isLandcenter 非番中

ブログトップ | ログイン

KVM、VMを起動できない。openSUSE Leap 15.2

openSUSE Leap 15.2 で virt-managerからVMをスタートさせようとすると

error: internal error: Failed to start QEMU binary /usr/bin/qemu-system-x86_64 for probing:
qemu-system-x86_64: cannot create PID file: Failed to write pid file

となるので一旦VMを削除して残した VM のイメージから新しいVMを作ろうとすると

error host does not support any virtualization options

と怒られてしまった。

pid ファイルは   /run/libvirt/qemu/ にあります。

原因はディスク容量の不足でした。

opensuse152:~ # df -h /var
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda9       493G  493G     0 100% /var
opensuse152:~ #

あ”....

不要なvmイメージファイルを削除して問題を解決できた。


/var はルートと異なる xfs パーティション化しています。SUSE 15(openSUSE Leap/SLES) ではデフォルト では BTrFS です。 

BTrFS では、パーティションの空き容量を正確に把握できないため、 私はKVM の運用をする際は /var は別パーティションとして XFS などのフォーマット形式にすることをお勧めします。

BtrFS の甘い罠、SUSE Linux アップデート前の空き容量の確認

by islandcenter | 2021-02-07 08:43 | Comments(0)