります。

依存性の大きな作業は全て YaST を使う事をお勧めします。
ただし、yast に実装されていない詳細なチューニングはダイレクトに .conf などのファイルを直接編集する必要があります。 squid proxy などがそうです。また、一般的なディストリビューション問題のないものがあるのに、わざわざソースからコンパイル、インストールする事も、独自機能を組み込んでカスタマイズしたいなど、よほどやむを得ない場合を除いて避けるべきでしょう。YaST のアップデート機能でアップデートすべきです。

もっとも YaST でインストールできないモノもあります。プロプラエタリなソフトウェアやデバイスドライバ、オープンソースでもメールソフトや Chrome などのブラウザ、ハードウェアに依存したドライバ類ですね。これらは、別途コンパイルしてインストールするためのインストーラがあったりします。

-YaST によるパッケージのインストール -

YaST を使った、パッケージのインストールは

# yast

または

# yast2 &

を実行します。"yast" はCUI版、"yast2" はX環境での GUI 版です。yast2 は、コマンドラインから起動できるだけではなく、gnome デスクトップのバーにある "Computer" アイコンに登録されています。よく使う機能なので、"Desktop"にショートカットを作っておくと良いでしょう。nautilus ファイルマネージャが使える環境であれば、xming や movaXterm などからクリックして実行できます。直接コンソールでGUI版を使いたい場合は systemd(SLES12) initd(SLES11まで) が Text モード(runlevel:3)の場合は # startx を使います。 Graphical モード(runlevel:5)で起動している場合は、そのまま Computer のアイコンにある "YaST Control Center" を開くだけです。なお、一般ユーザが yast2 を起動する場合は、root パスワードが要求されます。

putty や teraterm と言った Windows 用のテキスト端末からは CUI 版 yast を、movaXterm や xming と言ったXサーバーアプリケーションからは yast も yast2 も利用できます。

パッケージをインストールするには YaST のメインメニューから Software[TAB] > Software Management[ENTER] を選びます。

a0056607_16070011.jpg
※ここでは優先言語を "English" に設定してあるため、英語表記ですが、SUSE Linux Enterprise Desktop(SLED) や openSuSE をデスクトップ目的で利用する場合は日本語を優先言語にするケースが多いでしょう。その場合、メニュー表記は勿論日本語です。

"Filter" で "Search" ボックスから、ヒントとなるキーワードをセットして [Enter] ここでは "apache" を検索してみます。

a0056607_16073426.jpg
既に、このサーバーには "Apache2 Web Server" が [i] インストールされている事が判ります。GUI版ではこんな感じです。

a0056607_19515576.jpg
Filter を "Pasterns" 検索してみます。試しに DNS/DHCP を選ぶと、まだインストールされていない様です。[Space] キーで DNS/DHCP をチェックすると、依存性のある全てのパッケージが [a+] 追加インストール予定のステータスになりました。ここで [TAB] キーで "Accept"[Enter] すると、パッケージ名を知らなくても、 DNS/DHCP に必要なパッケージがインストールされます。

a0056607_16111312.jpg
パッケージをインストールしたら、YaST のメインメニューから"Network Service" の DNS を選んでみます。デフォルトでは、起動オプションが "Manually" になっているので、これを "When Booting" に変えます。DNS のゾーン設定や、よく使う DNS のオプションや Forwarder の設定などは全て、このメニュー画面から、TAB, 矢印キー, Space キーなどで設定し "Accept" すると、設定内容が反映されて、自動的にサービスが有効になります。この様に詳細設定をする際にこそアンチョコ本が役立つときでしょう。

a0056607_19251175.jpg

また、YaST のメインメニューから "Network Services" を選ぶと、例えば DNS という項目があります。これを選択して[Enter] すると、

a0056607_20300632.jpg
"Yet another Setup" なパッケージをインストールするかどうかの確認ダイアログが出てくるので、ここで "Install" [Enter] すると、自動的にインストールされ、続いて設定画面が出てきます。


- パッケージの削除 -

パッケージを削除するには、削除するパッケージを選んで[Space]キーをトグルします。"i" から "-" になり、"Accept" すると、パッケージの削除が始まります。

