Windows10 の停止しておきたいサービスとタスク

Windows10 の停止しておきたいサービスとタスク


Windows10 は余計な部分で無駄にCPUのリソースを食いつぶす、実に迷惑なサービスがいくつか付いています。SSDモデルの場合はそれほど気にならないかも知れませんが、HDDモデルのノートブックPCやデスクトップPCの場合、致命的に「重い」事がよくあります。何しろ Windows10 は "最後の Windows" ですから、恐らく MacOS の様に OSx 10.x.x.x の様な感じで、基本は "Windows10" という名前のOSであるのに、どんどん枝番が増えて、何が何だか分からなくなる悪寒がします。

特に大容量の HDD モデルの場合、無駄にディスクアクセスが多く、HDDの利用率が 100% に張り付いて、ノートブックの電源を無駄に浪費させるという厄介なサービスがいくつか存在します。PCハードウェアに余計な負荷を与えてPCの寿命を短くして、パソコン丸ごと Windows を買い替えさせようという、巧妙なワナかも知れません。

そこで HDD モデルの場合、特に止めてみた方がいいと思われるサービスを停止させてみました。

※ この記事は書き換えたり更新する可能性があります。

- 止めておきたいサービス -

Windows の "SuperFetch" サービスと "Windows Search" のサービスは停止させます。

SuperFetch はよく使うンだろと勝手に Windows が予測」して、ディスクからシコシコとメモリに読み込む動作です。当然、メモリを食いますし、使っていない間もセッセとディスクアクセスするため、HDDの負荷も高く、CPUも使うため、重要なモバイルPCの電源をワッセと使いまくる、お邪魔なサービスです。大抵 SuperFetch を止めるべし、という意見が Google さんの選挙の投票結果に出てくるので、そうすべきでしょう。

Windows Search は、CPUの空き時間を使って、ワッセワッセとファイルの検索をして、Cortana なんかに「話しかける」とそのものズバリの回答が出てくるはず」のものですが、基本的に、ディスクの中のデータやドキュメントの文書の内容を検索しているクセにちゃんとヒットしないし、滅茶苦茶時間がかかる。Microsoft Office で作ったドキュメントですら、正確なインデックスが作られないし、サードパーティ製品やオープンな製品を使う人には全く役立たず。

そのくせ正確にタイプするか、マイクで問い合わせないと使えないと陰で言われる謎の機能です。初期設定では有効でも構いませんが、まだ未熟であまりアテにできない機能なので、 Windows Search を使う位なら Google 先生に聞くのが良いでしょう。それにたかが自分のPC。どこに何があるのかは自分の家の真っ暗なトイレ程知り尽くしているなら、他所から留守時にやって来てバックグラウンドで必死に余計なお手伝いをしてくれる、この機能はシャットアウトしてしまうのが良いですね。

大体 Explorer で Search 機能でファイルを検索するのは遅いですし、それくらいなら、フリーウェアなんかでいいのがあれば、そっちを使う方が便利でしょう。 「検索」というのは、コンピューターにとっても一番重要なシステムなのですが、 Windows では恐ろしく機能がスマートじゃない、熟成されていない致命的な機能なのです。まぁ初めて滋賀県から東京に来た田舎者が、銀座で中国人旅行者に道案内を聞いて答えが出る程度の性能なので、あまり使わない人には無用なサービスです。

しかもCPUリソースは食うし、アイドリング状態なのに中国の人海作戦の様にワッセワッセと検索し続けて HDD に余計なハードワークを要求します。当然電池も消耗します。まぁ、少しはあてにしたいなら、起動は「自動」から「停止」にしておけば良いでしょう。

- という事でサービスを止めてみる -

Explorer から、コンピュータ名を右クリックして「管理」

a0056607_02363442.jpg




「サービスとアプリケーション」を展開して「サービス」 > "名前の列" から "Superfetch", "Windows Search" のそれぞれの行を右クリック > "プロパティ" から ”停止” させて "スタートアップの種類" を "無効" にセットします。"Windows Search" を少しは期待したいなら "手動" でも結構でしょう。

a0056607_02380244.jpg

- タスクマネージャのメンテナンスタスクを"無効"に -

"コンピュータの管理" > "システムツール" > "タスクスケジューラライブラリ" > "Microsoft" > "Windows" > "Maintenance" にある "WinSAT" を無効にします。
このタスクは、システムがアイドリング状態で「お休み中」になると、いきなり Windows エクスペリエンスインデックスをシコシコ作るために CPU やHDDに高負荷をかけて 「おーいイネムリせんと、げんきにやっとるかぁ!」「ローマのガレー船のドレイの様に休ませない」過酷なタスクです。当然HDDに高負荷がかかり、CPUも 100% 状態になります。悪い事に、こいつはアイドリング状態から「そろそろ仕事すっぺか」と思った時に止まってくれないため、「妙に重いなぁ」という状態から復旧するまでかなりのタイムラグがあることです。別に Windows の性能の評価なんて、滅多に気にすることはありませんから、このサービスは無効にしてもいいでしょう。


a0056607_02392998.jpg



メンテナンスタスクは自動化されており、寝静まった夜中の3時に豪勢なファンとHDDのバリバリ言う音を立てながら、HDDのI/Oを100%にして実行するようです。コントロールパネルから「セキュリティとメンテナンス」の中の「メンテナンス」に "自動メンテナンス" というのがあるので、停止させておくのが良いでしょう。メンテナンスタスクを実行するのは、昼飯を食いに行く時とかに手動でやるのがいいでしょう。この時間の設定は ”詳細設定” から変更できますが、やる、やらないは変えられません。レジストリをいじると完全に無効にできるのですが、その場合、メンテナンスタスクは完全にシャットアウトされるようなので、その点はお好みで... という事です。

a0056607_03281269.jpg



他にも、停止しても構わないヘビーなタスク、サービスはあるかも知れません。コメント頂けると幸いです。

関連記事

Windows7 からWindows10 にアップデートしたらまずするべき事。

Windows10激重、HDD アクセスが 100% になりっぱなしを何とかして!

OES Linux でフォルダの容量制限付きアーカイブ専用ファイルサーバー:サーバーをゴミ箱にしない工夫

ファイルサーバーのフォルダ容量制限(ディレクトリクォータ)





[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/237911929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-02-18 12:08 x
Meintenanceのスペルが間違っています。
Maintenanceですよ(^ω^)
Commented by islandcenter at 2018-02-19 07:16
お恥ずかしい..... ご指摘ありがとうございます。
by islandcenter | 2017-10-24 03:03 | Windows | Trackback | Comments(2)