タグ:システム管理 ( 69 ) タグの人気記事

もう10年以上 XEN ハイパーバイザーと付き合ってきて、つくづく思うのは「あぁ、もうx86_64 のXENは終わったなぁ」ということです。別にLinux + x86_64 なら KVM でもいいんじゃん。

今でも考えられるケースで XEN を使うとしたら、

- XEN の Domain_U のカーネルを弄ってまで、他のハイパーバイザーに移行させたくない(これ結構大きい)
- BSD 系 Linux や Soralis と言った、非 Linux カーネルの UNIX OSをハイパーバイザーやゲストOSでも使っている(トモダチになりたくないな)
- ハードウェアに仮想化支援機能(VT機能) がない機器とか i386 ベースのx86ハードウェアでも仮想環境を使いたい(エラク古いPCだ)
- Intel x86 系の CPUを使っていない(PPCやIA64)とか (見たことないけど、もっとトモダチにもなりたくないな) )

こういった「今更な理由」がない限り Linux に限れば XEN による準仮想化を積極的に選ぶ理由がなくなってしまったのです。

まぁ、もともと10数年前に XEN 3.0 の登場とともに Intel=VT や AMD-V などの仮想化支援機能がハードウェアに実装されたと同時に XEN に「完全仮想化」というキラーな機能がついて、火が付いたと云えます。

と同時にこれらのVT機能の強化が続く中、普及と共にライバルの完全仮想化、64ビット版のみの KVM ハイパーバイザーが台頭してきたわけです。何しろ完全仮想化は QEMU にオーバーヘッドを渡すわけで、同じ QEMU を使う KVM ハイパーバイザーとの共通化が進んでいるわけですね。

ただし KVM ハイパーバイザーは当時としては主流だった VT 機能非搭載のPCサーバーや XEN を積極的に導入してきた非Linux 系の ISP やBSD系 Unix が主流の iDC の積極的な導入がなく、実績も少なかったので、まだまだ「開発中」といったイメージしかありませんでした。また、ハードウェアも仮想化を強く意識しないデュアルコアやクアッドコアがせいぜいでした。

しかし、VT機能というハードウェアの援護を受けて、KVM は一挙に広まっていった、という感じがあります。実際、XENで完全仮想化された Domain_U であれば、ほとんど仮想イメージを変更しないで KVM へ移植できてしまいます。何しろハイパーバイザーの補助をする QEMU という共通基盤があるため、XEN の完全仮想化はほとんど KVM との共通ワードとなっているわけですね。だから、 Linux On Linux の仮想化でも Full Virtual には、特に目立った機能の低下、スループットの低下はあまり感じなくなってきました。さらにはオクタコアやヘキサゴンコアなんていうハードウェアが、松竹梅の「竹程度」のサーバーに実装されると、ボトルネックはディスクI/O程度の問題になります。

SUSE 11.x の時代は XEN の全盛時代だったのですが、 SUSE では SLES12 以降、Libvirt の共通化により、オペレータは、自分が操作するハイパーバイザーが XEN なのか KVM なのか、強く意識しなくなりました。この原因は OpenStack の影響もあるでしょう。 SUSE は openstack に重点が移っているし、親会社の Microfocus も HPE のソフトウェア部門の買収に伴い、益々マルチベンダークラウドに力が入っていきそうです。

顧客も専用のハイパーバイザーと管理ツールによるベンダーロックインは避けたいところ。オンプレミスなクラウドと、iDC のプライバートクラウドと、AWS のようなパブリッククラウドとの間にあるマイグレーションを試みたい所です。まぁ日本のIT業界ではベンダーロックインというよりSI屋にロックインされているのですけどね。
SLES の仮想化コマンド自体も Libvirt の共用化によって、virsh コマンドにオプションの違いはあるにせよ、ほとんど xm, xl コマンドと同じ操作ができるようになってしまいました。こうなると、自分の操作するハイパーバイザーが XEN なのか KVM なのか、ほとんどオペレーターは意識する必要がなくなってしまいます。こうなると Citrix や VMware 専門のエンジニアのある種の閉鎖性が邪魔になってしまいそうです。

また openstack による統合管理を考えると、事業者におけるハイパーバイザーの一本化というのは避けて通れない(のかな)という事もあり、Linux + x86_64 主体のデータセンターでのハイパーバイザー運用は XEN ではなく KVM の一本化に進んでいくことになりそうです。

伝統的に XEN on BSD Unix などを使っていた iSP や iDC 事業者はさておき、数年後の新興サービスベンダーの若い技術者にとっては「XEN?何それ」化しそうな気がします。

--
こうなると "XENserver" を名乗る CItrix の戦略はどうなるのよ、という疑問がふつふつとわいてきます。世の中、完全仮想化に向いている中、Linux や BSD 系の「サーバー」OSを XEN ハイパーバイザーで管理する、という商品イメージはだんだんとネガティブに見えてきます。いまや XEN というブランドが、重しとして Citrix に乗りかかっているのですね。「あぁ Citrix, 昔 XEN でブイブイ言っていたベンダーね」と「聞いたことあるよ」という日がいつか来るでしょう。いや、その頃はもうXEN app というプロプラエタリなアプリケーションの仮想化ベンダーとして特化する中,早まって XENsource を買収したCitrix も XEN というブランド名を捨ててしまうのかも知れません。

もともと、Windows NTx 系のオペレーティングシステムをマルチユーザ化した Windows Remote Desktop も Cytrix が開発に関わった機能であり、Metaframe や XEN App といった、Citrix 得意のシンクライアント機能に特化した企業として存続していくのだろうけれど、サーバー集約化を目指す Xenserver といった製品の他社ベンダーや openstack や docker との差別化できない機能は、よほどのことがない限り、「世界のクラウドの Citrix 」化することはなさそうです。











[PR]
by islandcenter | 2017-08-08 15:19 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

お客さんのトコロで、フリーアクセスのオフィスに移転するという話と、併せて社員にノートPCをばら撒き、無線接続という話がありまして.....