しかし、削除するパッケージに依存性がある場合、どのパッケージを残すか、削除するのかを確認"Space"キーでチェックして、中止(Cancel)するか、継続(Try Again)して削除するかを選びます。

a0056607_16133462.jpg
GUI 版 yast2 の場合も同様です。

a0056607_16142032.jpg
逆に、パッケージを追加でインストールする場合も、パッケージの追加を許すか、キャンセルするかを確認しながらインストールします。当たり前ですが Postfix が動いている環境では sendmail は動かないわけですから、パッケージの競合を確認しながら、作業する、という事です。


- 1 Click Install を使ったパッケージのインストール -

標準リポジトリに登録されていないプログラム、サービスを利用するには 1 Click Install の機能を使います。標準リポジトリ以外は、商用 SLE(S) SLED の公式なサポートはありません。また非商用の openSuSE の標準リポジトリにも含まれていない、オープンソースの類をどうしても利用したい場合に、自己リスクとして利用することができます。次の opensuse.org の Software 検索機能を使って目的のパッケージを Search します。


導入したいコンピューターに標準で含まれている FireFox ブラウザから

を開きます。そこで少なくとも GUI 環境は必要です。

openSuSE のソフトウェアページの "Search" ボックスからおおよそのパッケージ名をセットして Search すると、いくつかヒットするパッケージの一覧が出てきます。

"Direct Install" の下の "Show Other Version" > "Show unstable packages"を開くと、適応できる SLES と openSuSE の各バージョンと、RedHat などの他社ディストリビューションが出てくる場合もあります。

"1 Click Install" をクリックすると、自動的に YaST インストーラが起動するので、後はダイアログに従って操作すると、リポジトリの追加からパッケージのダウンロード、インストールまで全て自動で行われます。
a0056607_16150888.jpg
なお、 "YaST2 MetaPackages handler"がインストールされていない場合(たまにあります)、 1 Click Install を開くと ymp メタファイルがダウンロードされるだけなので、うまくいかない場合は標準リポジトリから "YaST2 MetaPackages handler" を search してインストールしてください。

ただし、常に最新のパッケージが用意されてるわけではないので、比較的、安定した枯れたパッケージを導入するには良いでしょう。

※ちなみに GUI 版 YaST はアイコンがシングルクリックで、それぞれのツールが起動してしまいます。ダブルクリックすると、ツールが二重に起動しますので、注意が必要です。これは gnome の設定に関わらず、"仕様" というワナなので、必ず「右クリック > Open」するように癖をつけておきましょう。そもそも管理権限で、何事もダブルクリックしたがるシステム管理者は、私は信用していません。

補足
SUSE で 1 Click インストールができない場合、YaSTにないメニューを追加

第7章 インターネットからのパッケージのインストール








-Keyword-

SUSE Linux, SUSE Linux Enterprise Server, SUSE Linux Enterprise Desktop, パッケージのインストール、パッケージのアップデート、パッケージの削除、パッケージの依存性, apt, yum, zypper, rpm コマンド


[PR]
by islandcenter | 2017-05-31 13:31 | SUSE | Trackback | Comments(0)

Windows10 に変えて、「さぁ昼休みだし、弁当食いながらソリティアでもやんべぇ、所詮Windows はPC用OSだし、モバイル用OSとしては。ド・マイナーなのよ。どうせ Windows Store のアプリで使えそうなのは、天気予報とゲームくらいだしなぁ」

と思ってアプリをクリックすると、アプリのタイトルは出てくるんですが、スコンと落ちる。再起動しても現象は変わらない。

という場合は、イベントビューワの Application ログを確認します。イベントビューワは、スタートボタン(別名:田圃ボタン)の右クリックで出てきます。
a0056607_16101603.jpg

こんな感じの良くわからないエラーが記録されていました。

障害が発生しているアプリケーション名: MyStore App
liction.exe、バージョン: 1.0.0.0、タイム スタンプ: 0x5762c9c2
障害が発生しているモジュール名: combase.dll、バージョン: 10.0.14393.1198、タイム スタンプ: 0x59028479
例外コード: 0xc000027b
障害オフセット: 0x001a5bb1
障害が発生しているプロセス ID: 0x28e0
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d2cffcee24adb9
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\WindowsApps\0EB8BD08.MyStore Appliction_2.2.17.0_x86__erk4rrwmt7jyt\My Store Appliction.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\WINDOWS\System32\combase.dll
レポート ID: 738ea8f2-3402-4598-8a65-38abb3876ad0
障害が発生しているパッケージの完全な名前: 0EB8BD08.MyStore Appliction_2.2.17.0_x86__erk4rrwmt7jyt
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: App


