isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

XEN 上の Windows 2008 が xm shutdown できない。

-現象-

XEN 上の Windows 2008 をクリーンインストールし、 Windows Update やアクティベーションなどを行った後、スタートボタンから正常にシャットダウン(再起動)できない。

「シャットダウン中.....」で止まる。

YaST > Virt-Manager のメニューより Shutdown を選択すると問題なくシャットダウンできる。 xm shutdown コマンドでもシャットダウンできない。

通常運用中の xm shutdown では問題なし

-原因-

どうもそういう仕様なのかバグなのか。大幅にハードウェアの構成を変えたりすると発生するようです。

Windows 2008 does not shutdown properly under XEN and needs activation afterwards

Not familiar with Xen so I will defer to someone else regarding it's configuration. However, you are like using retail media and if the OS detects significant hardware changes, in your case this is all emulated from the Hypervisor, it will prompt for activation in the same way as if you replaced/changed the CPU's or motherboard in a physical machine. I would focus on Xen and its configuration as it doesn't sound like a Windows issue.

Windows のせいじゃないということらしいのですが、Hyper Visor 側で CPU やメモリの値を変えて再起動するとどうもそういう現象が発生するという事のようです。

The only one I can think of are the following below which may show Windows detecting new devices etc. From my point of view, that's a symptom not the problem. I would ask why does Windows get abruptly shutdown and why does it think hardware is changing. Both of those answers likely have to do with virtualization solution.

おそらく、大幅な更新がかかった後など、アクティベーションキーのチェックで「違うハードウェアにもインストールしたな?」という判断で、怪しい動作をするようです。

--
あまり、ハイパーバイザー上で動作しているシステムをいじくっちゃダメですよ、ということのようです。 Hyper-V でも同じ現象出るのかしら。というか「現在も進行中」の現象のようです。おそらく他のハイパーバイザーでもあり得そうな話です。

Windows Update を行った後おかしくなった。
After Windows Update - Cannot Boot in Windows 8 Pro

NICのドライバ変えたら動かなくなった。
Windows no-longer reconises Hyper-V switch after boot from shutdown

-対策-

Windows Update は自動インストール(unattend)しない。ダウンロードのみ行い、インストールは手動(attend)で行います。運用中はライブマイグレーションなどを行わない。


islandcenter.jp


- Keyword -
SUSE SLES Linux XEN 仮想環境 Windows 2008 R2 update Shutdown Freeze Reboot xm shutdown Virtualization
by islandcenter | 2013-04-12 16:54 | XEN | Comments(0)