Administrator 以外のドメイン一般ユーザがリモートデスクトップに接続できない。

Administrator 以外の一般ユーザがリモートデスクトップPCクライアントを利用できない。

- 現象 -

ドメインに参加しているPCに対して Administrator@mydomain.intra ユーザがログオンすることができるが、一般ユーザ user@mydomain.intra がログインできない。MSTSC からログインしようとすると

このリモートコンピューターにログオンするには"ターミナルサービスを使ったログオンを許可する" 権利が必要です.....」

a0056607_11044474.jpg
と表示されログインできない。なお、このユーザは "Remote Desktop Users" グループに所属させている。
a0056607_11052581.jpg


- 対策 -

リモートデスクトップPCに接続するユーザを「対象のPC」にリモートデスクトップ接続できる様にリストに追加する必要がある。

具体的には、Administrator@mydomain.intra でログインしてから、コンピューター > 右ボタン「プロパティ」 > リモートデスクトップ接続、の中の「ユーザの選択」の中に「追加」ボタンから、リモートデスクトップ接続を許可するドメインユーザ(もしくは別途作成したユーザグループにユーザを追加し)を検索して「追加」する必要がある。
a0056607_11060802.jpg

ちなみに、このグループに Built in Group である"Remote Desktop Users" はリストに出ないため選べない。(すごい仕様だ)
a0056607_09310267.jpg
ビルトインの Remote Desktop Group なんてないじゃん。

この作業を行わないと、ドメインユーザがVDIなどのサーバーにインストールされた仮想PCのリモートデスクトップが利用できない。
a0056607_09313717.jpg
これはおなじみだったりする

ちなみに、この問題のユーザを ドメインの中で "Remote Desktop Group" から削除しても、ローカルPCにリモートデスクトップユーザ、あるいはユーザグループとして登録しておけば、問題なく接続できる。(つまりDCで Remote Desktop User を設定しても無意味なんだな、何のためのDCなのよ...とほほ)DCサーバー側からの制御はできない。

a0056607_11052581.jpg
本当か .....? ってかこの方法しかなかったンだけど、他にいいアイディアがある方はコメントください。



ちなみにユーザかグループは選べるが、コンテナ(OU) は選択できない非常におバカな仕様である。当たり前だが Novell eDirectory よりバカだな、やっぱり Windows って。

ファイルサーバーのフォルダ容量制限(ディレクトリクォータ)








[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/22670605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2016-04-01 11:13 | Windows | Trackback | Comments(0)