ローカルアカウントで OneDrive のリンクの解除と設定


タスクバーにある「^」 アイコンの中に OneDrive の孫悟空に出てくるキント雲のような雲形アイコンがあります。右クリックして、設定。


a0056607_21473039.jpg

もし「キント雲アイコン」がなければ、検索ボタンから "OneDrive" を探して、OneDrive を起動します。

a0056607_21475508.jpg


キント雲アイコンから右ボタンで”設定”を開きます。

雲形アイコンを開くと "このPCのリンク解除" というリンクがあります。この状態は OneDrive が Microsoft アカウントとリンクして同期できる状態です。


a0056607_21481299.jpg

試しにこのPCから”リンクの解除”をすると、OneDrive はマイクロソフトアカウントと紐づけされていません。


a0056607_21483623.jpg
- 再接続 -


雲形アイコンをクリックすると OneDrive の設定が始まります。 Microsoft アカウントを設定し、パスワードをセットします。


a0056607_21492167.jpg

パスワードをセットしてログイン、次へ



色々ウィザードが訪ねてきますが、ウィザードに従って、最後に OneDrive フォルダを開きます。


a0056607_21493938.jpg
a0056607_21501217.jpg

いつの間にやらゾンビフォルダが作られている.,.....



もっとお金払ってねのダイアログは「後で」ね。


a0056607_21502730.jpg

ようこそ

a0056607_21504749.jpg

右矢印キーを何度か押して

a0056607_21510517.jpg

OneDrive フォルダを開く


a0056607_21512266.jpg


OneDrive フォルダが開きました。



この状態で、「キント雲アイコン」を右ボタンから「設定」を開くと、"このPCのリンク解除" のリンクが戻り、リンク状態になります。


a0056607_21481299.jpg

なお、OneDrive は、PCのディスクアクセスやネットワークのトラフィックを上げてしまい、バッテリーの持ちや、高価な通信パケット料に著しく影響する大きな原因の一つです。普段、まず使わない場合しない時は、リンクを解除してオフラインにするストレージとして利用できないようにしておくことをお勧めします。

Windows10 の OneDrive を無効にする


また複数ユーザが複数のPCで共同で使う場合、オフライン状態だとか、同期のタイミングによってはファイルが競合して、バージョンが違う同じ名前の空のゾンビファイルが増殖する場合があるので、クリティカルなファイルの置き場所としては適していません。これは Lotus Notes の時代から、Evernote に至るまで他のファイル共有、文書共有のソフトウェア、サービスでも昔からあり得る話です。

あくまでも一時的なデータの置き場として利用することと、定期的なファイルバックアップを強くお勧めします。

---

OneDrive は Windows7 より SkyDrive という名称で提供され、都度名称や設定が変わり、挙動も安定しない未だ成熟していない機能です。挙動や設定項目が Windows10 のマイナーバージョンアップにより、この記事とは全く違う挙動を示す場合があるので、ご容赦下さい。






[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/237965216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2017-11-08 22:13 | Windows | Trackback | Comments(0)