isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

SUSE Linux 15 の負荷管理, vmstat, sysstat のインストールと利用法

この文書を参考に、SUSE Linux 15(openSUSE Leap/SLE) で sysstat と vmstat パッケージの導入と使い方を調べてみました。


第2章 システム監視ユーティリティ

sysstat は、初期状態ではインストールされていません。

sle15:~ # sar
If 'sar' is not a typo you can use command-not-found to lookup the package that contains it, like this:
cnf sar
sle15:~ #

このパッケージには、 sar, iostat などのシステム管理に「使える」ツール、コマンドが含まれています

vmstat は、デフォルトでインストールされるみたいですが。リポジトリや、 openSUSE のサイトから、最新版をインストールできます。

- opensuse15 での sysstat のインストール -

SUSE Lnux ()openSUSE,SLE) には sysstat はデフォルトでインストールされていません。 yast か zypper でインストールします。 yast の場合

sle15:~ # yast

もしくは

sle15:~ # yast2

sle15:~ # yast の場合

[Tab] と [Enter] を使って Software > Software Manegement より "sysstat" を "Search Parase"、 リストに出てきた "sysstat" を選んで、space key で ”+” (インストール)にトグルして ”Accept” します。

SUSE Linux 15 の負荷管理, vmstat, sysstat のインストールと利用法_a0056607_17352692.png


sysstat をサービスマネージャで有効化します。

yast > sysem > service manager > "sysstat""On Boot", "Active" に設定

SUSE Linux 15 の負荷管理, vmstat, sysstat のインストールと利用法_a0056607_17370926.png


sle15:~ # yast2 の場合

Software > Software Manegement より "sysstat" を "Search Parase"! リストに出てきた "sysstat" を選んでチェック

あとは同様にサービスマネージャで、有効化します。

- 1 click インストール -

最新版がリポジトリにない場合、software.opensuse.org よりsysstat パッケージを検索して 1 click インストール もできます。

sysstat Sar and Iostat Commands for Linux


SUSE で 1 Click インストールができない場合、YaSTにないメニューを追加


- vmstat のインストール -

vmstat は openSUSE Leap 15.1/SLE15 ではデフォルトでインストールされているはずですが、インストールされていない場合、yast > Software > software Manegement から vmstat を検索してインストールします。

あるいは https://software.opensuse.org より vmstat パッケージを検索して 1 click インストールします。

SUSE Linux 15 の負荷管理, vmstat, sysstat のインストールと利用法_a0056607_17401121.png


- vmstat の使い方 -

次の例では vmstat を2秒おきに実行します。 -a は推奨パラメータです。

sle15:~ # vmstat 2 -a
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
r b swpd free inact active si so bi bo in cs us sy id wa st
1 1 197888 298152 570772 554020 0 0 4 279 9 11 2 1 92 5 0
0 0 197888 298160 570772 554064 0 0 0 187 169 330 1 1 96 3 0
0 0 197888 300208 570772 552016 0 0 0 270 189 396 1 1 94 4 0
0 0 197888 300240 570772 552016 0 0 0 346 161 331 1 1 94 5 0
0 0 197888 295892 570776 556112 0 0 0 221 283 551 10 1 88 2 0
0 0 197888 295924 570784 556112 0 0 0 327 156 330 1 0 96 4 0
0 0 197888 295940 570784 556112 0 0 0 81 132 276 0 1 96 3 0
^C
sle15:~ #



第2章 システム監視ユーティリティ

によると

r
実行キューに入っているプロセス数が表示されます。これらのプロセスは、処理を 行なうために CPU の空きを待っている状態です。ここの値が利用可能な CPU 数 よりも定常的に大きい場合は、 CPU の処理能力が不足していることを示します。
b
CPU 以外の資源を待機しているプロセス数が表示されます。ここの値が高い場合は、 入出力 (ネットワークまたはディスク) に問題があることを示しています。

とあるので、"r" のカラムは、スタンバってるプロセスキューの数、つまりCPUの空き待ちで、この数字が大きいとCPUがテンパってビジー状態であるという事です。
”b” のカラムに数字が入っている時は、入出力がテンパっている、という事になります。




