NX Free で SUSE Linux に接続してみる

Windows から SUSE Linux を GUI 操作するには、 xming が一番楽な方法なのですが、時折挙動がおかしな時があります。ほかにも Cygwin などフリーのものもあるのですが、インストールした後はとてもではありませんが、環境を作るには敷居が高いところです。

ということで NX Free を使って接続してみました。
a0056607_16425578.gif


@markit のこの記事が一番、わかりやすいのでご紹介します。
FreeNXでLinuxをリモート操作するには

a0056607_1711125.gif


Windows のクライアント版はこちら
http://www.nomachine.com/download-client-linux.php

NX Client と各種フォントサーバのインストーラを起動してインストールします。


Linux のクライアント版はこちら
http://www.nomachine.com/download-client-windows.php

SLESにインストールするフリー版の nxserver はこちらから入手できます。
NX Free Edition for Linux

xming とは違い、SUSE「サーバ」側に nxserver-xxx.rpm , nxnode-xxx.rpm, nxclient-xxx.rpm をインストールする必要があります。

# rpm -ivh nx*.rpm


sles10:~ # rpm -ivh nx*.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:nxclient ########################################### [ 33%]
2:nxnode ########################################### [ 67%]
NX> 700 Starting: install node operation at: Wed Mar 28 13:22:36 2012.
NX> 700 Autodetected system 'suse'.
NX> 700 Install log is '/usr/NX/var/log/install'.
NX> 700 Creating configuration in /usr/NX/etc/node.cfg.
NX> 700 Inspecting local CUPS environment.
NX> 700 Generating CUPS entries in: /usr/NX/etc/node.cfg.
NX> 700 Installation of version: 3.5.0-7 completed.
NX> 700 Showing file: /usr/NX/share/documents/node/cups-info

CUPS Printing Backend

The NX Node setup procedure could not detect your "CUPS"
installation: either CUPS is not installed on your system
or it was installed in a non-standard path. CUPS is needed
in order to enable printing support in your NX system.
Please note that you can enable printing support for your
NX system at any time; to do this make sure that you have
CUPS installed then run:

/usr/NX/scripts/setup/nxnode --nxprintsetup

to specify the location of the CUPS root path.
NX> 700 Bye.

3:nxserver ########################################### [100%]
NX> 700 Installing: server at: Wed Mar 28 13:22:42 2012.
NX> 700 Autodetected system: suse.
NX> 700 Install log is: /usr/NX/var/log/install.
NX> 700 Creating configuration file: /usr/NX/etc/server.cfg.
NX> 723 Cannot start NX statistics:
NX> 709 NX statistics are disabled for this server.
NX> 700 Version '3.5.0-9' installation completed.
NX> 700 Showing file: /usr/NX/share/documents/server/install-notices

Server keys

The initial login between client and server happens through a DSA key
pair, i.e. a couple of specially generated cryptographic keys, called
the private key and the public key, which allow you to establish a
secure connection, by means of SSL encryption, between NX client and
NX server.

The public part of the key-pair is provided during the installation
of the server, while the private part of the key-pair is distributed
together with the NX Client. This ensures that each NX client is able
to authenticate to the server and to start the procedure for autho-
rizing the user and negotiating the session.

If you want to create a virtual private network (VPN) instead, you
need to generate a new DSA key-pair and distribute the private part
of the key-pair to those NX clients you want authenticated to the NX
server. More information on how to generate and distribute a new DSA
key-pair is available at:

http://www.nomachine.com/ar/view.php

Creating Users

NX is configured to allow access from any system user, as long as
valid credentials are given to the user for the SSH login. NX pro-
vides an alternative authorization method, allowing system admin-
istrators to determine which users are given access to the NX fun-
ctionalities. This works by implementing a separation between the
system password and the NX password, so that, for example, it is
possible to forbid remote access to the system by any other means
except via NX and use the NX tools to implement effective accounting
of the system resources used by the user, or to share NX passwords in
an external database.

To activate the NX user and password DBs, you will have to edit the
NX server configuration file by hand or use the NX Server Manager
Web tool available for download on the NoMachine Web site at:

http://www.nomachine.com/download-manager.php

Session Shadowing and Desktop Sharing

The session shadowing functionality allows you to share NX sessions
running on the node. The desktop sharing functionality instead, gives
access to the native display of the X server as if you were in front
of the monitor. By default you can access sessions in interactive mode
and upon authorization of the session owner. You can modify this beha-
viour by tuning the server configuration according to your needs, for
example by allowing access to sessions in view-only mode, or connecting
to either a suspended session or the local display via the Desktop
Manager login window.

