isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録

普段、SUSE Linux は、サーバー運用なので、メールの読み書きはしないのですが、、openSUSE Leap 15.2 のライブUSBを作ったので、メールも使える様にしました。 

メーラと言えば Thunderbird。 Netscape Mail 時代から、同じメールのプロファイルなので、古いメールのアーカイブも読める。 

という事で openSUSE GNOME デスクトップで Thunderbird を使おうの回です。

よく、SLE のアクティベーションキーを送ってほしい場合など、ブラウザで gmail 開いて.... とやっていたのですが、使い慣れてて、面倒な設定もソラでできる Thunderbird が使える事は個人的に嬉しい。

- ダウンロードとインストール -

Thunderbird は software.opensuse.org から1クリックインストールするのが一番確実です。しかし、openSUSE で配布しているものは英語版だけです。別に日本語の読み書きで不自由しなくて、メニューが英語でも構わないのですが、本家 Mozilla から日本語版をダウンロードして使う事にしました。

Thunderbird  日本語 Linux 版

ダウンロードしたら解凍して、解凍先の xx/xx/thunderbird を実行するだけです。ただ、あまりディレクトリに小間物屋を開きたくないので、<home>/bin に移動しました。

linux@localhost:~> echo $PATH
/home/linux/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin
linux@localhost:~>

/<userhome>/bin にパスが通っているので thunderbird 本体のシンボリックリンクを作ります。

linux@localhost:~/bin> ln -s  thunderbird/thunderbird thb

これで ~> thb だけで Thunderbird が起動します。

- プロファイル -

~> thunderbird -profilemanger を実行すると、手動でプロファイルを指定できます。

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_16011417.png

- gnome のアプリケーションに登録 -

しかし、メールを読むのにイチイチターミナル開くのも面倒なので GNOME のパネルに登録します。そのためには alacarte (アラカルト)パッケージをインストールします。openSUSE Leap 15.2 の標準リポジトリにあるので、そのまま YaST でインストールするか、下の software.opensese.org から1クリックインストールします。

alacarte : Menu editor for GNOME

Alacarte is a simple freedesktop.org compliant menu editor for GNOME that lets you change your menus, simply and quickly. Just click and type to edit, add, and delete any menu entry.

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_15581983.png

Thunderbird を登録します。

~> alacarte &

「新しいアイテム」> 任意の名前を付けて、brows ボタンで実行ファイルを指定してOK

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_16004054.png

Activities に Thunderbird が出てきた。アイコンが気に入らないけど...

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_15594189.png

適当にアイコンを探して、alacarte に登録しました。

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_11254795.png

- Thunderbird のプロファイルの管理 -

コマンドラインオプション

”Linux
ターミナルを開いて次のように入力します。
cd Thunderbird installation directory
./thunderbird -ProfileManager
上記の例は、Mozilla の Thunderbird メールクライアントで "-ProfileManager" コマンドラインオプションを呼び出しています。”

プロファイル、メールストレージは ~> .thunderbird に作成されます。このディレクトリをそっくり別メディアにコピーしてバックアップとします。

linux@localhost:~/.thunderbird> ls -l
total 20
drwx------ 9 linux users 4096  7月 14 17:12 7amog83k.default-release-1
drwx------ 3 linux users 4096  7月 14 15:02 Crash Reports
drwx------ 2 linux users 4096  7月 14 15:02 Pending Pings
-rw-r--r-- 1 linux users  190  7月 14 17:01 installs.ini
-rw-r--r-- 1 linux users  335  7月 14 17:01 profiles.ini
linux@localhost:~/.thunderbird>

※ちなみに Windows と macOS 版の ProfileManager の立ち上げ方は次の通りです。

Windows
C:\ >"\Program Files (x86)\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" -p

macOS
/Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/thunderbird-bin -profilemanager
- PS. YaST からのインストール -

コメントいただきました。 openSUSE Leap 15.2 では、MozillaThunderbird-translations-common パッケージを入れると日本語化できました。アイコンも GNOME デスクトップに作られます。

YaST > Software Management から Thunderbird を検索して Thunderbird と一緒にインストールすれば OK です。

openSUSE Leap 15.2 で ThunderBird, GUI アイコンをGNOMEへ登録_a0056607_13213361.png

usr/lib64/thunderbird/ にインストールされます。ただし一つ古い openSUSE Leap 15.1 ではリポジトリからインストールしても動かなかったこと、SUSE Linux Enterprise 15 (SLE15.0) にはそもそもパッケージに含まれていない事も併せて報告します。

システムにインストールせず、エンドユーザが個人的に使う目的であれば、本家 Mozilla からダウンロードして使う方が、システムへの影響も少ないとも言えます。

- まとめ -

Mozilla Thunderbird は高機能で使いやすく無料で使えるメールソフトウェアで、歴史も長く、マルチベンダー環境でも移行が簡単な、「いい線行ってる」メーラです。メール、ブラウザ、オフィスソフトウェアは、デスクトップで使える三種の神器です。Firefox, LibreOffice, Thunderbird があれば怖くはない。でもお気に入りのブラウザは Opera と Chrome なので、次はこれらを何とかしたいですね。







by islandcenter | 2020-07-15 16:03 | SUSE | Comments(0)