うーむ。

じゃ私が求める仕事用ノートPCとは

1) Corei5 以上
2) 8Gb 以上のメモリ
3) 500Gb のハードディスク(SSDなら 256Gb 以上)
4) 有線用 RJ-45 コネクタ付き
5) 11 ~ 13 インチのスクリーンで縦は 1024 ドット以上
6) クルリポンの 2in1 でも USBメモリなど外部メディアで Linux が起動できる事 ,やっぱりクラムシェルがいい。
7) フットプリント A4以下で重さ 1.5Kg 以下
8) USB ポート3個程度
9) 外部 HDMI もしくは VGA ポート
10) 価格は 10万円を超えない程度(目標)
11) USB 外付けのポータブル光メディアデバイスは持っているし滅多に使わないからイラネ
12) 金属筐体と、ほぼ問題なく満足なブラインドタッチができる厚みのあるキーボード
13) 当たり前の BIOS パスワード ロック

と言ったところが、ITインフラエンジニアである「私が欲しいビジネスに必要なノートブックPC」です。

ところが、最近はあまりこのような仕様のPCが見当たらないンですね。

モバイル主体なら13インチ、A4モデルというと、紙っぺらみたいな1cm厚のノートが主流。勿論この厚さでは RJ-45 モジュラや、VGA ポートは問題外、しかも HDD ではなく 128Gb のSSD と4Gbのメモリという選択しか中々出てこないのですね。メモリとSSDはマザー直付けで固定。カスタマイズなし。割とこのテのPCは筐体の作りがしっかりしているようですが、ちょっと物足りないスペック。薄さは魅力だけれど、重要じゃない。外部I/Oは USB Type-C のみ。これはあまりお客さんにもお勧めしませんね。持ち帰り自宅仕事を増やすだけ。

結局、「ノートPCの厚み」というのは、アダプタ類を実装し、大容量低価格のハードディスクを内蔵するためのメリットじゃないかと思います。その分、フットプリントは犠牲になっても構わない。

Type-C用のネットワークとかUSB増設アダプタあるじゃん、と思った貴方は鋭い。しかし、エンドユーザという「彼ら」の仕事はそう言った「小物を紛失する」のも仕事なのです。小物だけじゃなくって、PC本体だって、自宅の鍵すらヨッパラって3件目の飲み屋とか電車に置き忘れる。これは上からも、下からも IT部門へのブツブツ不満となって帰ってくるわけですね。

そう言った「カッチョええ」PCは、自前でBYODして、混んだ電車のシルバーシートにハードボイルドに気取ってバキッと大股おっ開げて座り込み、意味のない無線信号飛ばしまくって、キーボードをバシバシ叩いて、じーっと目をつぶっている両隣のジジババを起こしてクソ餓鬼の写真でも見せびらかすためにあるのですね。とてもじゃないけど、ビデオ編集なんてできない。

私はエンジニアですから、フリーの技術ライターがお勧めする様なPCでは物足りません。客先で Hyper-V 仮想化とか、SUSE Linux の USB 起動+仮想化ハイパーバイザーブートが必要なので、ディスクの中身は仮想イメージだとか ISO なんかがごっちゃり入っています。必要であれば、出先の仮想環境でオペレーションマニュアル書いたりするので8Gbのメモリは必須です。そこまで酷使しなくても、8Gメモリは悲鳴を上げている。固定デスクトップは無条件に Linux サーバー化するので、ノートPCとは Windows のメインPCなのですね。

今のところ使っているのはマウスコンピューター製の 11.1 インチノートなのですが、ほぼこのスペックを満たしており、まぁは満足しています。が悲しいかな安物の二流国内メーカーで、プラ筐体なので、格安航空会社の格安チケットで出張中、モニタをゆっくり開いたらヒンジがバキリと音を立ててヒビが入りました。当然保証外。そこでほとんど自宅では、外部モニタが必須です。客先でもお借りすることがあります。電車の中でも安心して持ち運べる金属筐体が欲しい。やっぱりちょっと高いけど Dell とかレノボかな。パナとか東芝はちょっとお高く止まっている。VAIO はちょっと魅力。でもほぼコレというのは完全に20万円台の竹コースです。

ノートPCはキーボードもポインティングデバイスもモニタも「替えが利かない」ので、できるだけ長期保証が欲しい所ですが、このあたりも M-PC さん、ノートPCのキーボードもモニタもポインティングデバイスも消耗品扱いするので、ちょっと保証がモノ頼りない。以前 DELLの「像が踏んでも無償交換修理」という無敵の Dell Inspiron か何か使っていた事があったのですが、ベッドで使っている最中、眠ってしまい、夢の中でエルボーアタックでモニタにピキッとヒビが入った時は、2~3日で無償修理してくれました。結局5年間使えました。 結局お得でしたね。

電池の持ちはあまり気にしません。せいぜいUPS替わりに2時間も使えれば結構。その代わりACアダプタは必携です。どうせカタログで7時間と言っても1年もしないうちに半分くらいまでヘタります。

なぜ、ビジネス用PCに有線LANが必要かと言うと、「無線ほど信用できないモノはない」からです。接続の信頼性、スループット、スニッフィングの危険、気が付いたら「隣の家の無線を拝借していた事故」の防止。

この間もありましたけどね。有線無線両用している時にファイルサーバーとの接続がプチ切れる、ンで調べたら、隣のビルのコンビニからの電波がお客様が「拝借」して「お邪魔でぇーす」していたそうです。どうもゲスト用のパスワードなしのSSIDを捕まえてしまい、というトラブルです。勿論セキュリティもダダ漏れ状態。

ウチでも「激安アウトレット品」の Wifi ルータにヤラレタ事があります。DNS/DHCP は止められないし、デフォルトG/Wがインターネットルータになるので、ローカルLANのDNSを参照してくれないケースですね。こういったおバカ仕様だと当たり前ですが、無線/有線混在仕様だと、内部のシステムにアクセスできない事があり、ひどく怪しい動きをしてくれます。トンデモケースですが安物買いの銭失いですな。

それに最近はテザリングできるスマートフォンなんかあるわけで、カイシャにもどったら、さっき出先でテザリングしていたのを忘れて、ひたすら天井のアクセスポイントより全然近い、PCの隣で USB 充電中のスマートフォンとひたすら通信してたなんて話もよくあります、ってか私もよくやっちゃいます。

まぁ、昔、聞いたまじめな話。無線対応のプリンタが流行った頃、コンフィデンシャルな会議用ドキュメントをバキバキと印刷していたら、あれ、おかしい。ジャムったか、トナー切れか。とおもってトラブルを調べていたら、見知らぬカイシャから「おタクのカイシャのロゴが入った印刷物がゴッチョリ大量に出てきてウチのプリンタトナー使い切ったんだけど何とかしろ」とクレームが来たという。どうやら距離は結構そこそこに離れているんだが印刷した本人の席と問題のカイシャとの間にはガラス窓以外に遮蔽物がなく、「極秘文書」をジャンジャン他社に送り付けたらしい。総務が赤っ恥かいて謝罪にいったらしいけど、その後、その会社では無線の使用は厳禁になったとかならなかったとか。

ウソかホントか知らんけど似たトラブルはよく聞きます。「だからオフィスでは無線は使うなぁ、スイッチ切れぇ!」とお灸をすえてやりましたが.....