Load Balancing

NX Advanced Server provides support for multi-node capabilities and
load balancing. In its current implementation, NX server can only
manage accounts on the host machine, so to grant access to the node
running remotely, you will need to create the user account directly
on the remote node host by issuing the NX node commands as root user.
You will also need to add the NX Server public DSA Key to the node to
allow this server to connect to the node running on the remote host.

Documentation

For further information on how to manage the configuration of your
NX system, please refer to the System Administrator's Guide available
on the NoMachine Web site at:

http://www.nomachine.com/documentation/admin-guide.php

The NoMachine Team.


NX> 700 Bye.

sles10:~ #


こんな感じでインストールに成功しました。

nxclient と一緒にインストールしてしまいました。 server, node, client の3つのパッケージが必要です。

インストールしたら /etc/init.d/ に nxserver の起動シェルが作られます。また rc3.d rc5.d などにスタートアップのためのリンクが作成されます。

suse11:/etc/init.d # find . -name "*nxs*"
./rc6.d/K01nxsensor
./rc6.d/K01nxserver
./rc0.d/K01nxsensor
./rc0.d/K01nxserver
./nxserver
./rc5.d/S99nxsensor
./rc5.d/S99nxserver
./rc3.d/S99nxsensor
./rc3.d/S99nxserver
./rc2.d/S99nxsensor
./rc2.d/S99nxserver
./nxsensor
suse11:/etc/init.d # cd /usr/NX/
suse11:/usr/NX # cd share/
suse11:/usr/NX/share # cd keys
suse11:/usr/NX/share/keys # ls
server.id_dsa.key
suse11:/usr/NX/share/keys #



/usr/NX/share/keys に "server.id_dsa.key" というファイルがあるので、このファイルを Windows 側からアクセスできる場所にコピーするなりします。

Windows Client for Windows はすべてインストールします。
NX Client for Windows を起動し

Configure ボタンを押します。
a0056607_16432391.gif


接続先のホストや画面のサイズなどをここで決定します。 SLES の場合は gnome が標準なので gnome でOKです。

HOST の右下に "Key" というボタンがあるので開きます。
a0056607_16434762.gif


ここで import ボタンを押して先ほどの"server.id_dsa.key"をインポートします。
a0056607_164492.gif


あとは、起動画面(ログイン画面)からログインします。

※ただし root では利用できません。 一般ユーザで入って、 su コマンドから yast2 & を実行するなどの工夫が必要です。 GDMで一般ユーザでログオンした状態と同じと思っていいでしょう。

終了するときは GUI から Logout をします。

a0056607_1341305.gif


右上の×で NX free を終了させることもできますが
a0056607_20583497.jpg

ここで "Disconnect" を選ぶとセッションが残ったまま接続が切れます。ある意味、セッションが残っているので、「何か大きなファイルをダウンロードしている」などという時はセッションが残っているのである意味では便利な場合もあります。

"Terminate" を選ぶと Logout してセッションが切れます。


--
インストールから使い始めの手軽さは xming が上、ただし動きが不安定。
ちょっと面倒だけど、 SLES のフルスクリーンが見える NX Free は見た感じでは安心感がある。
NX Free はサーバにインストールが必要だが xming は普通にSLES に sshd があれば動く。

どちらも、セッションの開始がうまくいかないことがある。

画面のキャプチャを取りながら Windows でドキュメントを作る派には xming の方がいいかもしれません。ただ他にいいソフトで無料で使えるものはないの、ということであれば NX Free も持っていて損はありません。ただし、NX Free はベンダーサポートがないところは注意が必要です。サーバーにディストリビューションに入っていないパッケージをインストールするのは躊躇します。

また SLES 側に負荷がかかる場合があるという点は注意してください。

といったところでしょう。

--
なお、 NX Free の無償版は同時セッションが2セッションの制限がかかっていますが、 Linux サーバの管理や、 XEN 仮想マシンの操作などには手ごろです。

本来、マルチユーザでリモートからCAD などの高度な操作を行うためのソフトウェアなので、有償版やアカデミック版などがあるようです。問題がある場合は有償版を使うことをお勧めします。

個人的にはフリーのWindows の X 端末ソフトウェアは xming で充分と考えています。

-key word-

SUSE SLES Linux Windowsから管理 GUI xming NX Free

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/14930287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2012-03-26 17:39 | SUSE | Trackback | Comments(0)