Mac からSUSE Linux のX アプリケーションを使う


エラく久しぶりにMac を購入したのでMacintosh macOS からSUSE Linux を管理するためにX アプリケーション(特にYaST)を使う方法を探しました。何しろ YaST2 コントローラと FireFox がないと、アクティベーションや管理、アプリケーション登録なんかもできません。最低限 Mac から Linux の X アプリケーションを操作できる環境が必要です。

Mac 用の X11 について
X11 は Mac に付属しなくなりましたが、X11 のサーバとクライアントのライブラリは、XQuartz プロジェクトから入手できます。
--
macOS 用の X11 のサーバ/クライアントライブラリは、XQuartz プロジェクト (www.xquartz.org) から入手できます。提供されている最新バージョンをダウンロードしてください。

色々検索すると、古い macOS X にはx11 が標準だったのですが、macOS sierra にはついてこないらしい、ということで Apple さんお勧めの XQuartz を使ってみます。

XQuartz

よりダウンロード、インストールします。

Xquartz を起動して、「アプリケーション」から「ターミナル」を起動

a0056607_14331637.jpg

$ ssh -Y user_name@Your_SUSE_host_ip_or_DNS

で接続します。

bash-3.2$ ssh -Y root@192.168.1.239
Password:
Last login: Mon Apr 9 09:41:50 2018 from 192.168.1.11
sles11:~ ˙# yast2 &
[1] 27936
sles11:~ # firefox &
[2] 27978
sles11:~ # gedit &
[3] 28016
sles11:~ #



おお!
a0056607_14292876.jpg

とこんな感じです。





SUSEのサブスクリプション購入はこちら


macOS, HighSierra, 10.13.3, Linux 管理, X サーバー, X 端末, GUI アプリケーション起動


[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/238452579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2018-04-10 14:35 | MacOS | Trackback | Comments(0)