これから無料 Wifi スポットが増えるとそんなトラブルも良く出るんだろうなぁ。

有線が使えるなら、厚みやディスプレーのサイズにはこだわりません。まぁ肩が凝るほどの重量級ノートは遠慮しますが、かつては毎日、大型ノート2台持ちもしたくらいですからモニタサイズと重量はあまり気にしない。できれば電源は二個持ち、一個は固定使用、予備は持ち歩き用。AC電源アダプタとかディスプレーでも壊れりゃ、ただのウエイトトレーニングの用途にしかならないのがノートPCです。

確かにスマートフォンや、容量の少ない記憶装置は、クラウド主体のビジネスモバイルとしては充分かも知れません。が、この使い方はあくまでも、あくまでもシャドウIT。IT部門の管理から外れた利用方法になるため、余分な機密データの持ち出しや、大量かつ巨大データの加工、生産には向いていません。例え、リアルタイムに常時接続したい、というニーズはタブレットやスマートフォンではお分かりの通り少ないンです。だからこれらのデバイスでは無線でも充分。しかしプロの生産活動にはやはり有線接続のPCは必要なのです。

また、多くのフリーランスやITメディア編集部のITライターさんが書くインプレッション記事は、新品状態の細かなスペックだとか、自宅兼オフィスの深夜の丑三つ時、静的環境で数台のPCやタブレットを使ってみての夏休みの感想文なのです。彼らフリーランスのITライターは数百台のPCが存在し、巨大な画像ファイルや図面を使う、不動産業や金融業の資産調査に使うデジタルカメラのデータ、建設現場などの航空写真、書籍を作るための大量の図形や文書、巨大なビデオデータなど共有データを必要とする、現場の激務の中で仕事をするプロフェッショナルに必要なファイルサーバーなどの存在を気にする事はありません。

せいぜい「オフィス兼自宅」のNASと一対一で転送してスペックを記事にするだけです。そもそも 802.11ac ったって、チャネルあたり 443Mbps しか出ないのです。4チャンネル束ねて 1.6Gbps とかド派手にパッケージにコンジキでド派手に書かれているけど、普通は端末側は対1チャネルしかないのですね。無線だと、普通カタログスペックの3割しか出ないというし、輻輳したり、「1チャネルを皆ンなで共有」なんて事すると、ひと昔の3G回線並みのが普通になります。まぁ YouTube で「昨日の大相撲のこの一番」を見るのには困りませんがね。5分の動画ストリーミングでも、5分間ゆっくり転送しても困りません
a0056607_07341480.jpg
早朝6時、たったあ2Gでえ9分とかありえない。
他はブチブチ切れるな。こりゃ朝飯の時間だ。

a0056607_07345371.jpg
802.11n 54Mbs でこれだ。 32Mbitps = 8bit(1Bit) * 4MByte/S うーむ納得できる数字だ
条件いい時間帯なんだけどね。


a0056607_07450859.jpg
無線じゃやっておれんぞ。
RJ-45のモジュラが壊れているのでUSB 2.0 アダプタ経由でやってみる。
それでも帯域はフルに使っている。そこそこだ。


そもそも端末側が 2.4Ghz 帯の 802.11n しか対応していなければ、まぁ「つながった!良かったね」そんな程度です。

ITメディアが提供する記事は鵜呑みにすべきではない、これが現場が必要とするプロのエンドユーザ環境なのです。

実際のエンドユーザさんは私たちの様なITバカではありません。業務の「その道に関してはプロ」なのです。ヘビーユーザーなんですね。60分の映像データでも10秒で共有ストレージにアップロードしなければならない。400枚の高解像度のカメラの映像から使える画像をピックアップする。そんなプロのオフィスユースには、とてもじゃありませんが、無線はお勧めできない。みんな昼飯食いに行くしかない。

これもまた聞きなのですが、生産現場の ITエンジニアに、せいぜいオフィスとブラウザ程度しか使えないペラペラのノートPC配ってドメインのポリシーでロックダウンかけたという事でエラそーに言っていた営業出身の某経営者がいました。これでどーやって Linux のサポートするのよ、って渡された本人怒っていましたけどね。これなら紙とエンピツの方がよっぽどましだぞって。

環境は統一したいけど、現場にいかに適合した環境もまた検討できるかが勝負なのです。




無線LAN トラブル 有線接続 インターネット 接続できる LANに接続できない 


[PR]
by islandcenter | 2017-07-22 12:58 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

すっかり落ち着いてしまったようですが、世間が wannacry ランサムウェアで大騒ぎしていた頃、気になる記事を Gigazine に見つけました。

Gigazine

Windows XPでランサムウェア「WannaCry」の被害が少なかった一因は「ブルースクリーン・オブ・デス」

"WannaCryは「MS17-010」で報告されている、Microsoft Windows SMB サーバーというWindowsのファイル共有システムの脆弱性を利用して広がりましたが"

Gigazine のこの記事によると、 wannacry については Windows XP に感染する前にブルースクリーンになり拡散に失敗するケースが多く、 Windows10 では比較的被害が少ないし、Windows8x 系はそもそもサンプルが少ないので、実際に感染したコンピューターは Windows7 の SMB なんだろうなぁ、という事がぼんやりと気になっていました。

そこで SMB のバージョンについて調べてみました。まぁまぁ良く整理されている記事がこちら。

第7回 ファイル共有プロトコルSMBの概要

そこで wannacry に関する情報を探ると出てくる出てくる。Windows サーバーから、おなじみの samba も影響があるのですね。


- 一番初めに試した対策 -

ほとんどどこでも言及している「SMB 1.0/CIFS のファイル共有のサポート」 デフォルト・イネーブルを削除してみました。

ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス

「コントロールパネル」>「プログラムと機能」> 「Windows の機能の有効化または無効化」から "SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート"のチェックを外します。後は「再起動しろ」と言ってくるので、再起動します。すごく再起動に時間がかかります。

a0056607_17592725.jpg
再起動すると見事に samba サーバーが「ネットワーク」から消えました。\\IP\Share_name でアクセスもできません。

全滅

です。

という事でこいつ(SMB1.0/CIFS .....)は元にもどす事になりました。つまりはこれも拡散を防ぐための一時的な対策に過ぎません。

- samba サーバー側で対応してみる -

==========
Workaround
==========

Add the parameter:

nt pipe support = no

to the [global] section of your smb.conf and restart smbd. This
prevents clients from accessing any named pipe endpoints. Note this
can disable some expected functionality for Windows clients.

