isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

ノベルとベライゾン、面倒なID管理をクラウド化

ベライゾンとノベル、クラウド・セキュリティ・サービスを共同提供へ


実は Active Directory の仕事をやっているのですが、どうしてマイクロソフトは AD 管理をクラウドとして提供できないのでしょうか。あんな面倒で冗長性の高いシステムなのだから、世界各地に企業のADのサーバをクラウドで提供できれば、ユーザ企業は楽なんだけどなぁ、と思います。

でもできないんですね。ADでは。

何しろ Administrator 権限がなければ何もできないし、客に与えると何でもできるのがADです。

一方 Novell の eDirectory サービスは root に対する権限さえアウトソースできれば、スキーマの管理やライセンスの管理などは全てアウトソースして、ユーザはOUに対する権限さえ負えば運用できるわけですから、eDirectory の法がディレクトリのクラウドサービス基盤としては優れていると思います。ライセンスとスキーマが管理できるわけなので、利用しているアプリケーションに対する課金も簡単に管理できるはず。

本当に顧客の root サーバだけでもノベルさんのデータセンターで管理してもらえないものかと思います。特に20ユーザ程度はフリーミアムモデルとして無料で利用してもらい、ユーザ数が増えたり、スキーマの拡張が必要なアプリケーションが必要になればプレミアムモデルとしてサービスできる。初期ユーザは LDAP 認証機器は全てノベルのクラウド認証サービスを利用できる。

できれば、初期状態で ZENworks の DLU 機能だけは実装してもらえれば、ユーザ企業はかなり楽なんだけどなぁ。

-Key word-

Novell, eDirectory, クラウドサービス, ID 管理, ディレクトリサービス, LDAP 認証

Visit My site
by islandcenter | 2010-05-11 01:59 | Novell | Comments(0)