Windows の iSCSI メディアが「危険」あるいは「失敗」

-現象-

Windows を再起動すると iSCSI ボリュームのマウントに「失敗」する。フォーマットするしかマウントする方法がないが、当然ファイルは全部消える。


これは直した後。
a0056607_4232533.gif

F:ドライブが認識されずに「失敗」と表示され、プロパティから開くとフォーマットすることしかできない。マウントした後も「危険」と表示される。

※この現象は Microsft iSCSI initiator 2.08(他のバージョンもかな) で発生します。iSCSI とのセッションが切れる、例えば iSCSI ターゲットが何らかの理由でリブートしたりする場合も発生します。
なんとかして欲しいですね。


-対策-
まずiSCSI のターゲット接続情報をメモしておきます。文字列が長いのでちょっと大変かも。
次に iSCSI イニシエータを全部アンインストールします。さらに regedit を使って残っている iSCSI の Target 接続情報を見つけ出して全部削除します。
a0056607_4235294.gif


もう一度、iSCSI のイニシエータをインストールしなおして iSCSI ターゲットに接続しなおします。

単に iSCSI のイニシエータを削除してインストールしなおしても現象はかわりません。レジストリに残ったデータがどうもおかしかったようです。

データが残っているかどうかは神のみぞ知るです。再現性がないので試していません。

--


これだから、Windows のiSCSI は信用できない....しかも Linux に比べてすごく遅いしCPU負荷も大きいし。

Windows iSCSI フォーマット マウントできない 失敗 危険 不具合 バグ

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/12937112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2011-06-22 04:37 | Windows | Trackback | Comments(0)