SUSE Linux, SLES12, Ctrl+Alt+Del で誤操作で Reboot させない

How to Prevent or Disable to "REBOOT" with "Ctrl+Alt+Del" by accidentally miss hit key on SLES12, openSUSE.
SUSE Linux Enterprise Server 12, openSUSE で Ctrl+Alt+Del キーで誤ってリブートさせないようにするには

誤って、"Ctrl+Alt+Del” という萬金丹の様な万能の薬が PC 用 OS には付いてきます。大抵の Linux のディストリビューションでは、この操作は Reboot に割り当てられます。でも、サーバーで運用して、"間違ってやっちゃった" ら大変な事になるでしょう。構内電話は鳴るわ、ナイフとフォークは飛び交うわ、愚痴の連続と誰かの首が飛ぶわ、ではたまったものではありません。そこで、通常はサーバー運用では、無効にするケースが多いと思います。

SLES12 より initd から systemd にサービス管理が変わった事で、 /etc/inittab が無くなりました。
SLES11 までは inittab の ctrlaltdel の行を comment out して再起動すればよかったのですが

SLES11:/etc # cat inittab | grep ctrl
# ca::ctrlaltdel:/sbin/shutdown -r -t 4 now
SLES11:/etc #

SLES12 では、inittab 自体がありません。その代わり、 reboot.target ファイルにエイリアス ctrl-alt-del.target が記述されています。


SLES12SP3:~ # cat /usr/lib/systemd/system/reboot.target
# This file is part of systemd.
#
# systemd is free software; you can redistribute it and/or modify it
# under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
# the Free Software Foundation; either version 2.1 of the License, or
# (at your option) any later version.
[Unit]
Description=Reboot
Documentation=man:systemd.special(7)
DefaultDependencies=no
Requires=systemd-reboot.service
After=systemd-reboot.service
AllowIsolate=yes
JobTimeoutSec=30min
JobTimeoutAction=reboot-force
[Install]
Alias=ctrl-alt-del.target
SLES12SP3:~ #

- 対策 -

Ctrl+Alt+Del を無効にする方法について opensuse のフォーラムにそのものズバリの回答がありました。

Thread: Alt + Ctrl + Del again

- Default -

初期値では ctrl-alt-del.target ファイルはありません。

SLES12SP3:~ # ls /etc/systemd/system/ctrl-alt-del.target -al
ls: cannot access '/etc/systemd/system/ctrl-alt-del.target': No such file or directory
SLES12SP3:~ #

そこで yast から Ctrl+Alt+Del を無視するように変更します。

# yast2 &
> Security and Users > Security Center and Hardening > "Boot Settings" > "Interpretation of CtrL+Alt+Del " : "Reboot" --toggle--> "Ignore"

a0056607_18251220.jpg


set to "Ignore" > "OK"

a0056607_18254112.jpg

# yast (from text console)
> Security and Users > Security Center and Hardening > "Boot Settings" set to "Ignore" > "OK"

a0056607_18261915.jpg


デバイス /dev/null へのリンクが作成されます。

SLES12SP3:~ # ls /etc/systemd/system/ctrl-alt-del.target -al
lrwxrwxrwx 1 root root 9 Oct 9 16:57 /etc/systemd/system/ctrl-alt-del.target -> /dev/null
SLES12SP3:~ #



再起動は必要ありません。結果は即座に反映されます。Reboot is NOT needed. The results are immediately reflected.

単に、このリンクがあるかないかで判断するようです。試しにこの ctrl-alt-del.target ファイルを削除してみると、YaST でもデフォルトの ”Reboot" に戻っていました。

サブスクリプション購入はこちら



-Keyword-
SUSE Linux, SLES12, opensuse, Ctrl+Alt+Del, disable to reboot, prevent to reboot, 誤って再起動させてしまう, How to, YaST,ctrl-alt-del.target ,Ctrl+Alt+Del を無効, 無視,

[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/237851409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-10-09 18:30 | SUSE | Trackback | Comments(0)