ログイン時間帯を制限したい。時間になったらログアウトさせたい。

OES2 Linux/NetWare には Login Time Restrictions という機能があります。

ヘルプによると

Time Restrictions

Use this page to restrict the times when this object can be logged in via eDirectory™. If you set a restriction and the object is logged in when the restricted time arrives, the system issues a five-minute warning and then (after five minutes) logs the object out if it isn't logged out already.

とあるので、時間帯制限を設定すると、ユーザは5分間警告を受けて、強制的にログアウトさせられることになります。

iManager では User > Modify Users から "Select Multiple Users" を選び、ユーザコンテナをブラウズして、複数のユーザをチェックします。チェックしたユーザはダイアログの下にリストされるので、OKボタンを押します。
a0056607_1384231.gif


この状態から Restrictions > Time Restrictions を押して、ログインして作業できる時間帯を Shift キーを押しながらクリックします。
解除する場合は、Remove Time Restriction をチェックして解除することになります。
a0056607_1381240.gif


赤い時間帯がユーザが利用できないな時間帯です。

指定した時間の5分後にこのようなダイアログが頻繁に出ます。
a0056607_1495657.gif


5分後、ログアウト自体は行われていませんが、OES2 サーバにはアクセスできなくなります。
a0056607_14162846.gif


指定された時間が過ぎると、自動的にサーバへのアクセスが回復します。

Time Restrictions の機能は eDirectory 全体に影響ますが、ユーザ単位で設定することが出来ます。
サーバ単位でログインを抑制するには disable login を使用します。

# ncpcon disable login <----set する場合
# ncpcon enable login <----unset する場合

この機能は"サーバ単位"で行われ、「新規のログイン」を停止させるものです。ログイン中のユーザには適用されません。サーバのメンテナンスなどの用途に利用します。

--
ただし、この Time Restrictions は eDirectory へのログイン/ログアウトを抑制するもので、クライアントPCをローカルからログアウトすることはできません。

--
もし PC 自体を強制的にシャットダウンさせたい場合は
Shutdown コマンドを次のようにタスクスケジューラに登録します。

shutdown -s -f -t 120 -c "今日は残業禁止です。2分後に強制的にシャットダウンします。"

ただし、シャットダウンした後、もう一度電源を入れることは可能なので、ネットワーク認証がない限りログインできないように ZENworks などでグループポリシーを制御しておく必要があります。

--
確か労働基準法では、残業する際は30分以上の休憩を与えるべし、ということなのですが、普通残業する人は早く仕事を終わらせたいから残業するわけで、どうなのかなぁ、という気持ちはあります。

サーバーをゴミ箱にしない工夫
https://islandcnt.exblog.jp/238371771/

ファイルサーバーのフォルダ容量制限(ディレクトリクォータ)
https://islandcnt.exblog.jp/238412872/



islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/14170509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2011-12-14 13:18 | OES2 Linux/NetWare | Trackback | Comments(0)