という事だそうです。

smb.conf — Samba の設定ファイル
によると

nt pipe support (G)

この真偽値パラメーターにより、 smbd(8) が Windows NT のクライアントに対して、 Windows NT の SMB 固有の IPC$ パイプへの接続を許可するかどうかが制御される。 これは開発者のデバッグオプションであり、意識する必要はない。

既定値: nt pipe support = yes


意識する必要はないとはありますので、とりあえず 手元の SUSE Linux SLES11 で設定してみます。

yast(or yast2) > Network Service > Samba の Identity タブ Advanced Setting からこの Expert Global Settings を書き換えます。

a0056607_18000345.jpg

Add ボタンで "nt pipe support" にチェック(デフォルト)が入っているので、このチェックを外すと smb.conf が書き換えられます。この状態で yast でOKすると samba が再起動します。

a0056607_18003739.jpg

ところが

a0056607_18010151.jpg

見事にアクセスが拒否られます。また Windows7 とサンドボックスの Windows XP も見事アクセスが拒否されました。
つまり

nt pipe support = no

パラメータはあくまでも一時的なものであり、根本解決には至りません。

という事で SUSE から出ているパッチを探してみました。これの様です。

- SUSE のパッチ -

CVE-2017-7494

結構メンド臭そう。やっぱり公式リポジトリからセキュリティ系のアップデートを全部パッチするのが正解の様です。

怖いのは、Linux のディストリビューション各社はパッチをだしているのですが、よく国道沿いのディスカウントショップで「家族計画用品」の隣で売られているご家庭製品専門のメーカーで出しているような、「なんちゃって我が家のNAS」みたいなものがパッチを出していなかったり、当てるのも面倒だったり、そもそも wannacry に対策しているかどうかもわからないところですね。


ということで

第一段階

SMB1.1/CIFS の利用をやめて Samba や NAS の使用を停止して、エンドユーザに総スカンを食らう
その間にパッチを全部確認する。

第二段階

手に入る限りの Windows パッチ、Samba パッチを当てまくり、リブートしまくり、ついでにあちこちでトラブルが出て、みんなに総スカンを食らう。

第三段階

PCを「安全性が高い」とマイクロソフトが豪語する Windows10 と Windows 2016 Server にリプレースして、SMB3.11 にアップデートして samba も 4.x にアップデートして SMB3.x のみサポートして、動かないアプリケーション続出しまくり、繋がらない古いPCユーザから総スカンを食らい、金をかけた効果はあったのかと経営者に詰問されて、辞表を書く。

というのが対策の手順となりそうです。




- Keyword-

wannacry, 対策, Windows10, Windows7, samba, SMB, CIFS, Linux, 脆弱性



[PR]
by islandcenter | 2017-07-10 18:08 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

従来とは違い、使えないとばかり思っていた


Windows10 の Guest ユーザを作る、いやビルトインアカウントを有効にする方法です。こういう大嘘記事を書いて、ずーっと気が付かなかった私もそろそろもうダメポと思ってしまいます....

- Windows7 の場合 -

コントロールパネルのユーザとグループから Guest アカウントを ON にすると、パスワードなしの Guest アカウントが有効になります。が....

a0056607_15450426.jpg
がしかし、Windows10 にはそんなユーザはいません。

a0056607_15454112.jpg

要するに、なるべく Microsoft 様としては、なるべく「ウチのアカウント作ってね、ンでもって使い物になるものほとんどないけどストアアプリたくさん買ってチョ!」という訳です。

- そこで Windows10 の Guest アカウントを作ってみる -

試しに無理して "Guest" アカウントを「作成」して「次へ」を押すと「別なユーザ名にしろ」と怒られました。つまりどこかにいるわけですね。

a0056607_15460767.jpg
という事で 「タマ」とか「ポチ」とか「赤の他人」とかのアカウントを作るわけですが、しっかり、ビルトインアカウントで Guest って存在するわけです。

- Guest ユーザを有効にする -

「たんぼタン(田)」の右クリックから「コンピュータの管理」を選んで「ローカルユーザーとグループ」「ユーザ」を選ぶと

a0056607_15464522.jpg
「こんなところに隠れていたのか」という所に、冷蔵庫の裏側の標準装備の×キブリみたいにビルトインアカウント Guest 様がひっそりと隠れていらっしゃいました。「アカウントを無効にする」のチェックを外すと Guest 様が飛び出てきます。

a0056607_15470908.jpg
まるで、×キジェットでワラワラ出てきた、「×キブリ」のように這い出てきましたね。

- ついでに Administrator を有効化してみる -

a0056607_15473484.jpg
ちゃんといるじゃないか .....
a0056607_15475214.jpg
ということで Guest も Administrator も Windows10 ではちゃんと存在するわけですね。


- Keyword -

Windows10, パスワードなし, Guest ユーザ、 ADMINISTRATOR ビルトインアカウント、 有効化




[PR]
by islandcenter | 2017-07-09 15:52 | Windows | Trackback | Comments(0)

Windows Anniversary Update を ISO ファイルを使って Windows 10 -> Update してみました。何しろ、どういう罠がこのRPGゲームに仕掛けてあるのか分からないので、何台もある Windows デバイスをアップデートする都度、ネットワークのトラフィックが混雑しては話になりません。できるだけ短時間で、この困難なRPGゲームを終わらせるには ISO アップデートが一番なのです。