- sysstat -

How to set up the sadc cron job on SLES12

sysstat は有効化すると cron で10分置きにデータの収集を始めるようです。

sle15:~ # ls /etc/sysstat/ -l
total 16
-rw-r--r-- 1 root root 1008 Oct 23 17:14 sysstat
-rw-r--r-- 1 root root 263 Oct 23 17:14 sysstat.cron
-rw-r--r-- 1 root root 6430 Oct 23 17:14 sysstat.ioconf


sle15:~ # cat /etc/sysstat/sysstat.cron
# crontab for sysstat


# Activity reports every 10 minutes everyday
*/10 * * * * root [ -x /usr/lib64/sa/sa1 ] && exec /usr/lib64/sa/sa1 -S ALL 1 1

# Update reports every 6 hours
55 5,11,17,23 * * * root [ -x /usr/lib64/sa/sa2 ] && exec /usr/lib64/sa/sa2 -A
sle15:~ #


- sar のよくある使い方 -

- とにかく使ってみる

デフォルトで "# sar" を実行すると、これまで過去10分おきに取得したデータダンプを表示します。

リアルタイムに sar でコンピュータの状態を見るには

# sar 秒数

でリアルタイム表示をします。例えば2秒おきに見たい場合は

sle15:~ # sar 2
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/02/19 _x86_64_ (2 CPU)

15:11:45 CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
15:11:47 all 0.25 0.00 0.50 18.14 0.25 80.86
15:11:49 all 1.00 0.00 0.50 5.49 0.25 92.77
15:11:51 all 1.75 0.00 0.75 6.23 0.25 91.02
15:11:53 all 1.75 0.00 0.50 4.76 0.00 92.98
^C

Average: all 1.19 0.00 0.56 8.64 0.19 89.42
sle15:~ #

という感じです。%iowait の値が高ければ、ディスクデバイスがテンパっています。 %idole の数値が 100 であれば、ioが「ド暇」状態だし、数字が下がればテンパっている状態です。

- ディスクデバイスの負荷

# sar 秒数 - b -p オプションで、ディスクデバイス等の状態を秒単位で表示します。

sle15:~ # sar 2 -d -p
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/06/19 _x86_64_ (2 CPU)

13:47:36 DEV tps rkB/s wkB/s areq-sz aqu-sz await svctm %util
13:47:38 vda 20.00 0.00 331.50 16.57 0.02 13.60 0.40 0.80
13:47:38 sr0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

13:47:38 DEV tps rkB/s wkB/s areq-sz aqu-sz await svctm %util
13:47:40 vda 15.50 0.00 248.50 16.03 0.00 11.35 0.00 0.00
13:47:40 sr0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

13:47:40 DEV tps rkB/s wkB/s areq-sz aqu-sz await svctm %util
13:47:42 vda 18.50 0.00 297.50 16.08 0.00 39.78 0.22 0.40
13:47:42 sr0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

13:47:42 DEV tps rkB/s wkB/s areq-sz aqu-sz await svctm %util
13:47:44 vda 11.00 0.00 123.75 11.25 0.01 18.18 0.73 0.80
13:47:44 sr0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
^C

Average: DEV tps rkB/s wkB/s areq-sz aqu-sz await svctm %util
Average: vda 16.25 0.00 250.31 15.40 0.01 21.29 0.31 0.50
Average: sr0 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
sle15:~ #

- ネットワークの負荷

sar 秒数 -n [Type指定] は Network のトラフィックをリアルタイムに表示します。次の例は、全ての DEVice のトラフィックを2秒ごとに表示しています。

sle15:~ # sar 2 -n DEV
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/06/19 _x86_64_ (2 CPU)

13:56:24 IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s %ifutil
13:56:26 eth0 2.50 1.50 0.53 0.10 0.00 0.00 0.00 0.00
13:56:26 lo 25.00 25.00 1.50 1.50 0.00 0.00 0.00 0.00

13:56:26 IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s %ifutil
13:56:28 eth0 2.00 1.00 0.12 0.40 0.00 0.00 0.00 0.00
13:56:28 lo 16.00 16.00 0.92 0.92 0.00 0.00 0.00 0.00

13:56:28 IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s %ifutil
13:56:30 eth0 2.50 0.50 0.15 0.03 0.00 0.00 0.00 0.00
13:56:30 lo 20.00 20.00 1.16 1.16 0.00 0.00 0.00 0.00
^C

