Windows 8s を SUSE+XEN に入れてみた(Server編)

Windows 8 Comsumer Preview 版 32bit 64bit を仮想化したついでに Windows 8 Server beta も SUSE+XEN 環境で仮想化してみました。

Windows 8 を SUSE+XEN に入れてみた

Windows 8 を SUSE+XEN に入れてみた(x64編)

インストールの手順はほとんど同じ。若干違う I/F がありますが、それほど戸惑うことはなくここまで来ました。
a0056607_16114622.gif


やっぱりスタートボタンが消えて、サーバーマネージャが制御の中心になります。これを使いこなすことが Windows のサーバ屋さんのお仕事となります。
a0056607_1613492.gif



「ただ入れただけ」なのでメモリは600M程度使っています。ちなみにタスクマネージャにはCPUごとのスレッドの「緑のグラフ」がなくなりました。最近は8コア16スレッドなど出ていますから、こういうシンプルな I/F はそれはそれでいい、というかタスクマネージャの限界がきているのでしょう。
a0056607_16135354.gif


「ただインストールしただけ」の状態で9Gバイトのディスクを消費します。
a0056607_16142176.gif



タスクマネージャより、リソースマネージャの方が使う機会が多いかも知れません。ここではちゃんとコア数分のグラフが出てきます。
a0056607_16145198.gif



「スタートボタン」が消えたかわりに、パワーシェルとエクスプローラ、サーバーマネージャのアイコンがタスクバーに並びます。
a0056607_1615239.gif

ただ、このアイコンはピンを解除できるので、間違って消してしまうと大変困ったことになります。cmd.exe もないので、explorer を起動するにはデスクトップに「新しいフォルダ」でも作って開くと、エクスプローラが起動できるので、これを使ってピン止めしておくしかないようです。



Windows 2008 R2 用の Virtual Machine Driver がインストールできました。これでパラバーチャルデバイスも利用できるし、 XEN の dom-0 から xm shutdown もできるようになります。
a0056607_1616672.gif


それにしても、なぜ Windows8の x64 版だけこれだけ動かないのでしょうか。

--
細かな I/F は難癖つけたくなる部分がありますが、動作の安定性などは感じられます。 Windows サーバーは、プライベートクラウドで真っ先に仮想化されるターゲットです。Hyper-vではあまりパフォーマンスが出ないだろうから、仮想化プラットフォームというより、Linux 上でハードウェアを抽象化することで、非常に安定して動作することが期待できます。

こうして、新たにリリースされたWindows 8 のベータ版を見ると

- Vista以降、安定している 32bit 版
- まだまったく未完成な 64bit 版
- UIよりも、マニアックさと安定さは評価できるサーバ版

という感触です。


-Keyword-

Novell SUSE Attachmate XEN Windows8 仮想化 VMDP 仮想化ドライバ

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/14802814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2012-03-05 16:54 | Windows 8 | Trackback | Comments(0)