- 準備するもの -

- とにかく高速な回線、くれぐれも低速 ADSL や ISDN でやろうと思わない事。
- モバイルPCの場合、利用制限の上限がない無線ネットワーク回線、3G程度の容量では月額上限に達するので、4G程度買い増ししておくこと。後で通信会社から怖い請求書が送られてくるので覚悟の事。
- インストールしてあるストアプリや、必要でも再インストールできるアプリケーションは全て削除しておく事。
- たとえアプリ内課金してあるデータでも全部あきらめて削除する度胸
- 重要なデータは全部削除しておく事。バックアップを取るという脳みそがあるとなおいい
- 暇つぶし用に、とにかく夢中になれるコミック本やミステリー小説などを数冊。
- 暇で退屈な出かける予定がない雨の日曜の午後

-ダウンロード-

MediaCreationToolを「今すぐダウンロード」(凄い表現だ!)
a0056607_12500633.jpg

ダウンロードした "MediaCreationTool" を実行
a0056607_12513264.jpg

お約束で「同意する」
a0056607_12541938.jpg

「他のPC用にインストールメディアを作る」
a0056607_12572139.jpg
アキテクチャを選択(ここでは「両方」を選択した - 敗因)
a0056607_12592035.jpg

「両方」を選ぶと、アチャーな事に。
a0056607_13002564.jpg

そこでアキテクチャ毎にダウンロードすることに(この時点で10Gの空き容量)
a0056607_13023650.jpg

ダウンロード先にNASを選択、ファイル名は全部 Windows.iso なので、アキテクチャが区別できるように WindowsPro64.iso などに名前を変えておくこと。
a0056607_13043791.jpg

C:\ESD\Download に一度、トラフィックを使いまくってダウンロードされます。さて推理小説でも読んでマターリと待ちましょう。

a0056607_13060777.jpg

「完了」C:にダウンロードされたイメージは内容をチェックされえた後、NASに ISO 化されて保管されます。
a0056607_13072533.jpg
Home32/Pro32 で約 2.7G、Pro64 で 3.4G 程のサイズの ISO が出来上がりました。

- アップデート -

NAS のISOファイルを「マウント」します。Windows8 から標準になった ISO マウントは便利ですね。

Setup.exe を実行します。
a0056607_13093194.jpg

いつまでも「準備してまーす」このプロセスは setup.exe が ISO の内容を、C:ドライブに解凍するプロセスです。でもいつ終わるんだワレ。
a0056607_13195414.jpg
更新プログラムは「今はダウンロードしない」「品質向上には協力しない」
a0056607_13212997.jpg

お約束に「同意」
a0056607_13235352.jpg

引き継ぐものの確認
a0056607_13251485.jpg

何回かリブートします。このプロセスが長い......
a0056607_13270140.jpg

  ひたすら待つ...... 本当に進んでいるのか不安になる。

a0056607_13324572.jpg
「処理にしばらくかかります」ホントに時間がかかります。

a0056607_13284869.jpg


見事に失敗中
a0056607_13344462.jpg



失敗して元にもどってしまいました。
a0056607_13361518.jpg
最初のログインで、なんじゃこれ?


0xC19000101 - 0x03018
SYSPREP 操作中にエラーが発生したため、インストールは FIRST_BOOT フェーズで失敗しました。
a0056607_13381024.jpg
- 敗因 -

どうも、デバイスドライバによってはずいぶんと多くの方がこの「苦労の最果てにあるがっかり名所」にぶち当たることが多いようです。ずいぶんそういう報告がありました。しかしなぁ、これどう見ても SYSPREP のエラーに見えちゃうんだけどなぁ。

という事で一番心当たりがあるのが SUSE の仮想化ドライバなので、ISO を C: にコピーして、その他のLAN, Wireless, Bluetooth,ビデオ、などのドライバをデバイスマネージャからかたっぱしから削除し、setup からまた長い旅を繰り返してみます。8Gの空きに 2.7G の ISO をコピーして果たしてうまく行くのか?(最初のコピープロセスさえうまく行けば、LAN ドライバはデバイスマネージャから削除したままでも NAS からネットワークアップデートできたかも)

キター! プロファイルの再構築を行っています。
a0056607_13404954.jpg
どーん!

a0056607_13422122.jpg

> winver でビルドを確認します。
a0056607_13442051.jpg

やっぱり何だかんだ言っても、一日仕事である事に変わりない訳です。Windows のアップデートか。一番したくない仕事ですね。



そのほかによくある問題


Windows 10 Anniversary Update、ISO マウント、アップデート、0xC19000101 - 0x03018
SYSPREP 操作中  FIRST_BOOT フェーズで失敗 LAN ネットワークアップデート


[PR]
by islandcenter | 2016-08-17 14:10 | Windows | Trackback | Comments(0)


Windows10 HOME でパスワードがないゲストユーザを作る

の続きです。

Windows10 に作成した、「ゲストユーザ」にストアアプリを使ってもらう事を想定してみましょう。例えば貴方のタブレットをちょっとの間、パスワードのないゲストアカウントで知人に貸し出したり、リモートデスクトップでVDIサーバーしか使わない、格安シンクライアントにログインした、パスワードなしのユーザ、(VDIは Windows7 だったりするので、ストアアプリは使えない)にストアアプリにある、ニュースアプリや天気予報、乗り換え案内など、業務や、ちょっとした行動に必要なブラウザでは使えないアプリをインストールしておくことがあります。あるいは、"MyHomeUser" など、パスワードを必要としない我が家のガキンチョどもに、ちょっと使わせたい、なんてシーンはゴロゴロしているわけですね。そんな目的で、Microsoft アカウントと紐づけされていないPCに、ストアアプリをインストールする方法をチェックしてみました。


- ストアアプリにサインインしてアプリをインストール -

ストアアプリを起動して、「検索」窓左の人型アイコンをプルダウンして、「サインイン」します。
a0056607_11364611.jpg
アカウントの選択で "Microsoft アカウント"を選びます。
a0056607_11380177.jpg

ここで既にある Microsoft アカウントでサインインします。
a0056607_11384664.jpg
Microsoft ID のユーザ名とパスワードをセットして
a0056607_11393345.jpg
"このアプリのみサインイン"します。
a0056607_11404018.jpg

これで Windows ストアにアクセスできるので、天気予報アプリを使ってみました。
a0056607_11411913.jpg

問題なく使えるようです。
a0056607_11420540.jpg


- サインアウトする -

ストアアプリからサインアウトするには、検索ボックスの人型アイコンからサインインしたアカウントをクリックして”サインアウト”します。
a0056607_11424410.jpg

無事サインアウトしたようです。
a0056607_11432944.jpg
この状態であれば、天気予報やニュースアプリのように Microsoft アカウントを使わないストアアプリであれば、問題なく利用できるようです。ちなみに、一つの Microsoft アカウントで同時に利用できるデバイスは10台までとの事ですが ....