Average: IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s %ifutil
Average: eth0 2.33 1.00 0.26 0.18 0.00 0.00 0.00 0.00
Average: lo 20.33 20.33 1.19 1.19 0.00 0.00 0.00 0.00
sle15:~ #

- 過去の状態の確認

過去の状態を見たい場合は -f オプションで /var/log/sa/saYYYYMMDD ファイルを指定します。これで「問題の時間帯」の負荷状態を確認できるわけですね。

sle15:~ # ls /var/log/sa
sa20191204 sa20191205 sa20191206 sar20191204 sar20191205
sle15:~ #
sle15:~ # sar -f /var/log/sa/sa20191204
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/04/19 _x86_64_ (2 CPU)

13:02:44 LINUX RESTART (2 CPU)

13:10:01 CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
13:20:01 all 1.56 0.01 0.51 4.52 0.17 93.24
13:30:01 all 1.50 0.00 0.51 5.27 0.17 92.54
13:40:01 all 1.56 0.00 0.51 5.20 0.19 92.55
13:50:01 all 1.50 0.00 0.50 4.94 0.17 92.88

: 略

テキストにリダイレクトして Libreoffice で開いてグラフ化してみました。
SUSE Linux 15 の負荷管理, vmstat, sysstat のインストールと利用法_a0056607_14283518.png

応用して、過去のネットワークデバイスの負荷を見たい場合は、 -n DEV オプションを使います。

sle15:~ # sar -n DEV -f /var/log/sa/sa20191204
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/04/19 _x86_64_ (2 CPU)

13:02:44 LINUX RESTART (2 CPU)

13:10:01 IFACE rxpck/s txpck/s rxkB/s txkB/s rxcmp/s txcmp/s rxmcst/s %ifutil
13:20:01 eth0 3.73 3.28 0.53 4.05 0.00 0.00 0.00 0.00
13:20:01 lo 10.62 10.62 0.62 0.62 0.00 0.00 0.00 0.00
13:30:01 eth0 3.73 3.20 0.53 3.86 0.00 0.00 0.00 0.00
13:30:01 lo 10.84 10.84 0.64 0.64 0.00 0.00 0.00 0.00
13:40:01 eth0 4.29 3.36 0.71 4.05 0.00 0.00 0.00 0.00
13:40:01 lo 10.67 10.67 0.63 0.63 0.00 0.00 0.00 0.00

: 略

これで、深夜のバックアップやバッチジョブなどが走ったタイミングの負荷状態をチェックします。

- iostat -

ディスクデバイスの負荷状態を調べるには iostat を実行します。"# iostat 秒数" で秒数ごとに、デバイスがテンパっている状況を確認できます。

sle15:~ # iostat 2
Linux 4.12.14-lp151.27-default (sle15) 12/06/19 _x86_64_ (2 CPU)

avg-cpu: %user %nice %system %iowait %steal %idle
2.09 0.00 0.55 4.75 0.18 92.42

Device tps kB_read/s kB_wrtn/s kB_read kB_wrtn
vda 26.01 8.45 557.93 16101980 1063087761
scd0 0.00 0.00 0.00 1040 0

avg-cpu: %user %nice %system %iowait %steal %idle
0.25 0.00 0.50 15.79 0.25 83.21

Device tps kB_read/s kB_wrtn/s kB_read kB_wrtn
vda 48.50 12.00 1150.50 24 2301
scd0 0.00 0.00 0.00 0 0

^C
sle15:~ #

一番、注目するのは %iowait のカラムでしょうか。ここの数字が0であればアイドリングしていますが、でっかいファイルコピーをすると、この数字が爆発します。


- という事で -

vmstat, sar を中心に SUSE Linux のシステムの負荷状態を調べるコマンドを、非常にざっくりと見てみました。もっと詳しく知りたい場合は、マニュアルや書籍、他所に沢山情報があるので参考にしてください。

システム管理は経験です。自分でコマンドを試して、普段見慣れない数字を見つけて、良く知っている自分のシステムを「より良く知る」事が肝要です。








by islandcenter | 2019-12-07 18:05 | SUSE | Comments(0)