isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail

-HTML テキストを使わせない-

GroupWise 2012 はデフォルトで HTML メールをインターネットメールユーザに送信します。一般的な古いタイプのメールソフトウェアユーザにとっては、このように単純な添付ファイルとして受信されます。

GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13391355.gif


昨今、世間を騒がせている政府機関、防衛産業を狙ったピンホール・フィッシングによる情報漏えい事件でもあるように、相変わらず「添付ファイルには気をつけろ」がセキュリティの第一歩であることから、できれば、ユーザにはHTMLメールは使わせたくないのが本音です。未だに HTML メールで「お知らせ」を送ってくる某ソフトウェアベンダーもいますが...他のメールソフトウェアからすると、必ず「添付ファイルがあるよ」というアイコンが付くので非常に目障りとなります。

GroupWise クライアントからこのように修飾されたフォントをプレーンテキスト形式で送ると

GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13395431.gif


通常のメールソフトウェアではシンプルなプレーンテキストで表示されます。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13402413.gif


このため、デフォルトメールを HTML にするためには GroupWise クライアントの Tool > Environment > View の HTML ビュー、エディタをプレーンテキストにしておく必要があります。

GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13411396.gif


ただし、これをデフォルトとして強制するためには、ポストオフィス管理者が ConsoleOne > Tool > GroupWise Client Opiton から Environment > View の項目を Text に変えておくと、ポストオフィスの全てのクライアントに適用されます。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_1342581.gif

強制的に変更できないようにするには Lock アイコンをクリックします。

ユーザ側からは、HTML の編集機能がグレーアウトされて、強制的にプレーンテキストを送ることになります。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13424611.gif


ただし、GroupWise ユーザ同士の場合はテキスト装飾ができるので、その点の違いを説明しておくことが大事です。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13432812.gif

確かに、文字に装飾を施さないと自分の伝えたいことを伝えられないとクレームするユーザがいるかもしれません。あるいは絵や音楽じゃないと表現できないという人もいます。私はそういったユーザはメールを使う資格がないと思います。正しいビジネスでの文章表現を行えるような教本を読ませるべきです。

なお、 GroupWise Webacees にも HTML でメールを書けますが、届いた GroupWise FAT Cleint では必ず意図したとおりに表示されるわけではありません。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_1316615.gif

やはり「使わせない」ことが無難なようです。

-MIME ISO2022-JP に設定する-

GroupWise のデフォルトは UTF-8 です。これは多国籍で利用されることが前提の GroupWise のシステムのデフォルトです。

しかし、中には日本ガラパゴスな国産の有名グループウェアなどで JIS コードしか使えないメールソフト(結構あるんです)を使っている相手には「文字化け」ということになります。

電子メールの文字化けは送受信したお互いの「相手が悪い」ということになり、一般的には海外製ソフトウェアの「ひどい日本語処理」が問題視されてしまいます。ということで ISO2022 形式で送ることが一番無難です。

 日本人同士であれば ISO2022-JP エンコードでほとんど事は足りると思います。また Right to Left の脆弱性を使ったピンホール・フィッシングがありますから、Unicode を必要としない場合は、 この設定にしておくほうがよいでしょう。多国籍企業で、送る相手が繁体中国語だとかアラビア語などの場合は、UTFかそれぞれ相手の言語に合わせる必要があるかもしれません。

ConsoleOne > Tool > GroupWise Client Opiton から Send Option からデフォルト ISO2022-JP を選択しておきます。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_13435259.gif

もし、海外との取引が多い企業さんで、繁体中国語やアラビア語などが必要な場合、UTF-8 にするか相手の言語に合わせて文字コードを選択してください。1バイト英語数字語圏であれば、 ISO2022 で問題ありません。

この設定もポストオフィス単位でデフォルト設定にしておくことができます。

返信形式

GroupWise は長年返信すると

>>>> kennn@islandcenter.jp 2012/06/22 13:00 >>>>

のような感じで、相手の本文が書かれます。これは、受取人の好みです。私は


>本文


の様に返信が使えるのなら、相手の文章を引用して、明らかにその部分を読んだ、ということを明示した上で返信できるので、こちらの方が便利です。

Re: Re: Re: で数行のメールが数百行になって、全く意味をなさないくらいなら、あまり GroupWise のクラッシック返信スタイルは好きになれません。

これはあくまでも人の好みですが、多くのメーラーが相手の本文を ">" で返すことを考えると、この方式をお勧めしたくなります。

GroupWise では ツール>オプション> 返信環境で、 GroupWise Classic スタイルか、一般的な ">"を使う形式を選ぶことができます。セパレータはデフォルトで ">"ですが、好みで # にするとかは自由にしても良いでしょう。
GroupWise 2012 デフォルトから変えた方がいいクライアントオプション - Plane Text Mail_a0056607_16391771.jpg

この設定もポストオフィス単位でデフォルト設定するか、ロックしてしまうことができます。


-KeyWord-

Novell GroupWise MIME HTML Plane Text  プレーンテキスト メール 管理 設定 文字化け

islandcenter.jp
by islandcenter | 2011-11-12 13:44 | GroupWise | Comments(0)