[Windows 10]ストアアプリのインストール回数はどのように管理するのでしょうか?

「設定」>「アカウント」>「お使いのアカウント」>「Microsoft のアカウントの管理」でブラウザが起動します。 Windows Live へログインし、「デバイス」メニューから「PCの削除」が行えます。
a0056607_11441527.jpg

これで、Microsoft アカウントとデバイスとの紐づけを解除したら、10台以上に”天気予報アプリ”がインストールできるか、どうなのか。残念ながらそんなにPC持っていないので試していませんが、やっぱりデバイス情報には、インストールされたPCがリストされたので、10台以上のPCに一つのアカウントでインストールはできないようです。

a0056607_11540635.jpg
10台以上デバイスをお持ちの方のフォローがあったら嬉しいです。




-Keyword-
Microsoft Windows ID Windows10IDなし ストアアプリのインストール ゲストユーザ アカウントの紐づけがない アカウントの紐づけされていない Windows ID パスワードなしのユーザ 激安 格安 シンクライアント Windowsアプリ 使いたい。


[PR]
by islandcenter | 2016-07-12 11:55 | Windows | Trackback | Comments(0)

最近の格安PCには \9,800" スティックPCとか3万円で買える激安タブレットなどがあります。スティックPCであれば、デスクトップで場所も取らないし、USB と HDMI が付いた激安 Windows タブレットなんかもとても魅力がある選択なわけです。処理能力は大したことないのですが、そのままリモートデスクトップでVDIサーバーに接続すれば、爆速シンクライアントPCとして利用できますし、VPNなどが使えれば、外でタブレットを使いながら社内のシステムに情報漏えいなどがない環境で安全に接続することができます。

また、キオスク端末のためのシステムや、ご家庭での「お子ちゃまPC」など使い方は色々あるわけですね。

ただ、安い事には理由があり、ほとんどの搭載OSが Windows10 HOME 32 bit 版だったりするわけです。

---->>>>ここから嘘の恥まり >>>>------

Windows10 には Guest ユーザがいません。そこで"guestをイネーブルにしてパスワードなしで使わせる"という芸当ができなくなっています(<--大嘘)。また、意地でも Microsoft アカウントと繋げようとするのも、あまり好ましくありません。


※知らなかった .... ビルトインアカウント Guest ってちゃんとあるのね。

Windows10 "Guest" ユーザを作る、いや、ビルトインアカウントを有効にする

ということで以下は嘘から生まれた参考程度にしてくだされ。---->>>>>

-目標-

"Microsoft アカウントと紐づけされていないパスワードなしの「一般ゲストユーザ」を作る"

事を目標として、その方法を説明します。

-目的-

- 子供たちが自由にログインできる
- 一般ユーザのリモートデスクトップなどのVDIシンクライアント専用のアカウントを作る
- HOME edition 搭載のタブレットPCをちょっと友人に貸して使わせたい
- メインユーザがパスワードを忘れてログインできなくなった場合の予備の管理者ユーザを作りたい(備考)
- キオスク端末を作りたい

と言った用途が考えられます。

-手順-

スタート>「設定」>「アカウント」より「家族とその他のユーザ」を開き

「その他のユーザをこのPCに追加」します。
「このユーザはどのようにサインインしますか」のページで「このユーザのサインイン情報がありません」をクリックして次へ
a0056607_12535261.jpg


「アカウントを作成しましょう」のページから「Microsoftアカウントを持たないユーザを追加する」をクリックします。

a0056607_12555460.jpg

「このPCを使うのは誰ですか」の欄に "guest" とか "anybody" とか、"HomeUser" とか "Pochi(犬用)", "Tama(ヌコ用)"などのアカウントをセットします。"パスワード"の欄は空欄のままです。

a0056607_12563173.jpg

これで、パスワードなしの一般ユーザが作成されました。ログインする際は、ログインスクリーンの左下の "anybody" などの作成したアカウントをクリックすると、プロファイルが作成され、パスワードなしのユーザが自動的に作成されます。
a0056607_12582985.jpg

-予備管理者-

予備の "Administrator"権限を持つユーザを作る場合は、よく使う”自分に覚えやすい”パスワードをセットして、ユーザを作成したあと、ユーザ名をクリックすると「アカウント種類の変更」を「管理者」に変更します。

a0056607_12590322.jpg

※ Windows8/8.1 まで guest アカウントがあったため、これを有効にした状態から Windows 10 にアップデートすると、プロファイルが競合するため、"guest" は作成できなくなるようです。<<<-----大嘘です。ビルトインアカウントありました。


以上大嘘終わり---

--
続きです。

Windows10のゲストユーザが Microsoft ID なしでストアアプリを使う

知らなかった .... ビルトインアカウント Guest ってちゃんとあるのね。

Windows10 "Guest" ユーザを作る、いや、ビルトインアカウントを有効にする

その他の情報はこちら

-Keyword-

Windows10 Home Edition パスワードなしのユーザ作成 Microsoft アカウントに紐づけされていないユーザの作成、家族用アカウントの作成 キオスク端末用アカウントの作成 管理者権限のあるバックアップユーザの作成


[PR]
by islandcenter | 2016-06-26 13:05 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

Windows10 で VDI(仮想デスクトップ)を導入すると、何しろ周辺機器がつながっていないので、まず、再起動しなければならないケースは少ないとは思いますが、「どうしても再起動したいんだよ」というケースがたまにあります。

しかし、リモートデスクトップでVDIシステムに接続している場合、「電源」ボタンにはセッションの「切断」かユーザ名アイコンから「サインアウト」しか選べません。
a0056607_11423748.jpg

