SUSE Linux (SLES12)  YaST で固定 IP アドレスの設定をする。

ここでは SUSE Linux (SLES12) をインストールした後、DHCP のランダムな IP アドレスを Static IP に固定する手順を説明します。
SLES/SLED/openSUSE のバージョンによって、若干違う場合がありますが、ほとんど共通のインターフェースなので簡単に設定することができます。


テキストコンソールの場合は
# yast

もしくは X 環境では gnome デスクトップの Computer アイコンから YaST の GUI 版を使います。テキストターミナルを開いて
# yast2 &

で GUI 版を開くこともできます。

ここでは主に CUI 版 YaST で説明します。

- はじまりはじまり -

※ ここでは、第一言語 English, 第二言語 Japanese で設定されていますので、なのでキャプチャ画面は表記は英語です。第一言語が Japanese だと訳の分からない変な”ニッポン語”でメニュー表記されるし、 ALT+ ショートカットキーもわかりづらいですし、それをまた英訳するのも面倒なので、サーバー運用に問題がないのであれば、英語で設定しています。

CUI 版 yast の操作は、ほとんどが TAB, カーソルキー, Space キー、 Enter キー、あるいは ALT+alphabet キーで操作します。第一言語がニッポン語の場合は、 ALT+Alphabet が分かりにくいので、やっぱりここは英語版がいいでしょう。

# yast から[Tab] キーで System > Network Settings を[Enter]開きます。

※ SLES11 までは Network Devices > Network Settings でした。

a0056607_16015344.jpg

Overview の Network Bridge (br0) が初期値 "DHCP" になっています。Device eth0 は IP アドレス "NONE" となっていますが、このデバイスは None のまま変更しません。SUSE Linux では "実NIC(ethX)" <-- "Brigde(BrX)" でブリッジ接続するため、 ethX は無設定、固定 IP の割り当ては BrX に行います。

ここでは br0 に対して設定します。"Edit" します。

a0056607_16031896.jpg

環境によっては物理NIC (Eth0) しか表示されない場合があるので、 Eth0 の設定を "Delete" して "Add" ボタンから、Brige ネットワークが構成できます。その際も Eth0 は設定なし(NONE) br0 に IP を設定します。必要なブリッジネットワークの構成ツールが自動的にインストールされます。

物理NIC が複数ある場合、 "Add" メニューから Bridge ネットワークを追加します。これは GUI 版 YaST の画面です。

a0056607_16034437.jpg

”Bridged Device” (BrX) にどの物理 NIC を繋げるかを選んでスペースキーでチェックします。ここでは一つの物理 NIC しかないのですが、NIC の複数差しの場合、 br0 --> eth0, br1 --> eth1 .... という感じで、異なる構内LANと管理用物理配線、あるいは SAN 用配線に割り当てることができます。

a0056607_16041999.jpg

DHCP から Statically Assigned IP Address に固定IP、サブネットマスク、インストール時のデフォルトランダムな Hostname の書き換えをします。

a0056607_16050452.jpg

例えば、 XEN や KVM などの仮想化システムのホストとして運用する場合、ホスト本体は内部の管理ネットワークやストレージ LAN だけに繋ぎ、仮想システムは公開ネットワークに繋げる、などの柔軟な運用で、仮想システムを非公開ネットワークだけに繋いで保護する事ができます。

"Hostname/DNS" を開き、 ランダムな初期値の "Hostname" と ”Domain Name” を、目的の環境、命名規則に合わせて変更します。

"Name Server 1,2,3" に、必要な DNS サービスの IP アドレスを与えます。

この作業でYaST を終了すると /etc/resolv.conf と /etc/HOSTNAME が更新されます。

a0056607_16054048.jpg

”Routing” を開いて "Default Gateway" の IP アドレスを設定します。

a0056607_16060699.jpg
[OK] ボタンを押して、設定を保存すると、設定ファイルの書き換え、ネットワークの再起動が行われます。

- 確認 -

ifconfig と ping で通信確認をします。この様な感じで ifconfig で brX に IP アドレスが割り当てられればOKです。恐らく、ping も成功するでしょう。

sles12:~ # cat /etc/HOSTNAME
sles12.intra

sles12:~ # ifconfig

br0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:24:71:21
inet addr:192.168.1.199 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::216:3eff:fe24:7121/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:699 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:203 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:41287 (40.3 Kb) TX bytes:19384 (18.9 Kb)

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:16:3E:24:71:21
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:805 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:207 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:49634 (48.4 Kb) TX bytes:19732 (19.2 Kb)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:65536 Metric:1
RX packets:38 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:38 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1
RX bytes:2888 (2.8 Kb) TX bytes:2888 (2.8 Kb)
sles12:~ #


1分でできるYaST でIPアドレスの変更




- 再起動 -

コンソールからログオンすると、プロンプトが初期値のランダムな HOSTNAME なので、一旦リブートします。

- よくあるトラブル -

"あれ ???? ping が飛ばないよー”とここでハマることがよくあります。

ifconfig で lo しかなく、 br0 に何も IP アドレスが出てこない場合、Bridged Device が、実装されている NIC とのチェックが外れていることがほとんどなので、ブリッジネットワークと、実NICの接続をチェックします。ここのチェックを入れ忘れる事が多いので注意してください。

これは、GUI 版 YaST のネットワーク設定の画面です。

また、複数 NIC を装着した場合、物理 NIC brX 仮想ブリッジを間違えてチェックしてしまう間違えも、よくある間違えです。実際のケーブリングと、物理ポートを確認してください。

a0056607_16064178.jpg

この様に、 SUSE Linux でのネットワークの設定は YaST で行うのが一番漏れもなく、確実であること。また、驚くほどタイプする作業がありません。

--
ほとんどの場合、SLES はサーバー運用になるので、Text Mode での起動となるでしょう。X 環境が使える場合は、 Windows などから GUI 版 yast2 を使ってもいいのですが、CUI テキスト版 yast コマンドの方が、軽快なので、ほとんど CUI 版を使う事になると思います。

インストール後の DHCP から固定IPへの変更は、 SUSE Linux では一番最初に行う作業でしょう。ここで YaST の使い方を覚えておけば、後の設定も楽です。

後は、サブスクリプションを購入してアクティベートします。サブスクリプション購入はこちら






SUSE, SLES, openSUSE, DHCP 固定 IP の設定, Howto, YaST, ネットワーク設定,

計画停電時の対策 SUSE (SLES11, SLES12,15) XEN/KVM 遮断マニュアル



[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/237773496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-09-20 16:10 | SUSE | Trackback | Comments(0)