Mac の恥ずかしい「最近使った項目」を表示させない方法

近年、 BYOD だとか「働き方改革」などと言うキーワードで、モバイルノートの配布だとか、「仕事で自分のPCの持ち込み」なんかがOKになったりします。
まぁ、自宅持ち帰りPCで、プライベートな目的で使う事ってあまりないでしょうが、ついつい、仕事中にプライベートなデータにアクセスしちゃうという事は頻繁にあるわけですね。

そこで Mac で問題となるのは「最近使った項目」です。

Mac で「林檎」マークから、スクロールダウンすると、その途中で出てくるのが、この「最近使った項目」

これメッチャ恥ずかしいンですね。

昨日の夜に「妖しいデータを見ていた」

「下ネタサイト」みてて「キャハハ」と盛り上がった。

ナンてこと忘れて、いきなり朝から客先直行でプレゼンなんかすると

「最近使った項目」

にズラズラと、昨夜の「昨夜の妖しい」ファイルがリストされるわけですね。

何しろ、昨日の夜、黄表紙だとか枕本を見ていたとか、そういった「アンタは昨日何見てたのよ」という履歴がズラズラと、林檎マークの下にリストされるわけです。

つまりあなたのネクタイの下の品格、と言ったものまで疑われるわけです。

まぁ、仕事用であれば当然ミットモナイ事でも笑って誤魔化すって事になるんですが、自宅でコンピュータの前を離れたときに、同居人なんかに「林檎マークの下半身」を見られると、鍵かけずにトイレに入ってケツ拭いている時に、いきなり家族にドアを開けられた位に

「スマン、恥ずかしい」

と反省する訳ですね。

となると

「最近使った項目」は恥ずかしい

という事で、Mac 版「最近使った項目」を表示させない方法です。

関連記事 Windows 版はこちら

Windows10 の恥ずかしいクイックアクセスを表示しない

「林檎」 > 「システム環境設定」> 「一般設定」にある「最近使った項目」を "0" に設定します。

a0056607_13084421.jpg

「最近使った項目」が消えました。

a0056607_13090685.jpg


これで、あなたのネクタイの下の品格は保護され、コッパズカシイ想いをしなくて済むのです。



macOS, HighSierra, 10.13.3 最近使った項目を非表示, 隠しフォルダ表示, 非表示, 過去の履歴を表示しない。


[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/238452450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2018-04-10 13:13 | MacOS | Trackback | Comments(0)