そこで MSTSC.exe (リモートデスクトップ)で、接続中の、VDIシステムの Windows10 をリモートで再起動する方法を考えました。

- ALT+F4キーを押す -

一番お手軽なのがこの方法ですが、ALT+F4キーは「アプリケーションの終了」でもあるため、デスクトップを「全画面」にして操作しなければなりません。
a0056607_11430476.jpg
また、RDPのソフトウェアが動作する Android タブレットやスマートフォンなどではファンクションキーが使えない事もあります。

a0056607_11435189.jpg
Androidスマートフォンのハードコピーが上手く取れないオレ。

また、この方法では誤って「シャットダウン」を選択してしまう場合があります。シンクライアントシステムで、「シャットダウン」を実行すると、ご本尊まで行って電源投入を手動で行う必要があって、あまり塩梅が良くありません。VDIシステムの場合は、仮想クライアントの起動をシステム管理者が行う必要があるため、この方法はあまりお勧めできないわけです。

- コマンドラインから shutdown -r -t 0 /r /f /t 0 を実行する -

※ 初出で"-r" と書いてしまいました。これは UNIX 系OSの場合ですね。DOS 系は "/r" でした

という事で、シャットダウンをバッチ処理する方法がお勧めです。
次のようなバッチファイルを作成して \Windows\system32 あたりに reboot.bat という名前で作成します。メモ帳では直接保存できないので、いったんテンポラリに作成して、強引にコピーしてしまいます。

=====================ここから======================
echo off
echo .
echo .
echo .
echo .
echo =========== リブートします。~C で中止 ===========
echo .
echo .
echo 何かキーを押すとリブートします。
echo .
pause
cls
shutdown /r /f /t 0
exit
========================ここまで===================

その他の shutdown.exe のパラメータはヘルプで参照してみてください。ここで使っているのは

/r : リブート
/f : アプリケーションの強制終了
/t 0 : 0 秒後にウエイトなしでリブート

です。ちなみに /s を付けるとシャットダウンですので、リモートの「ご本尊」の起動操作が必要になってしまいます。管理者が何らかの理由で停止/メンテナンスが必要な場合にのみ使う事になるでしょう。後は、このバッチファイルをデスクトップだとかタスクバーに登録しておけば、実にあっさりと再起動してくれます。
a0056607_11451346.jpg

ここでは pause で止めて "CTRL+C" でキャンセルできるようにしていますが choice.exe なんかを組み合わせるともっとナイスなバッチファイルが出来上がります。


Windows10 リモートデスクトップ 簡単に再起動したい シャットダウンしたい VDIシステム 仮想化クライアントの再起動 バッチファイル





[PR]
by islandcenter | 2016-06-24 11:51 | プライベートクラウド | Trackback | Comments(0)

夜中に目が覚めて、眠れないので Radikoでも聞こうとしたら、やけにRadikoがブチブチ途切れました。他にもブラウザの動きがやけにもっさりしているなぁと思って、 Squid が動いているキャッシュサーバーの I/O を Zabbix でチェックすると...

ギャー、なんじゃこれ!!
a0056607_9315349.jpg


Window Update Server が動いているので、Windows Update の仕業じゃない。WSUS の挙動は大体想像できます。WSUSは、アップデートを指示しない限り、1台目のアップデートはダウンロードしない。おそらく何等かのWindowsストアアプリのアップデートが始まったらしいのです。

- こんなに大量のアップデートを押し付けられたら -

一番困るのは、携帯電話のテザリングしているとか、モバイルルータを使っている人でしょう。あっという間に回線容量制限を超えてその後「使えねぇよ」という事になるわけです。

これは Windows の問題だけではなく ISP の問題でもあります。容量制限がキツすぎる。回線容量が増えれば、ユーザの使い方も通信量も当然増えます。今時 144Mbps とかの速度があれば、あっという間に容量制限に引っかかるでしょう。これを 128K とかに制限するの、ちょっとやりすぎですよ。

それより実用的な 40Mbps 程度の速度プランで回線容量の制限なし、あっても下り 4M 程度まで制限する、というのが現実的な気がします。実際にデジタルデバイドが著しい過疎地やウチみたいな借家住まいでは「光ファイバー」なんて一生あり得ない地域での通信インフラは、ADSL か無線通信しかないのですから。

- まぁそれは通信事業者の話として -

基本的には、Windows Update やアプリのアップデートは、罠、ISPを儲からせる仕掛けです。しかも始末が悪い事に、原因がわからない。しかも、間にウェブキャッシュがあっても無視してくれる。どうせ配信元は Microsoft そのものなのだから、ストアアプリも WSUS でキャッシュして欲しい。あるいは、Windows10 でバレた、お得意のWindows update のP2Pシステムで Update を配信すればいいじゃないか。

想像してみてください。構内LANの100台のPCが一斉に、「天気予報アプリ」だとか「地震情報アプリ」なんかをアップデートする様子を。これはシステム管理者にとっては悪夢に等しい拷問です。

いかにこの Windows のアプリのアップデートを制御するかという事になります。

という事で、Windows のストアアプリの自動更新をOFFに設定します。

「ストア」アプリを起動し、検索窓左の人型アイコンをクリックします。アプリの自動更新をOFFに設定します。
a0056607_9335459.jpg

その後、コンピュータを再起動したら、一応落ち着いたようです。

--
つくづく Windows って、「ユーザに優しい」つもりでも「管理者には地獄」なシステムなわけです。こんな仕掛けで、企業のネットワーク環境が Windows7 -> Windows10 へ簡単に移行するわけがありません。Microsoft はもっと、現実を考えるべきです。

islandcenter.jp

-Keyword-

Windows10 遅い 重い ネットワークの負荷 ネットワークが遅い。 Windows ネットワーク インターネットに接続できない。 Radiko 切れる。 Windows Update ストアアプリアップデートを停止。
[PR]
by islandcenter | 2016-02-08 09:37 | Windows | Trackback | Comments(0)

個人的には、まぁまぁ気に入っている Windows10 なのだけれども、エンタープライズ分野では、「何それ」という空気が大きい。

Windows7 に関しては2015年1月、メインストリームサポートが終わったところだ。まず、成熟したとも言えるし、バグか仕様かはっきりしない不具合も放置されてしまう事になる。あとはセキュリティホールのパッチが提供されるだけ。

