SUSE + nagios でプリンタ管理

SUSE 11 に nagios をインストール

この後、プリンタが Nagios のWEBスクリーンに出てくるまでの設定を行います。

-nagios.cfg の修正-

/etc/nagios/nagios.cfg の次の行は通常 # コメントアウトされているので、object/printers.cfg をイネーブルにします。

nagios:/etc/nagios # cat nagios.cfg

:略

# Definitions for monitoring a Windows machine
#cfg_file=/etc/nagios/objects/windows.cfg

# Definitions for monitoring a router/switch
#cfg_file=/etc/nagios/objects/switch.cfg

# Definitions for monitoring a network printer
cfg_file=/etc/nagios/objects/printer.cfg
 コメントを外してイネーブルにしてみます 


:略

-printer.cfg のカスタマイズ-

テストに使うプリンターは NRC 5000N で DNS に mugnum.intra という名前でレコード登録されています。

objects/printers.cfg のテンプレートをバックアップコピーし、次の行を書き換えてみました。下線部分は修正箇所です。

nagios:/etc/nagios # cat objects/printer.cfg

define host{
use generic-printer ;
host_name mugnam
alias NRC Multiwriter 5000N
address mugnum.intra ; ip address でも DNS 名でも問題ないようです
hostgroups network-printers
}

define hostgroup{
hostgroup_name network-printers
alias Network Printers }


define service{
use generic-service
# host_name mugnum ; この行があるとエラーになってしまいました
service_description Printer Status
check_command check_hpjd!-C public
normal_check_interval 10
retry_check_interval 1
}


define service{
use generic-service
# host_name mugnum  ; この行があるとエラーになってしまいました
service_description PING
check_command check_ping!3000.0,80%!5000.0,100%
normal_check_interval 10
retry_check_interval 1
}
nagios:/etc/nagios #


この状態で

# nagios -v nagios.cfg でエラーがないことを確認したら nagios のサービスを再起動します。

# /etc/init.d/nagios restart

このように最初から "UP" status になっていることは稀です。
a0056607_1438158.jpg

nagios をリスタートした直後はダウンしているように見えます。

Submit passive check result for this host など、強制チェックのコマンドを実行します。
a0056607_144333.jpg


次に Windows サーバーを管理対象に加えてみましょう。
SUSE + Nagios で管理する Windows Server

-Keyword-
SUSE, SLES11sp2, openSUSE Linux サーバー管理 統合管理ツール

islandcenter.jp
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/17396338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2013-03-02 14:32 | SUSE | Trackback | Comments(0)