- 様々な解決方法 -

- Store アプリのキャッシュを削除してみる -

"ストアアプリ"のキャッシュはここにありますが、これを全部消してしまいます。いくつかの破損キャッシュがあると問題が
あるようなのですね。

C:\Users\[[MyUserName.MyPC]]\AppData\Local\Packages\Microsoft.WindowsStore_8wekyb3d8bbwe

"MyName.MyPC" はログインユーザ名、または"ユーザ名.PC名"です。

a0056607_16123950.jpg

が、しかし、これは Windows Store からアプリをダウンロードするための、アプリ、つまり"「ストア」アプリ"そのもののキャッシュの様です。

例えばスタートボタンの「ストア」の表示が壊れている場合とか、「ストア」自体が起動できない場合にするものの様です。

試しに削除して、アプリを起動しても、この中身に変化はありません。「ストア」を起動すると上の様にいくつかのキャッシュが作られます。

-参考文書-

Windows10です。ストアアプリやマップ・フォト・カメラ等のアプリが「このアプリは開きません。」と表示され開けません。


- WSReset を実行してみる -

管理者権限でコマンドプロンプトを開いて、wsreset を実行してみる。コマンドプロンプトを管理者モードで開くのはスタートボタン(田ンボ)の右クリックが便利です。
a0056607_16152161.jpg

C:\WINDOWS\system32>dir wsreset*
ドライブ C のボリューム ラベルは Windows8 です
ボリューム シリアル番号は A2BC-1E52 です

C:\WINDOWS\system32 のディレクトリ

2016/07/16 20:43 91,136 WSReset.exe
1 個のファイル 91,136 バイト
0 個のディレクトリ 5,280,063,488 バイトの空き領域

C:\WINDOWS\system32>wsreset

> 以下「だんまり」全然終わらないので CTRL+C で止める

効果なし。

- Windows の再インストール -

 誰がやるもんですか、私なら絶対にやらないだろうなぁ。しかし、こういうサジェスチョンが多いのも事実なので、「暇と気の長いヒト」はチャレンジする価値はあるかもしれません。保証しませんが.....

-参考文献-

windows8 ストアが開けません

結局このコマンドも単に「ストア」のキャッシュをクリーンアップするだけなので、キャッシュのディレクトリのキャッシュを消すのと同じものの様です。

- 最後の手段、アプリの削除と再インストール -

 という事で最後の手段、アプリの削除と再インストールを行います。とりあえず、不具合はかなり解消されたのですが、昼休みに弁当食いながらのんびりマインスイーパーでもやろうか、という企みは、見事に Windows のワナにはまり込み、目を血走らせる無駄な昼休みとなりました。

- それでも動かないンですけど -

Storeアプリが起動しない

アプリの不具合であれば、しょうがないですよね

ご教示いただき、ありがとうございました。”

とフォーラムオペレータさんの回答に、諦めたご質問者様、ご愁傷様です。
結局、アプリケーションのバグ、という事で、アップデートされるまで待て、って事なんですが、アップデートが行われるかどうかはアプリの開発者次第なので、まぁ不幸としか言えないわけです。



[PR]
by islandcenter | 2017-05-23 16:33 | Windows | Trackback | Comments(0)

==X端末から、nautilus ファイルマネージャの起動と終了。SUSE Linux(SLES11)==

DOS と UNIX のプログラマからスタートした仕事人生ですから、コマンド打ったりは別に苦でもないのですが、やっぱり Windows と過ごしてきたこの25年。やっぱりファイル操作はGUIでやった方がいい場合もあります。もっともコンソールからテキスト操作した方が便利な場合もありますが、テキスト操作だと、中々、老若男女、まぁ全てのオペレータさんが嫌がりますし、ファイル操作ごときにコマンドなんか覚えたくないと露骨に嫌な顔をされるとこちらも、困ってしまいます。

直接コンソールを操作しないで、できるだけリモートで操作するとなると、当然 Windows 端末から操作しますから、テキストコンソールは、今までハワイの海岸で流れ星を見ていたのに、いきなりフェアバンクス郊外のモーターストップで野宿しながらオーロラを見るような気分になるようです。

という事でやっぱり SUSE Linux ではオペレータさんに 「nautilus ファイルマネージャを使ってください」という事になります。そこで、 Windows から xming や movaXterm から nautilus を起動し、終了する方法です。

