SUSE 15 (openSUSE15 , SLE15)には ifconfig コマンドが無くなりました。

SLES15 をインストールした後、気が付いたのですが、SLES/SLED15 , openSUSE Leap15 には "ifconfig"
コマンドがないのですね。

気が付くのが遅いよ、と言われそうですが、ifconfig や arp, netstat と言ったおなじみのネットワークコマンドは、余りのメンテナンスの雑さから Deprecate (非推奨)なツールとしてマークされ、SUSE Linux 15 から、標準パッケージから取り除かれました。

SUSE 15 (openSUSE Leap/SLES/SLED) では ifconfig コマンドは古いおもちゃ箱に入ってしまいました。帰ってくる予定はありません。

その代わり、ip コマンドを使えということです。


sles15:~ # ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
link/ether 52:54:00:33:7c:a8 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.1.230/24 brd 192.168.1.255 scope global eth0
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 fe80::5054:ff:fe33:7ca8/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
sles15:~ # ip n
192.168.1.1 dev eth0 lladdr cc:e1:d5:ca:f6:da STALE
192.168.1.3 dev eth0 lladdr 00:16:3e:60:67:42 STALE
192.168.1.240 dev eth0 lladdr 4c:ed:fb:3d:0a:6c STALE
192.168.1.239 dev eth0 lladdr 38:d5:47:79:c2:78 STALE
192.168.1.2 dev eth0 lladdr 00:16:3e:4e:e4:5b STALE
192.168.1.4 dev eth0 lladdr 52:54:00:97:26:26 STALE
192.168.1.35 dev eth0 lladdr 00:23:81:17:47:e2 REACHABLE
sles15:~ #


こちらにまとまっています。

Deprecated Linux networking commands and their replacements

ifconfigを置き換えるipコマンド早見表と訳

openSUSE Tumbleweed net-tools vs net-tools-deprecated

iproute2

相変わらず SUSE の公式な見解は見当たらないのですが、唯一、openSUSE の software 配布サイトにDeprecated 版がありました。 1click インストール用にレポジトリ、rpm が用意されています。

net-tools-deprecated Deprecated Networking Utilities

a0056607_11450608.jpg


こちらを1クリックインストールすれば、net-tools に追加で deprecated されたツールがインストールされるハズ。(openSUSE Leap 15 では1クリックインストールできるが、なぜか SLES15 では yast2 MetaPackage Handler がない......)


opensuseleap15:~ # ifconfig
If 'ifconfig' is not a typo you can use command-not-found to lookup the package that contains it, like this:
cnf ifconfig

- net-tools-deprecated パッケージを1クリックインストールしてみた -

opensuseleap15:~ # ifconfig
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.1.180 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255
inet6 fe80::5054:ff:fe12:e9a0 prefixlen 64 scopeid 0x20<link>
ether 52:54:00:12:e9:a0 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 54090 bytes 40406699 (38.5 MiB)
RX errors 0 dropped 1274 overruns 0 frame 0
TX packets 25594 bytes 2021029 (1.9 MiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 65536
inet 127.0.0.1 netmask 255.0.0.0
inet6 ::1 prefixlen 128 scopeid 0x10<host>
loop txqueuelen 1000 (Local Loopback)
RX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

opensuseleap15:~ #

SLE15 の場合は rpm を"Download"して YaST のインストーラからインストールできました。


a0056607_11454939.jpg

- 補足 -

ディストリビューションをインストールするとき "Legacy Module" のエクステンションをチェックすると、net-tools-depricated パッケージがYaST のソフトウェアサーチからインストールできます。

a0056607_15342452.jpg


シェルでゴリゴリにスクリプト書いてある環境なら、別途インストールが必要になる、という事ですね。

--

いずれにせよ、古本屋で買った少し古い Linux のハンドブックにある ifconfig や arp と言ったコマンドは「お亡くなりになりました」と考える事が重要です。ちなみに他の UNIX 系OSではまだ現役です。

パッケージ自体メンテナンス、機能強化されれば復活の可能性もありそうですが、今後は基本的に iproute2 パッケージのコマンドに慣れておく必要はありそうです。



SUSE 15, SLE15, SLES15, SLED15, openSUSE Leap15, ifconfig, arp, netstat, コマンドが見つからない。インストール

[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/238673447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2018-07-25 11:51 | SUSE | Trackback | Comments(0)