-またアップグレード騒動かよ-

もっとも、XPサポート切れ騒動からまだ2年しか経っていないのに「またか」という気分が蔓延しているのである。
しかも Windows7 から Windows10 になって、何が変わると言っても、ストアアプリが使える程度だし、ストアアプリそのものも、デスクワーカーにとっては、窓のないオフィスから見えない外の昼飯時の天気予報と、ニュースアプリが便利だと思える程度のものである。
道案内だとか電車の乗換案内のような目的なら、すでにスマートフォンがある。GPS内蔵だ。
そもそも、スマホには、マイクもスピーカーも各種センサーからカメラまで備えている。が、PCにはそれがない。となると、便利なストアアプリも「何それ?」というくらい使えないものが多くなる。ますます、使えるアプリは天気予報とニュース程度になってしまうのですね。

Windows7 で十分 Windows10 を選ぶ積極的な理由がない。もっともタブレットに特化した業務向けアプリケーションでもあれば別なんだろうけど。

Windows XP から Windows7 への移行はまずまず好評だったと思う。何しろXPから比べれば、というタラレバ論理では、「充分に早い」から、エンドユーザも歓迎したようだ。もっともログインしてから、実際に「落ち着く」までの時間は大して変わらなかったので、「早くなった」というのはユーザさんにとっては感覚的なものに過ぎないのだけれど、XP 時代のボロイPCを捨てて Windows7 へ移行したことは歓迎されたと思う。

ところが、 Windows7 から Windows10 へ移行して、「エンドユーザがヨロコブ」機能が全くないのである。あの評判が悪い「高速スタートアップ」も、基本はハイバネーションと同じで、データを破壊して百害あって一利なし。スマホの自動アップデートに比べて、異常に時間がかかる Windows Update と、再起動にかかる長ーい時間。つまりは Windows7 から改悪された Windows8、何も基本的には改良されていないコスメティック(化粧したもの)なのが Windows10 である。

こんな状態で、「これから購入するPCは Windows10 にしましょう」と言って、ハイハイとヨロコブようなバカな顧客はいない。それでも5年後にやってくる Windows7 のサポート切れは何とかしなければならない。どこかで「最後のWindows」に置き換えるのか。

-罫線文化が作るイノベーションの壁-

なぜ、そう簡単にWindows をアップデートできないか、というと、アプリケーションの互換性の問題が言われます。

アプリケーション、それもファットアプリケーションではなく Web アプリケーションですね。つまり 「IE の xx バージョンじゃないと動かない」という問題。よく聞くのが「縦罫線がずれる」というヤツです。IE 以外のブラウザでは正常に見えても、印刷すると、縦罫線が化けたり、ずれたりするンだそうですね。プログラマじゃないからよくわからないけど。極端なハナシ、「罫線の角を丸めてくれ」という「え”」というウソのような要求があったりするそうです。

おいマジかよ。

そういう文化なので、「EXCEL方眼紙」などという珍妙なテクニックがまがり通る日本の特殊社会なのですね。そういう特殊な日本語のドキュメント文化を丸々否定したくはないのですが、否定しない事には、いつまでも「IE xx じゃないと」というシステムしかできない。止めない事にはイノベーションが生まれないしITのコストは高止まりのままなのです。

「日本の文化だから大事にしろ」というのであれば、その企業は永遠にグローバル社会に行かずに先細りする日本市場でやっていくしかないでしょう。帳票から縦罫線を排除すれば、どれだけ開発が楽になるか。ちょtっと想像がつきませんが。

でもいるんでしょうね。縦罫線を要求する抵抗勢力が。さて、Window10 で終わる IE11、その後、あるいは Windows7 で使われる様々な IE のバージョンの違いをどう吸収するのか。「IE専門プログラマ」が、どう道を切り開くのか、ちょっと面白い事になりそうです。

まぁ、縦罫線をうまく利用して、見事なPDFの帳票を作っている国税庁の確定申告のサイトはよくできている。何しろ Windows だろうか Mac だろうが Linux だろうが Adobe Reader さえあれば、ウィザード形式で見事なPDFの申告書を作ってくれるンだけど、一般のサラリーマンエンジニアは、確定申告なんて無縁だから、あのすごさはわからないだろうなぁ。

-シンクライアント-

実際、私の顧客ではVDIを大規模に導入しようというお客様がいます。というかもう既に一部に導入されて、利用されているのですが、とっても便利で、エンドユーザさんからは好評らしい。そこで、もっと拡大して利用しようという事を企画しています。シンクライアントであれば、サーバーコストはかかるが、極端な話、ライセンスコストだけで、Windows が使えます。物理的なデスクトップは何でもいい。USB 起動の Linux でも Mac でも、最近はやりのスティックタイプの1万5千円のPCでもシンクライアントとして利用できる。

Android のタブレット、PCでも、HDMMI があれば、21インチの大画面で利用できる。シンクライアントに特殊な端末は必要ない。極端な話、倉庫にあるハードディスクが壊れた古い XP 端末でもUSBメモリ起動で openSUSE だとか Ubuntu のようなLinux リモートデスクトップがつかえれば十分なのですね。

となると、エンタープライズ分野での Windows10 への移行は、実台数ベースで企業に導入されることは期待できない。私だって、古いPCを20台をリプレースするくらいなら、VDIの仮想クライアントを20台並べた方が楽だと思う。シンクライアント本体は別に何でもいい。1万5千円のスティックPCでも、タブレットでも、古いPCを Linux 起動できればいい。ただし、大型ディスプレーと、キーボード、マウスは用意したほうがいい。最新のタブレットでなければ、有線タイプがお勧めだ。こうなると、クライアント「PC」は別にPCでなくてもいいし、ライセンス料の安い Home Edition(無印 Windows) であっても、リモートデスクトップが使えれば十分なのです。

--
Windows7 から Windows10 への移行は様々な問題があるでしょう。IE から Edge への移行。それはそのまんま、ウェブアプリケーションの改修なのです。ですが、これは IE 依存から Web 標準の回帰にもなるわけです。Edhe のみならず、Chrome,Firefox, あるいは Macintosh の Safari での標準化。決してデメリットではない。縦罫線の排除は、開発部門と、運用部門との闘いになるだろう。

しかし、文書の中身が正確であれば、縦罫線なんてどうでもいい話であるし、それがグローバルスタンダードなら、縦罫線は排除すべき問題かもしれない。その発想がない限り、東京オリンピックまで Windows7 がニッポンの標準スタンダードとなり続けるでしょう。いまだに、Windows XP は主力ではなくてもオフラインで使われ続けているし、Windows 7 もそういう道をたどるのかな。

[PR]
by islandcenter | 2015-10-10 19:47 | Windows | Trackback | Comments(0)