= X 端末から nautilus の起動と終了方法 =

- 起動 -

通常は、Xサーバのテキストターミナルのプロンプト # から "nautilus &" を実行します。"&" を付ければ、GUIはデーモン化して、 WIndows に常駐します。一度 "Enter" を押せばプロンプト "#" はテキストコンソールに戻ってきます。

"&" を付け忘れてもいいのですが、今度はほかの yast2 などの GUI アプリケーションが起動したりテキスト操作ができないので、一応、「付けといてね」とオペレータさんへの操作マニュアルなんかを使う時は記載して指導します。

sles11:~ # nautilus &
[1] 18820
sles11:~ # Initializing nautilus-open-terminal extension
Initializing nautilus-share extension

** (nautilus:18820): WARNING **: Can not calculate _NET_NUMBER_OF_DESKTOPS

: Nautilus のデスクトップが表示されます。以下中略


- 終了 -

もし"&"を付けずに # nautilus[Enter] してしまった場合、コンソールにはプロンプトが戻ってこないので、その際は CTRL+C を押せば nautilus が強制終了して、プロンプトが戻ってきます。それは裏のテクニックだと考えた方がいいでしょう。私の場合、通常は "&" を付けて起動します。あるいは X サーバーのアプリケーションを終了してしまえば、セッションも終わるので、nautilus も終了します。

しかし、nautilus で開いたフォルダは閉じる事ができても、"デスクトップ"だけは閉じるためのボタンがありません。そこで nautilus を終了させるため、X端末から、あるいは nautilus デスクトップ画面の、空いているスペースで右ボタンを使って テキストのterminal を開き

# nautilus -q

を実行します

sles11:~ # nautilus -q
sles11:~ # Shutting down nautilus-open-terminal extension

==SUSE Linux (SLES11)の、ファイルマネージャの表示をリスト表示にする。==

Linux を使い始めると、手元のアンチョコを見ながら、まずはファイル操作のコマンドを覚えようとするでしょう。しかし、不慣れなオペレータさんにとっては、コマンドをいちいち叩くのは苦痛そのもので、大抵は挫折してしまいます。また、私の様なメンドクサガリ屋も、テキストインターフェースで頑張らず、できるだけ省エネルギーで操作をしたいわけです。

そこで、GUI操作したい訳ですね。

SUSE Linux (SLES11の場合) nautilus デスクトップを開き、ディレクトリを開くと、デフォルトでは「Icon View」になります。右上の "Icon View" を "List View" に変えると、ファイル名やサイズと時刻、ファイル属性の概要が、コンパクトに表示され、ソートも簡単なのでグッと使いやすくなります。
a0056607_14473579.jpg
※ここでは私の好みで、どこかのメジャーなOSメーカのデスクトップシステムのような中途半端なローカライズで、意味不明な機械翻訳の誤訳が多い表示だと困るので、デフォルト言語を English に設定して説明しています。Default Language を"Japanese" にすれば、日本語のメニューになります。もちろん言語は English でも日本語の UTF ファイル名の操作には影響はありません。

という事で、Windows から xming や movaXterm を起動して # "nautilus &" を実行すると、SLES のデスクトップが開きます。ここでファイル操作をおこないます。

しかし、デフォルトの起動状態が Icon View なので、ファイルの情報量が少ないし、見つけにくい。そこでこのビュー画面を List View にするには、右上の Icon View をトグルして List View に変えます。とは言えディレクトリフォルダを開く度に List View にするのも面倒です。

しかし、いちいちディレクトリを開いて、ビューを変更するのは非常に面倒くさいので、デフォルトのアイコンビューを "List View" にしてしまうには、

Edit メニュー > "Preferences" より

a0056607_14490028.jpg

"Default View" の "View new folders using" を "List View" にして "Close" します。
a0056607_14493518.jpg
これで、ディレクトリアイコンを "Open" すると、全てリスト表示されます。ファイル名やサイズによるソート処理、日付のソートなども List View なら簡単に行う事ができます。

この他に nautilus から、ファイルの圧縮、解凍、テキストの編集や gedit のテキストを Windows 側のメモ帳などにペーストするなどの技が使えます。

参考元



SUSE Linux SLES SUSE enterprise server nautilus デスクトップ ファイルマネージャ nautilus 起動と終了 アイコン表示 リスト表示への切り替え

[PR]
by islandcenter | 2017-05-23 14:53 | SUSE | Trackback | Comments(0)