NetWare 6.5 のメモリリークの問題


NetWare 6.5 でNSSを使うとmemory leak を起こします。
というよりNetWare 6.5 ではNSSがデフォルトですから、必ず現象は出て
しまいます。

実際には、サーバが全く反応しなくなったり、memory allocation error が
出たりします。

>http://support.novell.com/cgi-bin/search/searchtid.cgi?/10091980.htm
この状態はリモートマネージャでチェックします。
ConsoleOne や iManager からリモートマネージャを起動してください。
左にある View Memory Config というメニューからメモリの状態を
チェックします。JAVA のランタイム版がないと、グラフが開けないのでインストールして
おきます。
文書の中では Pie Chart と書いてありますが、バージョンによってはグラフの形が
違うようです。

Fragmented Kernel Space

という項目をチェックしておきます。
起動直後はこの数値は限りなく0に近い値ですが、運用を始めるとこの数字が
少しずつ上がっていきます。一定の値で安定している場合は問題ないのですが、

数字が安定しない場合は次の対策を施します。

まず、NW65sp3/sp4 以降全てのパッチを適用します。
sp2 あたりはこの問題はきちんと解決していないようです。

NSS 関連のパッチも全部必要ですね。

1) TSAFS /CacheMemoryThreshold=1
これ、SMSSTART.NCF あたりに記述します。

2) set file cache maximum size = 107341824
これは autoexec.ncf に記述します。

3) C:\nwserver\nssstart.cfg

普通、このファイルはありません。名前を確認して次の記述をしてください。

/noncachebalance
/minbuffercachesize=153600

※ 102400 は 400Mb,153600 は 600Mb 確保する場合、
204000 は 800Mb 確保する場合

400Mb .. 800Mb までの値にセットしておくように書いてあります。

これで再起動すると安定するようです。

非番のエンジニア
[PR]
トラックバックURL : https://islandcnt.exblog.jp/tb/2985129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by islandcenter | 2006-01-08 15:07 | Native Netware | Trackback | Comments(0)