isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定

- zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視する。snmp Agent, zabbix Agent の設定 -

ここでは、SUSE Linux Enterprise 15 (SLE15) と openSUSE Leap 15 を対象に zabbix 5.2 で監視する snmp と zabbix Agent の設定方法について説明しています。

ー snmpd の設定

YaST か zypper で net-snmp パッケージをインストールします。

# yast

Software > Software Management より "snmp" などでサーチして net-snmp をインストールrします。

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_13313231.png

/etc/snmp/snmpd.conf の rocommunity の行に、 Community string ここでは "public" とネットワークアドレスを設定します。

opensuse15:~ # cat /etc/snmp/snmpd.conf | grep community
# to enable it uncomment the rwcommunity line and change the community
# rocommunity public 127.0.0.1
rocommunity public 192.168.1.0/24
# rwcommunity mysecret 127.0.0.1
opensuse15:~ #

# yast

System > Services Manager より、snmpd を Start, On boot enable にセットします。もしくは systemctl コマンドで有効化します。

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_13320239.png

systemctrl で行う場合

opensuse15:~ # systemctl start snmpd
opensuse15:~ # systemctl enable snmpd
opensuse15:~ # systemctl status snmpd
● snmpd.service - Simple Network Management Protocol (SNMP) Daemon.
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/snmpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Sun 2021-01-03 16:54:32 JST; 2s ago
Main PID: 7541 (snmpd)
Tasks: 1
CGroup: /system.slice/snmpd.service
└─7541 /usr/sbin/snmpd -LS0-6d -f

Jan 03 16:54:34 opensuse15 snmpd[7541]: Connection from UDP: [192.168.1.221]:59884->[192.168.1.3]:161

: 略

opensuse15:~ #


zabbix サーバー側から snmpwalk で string が返ってくるか確認します。

zabbix:~ # snmpwalk -v 2c -c public opensuse15.mydomain.com .1.3.6.1.2.1.1
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux opensuse15 5.3.18-lp152.19-default #1 SMP Tue Jun 9 20:59:24 UTC 2020 (960cb00) x86_64
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: NET-SNMP-MIB::netSnmpAgentOIDs.10
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (4960) 0:00:49.60
:
: 略
:

ー Community String の変更

WAN 越しにクラウドサービスを監視したい場合や大規模ネットワークの場合、 Community String をデフォルトから変更して運用するケースが多くあると思います。

その場合、Configuration > Hosts > "Your Hostname" > Macros > Inherited host macros を選んで

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_11382838.png

{$SNMP_COMMUNITY} > Change リンク > 「"public" を別なストリングに変更」します。

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_11385719.png

ー zabbix agent のインストールと設定

次のページから、SUSE Linux Enterprise 15 用のリポジトリを登録するコマンドをコピーして実行します。

Download and install Zabbix

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_13323494.png


SUSE Linux Enterprise 15 用のコマンドは次の様に記述されています。

# rpm -Uvh --nosignature https://repo.zabbix.com/zabbix/5.2/sles/15/x86_64/zabbix-release-5.2-1.sles15.noarch.rpm
# zypper --gpg-auto-import-keys refresh 'Zabbix Official Repository'

リポジトリの登録ができたら zypper か YaST を使って zabbix agent をインストールします。

# yast

Software > Software Management で "zabbix" でサーチ、zabbix-agent をインストールします。

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_13325625.png

/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf Seerver= , ServerActive= の2行に送信先 zabbix Server のアドレスを記述します。

sles15:~ # cat /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf | grep mydomain.com
Server=zabbix.i.mydomain.com
ServerActive=zabbix.i.mydomain.com
sles15:~ #

YaST か systemctl コマンドで zabbix agent を有効化します。

YaST > System > Services Manager で、 Zabbix Agent を Active/Onboot に設定します。

zabbix5 で SUSE Linux15(SLE openSUSE Leap) を監視、snmp Agent, zabbix Agent の設定_a0056607_13331746.png

エラーがないか確認します。

sle15:~ # systemctl status zabbix-agent
● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; enabled; vendor preset: di>
Active: active (running) since Sun 2021-01-03 17:12:04 JST; 30s ago
Process: 12512 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_agentd -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCC>
Main PID: 12514 (zabbix_agentd)
Tasks: 6
CGroup: /system.slice/zabbix-agent.service
├─12514 /usr/sbin/zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
├─12515 /usr/sbin/zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
├─12516 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
├─12517 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
├─12518 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
└─12519 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]

Jan 03 17:12:04 opensuse15 systemd[1]: Starting Zabbix Agent...
Jan 03 17:12:04 opensuse15 systemd[1]: Started Zabbix Agent.

後は、サーバー側の設定で zabbix Agent と snmp agent で監視します。

ー まとめ

zabbix と SUSE Linux (SLE/openSUSE Leap) で監視ターゲット側の設定をまとめました。

openSUSE Leap は 15 以降、SUSE Linux Enterprise との互換性が高くなり共通点も多く、デスクトップ用途以外のサーバ用途でも安定しています。I/F をはじめとするルック&フィールも SLE と共通なので、ヘルプデスクやオペレータのトレーニングにも最適です。

openSUSE Leap は使いやすいディストリビューションになりました。中小規模環境でミッションクリティカルな用途以外で zabbix の様な用途で openSUSE Leap を使うのは一つの良い選択です。

ここにない内容は次の記事を参考にしてください。

Zabbix3 でSNMPデバイスを監視する

How to setup zabbix4.2 on openSUSE Leap 15.1 セットアップ

Zabbix4.2 snmp監視 デバイスのグラフを表示させるまで

zabbix4.2 を zabbix5.0 アップデート openSUSE Leap 15.1

Zabbix 5.2 on openSUSE Leap 15.2 





by islandcenter | 2021-01-04 13:44 | SUSE | Comments(0)