isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications

SUSE open forum 2014 で SLES for SAP が紹介されました。
https://www.suse.com/ja-jp/events/suse-open-forum/2014/

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications (以下 SLES for SAP) は SAP に最適化されたアプリケーション導入、運用環境を提供します。

https://www.suse.com/ja-jp/products/sles-for-sap/


-インストール-

SLES for SAP はSLES11sp3 をベースとしています。したがってインストール手順はSLES11に準じます。インストールサマリ画面から software リンクを開くとSAPアプリケ―ションBase 他、SAP 導入に必要な追加パッケージを選択する事ができます。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications_a0056607_11535458.jpg


また yast > software より "sap" で検索すると、yast2 用のSAP インストールウィザードもインストールしてくれます。
SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications_a0056607_120254.jpg


後はウィザードを yast で起動してインストールします。
SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications_a0056607_1223260.jpg


SLESのインストールの後 SAP インストールウィザードを起動して導入するだけです。

-インストーラだけではない特殊なチューニング-

/etc/sysctrl.conf を見ると、通常の SLES では設定されていない特殊なチューニングが行われている事が分かります。一番重要なのは、ページキャッシュの制限です。このチューニングはSAPアプリケーションがページアウトするメモリキャッシュを制限して、パフォーマンスを最大化するものです。
SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications_a0056607_12595833.jpg



-全てのSAPはSUSEで試される-

SAP も SUSE も質実剛健なドイツの企業です。拠点が近いという事もあり、お互いの協業体制は万全だそうです。

その例として、全ての SAP アプリケーションは SLES 上で開発され、まず試されます。またSAP自身が SLES 上で自社ERPシステムを運用している関係上、事実上

「SLES 上でドックフードを食べる」

体制が出来上がっています。

その他のオペレーティングシステムは言わば「後回し」になるため、事実上 SLES が SAP を動かすプラットフォームとしてのデファクトスタンダードとなっています。SAPを導入するには「一番の安全牌」が SUSE Linux Enterprise Server です。

--
SUSE は本来、ビジネス志向の強い Linux ディストリビューションです。自社のためではなく顧客志向の強さを感じます。

サブスクリプション購入はこちら

islandcenter.jp
by islandcenter | 2014-12-23 11:55 | SUSE | Comments(0)