ARCserve のライブラリが<更新中>のままになる

-現象-

ARCserve でテープを交換した後、ライブラリ装置はインベントリを行わず、ARCserve 側ではインベントリを <更新中> のままアニメーションを続け、それ以上進まない。

ライブラリ装置は<更新中>の素振りも見せない。

a0056607_1823075.gif

これは正常時の時

-原因-

この現象は、ライブラリのスロットとデバイスがすべてメディアで埋まっている場合に発生します。

-対策-

この状態ではテープのイジェクトができません。

16枡のパズルで空きがない状態と同じです。

ライブラリ装置のボタンからカートリッジの状態、ドライブの状態をチェックして、すべてのスロットが埋まっている場合は、ライブラリからテープを一本はずして、ライブラリ装置のボタンから、手動でデバイスからスロットにテープをmove します。

また、バックアップオプションには必ず、「テープをイジェクトする」のチェックを入れます。

ただし、バックアップが失敗(クラッシュ)した場合は、テープがイジェクトされないため、デバイスから空きスロットにメディアが戻されない状態のまま、テープを交換してしまう間違えが発生しやすいので十分注意します。

また、このような事態を事前に防ぐため、カートリッジは目いっぱい使わないことをお勧めします。

--
この現象ではどう考えても壊れていると勘違いして慌ててしまいますね。どうしても分からなくて一度ハードやさんを呼んで調べてみてもらったことがありましたが、CEさんもこの罠には気がつかず、バラしてはじめて、メディアがいっぱいになっていることに気がつきました。

-keyword-

ARCserve 12.5 ライブラリ が フルスロットの場合 更新中のまま アニメーション updating .... animation. Library Full Slot

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/14127055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2011-12-06 18:10 | Windows | Trackback | Comments(0)