isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE + XEN で仮想化、よく使う xm コマンドのまとめ

以外と xm コマンド関連のリファレンスを探している方が多いようなので、 知っておけば便利な xm コマンドをまとめてみました。ほとんどこれらのコマンドで仮想マシンの操作が行うことが出来ます


-XM 仮想マシンの起動とシャットダウン、強制終了(xm list, shutdown, destroy, create)

xenhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 679 2 r----- 94309.0
W2K3S 1 512 1 r----- 690769.3
vm1 7 512 2 -b---- 45.4 <---- 稼働中
oes2ltest 1250 2 90053.3

xenhost:~ # xm shutdown vm1(or,7) (ID:7 vm1 を遮断)
xenhost:~ #
xenhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 679 2 r----- 94313.9
W2K3S 1 512 1 r----- 690810.6
vm1 512 2 53.6  <--- 停止しました
oes2ltest 1250 2 90053.3

xenhost:~ # (ID:7 がないことを確認)
xenhost:~ # xm create vm1  (vm1 を create-スタート)
Using config file "/etc/xen/vm/vm1".
Started domain vm1  <---- 無事起動開始
xenhost:~ #
xenhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 679 2 r----- 94321.5
W2K3S 1 512 1 r----- 690848.4
vm1 8 512 2 -b---- 20.2 <-- 起動中 ID:8 になります。
oes2ltest 1250 2 90053.3

xenhost:~ # (ID:8 で起動したことを確認)
xenhost:~ # xm destroy vm1(or,8) (Destroy-強制終了)
xenhost:~ #
xenhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 679 2 r----- 94327.9
W2K3S 1 512 1 r----- 691271.9
vm1 512 2 20.2 <---強制終了されています
oes2ltest 1250 2 90053.3

xenhost:~ # (ID:8 がないことを確認)

-仮想コンソールの操作( xm list, xm console)

xenhost:~ # 親サーバのプロンプト
xenhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 679 2 r----- 94300.8
W2K3S 1 512 1 r----- 689835.7
vm1 7 512 2 -b---- 41.7
oes2ltest 1250 2 90053.3

xenhost:~ # 子サーバ vm1 (ID:7)にコンソールを切り替えます
xenhost:~ # xm console vm1(or,7)
[enterキー]

Welcome to SUSE Linux Enterprise Server 10 SP2 (x86_64) - Kernel 2.6.16.60-0.21-xen (xvc0).


vm1 login: root (子サーバのプロンプト、ログインします)
Password:******
Last login: Thu Oct 23 16:03:44 JST 2008 on xvc0
vm1:~ #
vm1:~ #
vm1:~ #
vm1:~ # xenhost:~
# (Ctrl+] を押す)
xenhost:~ #
xenhost:~ # プロンプトが親に戻ります

-Windows による xm console

Windows は CUI がないため、コンソールから xm console を実行するととんでもないことになります。必ず、 x 端末から vm-machine-manager から操作します。

vmhost:~ #
vmhost:~ # xm list
Name ID Mem VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 754 4 r----- 926526.9
dns2 1 386 1 -b---- 15463.4
vmwindows 2500 2 86.3
vmhost:~ # xm create vmwindows <--- 仮想マシンを起動
Using config file "/etc/xen/vm/vmwindows".
Started domain vmwindows (id=41) <--- 起動に成功しました
vmhost:~ #
vmhost:~ # xm console vmwindows <--- Windows に xm console を行う

---当たり前ですがコンソールが帰ってこない----
---コンソールが使えないのでコンソールでは実行しないことですね----

他のセッションで xm shutdown をしなければなりません。

SUSE + XEN で仮想化、よく使う xm コマンドのまとめ_a0056607_1372994.gif


ただし Windows で xm shutdown を受け付けるためには Novell SUSE Virtual Driver Machine Pack (VMDP) が必要です。
download.novell.com から簡単な登録を行えばダウンロードできます。

- xm-block-attach, xm-block-detach コマンドで外部ストレージを認識させる

最近はほとんど使う機会もありませんが、覚えておくと便利でしょう。別な記事としてまとめています。

準仮想化SUSE on SUSE+XEN でUSBメディアを認識させる。

iso インストールが当たり前になってきたため CD を切り替えながらインストールをすることも少ないと思います。一応ご参考まで。

XEN で仮想マシンをインストール中に CD/DVD の ISO を切り替える方法

-Keyword-

Novell SUSE SLES SLED openSUSE xm create xm console VMDP 仮想化ドライバ Virtual machine driver pack ダウンロード

islandcenter.jp
by islandcenter | 2011-10-12 13:25 | XEN | Comments(0)