OES11 でボリュームのトラスティをダンプしてバックアップする

OES2/Netrare には trustee.nlm というトラスティのダンプツールがあります。OES11 では metamig コマンドを使います。
http://www.novell.com/documentation/oes11/stor_nss_lx/?page=/documentation/oes11/stor_nss_lx/data/front.html#front

Section B.0, NSS Utilities をご参照ください。

絶対パスは /opt/novell/nss/sbin/metamig です。

oes11x1:~ # ls /opt/novell/nss/sbin/metamig -l
-rwxr-xr-x 1 root root 39576 Dec 3 2011 /opt/novell/nss/sbin/metamig
oes11x1:~ #


利用方法は

metamig [OPTIONS]
metamig save volume [SOPTIONS]
metamig restore volume [ROPTIONS]

です。ただ単に stdio に出力するだけなので、次のように metamig save MYVOL を実行すると結果が表示されるだけです。

oes11x1:~ # metamig save VOL1
<metadata>

<file>
<zid>127</zid><path>/</path>
<inheritedRightsFilter value=""></inheritedRightsFilter>
</file>
<file>
<zid>128</zid><path>/._NETWARE</path>
<inheritedRightsFilter value="s"><supervisor/></inheritedRightsFilter>
</file>
<file>
<zid>131</zid><path>/test</path>
<name>.O=ace.T=ACE-TREE.</name><id>cad3bd75-7ee3-46d8-7b-aa-75bdd3cae37e</id><rights value="rwcefm"><read/><write/><create/><erase/><fileScan/><modify/></rights>
</file>

 : 中略

</metadata>

※ < は全角文字を使っています......

oes11x1:~ #

そこでパイプを使ってテキスト化し、常時バックアップしているディレクトリにバックアップ保存します。

oes11x1:~ # metamig save VOL1 >> /backup/vol1trustee.txt
oes11x1:~ # ls /backup/vol1trustee.txt -l
-rw-r--r-- 1 root root 5110 Sep 9 12:20 /backup/vol1trustee.txt
oes11x1:~ #

Novell OES11 OES11sp1 metamig save restore trustee トラスティ バックアップ リストア

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/16146449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2012-09-09 12:49 | OES Linux | Trackback | Comments(0)