SLES12 から SLE 15(SLES15) へのマイグレーション、Migration/Update

ここでは SUSE Linux Enterprise Server 12(SLES12) を SLES15 にマイグレート・アップデートする手順について説明します。インターネット回線がショボいので、作業そのものはオンラインではなく、オフラインのローカルネットワーク内で実施しました。これはこれで正解です。

SUSE Linux Enterprise 15 (SLES15) のインストール

SLE 15 へのマイグレーションは "Upgrade Guide" によると SLES11sp4 もしくは SLES12sp3 からはオフラインアップデートのみopenSUSE Leap 15 からはオンラインアップデートのみがサポートされているようです。まず詳細はドキュメント ”Upgrade Guide" をチェックしてください。

1.1 Supported Upgrade Paths to SLE 15

- 用意するもの -

        • インストール用 SLE-15-Installer-DVD-x86_64-GM-DVD1.iso はDVDに焼いておきます。
        • パッケージDVD SLE-15-Packages-x86_64-GM-DVD1.iso は今回は HTTP サーバーの中に用意しました。
        • インターネット接続環境 - 最新のインストーラをダウンロードします。
        • DHCP/DNS - ローカルLANにリポジトリを準備した際に必要です。


パッケージISO は 7G の容量があるので、片面二層のDVDかブルーレィディスクが必要になります。今回は HTTP 経由でアップデートを行うので、別な手元の HTTP サーバーに ISO ファイルをマウントしておきました。

# mount -o loop /Path/To/file.iso /srv/www/htdocs/sles15/package1

- アップデート -

インストールメディア "SLE-15-Installer-DVD-x86_64-GM-DVD1" で起動します。

全体の流れを4分程度の動画にしてみました。(盛大に音出ます)


F2キーで言語を切り替える事ができます。

a0056607_13380376.jpg

ここで日本語が出ると、いかにもなぁな異色な表示なので、好みで英語に切り替えました。SLE Desktop や openSUSE の様にデスクトップ用途で日本人のエンドユーザが利用するなら日本語表記もいいのですが、サーバー用途では、まず日本語環境は必要ないので、英語のままにしておきます。

a0056607_13382681.jpg

Upgrade を選び、インストーラを起動させます。

a0056607_13390056.jpg

インストール用リポジトリから、最新のインストーラをダウンロードします。ここが遅い......

a0056607_13392153.jpg

おなじみの言語設定とキーボードテストです。今回作業に使ったのは US キーボードなので、キーボードも英語です。106 日本語キーボードの場合は Key board Layout は Japanese を選びます。

a0056607_13394184.jpg

License Agree をチェックして

a0056607_13401186.jpg

公式なリポジトリではないので、警告が出ます。

a0056607_13402961.jpg

ここで、アップデートソースを "HTTP" を選びます。DVDを使う場合は途中でメディアチェンジが必要になると思います。DHCP 環境でなければ右上のボタンからネットワークの設定が出来そうです。(知らなかった.....)

a0056607_13405669.jpg
※ 何も指定しないと Base System のみインストールされます。

HTTPサーバー側にマウントした Package DVD1 の HTTP サーバーの URL をセットします。

a0056607_13421898.jpg

インストールする Role (役割) をチェックして必要なサービスを選びます。ここでは 基本的なサーバー機能, GUI や、サーバー用のパッケージ、古いレガシーコマンドを選びました。

a0056607_14015635.jpg

アップデートのサマリです。 Additional Language にインストール済の Japanese が残っています。

a0056607_13425004.jpg



Start Update します。

a0056607_13432058.jpg

ローカル LAN のリポジトリサーバーからパッケージをダウンロードするので、15分程度でアップデートが終わりました。

再起動します。

a0056607_13442524.jpg
無事アップデートが終わりました。startx を使ってデスクトップが使えるか確認します。

a0056607_13465380.jpg

gnome デスクトップは SLES12 の環境を引き継いでいます。オペレータマニュアルの訂正が必要ですね。

パーティション構成を YaST Partitioner で確認します。

a0056607_13472962.jpg

/etc/os-release でバージョンを確認します。

a0056607_13474869.jpg


この後、YaST SUSE Customer Center (SCC) でサブスクリプションを登録して YaST Online Update (YOU) でパッチを適用すればOKです。

サブスクリプション購入はこちらから





--
SUSE Linux, openSUSE Leap 15, SLE15, SLES15, Migrate, Update, バージョンアップ, マイグレーション, 方法


[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/238877822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2018-11-27 13:54 | SUSE | Trackback | Comments(0)