isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

ローパー化させないために考える組織作り

- ローパー社員は組織の必要悪?-

よく働きアリ2割の法則があるように、組織の中にローパー社員がいるのはある意味仕方がありません。必要悪なのです。パレートの法則のように、トップヘッドの2割が売り上げの8割を生み出す、と言いますが、スーパーマーケットの売れ筋2割以外を全て棚から撤去したら、どうなるのでしょうか。利益は上がりますか?

実際に、ロングテールを無視して、売り上げトップの製品だけを扱う事にした、某SI業者は見事にその後消滅しました。もっとも、その決断をしたトップは、主要株主が送り込んだ切れる東大経済学部出身の刺客であり、その会社を潰すのが目的だったので、従業員にとっては酷なことでも、株主にとってはハイパーだけを残す事は、組織を潰すにはよい選択だったのかもしれません。まぁ、東大経済学部卒の一流企業のエリートサラリーマン人生の仕上げが関連会社を潰す事だったというのも、ちょっと悲しいサラリーマン人生だったな(つまり親会社のローパー社員だった)と今では同情します。南無南無(って殺すなよ)

そもそもパレートの法則にあるように、ローパー社員は組織にとっての必要悪であり、常にあり得る事なのです。また、ロングテールを抱える事も事業にとっては必要な事です。全ての組織はパレートの法則で動いているのです。

-ハイパーな2割がローパー化する-

よく「ローパーな癖に高い給料貰いやがって」と言われますが、高い給料貰っていたからにはそれなりの理由があるはずですね。最初からローパーであれば、給料なんて上がるわけがない。前述の東大出の社長もハイパフォーマンスだったからこそ、給料が高かったわけです。

しかしハイパーだったのに、必要なスキルを身に着ける時間もなく、仕事に追われて行先を失うと「ローパー」の烙印が押される。私も経験があるのですが、部署内で休みも取れないくらいの最大の顧客と売り上げがあるにも関わらず「ローパー」な気分を味わっていたことがあります。

働きアリ2割の法則にもあるように、働きすぎるハイパーなアリはローパー化しやすいのです。

ローパー社員を増やすには、ハイパー社員を殺すほど働かせればよい。たちまちローパー化してしまうでしょう。この事実に気が付かない経営者は、すぐに事業に失敗するはずです。

そもそもハイパーな人材が、自分のビジネスの行き先を僅かでも見失うと、たちまちローパー化してしまうわけなんですね。

ローパー社員なんてのは最初からいないのです。ハイパー社員がパレートの法則に従ってローパー化する、というのが実態なのです。

-ローパー化を防ぐために-

ローパー化を防ぐ絶対的な方法はありません。そもそもが2割ぶら下がり社員の法則なわけですから。

ただ、組織を活性化させて、ローパー社員とハイパー社員のローテーションはトライすべきでしょう。自分自身の経験からすると、そもそも属人化するほどのハイパーな人材、やっぱりどこかで「ぶら下がり社員化」させるべきなのです。たとえ給与が下がっても、身分や格が落ちてもいったん撤退、降格させて、休んで周囲を見渡す機会が与えられるべきでした。

確かに腐るでしょう。士気も落ちます。それでも、人材を社内で流動化させるには、ハイパーな人材がピークを迎える前に一旦降ろさせるなどしないと、組織の活力は落ちます。誰もがハイパー社員になりたいわけではなくても、ぶら下がり社員の中にもハイパー化するチャンスが欲しいという社員はいます。

全ての人材の6割はぶら下がり社員なのです。ハイパー社員に無理させても、当人の収入が他の社員とそれほど違うわけじゃない。むしろ無理しているだけ。実際、組織の中ではハイパー社員と「ぶら下がり社員」との収入差が大きなわけではありません。

私の後輩で何でもブツブツ文句を垂れて、「俺は何でも仕事ができるぜピノキオ野郎」がいましたが、彼は上司が変わった途端ローパー化ても「ブツブツピノキオ野郎」でした。そこまで落ち込む事を放置したマネージャーの責任だと思います。彼はその後退職しました。うまく使えばもっといい仕事もできたかも知れません。

どんな人間もいい時はあるものです。しかしこれもパレートの法則のように、いい時期は人生の2割しかないという事もきがつかなければいけません。キヨハラだって、80年の人生で光が当たったのは十数年しかなかったのです。

ハイパー社員が、急激に価値を失って高賃金のローパー化する前に、降格の味、あるいは「サラリーマンは気楽と来たもんだ」という気分を味わわせた方がよいのかも知れません。賃金だって、「普通」にすればよい。どうせ、賃金成果主義なんて、日本企業ではできっこないのです。成果主義で同じ格の人間でも業績が数値化できないので、せいぜい1割程度の割り増しなんですよね。そんな、「オレオレピノキオ野郎」がたちまち価値を失ったとき、ビジネスは崩壊を始めます。

ハイパー社員が本格的にローパー化すると立ち直れなくなるでしょう。





by islandcenter | 2016-03-25 12:29 | 雑文 | Comments(0)